前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★日本リーダーパワー史(579)◎(再録)<日本歴代最高の戦略家>「日清・日露戦争の勝利の方程式を解いた川上操六(陸軍参謀総長、日本インテリジェンスの父)とはいったい何者か(1回→46回)一挙大公開、

      2016/09/08

                            日本リーダーパワー史(579)

◎(再録)<日本歴代最高の軍師・戦略家>

「日清・日露戦争の勝利の方程式を解いた川上操六

(陸軍参謀総長、日本インテリジェンスの父)

とはいったい何者か①(1回→46回)

  一挙大公開、国民必読じゃよ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

日本リーダーパワー史(547)

◎<日本のスーパーマン>

『明治維新から150年。明治の奇跡「坂の上の雲」

の忘れられた主人公・川上操六(陸軍参

謀総長、日本インテリジェンスの父)

とは何者か①(1回→21回)

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

  • 日本リーダーパワー史(115)陸軍参謀総長・川上操六⑰『帝国陸軍の最大・最後の立役者』<山県の如き老物に重要なる椅子を渡すべきにあらず』>http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3302.html
  • 日本リーダーパワー史(99)名将川上操六⑮山県有朋陸軍法王を解任、一喝したすごい男<統帥を見事に発揮した日本近代史での 唯一のケース>http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3352.html

日本リーダーパワー史(548)

<日本のスーパーマン>

明治の奇跡「坂の上の雲」の忘れられた主人公

・川上操六伝(陸軍参謀総長、インテリジェンスの父)②

ー連載22回から36回まで

日本リーダーパワー史(259) 『明治の巨大国家プロジェクトを組み立て、日清、日露戦争の勝利方程式を解いた稀代の名将・川上操六(36)http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2403.html

 

日本リーダーパワー史(256) 『明治の巨大国家プロジェクトを組み立て、戦略を練り陸・海軍を全指揮して日清戦争、日露戦争に完全勝利した稀代の名将とは誰か?!川上操六(35)http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2425.html

 

日本リーダーパワー史(255) 空前絶後の参謀総長・川上操六(34)「日清戦争後、野党の河野盤州領袖を説得して、陸軍増強に協力させた驚異のインテリジェンスと交渉力」―国民必読の「坂の上の雲」の歴史的名場面である。http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2433.html

 

『日本リーダーパワー史(254) 川上操六(33)『眼中に派閥なく、有為な人材を抜擢し、縦横無尽に活躍させた」http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2445.html

  • 日本リーダーパワー史(251)「日本を救った男」というべき空前絶後の参謀総長・川上操六(31)田村怡与造について

日本リーダーパワー史(549)<日本のスーパーマン>川上操六伝

(陸軍参謀総長、インテリジェンスの父)➂

37回から46回まで

  • <日本リーダーパワー史(376)空前絶後の名将・川上操六(48)北朝鮮のギリギリ・恫喝・挑発・チキン外交を見ながら日清戦争開始前の日本の政府(伊藤博文首相、陸奥宗光外相)、防衛当局(川上操六参謀本部次長)の対応と比較する②。–日清戦争開戦の真相は・・・http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1738.html
  • <日本リーダーパワー史(375)空前絶後の名将・川上操六(47)北朝鮮のギリギリ・恫喝・挑発・チキン外交を見ながら日清戦争開始前の日本の政府(伊藤博文首相、陸奥宗光外相)、防衛当局(川上操六参謀本部次長)の対応と比較する①http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1741.html
  • <まとめ>川上操六について『日清戦争』『日露戦争』の国家戦略を立案、実行した名参謀総長・川上操六の<最強のリーダーシップ>を知らずして、明治大躍進の謎を解くことはできないよhttp://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1903.html
  • ●<日本リーダーパワー史(372)『坂の上の雲』の真の主人公ーー空前絶後の参謀総長・川上操六(46)<川上操六はドイツ・モルトケ参謀総長に弟子入りし、その戦略を自家薬籠のものにして日清、日露戦争を勝利した。モルトケとは何者か!> http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1775.html
  • <日本リーダーパワー史(332)「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」空前絶後の参謀総長・川上操六(45)<日清戦争の遠因となった清国水兵の長崎事件とは何か。日中衝突・対立エスカレ―ション、外交失敗の先駆例http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/2151.html
  • <日本リーダーパワー史(331)「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」空前絶後の参謀総長・川上操六(44)<鉄道敷設,通信設備による兵站戦略こそ、ドイツ参謀総長・モルトケ伝授の日清戦争必勝の戦略であった>『現在への教訓』は『全省庁は一致協力せよ』
  • http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2152.html
  • <日本リーダーパワー史(329)「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」空前絶後の参謀総長・川上操六(43)<鉄道敷設による兵站戦略こそ、ドイツ参謀総長・モルトケから伝授された日清戦争必勝の戦略であった。
  • http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2156.html

◎<日本リーダーパワー史(324)「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」-空前絶後の参謀総長・川上操六(続)(42)http://www.maesakatoshiyuki.com/person/2170.html

 

◎<日本リーダーパワー史(323)「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」-空前絶後の参謀総長・川上操六(41)

① 明治のリーダーの大多数は、清国、ロシア、西欧列強の超大国を前にしてその圧倒的な軍事力、国力、外圧に怖れおののき、日本全体が敗戦ムードに入りつつあった。

その時、陸軍参謀総長川上操六は日本が侵略される「最悪のシナリオ」を想定し、軍事力の増強につとめて「あらゆる危機から目をそむけず」清国、満州、シベリア、ヨーロッパ、ロシアに情報網を張り巡らせ、的確な情報収集と諜報に基づいて、断固たる行動をとり、先手必勝で日清、日露戦争での勝利の礎を築いた。「最悪を怖れず、準備した」稀有のインテリジェンス・リーダー・川上操六のおかげである。

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/2172.html

  • <日本リーダーパワー史((313) 名将・川上操六伝(40)「坂の上の雲」の主人公「日本を救った男」-空前絶後の参謀総長・川上操六(40)http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2201.html
  • <日本リーダーパワー史(267)名将・川上操六伝(39)<野田首相は明治のトップリーダー・伊藤博文首相、川上参謀総長の統帥、指揮に学べ②ー陸軍法王・山県有朋を一喝した川上操六の方法
  • http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2375.html
  • <日本リーダーパワー史(263)名将・川上操六伝(38)<野田首相は明治のトップリーダー・伊藤博文首相、川上参謀総長の統帥、指揮に学べ①ー国家戦略なき、愚者の船を操縦する方法―①国家総合緊急対策本部(国家戦略本部、昔の大本営、参謀本部)を設置➁戦時下と思え、特に、トップリーダーの1言系統(ワンボイス体制)にする➂野田首相は戦う、強い、見えるリーダーになれ
  • http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2383.html
  • <日本リーダーパワー史(260)『日清、日露戦争の勝利方程式を解いた稀代の名将・川上操六(37)―ドイツ参謀総長・モルトケに教えを請い、参謀本部をモルトケ流に大改革、藩閥にとらわれず、優秀な人材を登用し、インテリジェンス網(情報将校)を世界中に張り巡らせ日清、日露戦争に勝利した。
  • http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2396.html

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本近代史の虚実「山県有朋の外交音痴と明石元二郎伝説➀」ー「安倍/プーチン/ロシア外交と100年前の山県外交との比較インテリジェンス」★『戦争に備える平和国家スウェーデンのインテリジェンス』

  「日本の政治を牛耳った山県有朋の外交音痴と明石元二郎伝説」     …

no image
「核のゴミ」放射性廃棄物の地層処分の研究の現状を日本原子力研究開発機構・野村茂雄理事が会見動画(90分)(6/10)

   「核のゴミ」放射性廃棄物の地層処分の研究の現状と課題に …

no image
日本メルトダウンの脱出法(544)『人口激減/自衛隊員も警察官も女性が半分の時代』前田康博国際ジャーナリストが語る』

  日本メルトダウンの脱出法(544)   人口激 …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1077)>『米朝開戦すれば!ーEMP攻撃についてのまとめ』★『アメリカ軍の非核型電磁パルス(EMP)・高出力マイクロ波(HPM)兵器の種類と構造』★『北朝鮮の「電磁パルス攻撃」は脅威か?米専門家の懐疑論』

  EMP攻撃によって、日本の高度情報IT社会は メルトダウンする 北朝鮮は9月 …

no image
日本リーダーパワー史(827)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㊶』★<記事再録>『日清戦争では世界中の大半が、中国の勝利を予想。イタリアに最初にわたった日本女性・ラクーザお玉 (最初の女流画家)はお百度参りして日本の勝利を祈願した。 ところが、いざ開戦すると連戦連勝に本人もイタリア人もびっくり仰天!』

 日本リーダーパワー史(827)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した …

no image
月刊誌『公評』7月号『異文化コミュニケーションの難しさ― <『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目>➁『小保方氏は科学者か、論理的な説明がなぜできないのか』

         2015/0 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(929)-『トランプ大統領が招く「米国孤立」と世界経済の混迷、世界恐慌の悪夢』(上)『米中関税戦争が本格化!』★『北朝鮮に完全非核化の意思なし』

  トランプ大統領が招く「米国孤立」と世界経済の混迷― 世界大恐慌によ …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(136)-『酒で蘇生した「酒仙」横山大観(89)の「死而不亡者寿」(死して滅びざるもの寿)

  2015/08/30 /「百歳・生き方・死に方-臨終学入 …

no image
日本リーダーパワー史(852)-「安倍自民党対小池希望の党」 の戦(いくさ)が始まる。』●「安定は不安定であり、不安定は安定である」★『恐るべし!小池・前原の策略に<策士、策に溺れた安倍自民党>』

 日本リーダーパワー史(852)-   トランプ対金正恩の『世界スリラー劇場』は …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(247)/『国家予算、軍事力とも約10倍のロシアに対して日露戦争開戦に踏み切った児玉源太郎参謀次長の決断力』★『ロシアと戦ってきっと勝つとは断言できないが、勝つ方法はある』◎『国破れて何の山河じゃ。ロシアの無法に譲歩すると国民は必ず萎縮し、中国、インドと同じ運命に苦しみ、アジアは白人の靴で蹂躙され、植民地からの脱却は何百年も先となるぞ』

       2017/05/27日本リ …