前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(260)『日清、日露戦争の勝利方程式を解いた稀代の名将・川上操六(37)ドイツ参謀総長・モルトケに教えを請う

      2015/02/19

日本リーダーパワー史(260)
 『日清、日露戦争の勝利方程式を解いた稀代の名将・
川上操六
(37)
ドイツ参謀総長・モルトケに教えを請い、参謀本部をモルトケ流に
大改革、
藩閥にとらわれず、優秀な人材を登用し、インテリジェンス網
情報将校)を世界中に張り巡らせ日清、日露戦争に勝利した。
 
前坂俊之(ジャーナリスト)
 
川上はモルトケに弟子入りして教えを請うた。
 
明治17 年2月、大山厳陸軍卿(陸相)は、陸軍きっての英才の桂、桂太郎、川上ほか俊英17人を引き連れて、陸軍大改革の準備調査のためにヨーロッパ各国を視察、イタリア、フランス(47日)、英国、ドイツ(70日)、ロシア、米国など回り、翌年1月25日に帰国した。視察の目的は①将来の陸軍の編成、軍政の研究 部隊の演習の実地調査③最新の軍事知識の吸収④ドイツから陸軍大学の教官の1人派遣してもらうーことなどで、ドイツ参謀総長モルトケの推薦で参謀少佐クレメンス・ウィルヘルム・ヤコブ・メッケル(42歳)を日本に招致することになった。
メッケル小佐は明治18年1月に来日した。この時の日本陸軍は歩兵十三旅団一連隊、騎兵二大隊、砲兵七連隊一砲隊,軽重兵六小隊、屯田兵一大隊一中隊、軍用電信二隊など総兵数はわずか三〇三四二人の劣弱な陸軍をでしかなかった。
これを、兵力百万を超え世界一の陸軍強国・ロシアと戦うことのできる日本陸軍に20年後に育て上げていくために、思い切ってドイツモルトケ戦略に切り替えたのが桂、川上の陸軍きっての俊英コンビで会った。
二人はいずれも少佐で36歳の同年齢であり、山県有朋、大山は若き2人に陸軍建設の将来を託し、調査研究の中心に据えた。旅行を通じて2人は肝胆相照らし、桂(後に大将、日露戦争時の内閣総理大臣)は陸軍軍政を担当し、川上(参謀総長)は国防作戦を担うことを話し合った。すでに桂太郎は明治3年8月からドイツに3年間留学、シュタインの「軍事行政論」などを勉強していた。
ドイツ視察で川上ははじめてモルトケに会い、ドイツ参謀本部の組織に驚嘆した。当時、日本では参謀部は陸軍省の一部にすぎず、内乱用だけであるかないかわからないような存在だった。
ドイツ参謀本部の組織は第一総務課、第二情報課、第三鉄道課、第四兵史課、第五地理統計課、第六測量課、第七図書課、第八図案課まできちんと整備され、常時、情報の収集と分析を怠らず、いざ戦争となれば百万の軍隊がたちどころに動員できる体制が整っていた。
近代軍隊の組織、動員、輸送、兵站の運用、機械化、標準化、システム化が整備されて、参謀総長をはじめ参謀、作戦のトップが急死、戦死した場合にも、スムースに引き継ぐマンパワー体制に備えていた。ナポレオン式ではなかった。
川上、桂はドイツ陸軍を徹底して分析することで、フランス側の猛反対を押し切ってドイツ方式に切り替えのである。
川上はヨーロッパから帰国すると少将に昇進、参謀次長になり、その後、新設の近衛第二旅団長になった。明治20年1月にドイツの軍事体制、モルトケ戦略を徹底して研究するよう乃木希典と2人でドイツ留学を命じられた。
明治天皇はドイツ皇帝(カイゼル)あてに「陛下から2人に恩遇を加えていただければ感謝します」のドイツ語の親書をことづけた。
川上はモルトケにあい正式に弟子入りと教えを請うた。モルトケはこの時、86歳だったが、30年以上も参謀総長の要職にあり、普仏戦争での大功労者、世界の軍事界の最高峰に君臨していた。一方、川上は38歳で、約50歳もの年齢差があり、まるでひ孫を相手に噛んで含めるように「参謀本部の組織は絶対秘密だが、極東の日本とドイツがまさか戦争することはあるまいから、例外として奥儀まで教えてあげよう」と受け入れた。
ワルデルゼ参謀次長が一緒に立ち合いモルトケのロからでる断片的な教訓を親切に注釈して解説してくれた。
「軍、ならびに軍首脳部は政治の党派や潮流から絶対に独立していることが必要じゃ。つまり、参謀本部は平時は陸軍省からもはなれたものにしておかねばならん、スペイン、フランス、イギリスでさえ軍行政が政治とからんで妨害を受けたことはなんどもある」
「時代がかわれば武器の優秀さや、兵力の多数をもって、わがドイツと競う国は出てくる。しかしな、兵を統帥する指揮将校の優秀さ、こればかりは、わしが今、仕込んでいるガイスト(精神)を忘れぬかぎり、永遠にドイツをしのぐ国はあり得ないのじゃ」「軍略などと言ってなにも特別に難しく考える必要はない。常識と円満こそ軍略の精髄である」
モルトケの指示で、川上は実際にドイツ参謀本部付となって勤務し、同参謀本部ロシア課の大尉から動員、準備、戦術、作戦の講義を実地に受けて、ドイツ陸軍の組織、訓練、情報活動の中身まで、その手の内を見せてくれた。
モルトケ自身からの講義は参謀本部総長控室で行われたが、その横窓からベルリン市動物園が見え、そこにドイツ戦勝記念碑が立っていた。
「あれこそ、わしのきたえたドイツ軍人精神のシムボルなのじゃ。日本にも、これが立つようでなくてはならん」
また時として川上は自宅に迎えられた。老元帥は、バラづくりを自慢にしていたが、極東からきた弟子をそのバラ園にまねいて、自ら手入れをしながら雑談的に講義することもあった。
いつも講義の最後に出る言葉は、「はじめに熟慮。おわりは断行」で、これがモルトケの要諦であった。歴史を好んだモルトケはいろいろな例証を上げ、後年、川上が統帥権の独立を明確に決めたのはモルトケの教示によってであった。
藩閥にとらわれず、優秀な人材を登用、抜擢した
 川上は参謀本部の拡充のため、藩閥にとらわれず、すべて国家的見地にたって、優秀な人材を登用した。それまで山県をトップに薩長が牛耳っていた陸軍から藩閥に関係なく門戸を開放した。まずドイツ陸軍に留学し、「クラウゼヴイッツの戦略論」に通じていた田村怡与造(たむら いよぞう・山梨出身)を見込んで、自らの後継者にきめて引っ張った。川上の参謀役として日清戦争での『野外要務令』『兵站勤務令』などは田村が策定や、陸軍演習の作戦計画なども作った。
情報将校((スパイ)の重要性を最も痛感していたのは川上である。そのため、明治23年、議会の開設と共に、会計検査法がやかましくなって、参謀本部がその機密費を封じられた際は、川上は東京麹町三番町の自邸(旧・博文館の所有)を担保に入れて金を工面した。国を守るには情報こそ欠かせない。
孫子の兵法第一条の『敵を知り己を知れば、百戦危うからず』を実践するため、身銭を切ってまで部下を大陸、西欧まで派遣した。
川上はスパイを蔑視する西欧と違って、忍者、御庭番を諜報、情報役として重視してきた日本古来からの武道・軍略にも通じていた。川上の庇護によって、彼らは命も名も金もいらぬ、国家を守り、川上のためならばと単身、敵地に乗り込んでいった。明治天皇も川上を信頼し、情報の重要性をよく認識していた。
 
「シベリア単騎横断」の情報偵察を福島安正に指示
対ロシア戦に備えて「シベリア単騎横断」の情報偵察を福島安正に実行させたのも川上であり、わが国きっての、世界的に見ても飛びぬけた情報将校に育て上げた。
もともと福島は信州松本の人で、明治維新後、大学南校(東大の前身)で正式に洋学を習い通訳で陸軍に入った変わり種。彼は語学の天才で英、仏、独、ロシア、中国の五ヵ国語を自由にあやつった。福島の才能を見込んで藩閥を超えて川上が抜擢した。明治十八年、次長として参謀本部に入った川上は、ベトナムをめぐって清仏戦争が起こった際、北京公使館付武官であった福島大尉をインドに派遣した。
翌年、福島は詳細な調査報告を参謀本部に提出した。二十年、ドイツ公使館付武官として福島はベルリンに赴くが、川上もドイツに派遣されてベルリンに到着した。ここでモルトケに弟子入りして、モルトケ・クラウゼヴィッツの戦略を徹底して研究したのである。
川上はドイツに一年半もの間滞在したが、福島にロシアの東方進出の意図や進捗状況の情報収集を命じた。
この結果、福島は明治二十五年に日本へ帰国する途中に、破天荒な単騎シベリア横断旅行を決意し、その資金は川上がかけあって集めた。これは文字通り決死の冒険であり、ヨーロッパ各国、ロシアはもちろん「ヨーロッパ人さえできないのに、未開国の日本人がやれるはずわない」と鼻でせせら笑っていた。
福島は四百八十余日を費やしてマイナス30,40度にもなる極寒のシベリアを単騎で見事に成功し、翌年六月帰国し、世界をあっと言わせた。これは日本人のインテリジェンスの高さを世界に初めて示すケースとなった。
 東条英教(東條英機の父)ほ、明治維新で賊軍仙台藩の出身で、陸軍大学一期生の成績トップ、メッケル少佐から「スエズ以東第一の軍事的頭脳の持ち主」ほめられた英才だったが、長州閥から疎んじられていた。川上は東條を特に抜擢した。また日露戦争で東条以上の作戦的実績をあげた松川敏胤(仙台出身)も引き上げた。宇垣一成(その後陸相、外相・岡山出身)も目をかけて、万一戦死しては惜しいと日清戦争に出征させず、自分の下においた。宇垣は周知のとおり、軍閥的地盤はまったく薄弱だった岡山出身だ。
 
日清、日露戦争で活躍した情報将校を一手に育てた。
 
花田仲之助は、西南戦争に参加、政府軍に捕まり斬刑となるところを、川上が助けた。恩義を感じた花田は陸軍士官学校に入学し、軍人となった。日清戦争後の明治二十九年二月、川上から、重大使命を命じられ、まもなく行方不明となってしまった。
一介の雲水、「清水松月」になった花田は、翌年四月、西本願寺のシベリア別院の布教師となりウラジオストックにあらわれた。破れ衣に汚れけさをつけた松月は、ハバロフスクからイルクーツクなどシベリア各地、モンゴル、満州の吉林、長春から、ハルビン、奉天、大連、旅順など広汎な地域を飛びまわる布教活動を続けながら、シベリアでのロシアの政冶や軍事、経済的な動向、満州での鉄道、兵員、兵種へ兵器、兵備、施設についての調査研究して、参謀本部におくっていた。いよいよ日露戦争が始まると、花田は馬賊を指揮して「花大人」とよばれて、ロシア軍を撹乱するゲリラ隊長となった。
このように、川上は情報将校を、さかんに大陸にむけて派遣した。日清、日露戦争の裏面で活躍した情報将校で川上の息のかからなかったものはいないと言ってよい。
こうして日清、日露戦争で活躍する影の戦士たちを一手に養成した。このように福島安正、花田仲之助、田中義一、廣瀬武夫、青木宜純、山岡熊治(陸軍。高知県出身)、武藤真義、明石元二郎ら優秀な情報部員はすべて、川上の子飼いである。
 明治25年当時の参謀次長、川上操六中将(当時43歳)の参謀本部をみてみると次のような陣容である。
第一局(動員、編成、制度等担当)―局長は初代・児玉源太郎大佐の後の大迫尚敏大佐(後の日露戦争で第七師団長として旅順二〇三高地奪取の戦功をたてた)。
 その次の局長には寺内正毅(後の陸相)大佐が後任となる。
 局員には田村恰与造(後に川上次長の後継者となる)、東条英教(東條英機の父)、山根武亮等を配置。
第二局(作戦、情報等担当)―局長は高橋維則大佐であり、部下局員には伊知地幸介少佐(駐独武官福島少佐の前任者)、柴五郎大尉と宇都宮太郎大尉(両名とも情報で後に大将となる)等の俊英参謀が配置されていた。
川上次長の特命で活躍した人材では福島安正少佐、上原勇作少佐―野津道貫中将の女婿。明治十四年以来、約五ヶ年仏国駐在、主として陸軍の技術(工兵)等の調査研究を行う。当時は川上次長の副官となる。明治二十六年フランス、タイ間の戦争で約三ヵ月現地偵察を命ぜられる。
宇都宮太郎大尉(宇都宮徳馬代議士の父)当初、川上次長の副官。明治二十六年にインドに派遣。
明石元二郎大尉―欧州、特にドイツに派遣。
各地の前線で活躍した人はーフランスでは池田正介中佐、ドイツは福島少佐の後任に大迫尚道少佐(前記尚敏大佐の弟、後に大将)ロシャは楠瀬幸彦少佐(後に陸軍大臣)、萩野末吉大尉、黒沢源三郎、伊藤圭一
 インド、アフガニスタン、支那、朝鮮、シべリヤー松石安治大尉、津川謙光大尉、松浦鼎三大尉、橋本斉次郎中尉、仁平宣司中尉、石井忠利中尉
四、特命でドイツ留学(何れも大尉)―松川敏胤(後に大将)、上原 博、恒青息道、大井菊太郎、林太郎、山本延身らである。
また極秘諜報従事者はー荒尾精と根津一が中支、特に漢口で活躍していた。
2 シベリヤで活躍中の工兵大尉・松浦鼎三は主としてウラジオで活躍し、丸山通と変名していたーなど、秘密諜報員として姿を変えて世界中で情報収集に当たり、縁の下の力持ちをしたのである。
これに民間の志士たち(玄洋社のメンバーや民権論者ら)を集めて支那の奥地にまで派遣して、踏査、諜報させて、来るべき戦争に備えた。
 
 
川上はモルトケのドイツ参謀本部をまねた
 
川上はモルトケのドイツ参謀本部をまねて陸軍参謀本部も作った。ドイツ参謀本部は総務謀のつぎが情報課の順序になっていたが、川上も情報課を充実し惜しげもなく金をつかって、外国情報を収集し、外務省以上に世界情勢に通じるようになった。モルトケは第四に兵史課をおいたが、川上も陸軍文庫に二万五千巻の書をあつめ、東西の戦史を十分研究させて出版した。その情報を外務省にも流し互に共有,協力した。その結果、川上と「カミソリ外相」陸奥宗光とはツーカーとなり、この2人が『日清戦争』必勝の強力コンビとなったのである。
ドイツ参謀本部が第三に鉄道課をおいていたが、戦争で肝心なのは兵站(へいたん ロジスティクス)である。特に近代戦の場合はこれがカギを握る。モルトケは大量の兵力、軍備、兵員の輸送、移動に近代技術の鉄道を重視したが、川上も輸送を重大視し、自ら全国鉄道会議の議長となって、広島まで山陽本線を延長して、東京からいち早く兵力の輸送ができるようにレールの延長を促進した。動員を敏速にする必要からである。
第五の地理統計と第六の測量は日本国内で努力したばかりでなく、支那と朝鮮で将来、戦場となるべきところを秘密裏に測量させ、二十万分一縮尺の地図をつくらせていた。
その上で、モルトケから教わった「調査、情報収集と同時に、自ら敵前視察して、相手と問答して、相手の力量を図る」先手必勝策を実行した。
日清戦争(明治27年7月)の約1年余前の明治二十六年3月から6月にかけて川上は実際に朝鮮、支那の状況を実地に見聞しようと、参謀本部員(伊知地幸介、田村怡与造、柴五郎等)数名を随えて朝鮮から南満州の要地をへて山海関を通り天津、北京に入り、上海をまわる3ヵ月間の偵察旅行を行った。
まず釜山に上陸、その地の朝鮮軍の司令官や知事に面会、兵士の訓練状況を視察した。ここに一週間滞在、京城に着いたのは四月二十八日、ここには十三日間いて、この間に公使大石正己の先導で国王に謁見、単なる表敬訪問であったが、宮廷の雰囲気は把握した。
その他、朝鮮軍の兵曹(大将)や清国公使の袁世凱とも懇談した。袁世凱これまで何人かの日本人や軍人とも会っているが、ただ一人、川上の人物とインテリジェンスには畏敬の念をもち、後日、李鴻章に書を送って「川上将軍は一世の人傑なり」と激賞した。
そのあと鴫緑江を小舟でわたり隠密裏に視察して、大孤山に上陸して、陸路、奉天にはいり営口にでて、北支那に入った。
この偵察旅行で、全支那に鉄道の全くひけていないのをみて、「清国の兵隊は数は多いが、足のない兵隊だから、いざという時に動けない、図体ばかりでかい清国軍はわが敵ではない」と必勝を確信した。
 
アーネスト・サトウ英国公使の川上評
 
予言通り『日清戦争』は川上のインテリジェンスの勝利となったが、次なる『日露戦争』について、川上はアーネスト・サトウ英国公使に「ロシアとの戦争には勝つ」と公言していたのには、あらためて川上の慧眼には驚く。
1895年(明治28)十一月七日にサトウは東京からソールズベリー(英国首相)宛に手紙を書いている。
 『昨夜の晩餐会で参謀総長の川上(操六)陸軍中将に会いました。ロシアのことに話がおよぶと、彼はロシアは皆の考えているほど決して強くはないと言いました。ウラジオストクには三万人しかいないし、それも第一級の兵士ではない。シベリア鉄道が完成しても、本拠地からあれほど遠い距離を、補給線を延長して戦争を遂行できるのかどうか疑わしい。
日本の艦隊は現在はもちろん劣勢であるが、いま英国で建造している戦艦2隻[富士と八島]が引き渡されれば、全く違ってくる。以上のように言いました。彼が今後十年間に日本はもっと強くなるとほのめかした口振りから、私は彼が再び戦争する前に待ったほうが良いという意見だと推測しました。
しかし、もしロシアの海軍力が優勢だとしても、必要な場合は数時間で彼らを海峡から誘き出して、対馬を経て朝鮮へ軍隊を送り込むのは、いとも容易なことだと彼は言いました。朝鮮の海岸は対馬から見えているのです。
彼は東アジアで英国がその勢力を主張することが心配だと意見を述べました。』     
イアン・C・ラックストン著「アーネスト・サトウの生涯―その日記と手紙より」(厳松堂出版、2003年刊)213
著者:伊藤痴遊著 | 発行年月:1935年08月
『日露戦争の回顧』の中での、日清戦争後の陸軍拡張に反対した日本郵船社長の
近藤廉平を陸軍参謀総長・川上操六はどう説得したかのやりとりの部分4P。

 

 
(つづく)

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

mq2.jpg11
★『湘南海山ぶらぶら日記』★『海上バカ説法を聞け!』★『鎌倉座禅カヤックー筋肉バトル1万回は<快楽、苦役、悦楽>大喝じゃ!,ああシンドいわ!

    2012/11/20 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(126)辛亥革命百年(28) 内山完造の『日中ビジネス論』「民間外交力』『前事不忘 後事之師』(2)

日本リーダーパワー史(126) 辛亥革命百年(28)内山完造(2)の『日中ビジネ …

76995065354a534aff1f287.70582157147709118
『リーダーシップの日本近現代史』(239)/★『三井物産初代社長、『千利休以来の大茶人』益田 孝(91歳)(下)『「鈍翁」となって、鋭く生きて早死により,鈍根で長生き』★『人間は歩くのが何よりよい。金のかからぬ一番の健康法』★『 一日に6キロは必ず歩く』★『長生きするには、ご馳走は敵』★『物事にあくでくせず、常に平静を保ち、何事にもニブイぐらいに心がけよ、つまりは鈍感に』

★ 2012/12/06  百歳学入門(59)記事 …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む] (5)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『他を頼みにして自らから安心す可らず  』 (「時事新報」明治27年5月3日付)★『支那帝国の中心は既に腐敗した朽木に異ならず、地方も各省もバラバラの施政で、日本の封建時代の末路と同様に亡国の状態だ』

 ★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4) ー「 …

By: taylorandayumi
日本リーダーパワー史(545)安倍地球儀外交(積極的平和主義)をオウンゴール外交 にしてはならない!①

          日本リーダーパワー史(545) 安倍地球儀外交(積極的平和主 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(913)-米朝首脳会談(6/12日)を前に7回目の日米首脳会談(6/7)でトランプ氏は拉致問題提議を確約、安倍首相は北朝鮮と直接交渉する、と明言』★『トランプ氏「朝鮮戦争終結、合意あり得る」北朝鮮と調整』★『「安倍首相大慌て!トランプ心変わりの深刻度―日米首脳会談が「分かれ道」になる可能性」』★『安倍政権は今こそトランプと距離を置く時ではないか』

  トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による初の米朝首脳会 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(47)記事再録/『異文化コミュニケーションの難しさ―< 『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目>①『 STAP細胞疑惑問題にみる「死に至る日本病」』

    2015/01/01月刊誌『公評』7月号―特集『実感 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(641) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(34) 明石元二郎のインテリジェンスー対ロシア破壊工作をどのように進めたのか 『明石工作」(落花流水)の全容ーレーニンは協力者となったのか⑤

日本リーダーパワー史(641) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(34)   …

no image
知的巨人の百歳学(161 )記事再録/作家・宇野千代(98歳)『生きて行く私』長寿10訓ー何歳になってもヨーイドン。ヨーイドン教の教祖なのよ。

  2012/11/22  百歳学入門( …

no image
 『日本と世界のソフトパワー/コンテンツ対決』―『「君の名は。」アカデミー賞に近づいた?LA映画批評家協会のアニメ映画賞を受賞』●『5つ星!『君の名は』を英メディアが大絶賛』★『「君の名は。」中国で大人気も、日本はまったくもうからない!?ネットでは』●『中国、トランプに対決姿勢 「iPhoneが売れなくしてやる」と宣言』★『世界で最も稼ぐユーチューバー、2連覇の首位は年収17億円』◎『スナップチャットで年収5千万円 元ウェブデザイナーの27歳女性』●『8割が偽物? 中国・アリババと4万人の盗賊 』

 日本と世界のソフトパワー、コンテンツ対決 「君の名は。」アカデミー賞に近づいた …