前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★百歳めざせ/鎌倉カヤック釣りバカ動画日記>(234)『海の忍者カワハギ軍団との鎌倉沖決戦・死闘編の巻』★『釣りバカは死んでも治らない、100歳まで生きるよ』

      2020/02/21

   福島原発事故から半年後/2011年10/18日<鎌倉釣りバカ、カヤック日記>記事再録

<鎌倉釣りバカ、カヤック日記、おもろいで!>★『緒戦は圧勝!、その秘訣を大公開するよ』

前坂 俊之(ジャーナリスト)

◎『10/18-海の忍者カワハギ軍団との鎌倉決戦①

よってらっしゃい、見てらっしゃい。タダより安いものはない、カワハギより美味なるものはない、カワハギの肝ほど至上の珍味美味はないよ、さあ、よってらっしゃい、最後までのお楽しみというわけじゃ。

 

3・11 福島原発事故から半年後,鎌倉の海はまだ「豊饒の海」だった。いまや「死の海」だよ。

ー2011年10/18(火曜日)、土日月とずっと強風なので、やっと本日午前6時から、カワハギ名人川越ちゃんと一緒に、鎌倉材木座からの「鎌倉釣りバカ、カヤック日記』(秋の恒例、鎌倉海の忍者軍団との死闘編)をお送りするね。

カワハギ釣りは超ムツカシー、ムカツクのよ。釣道10段、黒帯ならぬ佐々木小次郎カワハギ返しの0.3秒の早業で合わせる。眠狂四郎の円月殺法ならぬ、竿回し技法もある、大菩薩峠の机龍之介の盲目の釣りにもぴったりなのじゃ。なぜなら、引いているのか、触っているのか、全く当たらないのにえさだけはきれいに取られる。

剣の名人、釣りの達人じゃないと互角に勝負は出来ないのじゃな。

相変わらず、無駄話が多いな、

早く本論に入れよ、このもうろくじいさんよ!。早くみせろ。

 

本当にカワハギ名人なのかーその証拠は最後にお楽しみ。

ホントか、うそか、カワハ­ギのように、「ニオイはすれども、姿は見えぬ、ほんにお前は<屁のような>、カワハギ野郎め!、今日は一網打尽に来たのじゃ、神妙に返事をせい!。

マナーを守れ。『自動販売機』しか買い物できん、店員とあいさつもアイコンタクトもできんいまどきのガキと一緒じゃ。

「ケイタイ」と24時間ニラメッコで、電車で隣同志になっ人、隣人、友人にも知らん顔のマナーモード知らずの、ガキとと同じじゃ。

カワハギガキちゃんよ、しっかり餌­を食べる時にはあいさつするのじゃぞ、引くのじゃぞーそうしないと容赦はせんぞと,
人の道には一泊一飯という「仁義」の道があるぞ。カワハギ君も多くの釣り人も「仁義」を忘れとるな。
魚、海への生命の畏敬がなくちゃならんぞ。みだりに殺生(せっしょう)は禁物じゃ。仏の戒律「不殺生」を釣りでも実践する、リリース、数の制限じゃー、遊漁船での一束二束­というのは明らかに外道じゃ。

魚食い民族として海、魚に感謝して、最低限を食するのがのワシの心得じゃ(ホントかいな!、ええ格好して、

ーと宣言して決闘のスタートじ­ゃよ。

 

海の忍者カワハギ軍団との鎌倉決戦に大勝利、その秘訣大公開するよ。結果の発表ーパンパかパンー。は2時間半で、カワハギ12匹。最大2センチ、15-23が6割、ワッペ­ンサイズ4匹.

これから30センチの肝パン、ズシンと地球を釣るような巨カワハギの登場、世紀の一戦もまたライブ中継の大サービスじゃ。

 

 – 健康長寿湘南海山ぶらぶら日記

 - 人物研究, 健康長寿, 最先端技術『見える化』動画, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

default
熊本地震1ヵ月の現状②-加藤清正ゆかりの本妙寺は清正像、灯篭、石塔の多くに大被害、健軍商店街ピアクレス、倒壊した阿蘇神社の国重文の楼門、南阿蘇村(立野地区)、『武蔵塚公園』の宮本武蔵像

  熊本地震1ヵ月②ー 加藤清正ゆかりの本妙寺は清正像、 石像灯篭、石 …

ダウンロード-1-150x150
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(3)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み直す』★『韓人の治安妨害』(「時事新報」明治27年4月19日〕』★『 朝鮮国王の指令で次々に4人の刺客を日本に送り込み、 日本の主権を侵し金玉均、朴泳孝の暗殺を実行した』★『朝鮮政府に対し不法なテロ事件の真相を究明し、国際談判を開き、黒白を明にして国家の治安を擁護すべし』

 ★『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー 「 …

no image
速報(248)『4号機・燃料棒取り出し困難さ「空中に釣り上げたら周辺の人達が死んでしまう被曝」小出裕章」3本

速報(248)『日本のメルトダウン』 ◎『「2月20日 4号機・燃料棒 …

no image
産業経理協会月例講演会>2018年「日本の死」を避ける道は あるのか-日本興亡150年史を振り返る⑤

 <産業経理協会月例講演会> 2013年6月12日  201 …

no image
知的巨人の百歳学(156)/記事再録/『東洋一のビール王・宣伝王・馬越恭平(78歳)ー『心配しても心痛するな』★『元気、勇気、長生き、腹のおちつきーの<四気〉がいずれの事業を行うにしても必要で、これこそすべての原点』

日本経営巨人伝⑪東洋一のビール王・宣伝王・馬越恭平『心配しても心痛するな』 &n …

no image
日本メルトダウン脱出法(578)「香港デモ:中国共産党と国民の争い」(英エコ誌)●『日中間に衝突回避、紛争拡大防止システムがない」

 日本メルトダウン脱出法(578) <チャイナリスク再び!> &nbs …

no image
百歳学入門⑲ <日本超高齢社会>百歳元気長寿者リスト②

       &nb …

no image
日本リーダーパワー史(639) 『日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(32)田中義一はロシア国内を偵察・諜報旅行して、革命家・レーニン、スターリンに接触(?)したのか③

日本リーダーパワー史(639) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(32)   …

no image
『大正の言論弾圧事件』 日本初の政党内閣である大隈・板垣内閣『隈板内閣』で起きた尾崎行雄の共和演説事件

『大正の言論弾圧事件』 日本で初めての政党内閣である大隈・板垣内閣『隈板内閣』で …

no image
百歳学入門(244)-『人助けのスーパーマン/尾畠春夫さん(78歳)の行動力とその人生哲学に心を打たれた。これぞ<本物人間>と比べて、わが偽善の人生を反省する』

  玄関前に「山口に行ってきます」と書き置き…2歳児発見“スーパーボラ …