前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「オンライン・日本史決定的瞬間講座⑫」★『電力の鬼」松永安左エ門(95歳)の<長寿逆転・不屈突破力>が『世界第2の経済大国』の基礎を作った』★『人は信念とともに若く、疑惑とともに老ゆる』★『葬儀、法要は一切不要」との遺書』★『生きているうち鬼といわれても、死んで仏となり返さん』

   

 

  • ★「松永の先見性が見事に当たり、神武景気、家電ブームへ「高度経済成長」へ驀進した。

この世間からは高すぎるとみられていた電気料金がいざふたを開けてみると、好景気の神風が一斉に吹いてきて、松永の見通しの正しさを証明した。1950年6月の朝鮮戦争によって、日本経済は急速に回復してきた。それまで3、40円台を低迷していた電力株は高騰して額面(50円)が軒並み100円台に上ってきた。これに連動して、電機メーカーの株も一斉に連れ高となった。

 電力界は一躍、好景気にわいた。2年もしないうちに、200余万キロヮットの電源開発に成功し、九州、関西、中部各電力は4020万ドルの外資導入に成功した。まさに松永案の勝利を告げる景気上昇と、株価上昇が連続的に起きたのです。

1955年(昭和30)以来、世界景気の好転を背景として、1956年度の経済白書は「もはや『戦後』ではない」と銘打って戦後のの目ざましい復興ぶりを表現した。56年度の民間企業設備投資は名目で58%、実質で39%と、戦後最高の伸びを示し「神武景気」と名づけられた。

 

この神武景気は、「三種の神器」といわれた白黒テレビ・電気洗濯機・電気冷蔵庫の家庭電化ブーム、大衆消費社会の幕開けを告げた。

自由民主党が結成されたのは1955年(昭和30年)11月で、この政治的な安定と経済発展により、高度経済成長は1955年から1973年までの18年間続いた。

1968年にはGNP(国民総生産)当時の西ドイツを抜き第2位へ。この年、東京オリンピックが開幕と同時に東海道新幹線、東名高速道路も開通した。戦後、焼け野原で何もないところから世界第2位の経済大国まで上り詰めたのは世界史でも例がなく「東洋の奇跡」と絶賛されました。

80歳代となった松永は電力中央研究所理事長や産業計画会議を主宰しながら、『東海道新幹線』「東名高速道路」「新エネルギー政策」などのビックプロジェクトを次々に政府に提言、実現させた。池田勇人内閣で「所得倍増計画」のシナリオを書いた経済学者で大蔵官僚の下村治とともに影の参謀役を果したのです。

  • 92歳でトインビーの「歴史の研究」の日本語版を刊行

松永の目は世界にも向いていた。「井の中の蛙」、島国根性の日本人に一番欠けているのは世界的な視野の歴史観であり、世界の中の日本という複眼的な視点です。

そう考えた松永は『日本人への遺書』として、鈴木大拙から教えられた当時、世界を代表する歴史家の英国のアーノルド・トインビー博士の「歴史の研究」【全24巻】の翻訳日本版の刊行を決意する。同書は世界史、比較文明論の名著で、20世紀で最も難解といわれた歴史書です。

1954年(昭和29)9月、80歳になった松永ははるばるロンドンまで飛んで、トインビーと交渉し、東西の文明の対話をかわして、全巻の翻訳権を獲得した。この時、「宗教的、霊的に立ち上がるのに、東洋はスピリチュアル(霊的)に物事を考え、西洋では合理的に考える。現在の日本人は、科学的に冷静に、さらに客観的に物事を考える能力を欠いております。ぜひ日本においで願いたい」と訪日を要請しし、トインビーは2年後の来日を約束した。

 

この翻訳を最晩年のライフ・ワークとして取り組み、日本語版『歴史の研究』の第1巻刊行は1966年(昭和41)、松永92歳の時です。この「刊行の辞」を書くためにシュペングラーの『西洋の没落』の原書を読んで、アンダーラインを引きながら毎夜、勉強に余念がなかったというから、その努力はまさに超人的です。

これも、90歳代の話だが、周囲からの「疲れましたか」といういたわりの言葉に『疲れるということは敗北主義であって、僕の一番嫌う言葉だ』一喝したというから、すさまじい。

  • 「人は信念とともに若く、疑惑とともに老ゆる」

 92歳の松永と当時70歳の松下幸之助のビッグ対談が『週刊朝日』(昭和41年1月21日号)に掲載された。松永が「ふつうは酒が弱るんですが、あたしの場合は酒が、むしろだんだん強くなる(笑)。

 松永ー「医者にいわせると、内臓がとくに強いようです。酒を飲んでも、いっこう害をなさん」というと、松下は「去年お目にかかったときからみたら、ひじょぅに若返っていますな。青春ですな。こういうものをもってきたんですがな。

松下ー「これはマッカーサー元帥の座右銘です。『青春』というものをもってきたんですがな。『人は信念とともに若く、疑惑とともに老ゆる』『希望あるかぎり若く、失望とともに老い朽ちる』とかね。ちょうどあなたのことをいうてるな、と感じたんですよ。」と2人は大笑いした。

 

生存者叙勲制度は1964年(昭和 39)から復活し、昭和戦前までは官吏及び軍人中心だったのが、国民の各界各層を対象とするものに改められた。

その第一回の勲一等瑞宝章に. 松永が内定したが、池田首相から伝えられると「人間の値打ちを人間が決めるとは何ごとか」と激怒し、受章を拒絶した。

松永は『栄典の類はヘドが出るほど嫌いだ』と遺言にも書いたほど。松永の弟子を任じる永野重雄(新日鉄会長、日商会長)が「あなたがもらわれないと後のものが困ります」と粘り強く説得し、松永はしぶしぶ叙勲を了承したが、勲章授与式には欠席した。

  • 「葬儀、法要は一切不要」との遺書

松永は亡くなる10年前の1958年(昭和33)12月に遺書を書いた。

➀死後一切の葬儀、法要は大嫌い、墓碑一切、法要一切が不用、線香も嫌い。

②死んでの勲章位階はへドが出るほど嫌い。友人の政治家が勘違い尽力することを固く禁ず。

③財産は倅(せがれ)および遺族に一切くれてはいかぬ。彼らが堕落するだけ

  • 衣類など形見は親類と懇意の人に分けるべし。

➄小田原邸宅、家、美術品、必要什器は一切、記念館に害付する。

これほど厳格に自己を律し、「子孫に美田を残すな」を貫き通した人はいなかったのではないか。

松永は死の直前「歴史の研究」を出版した経済往来社の下村 亮一社長に対して、一幅の書『不失恒心、不守恒産』を与えている。

 

『恒産とは』一定の職業や財産のこと。「恒心」とは、正しさを失わない心。金、財産があれば「「恒心」を持つことはよくあることだが、一定の生業がなくても安定した道義心(モラル)を保つことができるのは、学問修養のできた「士」(サムライ)しかいない、という意味です。

1981年(昭和46)6月、95歳で大往生した。遺言により「葬儀、告別式は一切せず」。

生前、「生きているうち鬼といわれても、死んで仏となり返さん」とよく詠んでいた。

 

  • 最後に「耳庵」の長寿10ヵ条とは・・

第1条 115歳? 日本一の天海大僧正の健康法を見習え

有名な天海大僧正の「養生訓」に、一、日湯。二、少食。三、だらりとある。日湯と少食は分かるが、  だらりはなんだろうと疑問の人もあろう。これは男子の持物のだらりであって、けっして心身のノンベンだらりではない。天海の養生訓のポイントは「折々に放屁なさるべくし」にある。

人間生活でつねに緊張を欠くのもいかんが、緊張しすぎるのもいかん。健康上でも腹中にガスがたまったらフープー放出したいときに放出して、体も気分もゆっくり落ちつかせるに限る。何もこせこせ気にするな、押さえても出るものは押さえるな。

 

第2条、「人間が本物になっていくために通過すべき三つの事項とは・

➀ 生きるか死ぬかの大病を経験する。

② 失業や事業に失敗しての無一文の生活を体験する。

③ 他人に迷惑をかけない範囲での投獄生活の体験

松永の前半生はいたるところ青山ありで、こうした修羅場を何度も体験しそれにつまずき倒産し、逆転突破してきた、その胆力、胆識(たんしき)と、、茶道を通じての禅の修行による晩年長寿力パワーを発揮したといえる。

 

第3条―何事にも「出たとこ勝負」が一番、前もってくよくよ考えるな。

88歳で現役活動を続けた松永は生活スケジュールを守ってきた。早寝早起がまず根幹、夜に来客や宴会がなければ7時に夕食をとって、八時には床に入る。睡眠時問もたっぷりとって、朝は早起き、冬は6時、夏は4時半から5時には必ず起きる。

第4条―[早寝早起]「睡眠をたっぷりとる」

かるい体操、ちょっとした散歩、食事をすませて自動車で家を出るのがきまって7時半。毎日7時45には会社につく。社内のだれよりもいちばん早い。五時にはキチンと退出する。食事は朝が味噌汁にパン、昼が果物一個、夜に初めてメシをかるく1杯、おかずは二、三種、ただし医者のすすめで晩酌一本をかかさない。。

第5条―個人生活はむろん、会社事業にも借金をしないことが、一番の健康法

この他にはなんにもとくに健康上の注意はしない。

第6条―時間と年齢は単なる便宜的な呼び方にすぎない。

365日が一年と決まっているのは暦の上の便宜的取り決め。一年がすぎると一つずつ年をとるというのも、人間社会での便宜的取り決めに過ぎない。個人個人体質も、生活も、心境もちがう人間が、一様に一年に一つずつ年をとって、五十年たてば50歳、六十年たてば60歳還暦などと年齢の奴隷になるな。

第7条―80歳の青年もおれば、20歳の老人もおる、年齢など気にするな

五十歳と称しながら、六十、七十の実質的な老齢者もあれば、六十、七十で結構まだ、五十歳の年しかとっていないものもいる。つまり生年月日年齢、カレンダー的年齢(外見的年齢)と精神年齢、健康年齢、実質年齢(内面的年齢)とは差があり、人それぞれに違う。

第8条―「もういくつになった」と年齢ばかり気にする日本人が多すぎる。

人はすべて年をとり、老化するのは当たり前、「もういくつだ」、「もういくつになった」と、暦の上の年齢ばかりを気にするのはバカだ。わしは「八十歳の青年」を自負しておる。「八十歳の青年」もおれば「20歳の老人」もいる。人は爺さんの負け惜しみと笑ったかも知れぬが、これ位の強がりがなければ、人間はすぐおいぼれてしまおう。

第9条 無病息災よりは、一病息災が長生きする

どこにも病気がないという人よりも、どこかにわるいところがあったり、何か一つぐらい病気をもっている人の方が、かえって長生きする。むかしから、無病息災は少なく、一病息災が多いという。

これは、どこかに少しでも悪い所がところがあると、健康に注意するし、ムリやムチャをつつしむ。その結果、むしろ健康的に役立つのだ。健康自慢で、働きすぎや過労におちいるよりは、少し悪いところがあって、体全体をいたわることが、かえって健康長寿の基となる。

第10条 悪いところがあっても悲観するな。くよくよするのが一番悪い。 

すこしぐらいどこかわるいところがあっても、人はそうそう悲観するには当たらない。それを気に病んで、絶えずくよくよするのがいちばんよくない。

 

 

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究, IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(284)★『医師・塩谷信男(105歳)の超健康力―「正心調息法」で誰でも100歳まで生きられる』★『 「生れるということは「生きる(息きをすること)、これが人間の最初であり、水を飲まなくても飯を食わなくても、多少は生きられる。ところが息が止まるとと生きていけない。息を引き取り臨終となる。これが根本!」』

  2015年3月29日/百歳学入門(109)記事再録 医師・塩谷信男 …

no image
日本メルトダウン脱出法(819)『日本株が間もなく「落ち着き」を取り戻す理由―底打ちを示唆するシグナルが出揃いつつある』●『資源価格下落は日本への未曾有のボーナス(野口悠紀雄)』●『中国AIIBは、のっけから課題が山積しているー「格付けなし」で、どう資金を調達するのか』●『人民元安でも中国の輸出は拡大しない』

  日本メルトダウン脱出法(819)   今回の下落相場は、まだ下げき …

no image
福島清のマスコミ時評(1)『宮澤・レーン・スパイ冤罪事件」の悪夢― 秘密保護法がもたらす弾圧の具体的な警鐘

    福島清のマスコミ時評(1)   …

『リーダーシップの日本近現代史』(309)★『コロナパニックは世界大恐慌に突入寸前か!』★『日清、日露戦争の勝利で国難突破力を発揮した 明治の インテリジェンス』★『児玉源太郎は日露戦争直前のクロパトキンの日本敵前視察、恫喝には包み隠さず、一切合切すべてみせろ』と指示した』

    2017/04/20 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(314)★『戦略眼からみた世界サッカー戦国史』①ー『W杯ロシア大会と日露戦争(1904)の戦略を比較する。西野監督は名将か、凡将か➀-8回連載公開

                   前坂 俊之(ジャーナリスト) & …

スゲーよ、台風16号との鎌倉稲村ヶ崎決闘サーフィン,ガチ勝負④(2021/9/30 pm6)-約百人のサーファーがモンスター波と格闘、乱闘、ジョーズが飲み込まむ。エキサイティングの連続スペクタクル
no image
『リーダーシップの日本近現代史』(180)記事再録/★「生保の父」第一生命創業者・矢野恒太(84歳)ー「年を忘れることは年をとらない一番の法である」★『「事業から退いたあとは「国民統計」の作成に熱中して老衰を忘れ去っている」』

 2015/09/14  知的巨人たちの百歳学(1 …

晩年長寿の知的巨人たちの百歳学(111)戦後の高度経済成長の立役者・財界の巨人「電力の鬼」 の松永安左衛門(95歳)の長寿10ヵ条ー「80歳の青年もおれば、20歳の老人もおる、年齢など気にするな」

  晩年長寿の知的巨人たちの百歳学(111) 戦後の高度経済成長の立役 …

no image
日本リーダーパワー史(802)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑱『10年以上続く北朝鮮核開発疑惑の無軌道行動に、国連安保理は手を焼いているが、100年前のロシアの極東への侵攻経緯,日露戦争の原因となった満州撤兵の約束無視と朝鮮への侵攻とダブって見える』★『『ロシアの恫喝外交』対『日本の交渉下手、我慢我慢外交』のすれ違いから、ついに堪忍袋を緒をきって、先制攻撃するパターンが日本の戦争のやり方』

 日本リーダーパワー史(802)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』し …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(198)ー『日本敗戦史』㊱『来年は太平洋戦争敗戦から75年目―『日本近代最大の知識人・徳富蘇峰(「百敗院泡沫頑蘇居士」)の語る『なぜ日本は敗れたのか・その原因』②―現在直面している『第二の敗戦』も同じパターン』

    2014/12/03 /『ガラパゴス国家・ …