前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(126)』「東芝不正会計問題、功罪残した西田流辣腕経営‏」ー今回の不祥事の元凶は西田氏にある

      2015/08/27

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(126)』

東芝不正会計問題、功罪残した西田流辣腕経営‏

http://m.huffpost.com/jp/entry/8034226

F氏のコメント>

今回の東芝不祥事の元凶はこの西田氏にあると小生は思います。強烈な自信家が、マーケットの動向に無関心になり、上り詰めて名利名声だけを追うとこうなります。

ラップトップPC、ダイナブックを世に出し成功させた立役者なのですが、グローバルな競争環境下でコモディティ化して赤字事業となっても、自分の成功体験にしがみついています。

日本の経営者に有り勝ちな、権力基盤を自分の育てた事業の維持拡大に求める典型です。

PC事業の子飼いの部下を鞭打つ姿が目に浮かびます。 今の東芝で、業績貢献度の高いのは半導体事業位では、と思います。

室町氏が長年担当していました。 日立を追撃し 、キャッチアップするには、現事業一つ一つの競争力、将来性を見極め、 新事業の発掘と育成も俎上に載せた、ポートフォリオ点検を徹底的にやり、全事業を対象としたリストラに踏み切る、固定費の大巾削減しかない、やるのは今だ という印象です。外部役員を増やした新体制でやれるか、これも見ものです。

日立は、川村、中西のコンビでグループ全体の大リストラを数年前から実施し、ほぼ完了し、今の収益構造はその結果です。

西田氏は、経団連会長の椅子に未練たっぷりで、体裁にこだわって、社長、会長という経営者しかできない事業の再構築、大リストラをサボり、部下を痛めつけました。

日立の川村氏は経団連会長の椅子を断っています。川村氏と西田氏、どちらが経営者の責任を果たしたか? 言うまでもありません。

東芝問題を「不適切会計」と呼ぶ違和感–なぜ新聞各紙は「粉飾」と報じなかったか

http://logmi.jp/85549

東芝の不正会計問題、日本の低い監査報酬が浮き彫り 質に懸念

http://jp.reuters.com/article/2015/07/30/toshiba-accounting-auditor-idJPKCN0Q40CK20150730

東芝、不正会計隠蔽のために社員を大量リストラしていた!

http://biz-journal.jp/2015/08/post_11042.html

東芝不正会計を見逃した新日本監査法人、金融庁が「業務停止命令」を検討か

http://biz-journal.jp/2015/08/post_11016.html

 

 - 現代史研究 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑪「韓国人の行動形式は①日本への敵愾心②自文化への過度の自己満足③中国崇拝」(英タイムズ)

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など  外国紙は「日韓併合への道』をどう …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(924)-人気記事再録『戦時下の良心のジャーナリスト・桐生悠々の戦い①』★『関東防空大演習を嗤う」を書いて信濃毎日新聞を追われる』★『以後ミニコミ雑誌『他山の石』で言論抵抗を続けた』

年1月26日記事再録  日本リーダーパワー史(33)戦時下の良心のジャ …

no image
日本メルトダウン脱出法(776)「大阪ダブル選挙圧勝! 橋下維新「恐るべき強さ」の謎を解く」●「香港からも欧州からもいなくなる中国人観光客、 年末、年始は日本に殺到か?」●「貧乏老大国が目前の中国、夢も希望も捨てた韓国 アジアの少子高齢化(3)~国家消滅の危機にも」

日本メルトダウン脱出法(776)    「大阪ダブル選挙圧勝! 橋下維 …

thumbnail_image222222
『オンライン/国難突破力講座』★日本リーダーパワー史(39)『日本敗戦の日(1945年8月15日)、森近衛師団長の遺言<なぜ日本は敗れたのかー日本降伏の原因を追究する必要がある>

  2010/02/10 記事再録  前坂 俊之( …

no image
百歳学入門(190)『日本画家・小倉遊亀(105歳)-『「老いて輝く。60代までは修行、70代でデビュー、百歳』★『人間というのは、ほめられるとそれにしがみついて、それより上には出られないものですね』★『まだダメ、まだダメ。こう思い続けているので年をとらないんですよ』★『いいなと思ったときは物みな仏』

百歳学入門(190)   105歳 日本画家・小倉遊亀 (1895年3 …

no image
日本リーダーパワー史(506)目からウロコの名講義『日中韓150年戦争史の背景』 前田康博国際ジャーナリストが語る

  日本リーダーパワー史(506)   &nbsp …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』ー『感染症を克服した明治のリーダーたち②』★『後藤新平と台湾統治と中国のねじれにねじれた100年関係』(5月15日)

後藤新平と台湾と中国                    前坂 俊之(ジャーナ …

no image
日本メルトダウン(910)『大前研一の特別講義「位置情報3.0。テクノロジーの“俯瞰”によって見えてくるもの」●『麻生太郎氏「90歳で老後心配、いつまで生きてるつもりだ」●「中国の強権にノー」香港の書店経営者失踪事件を受け6千人がデモ』●「息を吐くようにうそをつく韓国人」…

 日本メルトダウン(910) 大前研一の特別講義「位置情報3.0。テクノロジーの …

no image
『地球環境大異変の時代④』/『日本災害列島から地球全体に例外なく気象大変動が毎年襲ってくる「世界大災害時代」へ』★『 「ハリケーン・フローレンス」米ノースカロライナ州に上陸』

  『地球環境大異変の時代へ④』 先週、日本は国家的危機(カントリーリ …

99999
世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記(2015 /10/10-18>「朝霧の中から神秘に包まれた『マチュピチュ』がこつ然と現れてきた」陸野国男(カメラマン)⓶

  ★<世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記 (201 …