前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(115) 陸軍参謀総長・川上操六⑰こそ『帝国陸軍の最大・最後の立役者なり』-

   

日本リーダーパワー史(115)
 
陸軍参謀総長・川上操六⑰『帝国陸軍の最大・最後の立役者
 
山県の如き老物に重要なる椅子を渡すべきにあらず』と頑然と総長を固守>
 
前坂俊之(ジャーナリスト)
 
鵜崎鷺城『薩の海軍・長の陸軍』(明治44年 政教社)より
 
西郷南洲の征韓論にやぶれて、廟堂と陸軍大将の冠を挫けて故山に隠棲した際、薩州出身の武人ほとんどが西郷と進退を共にした。
 
薩摩が陸軍において勢を失ふべき運命はこの時にきまった。然れども大山巌、野津道貫、高島輌之助、黒田清隆、川上操六等ありて漸く長に桔抗し、明治十八年内閣制度実施より日清戦争後の三四年間に至るまで陸軍大臣の椅子は薩人によって独占せられ山県といえどもこれを如何ともできなかった。
 
ところが、これを前にしては黒田、川上、大寺安純等が相次いで逝き、このあとには野津を失ひ、高島は失脚して枢密院に葬らると共に陸軍より全然その存在を忘れらた。薩の陸軍の勢力は歳と共に衰退し、山県の第二次内閣より陸軍の実権はすべて長に帰して薩人は長人に仰ぐようになった。
 
 薩の陸軍に取って最も大なる打撃は黒田、野津、高島よりも川上操六の死であった。川上は薩摩陸軍の重鎮たるのみならず、帝国陸軍最大の立役者であった。
 
参謀本部の設置に関しては山県の力が大きいが、これを今日の如く完全なる作戦計室の府にしたのは川上で、日清戦争の根本計画は殆んど彼の頭脳より出でたものだ。川上は当時すでに日露戦争が必ず近き将来にあることを予測して自ら満州・シベリアを視察した結果、病を得て帰国した。
 
ああ『川上あらしめば』とは・・・
 
ああ『川上あらしめば』とは天下、彼を知ると知らざるとを問はず均しく発する嘆声で、天のこの偉材を日露戦前に奪い、彼の智嚢を傾倒するのを不可能にした。実に帝国陸軍のために惜しむべきとなり。当時、さすがの伊藤も嘆声を発した。
 
「天下のことで、わしの殆んど意の如くならざるものなし。然れども隅田川の水と川上とは乃公の自由にならず」と。
 
山県とその与党は川上が薩閥の一後進を以て陸軍の首脳たる参謀本部により、あたかも長のために隠然一敵国をなす観があるのを見てこれを喜ばず。
 
しかし、山県は陸軍大輔たりし頃より薩の勢力を殺ぎて、陸軍の長の権下に置く意図を有し、その徴兵制実施に際しても排薩の密計を回らせた。これによって参謀本部を乗取り、長の勢力を擁護せんと機会のくるのを待った。
 
ちょうど参謀総長・小松宮殿下の逝去に際して、山県は自ら総長たらんと欲したが、事成らずして川上は次長より総長に進み、その後も自ら川上と変わる陰謀をあれこれと巡らせていた。
 
名敏なる川上はその山県一派の密謀を観破して、来るべき第二の日露大戦は自ら計画する考えで、山県の如き老物にこの重要なる椅子を渡すべきにあらずと頑然としてその参謀総長の位置を固守した。
 
鳴呼、一葉落ちて天下の秋を知る。
 
川上の死は陸軍における地図を一変した。しかし、山県一派の恐れたのは川上ただ一人にして、他は自家の薬籠中にするのは簡単だと思っていた。
 
薩長互角の勢いを有する時にあたり、大山巌は薩の陸軍を代表してあたも山県の長におけるとその位置を同じだったが、彼は過去の陸軍を飾る一骨董品に過ぎず、現実に活動すべき人物にではなかった。
 
その茫洋として捕捉すべからざる人格、大量にして清濁併せ呑むの概ある、その円満にして福々しき形貌、これらは確かに将に将たるの器を具ふるに似たるも、軍事的才幹は川上の万分の一をも持っていなかった。
 
また山県のようにあくまで権勢をつかんで爪牙をとぐという執着心はなく、いわば悪気のなき好々爺にすぎなかった。日露戦争前一たび参謀総長となり更に出でて満州軍総司令官の大任を帯びたれど、その実権は山県、及び児玉源太郎にあって彼は長派のかいらいに過ぎなかった。
 
彼はわが軍の如何なる件戦計画によってロシアと戦い、又その日の戦争の如何なる地点において聞かるやを知らず、砲撃の突如として起るを聴くや、幕僚を顧みて何のための砲声なるを問うこと一再ならざりき。
 
かかるはその人物の大なるを示すとせんも、到底彼の力を以て薩の陸軍を提げて長に封抗するは能はず。山県は元帥府に隠れて依然として陸軍のローマ法皇となっているのに対して、大山派は御相伴に其列に加はり黙々として長派のやりたい放題をただ傍観するのみ。
 
(中略)
 
 
山県の一の子分たる寺内正毅とても近頃は一かどの政治家になりすまして調子に乗れるは如何にも己れを知らざるの甚しきものなり。
 
故川上操六は独り軍事的才幹の殊絶したるのみならず、政治的頭脳においても、また普通以上にし、もし彼にその意があらば何時にても政務を担当するの機会があったが、文武両道の大義を明かにして、終始武人の本職のみに専念した。
 
なお、フランス最後の帝政時代に於ける陸軍卿ヴアイランがナポレオン三世に答へて、臣は政治家にあらず故に政略上のかけ引はこれを知らずと雉も、軍人の感情を熟知し軍務に慣熟するの一事においては人後に落ちずと云へるとその機をを一にせずや。
 
かくてこそ川上の川上たる所以を認められ、又軍人としての長所を発揮したる所以なれ。これを寺内、佐久間、大島等がその最も短所とする政務に携はりて世論を招くに比べれば志の高きを見るべきなり。
 
政治家としての寺内は国民の感情を解し、世論に追随して立憲の軌道を履むの頭脳と素養とを欠く。彼を以て前世紀の代物と断ずるも敢て酷評にあらざるべし。
 
 
 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
知的巨人の百歳学(145 )-声楽家・中川牧三(105 歳)-『生涯涯現役/健康長寿法、「好きなことを好きなようにやってきたら、いつの間にか100歳を迎えていました」

    2015/10/13 / 知的巨人たちの百 …

no image
日本リーダーパワー史(126)辛亥革命百年(28) 内山完造の『日中ビジネス論』「民間外交力』『前事不忘 後事之師』(2)

日本リーダーパワー史(126) 辛亥革命百年(28)内山完造(2)の『日中ビジネ …

111
  日本リーダーパワー必読史(746)歴代宰相で最強のリーダーシップを発揮したのは第2次世界大戦で、終戦を決然と実行した鈴木貫太郎であるー山本勝之進の講話『 兵を興すは易く、兵を引くのは難しい。』★『プロジェクトも興すのは易く、成功させ軟着陸させるのは難しい』●『アベノミクスも、クロダミクスも先延ばしを続ければ、 ハードランニング、亡国しかない』

  日本リーダーパワー必読史(746) 歴代宰相で最強のリーダーシップを発揮した …

no image
日本リーダーパワー史(520)『「明治の国家参謀・杉山茂丸に学ぶ」➃『軍事、外交は、嘘(ウソ)と法螺(ほら) との吐きくらべ」

    日本リーダーパワー史(520) &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(432)政治家はすべて私心を捨てよ,高橋是清は「小さな 政治の知恵はないが、絶対にものを恐れない人」

 日本リーダーパワー史(432)               …

no image
最高に面白い人物史②人気記事再録★勝海舟の最強の外交必勝法②「多くの外交の難局に当ったが、一度も失敗はしなかったヨ」『明治維新から150年の近代日本興亡史は『外交連続失敗の歴史』でもある②』

 2014/05/21    &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(527)『有言不実行』の安倍首相よりも 「有言実行」「断固行動派の橋下氏のほうが数段と上↑」①

  日本リーダーパワー史(527)   安倍首相と …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(33)記事再録/尖閣問題・日中対立の先駆報道の研究 (資料)『琉球処分にみる<日中誤解>(パーセプション・ギャップ)<歴史認識>の衝突④『 『琉球朝貢考』<香港3月6日華字日報より>』

  尖閣問題・日中対立の先駆報道の研究 (資料)『琉球処分にみる<日中 …

no image
日本リーダーパワー史(347)勝海舟の国難突破力ー中国・韓国との付き合い方、経済上の戦争では中国に及ばぬ

日本リーダーパワー史(347) 勝海舟の国難突破力に学ぶ ●『勝海舟の中国・韓国 …

no image
日本リーダーパワー史(974)ー記事再録/『2・26事件で襲撃をうけ九死に一生を得た大日本帝国最後の首相・鈴木貫太郎(82歳)の終戦決断力が『日本を救った』

大日本帝国最後の首相・鈴木貫太郎(82歳)の晩年   《2009/02 …