前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『Z世代のためのオンライン講座・リーダーパワー史(1256)』★『日本再建にはZ世代のMBL大谷2世を生みだせ!』★『大谷選手は日本が生み出したこの百年間で最高のクリエイティブ・パフォーマー(創造者・起業家)』★『資源がない日本は「マンパワー(人間力)」で発展してきた、米百俵精神(小林虎三郎の精神)、教育しかない』

   

2022年もあと2ゕ月余となったが、新型コロナ、ウクライナ戦争、世界的インフレなど暗いニュースばかりの中で、唯一つ大きな明るい話題はMBLでの「二刀流」大谷翔平選手(28)の活躍ぶりだった。

 私もシーズン中、大谷の試合はすべて録画し、そのチャレンジ精神と前人未到の活躍から大きな勇気と感動と生きる元気をもらった。

10月5日,大谷投手は、シーズン最終戦のアスレチックス戦に「3番DH」で出場し、5回1安打1失点、6奪三振で登板を終えた。 この結果、規定投球数を超えてベーブルースを上回る記録を達成した。

通算成績は登板28試合、166イニングを投げて15勝(リーグ4位)、防御率2・33(4位)、奪三振219(3位)、奪三振率11・87(1位)。打者では打率2割7分3厘、34本塁打、95打点、11盗塁。

  昨年は規定投球回数(162)に届かなかったが、今期は規定打席(502)とともに、1901年以降の近代野球では初の投打「ダブル規定到達」の快挙となった。

エンゼルス内でも投打成績では何と“19冠”!を達成し、トラウトをはじめケガによる離脱者が多い中で、休みなく投打で活躍を続けた大谷が最高の評価を得て、23年1年間で年俸3000万ドル(約43億4000万円)の契約をエンゼルスと結んだ。

大谷の活躍ついて米メディアは「ショウヘイ・オオタニがどれだけ常軌を逸しているか、当たり前のことと思ってはいけない」と絶賛の嵐が続いた。

アーロン・ジャッジ(ヤンキース)と大谷とのMVP争いがメディアで過熱しているが、米老舗スポーツ誌「スポーツ・イラストレイティッド」は「多くの打者はジャッジのようになることを望んでいる。3年に一度は誰かが62本はいかないまでもホームランを量産している。しかし、オオタニがやっていること、2年連続でやることを、誰もやろうとはしない。彼の偉業はあまりに稀で、誰も正当な評価ができないのだ」 と論じている。

世界最大規模のデジタル辞書サイト「ディクショナリー.com」は、「オオタニ・ルール」(先発投手兼DHで出場した投手が降板後もDHとして打席に立つことができる)を今年秋の新語として追加したと発表した。

また、大谷の経済効果は約457億円で「一人のアスリートとしては空前絶後」と 関西大学・宮本勝浩名誉教授が10月6日に発表した。「日本の阪神、巨人、ソフトバンクなどが約70人の選手で1シーズンかかって優勝した時の経済効果に匹敵する」という。

大谷選手は日本が生み出したこの百年間で最高のクリエイティブ・パフオーマー(創造者)といえるだろう。

大谷の人間的魅力の秘密は・・・

野球能力のすごさと同時にそのイケメンぶりとファッションセンス、オープンマインド、フレンドリー、クールマナー、コミュケーション能力を加味した豊かな人間性である。今季を終えシーズンを振り返った大谷は記者団に謙虚にこう語っている。

  • 歴史的な偉業についての印象を聞かれると 「今すぐにはないですね。ほとんど前のことなので、忘れてしまいました」と答えて報道陣の笑いを誘った。
  • 二刀流については「2つやっている段階でうまくいくかどうかはやってみないと分からない。それが分かったのは良かった」

➂「投球は去年より成長した。安定して毎試合投げられたのが良かった。来年継続して、もっと成長できればよい」 

④「本塁打の数が減ったのはフェンス手前で失速するような打球が目立った。フィジカルやスイングの強さがもっとあれば、いい数字が残った」

「ピッチングも今年は、いろいろ試しながら投げたが、来年以降も工夫しながら、もっといい数字が残したい」  

➅「来年以降も守りに入いらず、毎試合登板出来るようにアグレッシブに試合に臨みたい」と抱負をかたった。

大谷選手の大活躍は、米球界にさまざまな形で影響を与えている。「大谷ルール」が定められるなど、枠組みも根底から変わってきた。

日刊スポーツ「四竈衛」徒然日記(9月27日付)によると、7月に行われた全米ドラフトでは、1巡目で二刀流選手2人が指名された。

9月上旬にフロリダ州で行われたU18W杯でも、複数の二刀流選手が出場した。なかでも優勝した米国の主軸を務めた身長2メートル、体重100キロのブライス・エルドリッジ投手(18)は決勝戦で3ランを放ち、時速153キロ前後の速球を決めて勝利し、MVPに選出されたという。早くも大谷2世が米国では次々に誕生してきているのだ。

さてさて、では日本の現状はどうなか。

私はこの2年間、大谷の快進撃を熱中してウオッチしてきたが、日本の政治、経済などのトップリーダーたちの本塁打もヒットも打てない、見送り三振ばかりの実力不足、問題解決能力(ヒット)のなさにはとことん絶望してきた。

過去30年間の国際競争力ランキングで日本は第1,2位から2022年にはついに29位までに転落した。その間、アベクロミクスや岸田政権の「新しい資本主義」なる「不成長戦略」の掛け声倒れで国の借金は6年連続で最大を更新して1241兆円にまで膨れ上がった。
このため、岸田内閣の支持率は続落し、10月9日ついに35.0%となった。昨年10月の内閣発足以降、過去最低を更新した。
そこで岸田監督が起死回生にバッターボックスに送りだしたのが、強打者ではなく、何と自身の長男で公設秘書(2年経験)の岸田翔太郎氏(31)とはびっくり仰天した。「ガラパゴスジャパン、世襲制の2世3世議員横行の自民党封建政治の成れの果てであう。
資源がない日本は「マンパワー(人間力)」で発展してきた。日本を再び成長サイクルにのせるには、政治、経済,各界に真の実力のある大谷2世のマルチ創造者を送り出すしかない。

 

 - 人物研究, 現代史研究, IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『オンライン日本経済人講義/最高の経済人は誰か』★『日本資本主義の父は渋沢栄一とすれば、「昭和戦後の高度経済成長の立役者・世界第2の経済大国の基盤を作ったのは『電力の鬼』・松永安左エ門(95歳)です』 ★『その『電力の鬼の長寿10ヵ条』とは!何事にも『出たとこ勝負』が一番」 「80歳の青年もおれば、20歳の老人もおる、年齢など気にするな」

    2019/03/27日知的巨人の百歳学(1 …

no image
日本リーダーパワー史(801)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑰杉山茂丸の『伊藤博文を日露戦争開戦の死者第一号にする』

 日本リーダーパワー史(801)ー『明治裏面史』★ 『 「日清、日露戦争に勝利』 …

no image
日本メルトダウン脱出法(792) 「ついに来た米国利上げ 、世界経済と為替への影響は?」●「軽減税率合意で消費税の矛盾はむしろ拡大した」●「バブル期の日本人と同じ? 「爆買い後」に中国人が向かう先」

  日本メルトダウン脱出法(792) ついに来た米国利上げ 、世界経済と為替への …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(31) 「TPP」に潜む問題点を探るー菅政権は、性急すぎないかー

池田龍夫のマスコミ時評(31)   「TPP」に潜む問題点を探る ―菅 …

「終戦70 年」ージャーナリスト高杉晋吾氏が「植民地満州国の敗戦地獄」の少年体験を語る(3/3)

「終戦70 年」歴史ジャーナリズム)ージャーナリスト高杉晋吾氏が 「植民地満州国 …

no image
世界一の熱血授業を読む(5)まとめ講義『中国近代史入門』辛亥革命百年の真実★―日本人の熱血支援による革命

世界一の熱血授業を読みにいこう(5)   ☆★まとめ講義『中国近代史入 …

日本リーダーパワー史(719) 来年は大政奉還150年 ー明治最大の奇人、超人とは『西郷隆盛の弟・西郷従道です』日本海軍の父・山本権兵衛を縦横無尽に 活躍させた大度量、抱腹絶倒の大巨人で超面白い!①

  日本リーダーパワー史(719) 来年(2017)は大政奉還から150年 わが …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(41)記事再録/『日本議会政治の父・尾崎咢堂のリーダーシップとは何か③>』★『世界に例のない無責任政治、命がけで職務に当たらず 辞任しても平気で再び顔をだす3代目政治家』③』

2012年2月25日/日本リーダーパワー史(238)     …

『リーダーシップの日本近現代史』(157)再録/『日本一『見事な引き際・伊庭貞剛の晩晴学②『「事業の進歩発達を最も害するものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈である。老人は少壮者の邪魔をしないことが一番必要である」』

    2010/10/25 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(92)記事再録/★『戦略思考の欠落』(49) 「日本の『インテリジェンスの父』川上操六参謀次長が密命して、シベリアに送り込んだ『日本の007、満州馬賊隊長の花田仲之助」★『坊主となってウラジオストックに潜入した』

    2016/02/12 &nbsp …