前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(144)』エマニュエル•トッド著「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書) 新書 を読んで

   

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(144)』

エマニュエル•トッド著「ドイツ帝国」が世界を破滅させる

日本人への警告 (文春新書) 新書 (2015/5/)を読んで

<F氏のコメント>

エマニュエル•トッド著「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 を読んでの感想です、 第2章 で「 ロシアを見くびってはいけない」と書き、その論拠として
p-81 (乳児死亡率が低下し、出生率が上昇しているプーチンのロシア)で、プーチン支配下のロシアでは、かつてとは逆に、乳児死亡率が目覚ましく低下している。

2009年以来、ロシアの人口は増加に転じている。これはロシア社会が再生の真っ最中である事を示し、西欧の多くの国々と比べてもより良好な状況である。

p-86 (「プーチン嫌い」が真実を見えなくさせている)では「プーチン ロシア大統領には社会民主主義的なところも、自由主義的なところも皆無である。
ロシアがいつかアングロサクソン風のデモクラシーになる などと想像しないほうが良い。
ロシアの家族構造、国家の構造が、歴史に刻み込まれている暴力と相まって、そういう推移を妨げている。ソ連の崩壊から、モダンでダイナミックな一つの偉大な社会が生まれている事実がある」と分析しています。

現在のロシア社会は「権威主義的民主主義」と分析

  • ソ連時代から継承された高い教育水準が保たれていて、男子より女子の方が多く大学に進学する。人口の流出より流入が多い。
  • ロシアでは、「権威主義的デモクラシー」、強力で粗暴でさえあるが、それでも大多数の国民から暗黙の支持を受ける体制 がある。
  • p-88 (KGBはロシアのエリート養成機関)ではKGBとその現代版のFSB(ロシア連邦保安庁)はロシアのエリート育成機関であり、この組織はフランスのENA(国立行政学院)に相当する。
  • p-91 (ロシア経済の二つの切り札)では
    ロシアは、主として地下資源の開発に依存する「不労所得経済」と農業によって生きている。そして従来から残っている産業を護る保護主義経済にとどまっている。

そして、結論として
「この国の切り札は二つ、潜在的な富に満ちた1700万平方キロメートルの広大な国土と大勢のハイレベルの科学者たちを擁する14400万人(2013年)の人口である。ロシアの人口学的要素の非常に力強い立ち直りは、注目に値する』と評価しています。

反プーチン、反ロシアの1色の米英の論調とは一線を画すエマニュエル•トッド一流の着眼点と鋭い分析が光っています。

『学者としての論拠の他に、ヨーロッパの生活者としての視点に溢れていますので、読者を安心させます。東中西のヨーロッパを理解する上で、 この人は外せないな』というのが私の読後感です。

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)

作者エマニュエル・トッド

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4166610244/ref=dp_db_cm_cr_acr_txt/375-0589047-5681341?ie=UTF8&showViewpoints=1

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(594)『任務を負った安倍首相―行先は不明』(英FT紙)『吉と出るか凶と出るか?解散総選挙」

 日本メルトダウン脱出法(594)     ●『任 …

no image
日本リーダーパワー史(188)国難リテラシー『東條開戦内閣の嶋田繁太郎海相の敗戦の弁』<戦争の原因、反省と教訓>

日本リーダーパワー史(188) 国難リテラシー 『東條開戦内閣の嶋田繁太郎海相の …

66666666
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(167)』『オーストリア・ウイーンぶらぶら散歩』「シュテファン大聖堂」でモーツアルトを想う。

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(167)』 『オーストリア・ウ …

no image
日本リーダーパワー史(336)『橋下・大阪維新の会は坂本竜馬より、高杉晋作の『奇兵隊』に見習えー機略縦横・大胆不敵な

日本リーダーパワー史(336)   ●『橋下・大阪維新の会は坂本竜馬よ …

no image
世界/日本リーダーパワー史(901)米朝会談への参考記事再掲ー『1993、94年にかけての北朝鮮の寧辺核施設疑惑でIAEAの「特別査察」を拒否した北朝鮮がNPT(核拡散防止条約)を脱退したのがすべての始まり』★『米軍はF-117戦闘機で寧辺の「核施設」をピンポイント爆撃し、精密誘導爆弾で原子炉を破壊する作戦を立案した』

2009/02/10掲載 有事法制とジャーナリズム-1993年の北朝鮮核疑惑から …

no image
日本リーダーパワー史(548)<日本のスーパーマン>川上操六伝(陸軍参謀総長、インテリジェンスの父)②

日本リーダーパワー史(548) <日本のスーパーマン> 明治の奇跡「坂の上 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(508)「将来に自信が持てなくなってきた西側諸国(英FT紙)「もう見捨てておけない中国の報道抑圧」

  速報「日本のメルトダウン」(508)   ◎「 …

no image
日本リーダーパワー史(673) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(55)『三国干渉』後に川上操六はスパイ大作戦をどう組み立てたか『日英同盟締結に向けての情報収集にエース福島安正大佐 をアジア、中近東、アフリカに1年半に及ぶ秘密偵察旅行に派遣した』

 日本リーダーパワー史(673) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(55)   …

no image
速報(49)『原発メディアリテラシー』ー原発大国フランスのメディアはセクハラはニュースではない。原発反対も小さい

速報(49)『原発メディアリテラシー』 原発大国フランスのメディアは政治家のセク …

no image
世界、日本メルトダウン(1019)―『トランプを討つ明智光秀は誰だ! 早くも余命のカウントダウン始まり、ペンスの注目度急上昇』●『トランプを勝たせたロシアのスパイ、その見事な手口 ヒラリーを標的にウィキリークスと巧みに連携、さて日本訪問では・』★『ナチス、ソ連の二の舞を演じ始めた米国 科学リテラシーゼロの宰相が国家を崩壊に導く』●『仏大統領選、最有力候補をスキャンダルが直撃 家族に不正給与を支払っていたフィヨン元首相』●『世界に溢れる「偽ニュース」から学べること 人を動かす情報とは何か』●『トランプ政権誕生で注目される 「インターネット・アーカイブ」とは何か』

世界、日本メルトダウン(1019) トランプを討つ明智光秀は誰だ! 早くも余命の …