前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史]』(26)-記事再録/トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかの連載⑶』ー(まとめ記事再録)日中韓異文化理解の歴史学(3)『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 (連載70回中、37-50回まで)

   

日中韓異文化理解の歴史学(3)
『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』
(連載70回中、37-50回まで)

『日中韓150年戦争史』㊲ ロシア皇太子暗殺未遂事件(大津事件

)英紙『ノース・チャイナ・ヘラルド』1891(明治24)5月

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/296.html

 

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊳興亜説について

(榎本武揚の興亜会の設立)明治23)年8月

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/295.html

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊴日本は漢学を尊重すべし」

(1891(明治24)年7月)

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/292.htm

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊵『黄夢●(田へん宛)君の『扶桑攪勝集』の後に書す』

1891(明治24)年8月

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/275.html

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊶『日本の軍備を論ず』(中国と日本の演習の違い)

1893(明治26)年4月

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/272.html

 

『中国紙『申報』などからみた『日中韓150年戦争史』㊷「日清戦争への引き金となった上海での金玉均惨殺事件」

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/269.html

 

―――――――――――――――――

『中国紙『申報』などからみた『日中韓150年戦争史』㊸『朝鮮の革命』(日中韓ロシアの三つどもえの抗争が日清戦争へ)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/266.html

<甲午農民戦争、閔妃と大院君の朝鮮王宮の腐敗と内部抗争、金玉均の暗殺、李鴻章の陰謀、日本の圧力、

ロシアの侵攻の三つどもえの抗争が日清戦争への引き金に>

 

『中国紙『申報』などからみた『日中韓150年戦争史』㊹日清戦争勃発1ヵ月前の『ノ-ス・チャイナ・ヘラルド』『申報』の報道」

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/263.html

 

 

『中国紙『申報』など外紙からみた『日中韓150年戦争史』㊺ 「日清戦争の勃発はロシアの脅威から」

(英『タイムズ』)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/261.html

日清戦争勃発約1ヵ月前の英タイムズの分析―「ロシアの不凍港獲得の南下政策で「朝鮮支配

」を着々と進めていることに、危機感を持った日本が日清戦争に踏み切った」

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊻「(開戦3週間前)甲午戦争(日清戦争)

  が始まることを論ず」 

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/252.html

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史㊼ 「日本か朝鮮を取ろうとするのは,

ロシア人の術中に陥っていることを論ず」

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/251.html

――――――――――――――

『中国紙『申報』などからみた『日中韓150年戦争史』㊽『英タイムズ』

「(日清戦争2週間前)「朝鮮を占領したら、面倒を背負い込むだけ」

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/249.html

植民地経営、外交能力トップの英国からの日清戦争2週間前にズバリ忠告―
これは現在の日中韓、北朝鮮との外交戦にも大変参考になる英国流の
外交インテリジェンスである。

―――――――――――――――――

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 ㊾ 「日清戦争開戦10日前)

『中国が朝鮮問題のため日本と一戦交えざるを得ないことを諭ず』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/248.html

 

(日清戦争開戦10日前)-『中国か朝鮮問題のため日本

と一戦交えざるを得ないことを諭ず』<日本はちっぽけな島国で鉱山資源には限度があり,倉庫の貯蔵も

空っぽで,戦争になれば紙幣も流通しなくなり,商店は寂れて.たちどころに困窮してしまう。

中国は日本に必ず勝利するのだ>

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊿(日清戦争開戦1週間前)-『

戦いに及んでは持久戦とすべきを論ず』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/246.html

 

<この連載も50回におよんだが、中国側の日本観に一貫している主張は

➀日本は中国の国土、人口、資源の10分の1以下のちっぽけな小国である。

 

②  日本は中国から漢字、儒教仏教の宗教、思想、政治経済、統治システムをそっくりも輸入した

中国文化コピーである。

 

③  中国がいわば宗主国である。朝鮮は1000年前から、中国を宗主国として仰ぎ、朝貢している

「属国」であるという『中華思想』『事大朝貢体制』はいまも少しも変っていない。

外国観もこの「中華思想」からで進歩していない。
現在は中国共産党一党独裁の独善的非民主主義国家である。

 

④  明治以来、日本は西欧のすべてを物まねし、中国の属国だった琉球王朝、台湾、朝鮮を、

中国が大目に見ていると勝手に武力で侵略した。

 

⑤  中国に対して日本は一貫してごう慢、無礼な態度をとり続けて、狡猾な手段でもって中国の領土

を狙っている。

 

⑥  今回の日清戦争前夜の記事もこうした調子で書かれており、大国中国が小国日本に

負けるわけがないという内容である。『英タイムズ』「ニューヨークタイムズ」の分析記事は

日清両国の軍備、戦力、武器、兵隊の戦闘能力までも客観的、科学的、具体的に数字も上げて

比較検討しているのと大違いである。

 

⑦  120年前の日清戦争の時代に、近代科学、合理的な思考力を備えていた西欧とそれに一歩でも

近づこうとした日本と、封建的な思想、「中華思想」による「メンツの思考と行動から

一歩も脱せられてない清国(中国)がいざ、戦端を開いてみれば、どんな結果になったかー

『申報』のバックナンバーを読むとよくわかる。 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
片野勧レポート『太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災②『なぜ、日本人は同じ過ちを繰り返すのか』ー仙台空襲と津波<下>

片野勧レポート 太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災② 『なぜ、日本人は同じ過ち …

歴代総理大臣の名言・迷言集①』『歴代総理大臣の血圧測定』★『こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられてたまるものか』(吉田茂首相)

 2019/07/07日本リーダーパワー史(982)記事再録 『総理大 …

no image
日本リーダーパワー史(309)●明治維新以来150年の日本を興し、潰した最強・最悪のリーダーシップについて勉強しましょう。

 日本リーダーパワー史(309) 『まとめ記事ー日本最強のリーダーシッ …

no image
★『オンライン/イスラエルの嘆きの壁レポート』★『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(151)』★『わがメモアールーイスラエルとの出会い、Wailing Wall , Western Wall 』(嘆きの壁)レポート(1)

   2016/02/16『F国際ビジネスマンのワールド・カ …

 日本リーダーパワー史(794)ー 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス』⑪『ロシアのクロパトキン陸相が敵前視察に来日した影響』●『 恐露病とクロパトキン来日疑惑が日本側に疑心暗鬼を生んで露探事件が起きた』

 日本リーダーパワー史(794)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダ …

no image
終戦70年・日本敗戦史(109)日本兵はなぜ「バンザイ突撃」「玉砕」「餓死」など 「死んでも戦った」のか。その秘密は「戦陣訓」と「内務班」の日本兵残酷物語にある。

終戦70年・日本敗戦史(109) 日本兵はなぜ「肉弾突撃」「バンザイ突撃」「玉砕 …

no image
日本リーダーパワー史(184)『アジア経済時代の先駆者・犬養木堂④』 一貫して『産業立国論』を唱えた民権政治家―

日本リーダーパワー史(184)   <百年前にアジア諸民族の師父と尊敬 …

『ある国際ビジネスマンのイスラエル旅行記➂』★『イスラエルの嘆きの壁レポート』★『わがメモアールーイスラエルとの出会い、Wailing Wall , Western Wall 』(嘆きの壁)レポート(1)』

     2016/02/16『F国際ビ …

no image
人気リクエスト記事再録/日本リーダーパワー史(878)-まとめ 『日本最強のリーダーシップー西郷隆盛論』★『NHK大型ドラマ<西郷どん>は歴史歪曲のC級ドラマ』★『尾崎行雄の傑作人物評―『西郷隆盛はどこが偉かったのか』ー『近代日本二百年で最大の英雄・西郷隆盛を理解する方法論とは・

  まとめ 『日本最強のリーダーシップー西郷隆盛』 『尾崎行雄の傑作人物評―『西 …

「Z世代のための日本派閥政治ルーツの研究」★『人間2人以上集まると、派閥が生じる。そこで公共の利益、公平・公正を無視した派閥優先や、行政改革を絶対阻止する省閥が頭をもたげる。日本の軍人官僚が昭和戦前の日本をつぶしたが、その大きな弊害が藩閥跋扈(ばっこ)、派閥優先で川上操六参謀総長はこれに断固として戦った。』日本リーダーパワー史(50)名将・川上操六の派閥バッコ退治と人材登用について⑥

    2010/05/31  日本リー …