前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史㊼ 「日本か朝鮮を取ろうとするのは,ロシア人の術中に陥っていることを論ず」

      2015/01/01

  

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』

日中韓のパーセプションギャップの研究』


 1894(明治27)年12光緒20年申年6日 『申報』

 

 


日本か朝鮮を取ろうとするのは,ロシア人の術中に

陥っていることを論ず

 

 

日本は島国でその広さは朝鮮とほぼ等しく長さでは日本の方が長く,幅では朝鮮の方が広い。長短相揃う関係で実際は互いに優劣はなく,日本が朝鮮を併合しようとするならば,朝鮮が日本を併合することもできる。

さてその朝鮮は中国の属国であり,数百年間侵犯せず反抗しない相互関係が続き.朝貢を通じ暦書を頒布し,東三省の門戸に当たり中国を守る障壁となっている。

 

中国が朝鮮を安んじ慈しむのは,父親が子供を愛するのと同じなのだ。日本は東海の片隅に位置し,以前は他国との交通はなかったが,維新の後,西洋文明を慕って西洋諸国と通商し,一意専心に西洋のまねをし,すべての製造は巧みで,軍事・政治・言語はすべて西洋に倣っただけでなく.暦法を改め中国の礼制を変え書物を燃やすに至った。

しかしその器量才能は狭く浅いもので規模が小さく,いわゆる内容は大体備わっているが規模が小さいという代物だ。かっ日本はその長所を頼んで他国を蔑視し,先に台湾で小手調べをし,次に琉球を滅ぼして沖縄県とし,その後次第に朝鮮を狙うようになった。

 

思うにこれは琉球のことがうまくいったので,中国はまた度量が広いから.今

度も絶対問罪の師を起こさないだろうと思い盗み取っても恥と思わずにかえって名誉と思っているのだろう。日本が朝鮮に対して異心を持ったことは,1度や2度のことではない。

 

苦心惨澹してなんとか中国にその属国を失わせ.日本に対しその保護権を譲らせようと思っている。これはフランスがヴェトナムを取ったことに倣って,さ

らに無礼を働いているのだ。したがって中国人は,今回日本軍が朝鮮に赴いたといううわさを聞き,憤慨して顔色を変え腕まくりをして立ち上がらぬ者はいない。大衆の、意志と世論のこの様子を見れば,日本なすぐに平定できるだろう。

 

さて日本がこの大きな過ちを犯したのは.実はロシアの術中にはまったためなのだ。なぜかと言えばロシアは長い間朝鮮を虎視耽々と狙ってきた。

 

黒海で望みをとげられないため.東方国境で事が起これば必ず朝鮮を通って太平洋に通じようとすることが,ロシア人の宿願だろう。数年前小手調べをしたことがあるが,イギリス軍が巨文島に駐屯してのど元を制したので.ロシア人は困難なことがわかって退却した。

 

そこでイギリスは巨文島を朝鮮に返還して,同所に中英両国以外の他国軍が駐屯することを許さないと,中国と共に言明した。このことはロシア人の深く恨むところとなった。

 

しかしすでに陰謀が破られ自由に行動ができず,望みをかなえることができないため.ひそかに朝鮮をうかがい,それとなくほのめかすことで,陰で日本人を助けて朝鮮を狙わせることとした。

 

ひそかにロシアと結び,それを頼みとしているので日本はますます中国を軽んじて,まるで朝鮮は手につばして得ることができるかのようで,無茶を行いかつ道理に合わないことを言って,中国を脅迫しているが,それはきっと頼みとするものがあるからだ。

 

 

中国はロシア公使に調停を依頼したところ.ロシアは「もし両国が各自撤兵すれば調停するが,そうでなければ調停できない」と回答してきた。これは俗語のいわゆる「灯心の灰を食べる」ような愚か者の言葉だ。そもそも両国がすでに撤兵していれば.調停の必要などない。調停によって両国を撤兵させようと思ったときに.まず撤兵し終えてから調侍しようとするわけはない。

 

日本は逆に「中日の交渉はロシアと関係ない」と大言を吐いているが,これは外人の耳目を欺くためのものであって,その頼りとするものがロシアであることがますますはっきりしてきた。

 

もし中国がロシアのこの言葉を信じて即時撤兵すれば,必ずやこちらが撤退するに従ってあちらが進軍し,日本人の計略にはまって,朝鮮は2度と中国の領有するところとならないだろう。したがって中国は.ただ怠りなく準備して日本と決戦し,一心に共同の敵に憤り立ち向かえば.日本など簡単に平定できるのだ。

 

私は,中国が勝てばもとより中国の幸いだが,中国が少しばかり敗れてもま

た中国の幸いだと思う。中国は海軍を創設してから1度も実戦を戦ったことがない。

 

一戦を経験した後にその方式はますます精鋭になるのであって.以前の例を探せば,前に馬江の敗北があって後に鎮海の勝利があり,前に太原を失って後に諒山の勝利があったのがそのしるしだ。中国の兵は使えば使うほど強くなるもので,儒弱であるのは長い間実戦を経験しなかったからだ。

 

日本は累卵のごとく危険な状態にあるが.その自覚がないのは全くかわいそうだ。カマキリが蝉を捕まえたとき,すでにヒワが後ろにいても.カマキリは気づかず,蝉は知っていてもまた言わないのだ。朝鮮は蝉であり,日本はカマキリであり,ロシアはビワである。

 

が,当局者がこれを知らず.かつこのことを論じる者がいると聞くまいとすることは.直ちに国の滅亡に至ることであり後悔しても遅いのだ。愚人は哀れむべきだが惜しむに足りないことは,往々このようなものだ。今日本人はロシア人のひそかな援助を頼みとして中国の属国を侮蔑している。

 

もし中国が日本と戦わず,または戦って負ければ.朝鮮は朝に日本のものとなり,日本は夕にはロシアのものとなるだろう。

 

ロシア人は黒海で望みをかなえられなかったため,東方国境から進出しようとしているのだから,朝鮮を取るより日本を取った方がよいだろう。

朝鮮を得てもなお中国が口を出すおそれがあるが,日本を得れば安心して領有しほかに障害はなく.進出の望みはこうしてとげられるのだ。

 

このようになれば日本は苦心惨澹してただ他人のためにただ働きをしただけとなり,さらには朝鮮を領有できないだけでなく琉球も領有することができなくなり.国家は滅亡するだろう。日本には見識が深い者が多いのに,なぜ考えがここまで及ばないのだろうか。

 

 

 - 戦争報道 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(381)児玉源太郎伝(4)『日露戦争<黄禍論>に対し日本を高く評価した英国タイムズ紙

  日本リーダーパワー史(381) 児玉源太郎伝(4)   ●『日露戦争の<黄禍 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(38)<歴史復習問題>『120年前の日清戦争の真実]』③戦前、世界も日本も、圧勝を予想したものはなかった。ただl人、大本営で日清戦争を全面指揮した川上操六川上操六の インテリジェンスの勝利であった。

    日中北朝鮮150年戦争史(38) <歴史復習問題>『120年前の日 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(111) 文明の衝突としての大東亜戦争―玉砕、餓死、自決、捕虜殺害の「人権思想」の対立①

                                         …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑶日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか③『現在の北朝鮮問題と同じケース、一国平和主義に閉じこもっていた鎌倉日本に対して世界大帝国『元』から朝貢(属国化)に来なければ武力攻撃して、日本を滅ぼすと恫喝してきた!、国難迫る!』

日本の「戦略思想不在の歴史」⑶ 日本で最初の対外戦争「元寇の役」の内幕 第4回目 …

no image
日本リーダーパワー史(789)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス⑥』★『この戸水寛人の日露戦争1年前に出版した『東亞旅行談』●『支那ハ困ッタ国デス 何処マデモ 亡國ノ兆ヲ帶ビテ居マス』★『もし日本の政治家が私の議論を用いず、兵力を用いることを止めて、ただ言論を以てロシアと争うつもりならば失敗に終る』

日本リーダーパワー史(789) 「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利 …

no image
「『ニューヨークタイムズ』からみた『日中韓150年戦争史』(55)『(日清戦争開戦10日目)-イギリスは中国の勝利に期待」

     「『ニューヨークタイムズ』からみた『日中 …

no image
 日本リーダーパワー史(769)『金正男暗殺事件を追う』●『金正男暗殺は10名が関与、4人は国外へ 現地警察が初会見』◎『金正男殺害を中国はどう受け止めたか―中国政府関係者を直撃取材』★『  邪魔なら兄をも殺す国を隣に、韓国の絶望的な危機感欠如』★『北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面』◎『「粛清」で自壊する北朝鮮、金正男暗殺で得た唯一の政治的利益とは』◎『日本リーダーパワー史(768)『金正男暗殺事件にみる北朝鮮暗殺/粛清史のルーツ』福沢諭吉の『朝鮮独立党の処刑』(『時事新報』明治18年2月23/26日掲載)を読む②』

  日本リーダーパワー史(769) 金正男暗殺事件を追う   金正男暗 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑧』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より④』★『服部の目からウロコの中国論』●『科学的知識は皆無で迷信/虚説を盲信して夜郎自大となった清国。一方、西洋人は支那を未開の野蛮国として、暴虐をくわえて義和団の乱、北清事変に爆発した』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑧』  ここにおいて、また例の …

no image
「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦までのいきさつ」①★『ロシアは再三再四の遅延、引き延ばし、恫喝外交を展開、 日本側は妥協し、忍耐して交渉を続けるが、ロシア軍が鴨緑江岸 に侵攻した時点で、ついに堪忍袋の緒をきって開戦に踏み切った。』●『安倍プーチン会談の外交交渉の参考にせよ』

  ★「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦まで …

no image
日本リーダーパワー史(599)『安倍・歴史外交への教訓(6)「世界史の中での朝鮮の保護国化(その後の日韓併合)のパーセプションギャップ①」

 日本リーダーパワー史(599) 『安倍・歴史外交への教訓(6) 「世界史の中で …