前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(724)ー『歴代宰相の器比べ』元老・山県有朋はC級宰相①「日本陸軍のCEO」と同時に派閥を作って老害ボスで君臨、政治指導をそっちのけで、趣味の庭づくりに狂熱を傾け,『椿山荘」,「無隣庵」「古希庵」など生涯、9カ所の大別荘、大庭園を造った。①

   

日本リーダーパワー史(724)

山県有朋天保9年~大正11年

(1838~1922)84歳。

陸軍のCEOは九つもの名園を作ったガーデ二アン

『政治家としてもたいした人物と思えない』

『戦争でも実績のないのが元帥となり、

陸軍を牛耳るようになったのは不思議である」

と伊藤痴遊は書いている。

日本の不思議なトップリーダーの歴史は

今も延々と繰り返されている。

明治政府の実質上の舵取り役は伊藤博文と山県有朋の二人で、富国強兵路線を突っ走ったが、その軍国路線を敷いたのが山県である。

山県は内務卿、陸相、農商務相を経て明治二十二年に首相となり、総理を2度務めた。この間、地方制度の確立に尽力し、市町村制、府県制など行政、官僚制度を築き全国に浸透させた。

また陸軍育ての親で、徴兵制度を導入し、「軍人勅諭」を定め、統帥権の独立、軍事優先路線を引き、山県閥が陸軍と内政を完全に牛耳った。

伊藤博文の死後は元老として権力を一手に握り、山県閥は「横暴、おごりたかぶって、武断政治の弊はその極に達す」と批判が集中した。

東京目白の「椿山荘」は名園として有名だが、これが山県有朋の別荘だったことはあまり知られていない。山県は八十五歳で亡くなったが、その墓碑に「枢密院議長元帥陸軍大将従一位大勲位功一級公爵」とれいれいしく刻まれているように、明治では最高の出世男だった。

「一介の武弁」が口癖で、絶えずそう口にしながら陸軍をおさえて、伊藤博文と明治の政界を二分して、影で政治をあやつった。国家運営の妙手とはとても言い難いが、その山県の唯一の趣味が庭作りで、造園には高い見識を示した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下で、山県の政治手腕ではなくて、『宰相としての器』を論じるのではなく、趣味の庭づくりに彼がいかに没頭したか、狂熱を持って取り組んだのか、その点を見てみたい。

三十歳で故郷の山口県苫田村に最初の別荘「無隣庵」をつくったが、これ以来病みつきになり四十、五十歳、それぞれの年齢の節目ごとに別荘をつくるという夢を膨らませた。

長州藩の貧乏足軽の出身だけに、小さい頃から、邸宅に対するあこがれや渇望が人一倍強かったのであろう。

陸軍中将、不惑の歳、四十歳で東京目白に「椿山荘」をつくった。政敵・大隈重信の早稲田をちょうど見下し、富士山、皇居の森や筑波山などを遠望する約六万平方メートルという広大な敷地に、回遊式林泉庭園を作った。

三重塔をいただく小高い山の部分と、池や滝など水の流れを中心にした部分からなる見事な庭園で家屋も一緒に建てた。山県は晩年までここを本邸としており、政治の舞台となった。

大茶人・高橋箒庵(三井呉服店の重役だった高橋義雄)は、熊本の水前寺、広島の泉亭、岡山の後楽園、京都の修学院、および桂離宮、仙洞御所、二条城、枳穀殿(きこくでん)、彦根の楽々園、金沢の兼六園、名古屋の竜門、東京の後楽園、水戸の偕楽園など天下の名園と肩をならべる立派さだとほめている。

明治二十年(一八八七)ごろ、五十歳で大磯に十六・五万平方メートルの敷地の「小淘庵」(こゆるぎあん)を作り、

五十四歳の陸軍大将、内閣総理大臣のとき、京都木屋町二条の鴨川近くにあった富豪角倉旧邸を買い入れ、「第二無隣庵」をその別荘名としました。

五十九歳で侯爵になった年、京都南禅寺に第三の「無隣庵」を造営した。明治27年の日清戦争で第一軍司令官として出征中に造営に着手し、醍醐の山中から同市左京区の南禅寺のすぐ西側、琵琶湖疏水のほとりに約三千百平方メートルの「第三無隣庵」をつくるなど、別荘熱は年とともにますます昂じた。

この「第三無燐庵」では、太閤秀吉があまりに大きくてあきらめたという、京都醍醐山中の巨石を牛二十数頭も使って運び出してようやく29年末に完成した。

この巨石を東山の松林をバックにおいて、疎水からも水を引いて庭に自然の流水をつくった大がかりな庭園で、「京都には数々の名園があるが、ここが京都御所に次ぐもの」という評判をとって、山県は晩年までこの庭を自慢していた。

明治天皇に拝謁した際、「京都には古来名家の手になった名園が数多くございますが、御所をのぞいては恐らく私の無隣庵におよぶものはございますまい」と豪語していたといわれる。

またここでは、明治三十六年四月二十一日に、山県、伊藤、桂太郎首相、小村寿太郎外相がひそかに集まって日露戦争の開戦を決定した「無燐庵会議」が行われたことでも歴史的に有名となった。

明治三十五年、六十五歳で東京小石川に小石川別邸の「新々亭」(さらさらてい)をつくった。敷地は五百坪〈1600平方メートル〉と小さいが、神田上水の流れを利用して庭園をつくり、「紅塵紫埃」(こうじんしあい)の中にありながら、閑雅幽水、山中に居るの趣」があったという。

 

七十歳、公爵の時には小田原板橋の敷地四千六百平方メートルの土地に十五メートルの高低差をいかして箱根の水を引いてきた潤沢な遣り水を邸内いたるところに回し、瀬となし、滝となし、池となして流水を配した自然主義的な庭園「古希庵」(こきあん)を作った。一方には相模湾、一面には箱根連山、山色水光一望のうちに俯瞰できる天下の名園を作った。

この時、山県は病の床の中から設計図を示して、兵の配置、陣地を指揮するように庭師や作業員を陣頭指揮したという。この庭から秀吉が一夜城を築いた石垣山を正面に眺めることができ、山県は自らを秀吉に伍して自慢したかったのだ、という。

これが打ち止めではなかった。

さらに七十六歳、大正三年(一九一四)、七十六歳で側近・子分の清浦杢吾(きようらけいご)(首相)を呼び寄せ、古稀庵の近くに建てた別荘「皆春荘」(敷地6万6000平方m)をもらいうけて、「古稀庵」に編入した。

そして八十歳、東京麹町に「新椿山荘」(2千300㎡)の土地に西洋館と付属日本館を新築したというから。病膏肓(こうこう)に入るというべきか。

老残我執、ここに極まれり、生涯に計九つもの大別荘、大庭園をつくった日本一のガーデニアン(庭園狂老人)であり、「国家ずくり」の真の政治家、果たして「宰相の器」であったのかどうか。

つづく

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねるー英『タイムズ』が報道する120年前の『日清戦争までの経過』③-『タイムズ』1894(明治27)年11月26日付『『日本と朝鮮』(日本は道理にかなった提案を行ったが、中国は朝鮮の宗主国という傲慢な仮説で身をまとい.日本の提案を横柄で冷淡な態度で扱い戦争を招いた』

記事再録 英紙『タイムズ』が報道する『日・中・韓』三国志 <日清戦争はなぜ起こっ …

no image
速報(268)★『ナベツネ、読売、自民党(A) 対 橋下大阪維新(B)の歴史音痴の対決!』

  速報(268)『日本のメルトダウン』   一目でわかるど …

no image
片野勧の衝撃レポート(65)戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印された核の真実「平和利用で世論を変えよ」(下)

片野勧の衝撃レポート(65) 戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印され …

no image
日本リーダーパワー史(644) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(37) <戦争で最も重要なことは「インテリジェンス」第2は『ロジスティックス』である>(モルトケ戦略) ▶ 川上参謀次長は日清戦争2ヵ月前に「日本郵船」(近藤廉平)に極秘裏に用船を手配し、大兵をスピーディーに送り込んだ。

日本リーダーパワー史(644) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(37)   …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
★「リバイバル公開」/「鎌倉海遊び、あの懐かしき夏の日(2011/7/10福島原発事故から8年目)ー『<梅雨明けて夏本番、海よ!Zaimokuza Beachのシーズン開幕-サバが大漁じゃ>

    2011/07/10 の記事再録&nbsp …

no image
『西郷どんの追っかけぶらり旅』(3/10)明治10年(1877)西南戦争・田原坂を見に行くー日本最大の内戦で官軍、薩軍1万4千戦死

     『西郷どんの追っかけぶらり旅』 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(62)』(世界の至宝、日本の国宝 奈良の薬師寺三尊像を仰ぎ見る)③

   "World Camera Watch of …

no image
日本リーダーパワー史(551)「日露戦争での戦略情報の開祖」福島安正中佐①「シベリア単騎横断」や地球を1周した情報諜報活動こそ日露戦争必勝のインテリジェンス

 <日本リーダーパワー史(551) 「日露戦争での戦略情報の開祖」福島安正中佐① …

no image
★『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』③―「1903(明治36)年1月3日 付『英タイムズ』『満州とロシア鉄道』(上)『日本外交の失敗は三国干渉を受諾した際、三国は返還した遼東半島をその後占領しない旨の一札をとっておれば,その後の東アジアの戦争は起きなかったであろう』●『このため、3年もたたないうちに,ロシアは日本を追い出して満州を軍事占領した。』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』③   1903(明治36 …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(846)ー『原敬の「観光立国論』★『観光政策の根本的誤解/『観光』の意味とは・『皇太子(昭和天皇)を欧州観光に旅立たせた原敬の見識と決断力』★『日本帝王学の要諦は ①可愛い子には旅をさせよ ②獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす ③昔の武士の子は元服(14/15 歳)で武者修行に出した』

2017/09/23日に書いた日本リーダーパワー史(846)★記事再録『原敬の「 …