前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊶『日本の軍備を論ず』(中国と日本の演習の違い)1893(明治26)年4月

      2015/01/01

  

 


『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』

日中韓のパーセプションギャップの研究』

 

 

 1893(明治26)年424日 光緒19癸巳39「申報」

 

『日本の軍備を論ず』(中国と日本の演習の違い)

 

 

 

昨日,本紙が日本の海軍演習を伝えた。それを読むと軍容が彷彿と浮かび上がってくるようだ。ある客が次のように尋ねた。「日本は維新以後何事につけ西洋のやり方をまね,軍隊,武器軍艦,一律に旧来の制度を廃し,新たな制度を切り開いています。海外でも雄と称し.周りの国をおびえさせています。今新聞の記事を見ると.魚雷.水音のほかは日本の旧式のものと西洋から学んだものとは,きわめてかけ離れています。いったいなぜでしょうか」。

 

そこで私は,次のように答えた。

「日本の演習はそのようなものではありません。現在の演習は体を鍛えながら.むだな時間をつぶすためのものなのです。私がかって中国の兵を見たところ,戦争以外のときはたいてい遊びに出かけ.三々五々かたまって街をうろつく。

 

 

アへン窟でなければ茶館でふざけちらす。それが習慣となって当り前になっていました。ひどいものになると飲む打っ買うをほしいままにし,さまざまな違法行為でしないものはないのです。たまに将校に訴えても.軍内の悪党を責めるに痛懲をもってし.耳箭をもって辱を示すだけです。それが終わるともとどおりやりたい放題で,ときには将校が不正にも兵隊をかばい.別人に刑を受けさせるので訴えることもできないのです。

 

 

日本は兵士がこんな悪習に染まるのを恐れ,軍務の余暇にも兵士を活動させ,淫逸の気が生まれないようにしているのです。たとえば相撲は力を競うためで,桶を頭に載せるのは山中で水をくむことを習うためで,剣道は眼力と腕を磨かせるためです。

 

アヒルを追うのも,古人がガチョウを打って軍声をかき乱した意図をまねたものです。軍に必要なわけではありませんが,それによって放埓になり,面倒を起こすのを防ぐのです。

そのやり方は良いし.意図もすばらしい。中国兵が思いのまま遊びほうけているのに比べれば雲泥の差です。

 

うまく法律を守れる者は,大体.その法律の最も肝心なところをよく理解しており,法律にとらわれていないと言えましょう。日本の練兵は私も柵に寄りかかって見たことがあります。以前わずかの間、江戸に遊んだ際,友人と連れ立ち四谷の山の頂上に遊びにいきました。

 

そのとき士官学校の陸軍少将木野君は命令を下し,訓練を始め、馬を駆けさせる演習を見せてくれました。身の軽やかなさまは燕のよう,一躍飛び上がり,逆立ちや宙返り,旋回すること4度,少しも休みません。

 

木の障害を飛び越えましたが2丈あまりの高さでした。演者は長い竹ざわを持ち,肩をそびやかし.障害の上を越えていきます。敏捷さは猿のようで目がくらむほどです。小銃連隊に至っては発射音が1つのようで,いささかの乱れもありません。歩調も整い,空を行く雁の形のようでした。次に学習院へ行きましたが,その兵式体操はさらにすばらしかった。

 

木野君の言うところによれば,日本の兵制は陸軍の歩兵.騎兵.砲兵,それぞれの隊の各士官で学業にすぐれ,陸軍で役に立ちたいと志願する者があれば入学させ.各科に配属させます。

 

連隊では自分の性にあったものを選ばせます。一生懸命勉強し,1年半で卒業し.卒業すると原隊に復帰し.軍機を学びます。そして半年後,1週間の将校試験を受け.その後に会議を開き.皆が良しとしたら提督,師団長に申告し,提督.師団長が良しとしたら監軍に申告し,監軍は陸軍大将に申告し.朝廷に奏上し,それから任命されます。

 

海軍の階級もこのようであるとのことでした。私は文士で軍備には詳しくないし.その軍が本当に敵を殺し成果をあげることができるのかどうかわかりませんが,その演習がいかに勤勉であるか.その昇進がいかに慎重であるかを見,軍を運営する大事を軽視したことがないことはわかりました。

 

だからこそ西洋の方式の長所を集め,しかもそれにとらわれないでいられるのです。

故に私は中国と日本が密切な関係をとだえさせてはいけないことを知ったのです。中国は欧米と接触し始めたとき.何事につけ西洋に制せられ,意のままにすることができませんでした。現在は意見も次第に穏やかに気持もしだいに打ち解け,問題が起これば心を合わせて助けあい,挑発的言辞もなくなりましたが,猜疑心は依然として消えていません。部外者は常に次のように言います。

 

いったん不和が生ずれば中国の陸海軍は5万.西洋には及ばない。両軍が交戦し,血が飛び肉がぶつかり,武器が地を覆い火が天を焦がせば,その勝敗は占うまでもなくわかる,と。

 

私は必ずしも心配する必要はないと考えます。今の西洋は,昔の胡や越のようなものです。日本は隣人です。隣国が弱ければ援護を失い.隣国が強けれぼ互いにかばいあえます。平素交際をせず.贈答もなく,たまたま急場になれば日本に助けを求めるということができるでしょうか。古くから友好関係を保ち,使節を派遣し,一切騙術を捨てるべきです。

 

わが国は日本の都に勅使を駐在させましたが.日本は礼をもって優遇しました。日本の使者が中国にやってきても礼はますます厚いのです。新任の中国駐在公使渡辺君が亜細亜協会副会長だったとき.会談したことがありました。

 

中日が連帯し.外国に対抗することを深く願っていました。それは懇々と熱心で,謙虚で慎み深い様子でした。交わりをますます親密にして.唇と歯のように緊密にすれば,仮に他国が戦争を仕掛けてさても,公法を犯さずに援助を請えるばかりか,内から戦いとなる災いを消すことができます。したがって,日本が強いのは中国の幸いでもあるのです。ロシアが勃興し鉄道を築き,中国の隠れた大患となっているのとは違うのです。

 

あるいは次のように言う者があるかもしれません。日本と中国は隣り合っているのだから.日本は兵強く国富んでいるので絶対に侵略を企てないとどうしてわかるのか,と。それには次のように答えましょう。絶対にそのようなことはないのです。

日本の領土は中国より狭く,日本の人口は中国より少なく.さらに性格や行いはわれわれに似ています。日本の軍が日増しに強大になっても,外国からの侮辱を防ぐのは難しいのです。必ず勝利を得るため,アジアと連帯して一家となろうとするでしょう。一家であって互いに食い物にしあうなどということがあるでしょうか。したがって侵略の気持などないとわかるのです。

 

中国が強大になって日本を心服させることは可能ですが,もし虚弱であれば日本もさげすむでしょう。富国強兵はやはり自身で計画しなければならないのです。天下太平でのろしも上がらず軍隊を整理するようになるまで,絶対に事前の準備の手を緩めてはいけないのです。詩人が私より先に言っています。皆様方,事前の準備を尊び.日本だけに1歩先んじさせてはなりません」

 

 

 - 戦争報道 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード-1-150x150
 日本リーダーパワー史(770)『金正男暗殺事件を追う』●『北朝鮮暗殺/粛清史のルーツとしての朝鮮独立党・金玉均惨殺事件』★『『金玉均暗殺事件が日清戦争の発火点の1つ』 朝鮮政府は日本亡命中の金玉均の暗殺指令を出していた』◎『『日清戦争の原因となった金玉均暗殺事件の新聞報道』(朝日,毎日、時事)』

  日本リーダーパワー史(770) 『金正男暗殺事件を追う』   金正 …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 米国、日本、東アジアメルトダウン(1061)>★『トランプの今度の場外乱闘の相手は、「史上最悪の狂暴悪役・金正恩低国」北朝鮮で、互いの罵詈雑言の応酬はヒートアップし「第2次朝鮮核戦争!?」は勃発するのか①』★『トランプ真夏の世界スリラー劇場」第2幕のはじまりはじまり』

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本、東アジアメルトダウ …

no image
『世界サッカー戦国史』③『15世紀から20世紀にかけて世界中の国々がヨーロッパ列強の植民地のなり、そこでハイブリット化したサッカーが誕生した』★『ブラジルはポルトガル領に、アルゼンチンはスペイン領』

『世界サッカー戦国史』③   この連載のタイトル通り「サッカーと戦争」 …

no image
日本敗戦史(48)日本兵残酷物語「内務班」,召集令状「赤紙」1枚(約100円)で消耗品として戦場で大量死。映画「二等兵物語」を見て戦争の実態を勉強しよう

日本敗戦史、終戦70年(48)   「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(90)「生きて虜囚になることなかれ」の戦陣訓こそ日本軍の本質

終戦70年・日本敗戦史(90) 「生きて虜囚になることなかれ、死して罪過、汚名を …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(95)記事再録/『戦うジャーナリスト列伝・菊竹六鼓(淳)』★『日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった稀有の記者』★『明治末期から一貫した公娼廃止論、試験全廃論など、今から見ても非常に進歩的、先駆的な言論の数々』

    2018/06/27 の記事再録 書評『記 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(133) なぜ国際連盟を脱退し「世界の孤児」と化したのかー「満蒙の特殊権益」を死守するためで、 新聞は一致して脱退を支持した(1)

終戦70年・日本敗戦史(133) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史㊼ 「日本か朝鮮を取ろうとするのは,ロシア人の術中に陥っていることを論ず」

   『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(65)徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑮ 日本は官学の形式、独善教育によって亡んだ。

 終戦70年・日本敗戦史(64) A級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れた …

no image
日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭吉、朝比奈知泉らの主張は・② 『直ちに開戦を』ー福沢諭吉の主張〔明治27年7月24日 時事新報〕

日中韓対立のルーツ『日清戦争』を日本の新聞は どう報道したのかー徳富蘇峰,福沢諭 …