前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(698)日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の「日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したか」③<日中韓のパーセプションギャップが日清戦争 へとトリガーとなる>

   

 日本リーダーパワー史(698)

日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の「西欧の侵略阻止のための日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したかー中華思想、事大主義の原罪を問う」③

<日中韓のパーセプションギャップが日清戦争

へとトリガーとなる>

前坂俊之(ジャーナリスト)

 

甲申事変(明治17年)から10年後の日清戦争までに、中国・韓国・ロシア対日本の緊張関係、対立、紛争はどのようにエスカレートし、ついに発火、爆発したのか。その経過を時系列的にみてみるとーー

  • 1884年(明治17)12月、韓国で朝鮮独立党(親日派、開化派)が甲申事変を起こし、清国軍の介入で3日天下に終わり、首謀者の金玉均、朴泳孝らは日本に亡命し、福澤諭吉らが保護した。朝鮮側は身元の引き渡しを要求、日本側は拒否して対立し、朝鮮側から暗殺指令が出るなど金らの存在が2国間の最大の懸案となって尾を引いた。
  • 1884年(明治18)3月16日-この間、朝鮮側は事件に関与した朝鮮独立党のメンバーを族誅(ぞくちゅう)、罪三族に及ぶ)として、家族、親族、一族の幼児まですべて皆殺し、惨殺、処刑した。福沢は明治18年2月23日などの『時事新報』に『朝鮮独立党の処刑』と題して、この過酷、苛烈な処刑を野蛮国の仕業と激しく批判した。3月16日には以下の有名な社説『脱亜論』を掲載した。
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E4%BA%9C%E8%AB%96

「西洋文明を採用しなければわが国の独立は保てない。日本のみがアジアで唯一、文明開化している。しかし清国と朝鮮はかたくなに古来の習慣に固執して、近代化を拒否しており、明治維新のような変革ができなければ数年のうちに亡国するであろう。日本は両国の開化を待って共にアジアを興す猶予はない。悪友(清国と朝鮮)と親しむ者はともに悪友となる。

むしろ彼らから脱して、西洋の文明国と行動をともにし、アジア東方の悪友(中国、朝鮮)とは交際を謝絶するつもりなり」

  • 1885年(明治18)4月ー甲申事変の事後処理をめぐって、伊藤博文と李鴻章による『天津条約』が結ばれ、朝鮮で問題が起こり、軍隊を出動させるときは、いずれも相手国に通報する取りきめができて、これが日清戦争での朝鮮へ日本軍が派兵する理由となる。

韓国は自国の領土である巨文島を自国の軍隊で守る事が出来ず、清国・イギリス・ロシア等の大国のパワーゲームで翻弄されるばかりである。独立した国家としての体を為していない事を、明確に国際社会にさらけ出した。この事件は、日本に深刻な影響を残した。李氏朝鮮の無能な現実と、ロシアの南下への強い野心とその行動が、列強間の緊張をもたらす危機が日本に迫ってきた。

<問題点>明治維新から日本は万国公法にもとづいて、李朝を対等の独立国家として、交渉の主体と考えたが、李朝側は500年以上続く、中華朝貢秩序体制の下での外交関係と考えており、このギャップは一層拡大、互いに理解できない存在となった。

日本は文明開化、富国強兵路線に沿って、『対外和親』『開国進取』、『万国対時』、『国権拡張』を国是として掲げたが、李朝はあくまでも「衛正斥邪」(えいせいせきじゃ)、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E6%AD%A3%E6%96%A5%E9%82%AA

朝鮮において閔氏政権期に盛り上がった思想。西洋のキリスト教や近代文明を拒否する超保守的な身分秩序と儒教,攘夷秩序身分秩序を守ろうとする動き)となり、大院君らは西洋文明を受け入れた日本も西洋諸国と同一視<倭洋一体>視して、通商を求めた日本へ強硬な反対姿勢を取った。現代においてもこの思想が「義兵闘争」となり、北朝鮮、韓国の反日意識の基盤となっている。

金玉均らの親日派、開化派、朝鮮独立党のメンバーは、日本のように開国し、維新を目指そうとして、挫折、権力闘争に失敗したが、多くの事大主義者たちは「衛正斥邪」、「鎖国攘夷」、「洋夷禽獣論」(よういきんじゅうろん、中華思想から、中国が文明の中心であり、周辺諸国を野蛮人と見る自文化、自民族優先主義(エスノセントイズム)、西欧人,日本人は鳥や獣と同じ野蛮人とみなすこと)

自分たちだけが文明国で、周辺の野蛮人に比べて、文明の水準が高いと自負した思想「中華を尊んで夷狄を扱う」「小中華の礼俗」、「礼儀ノ邦」をあくまで守ろうとしていたからである。≪黄文雄『歪められた朝鮮総督府』 (光文社、1998年、89-90P)

との社説を時事新報に発表「今朝鮮の有様を見るに、王室無法、貴族跋扈、税法さへ紊乱の極に陥りて民に私有の権なく、啻に政府の法律不完全にして無辜を殺すのみならず、貴族士族の輩が私欲私怨を以て私に人を拘留し又は傷け又は殺すも、人民は之を訴るに由なし。 又その栄誉の一点に至ては上下の間、殆ど人種を殊にするが如くにして、苟も士族以上、直接に政府に縁ある者は無限の権威を恣にして、下民は上流の奴隷たるに過ぎず」(380 頁)

 

  • 1885年(明治18)春―朝露(朝鮮とロシア)の密約事件
    朝鮮政府の外交顧問・パウル・ゲオルク・フォン・メレンドルフが、ロシアに朝鮮の不凍港の租借するかわりに、朝鮮保護や軍事教官団の派遣を求めた。
    ロシアは駐日公使館書記官・シュペイエルを漢城(ソウル)に派遣したが、清国・李鴻章の反対でメレンドルフは失脚し密約は成立しなかった。これはロシアを引き込むことで清の圧迫に対抗する「引俄反清」「斥華自主」の動きであった。またこれとは別に朝鮮国王はロシアは朝鮮の保護をもとめて密使をおくっていた。

1886年(明治19)8月、第2次朝露密約事件―朝鮮宮廷が在漢城ロシア代理公使ウェーバーに、朝鮮が第三国との紛争の場合にロシアに軍事援助(軍艦の派遣)を求める旨の密書を送った事が露見し、国際問題に発展した。
朝鮮宮廷の「引俄反清」「斥華自主」の動きで清からの報復を怖れた閔泳翊が、袁世凱に密告したので、で清国は激怒、清国軍の派遣と高宗の廃位が迫った。
結局、ロシアは密書の受領は認めたが、高宗の要請には応じないことを清国側に約束した。この多国間外交で清国・ロシア・朝鮮対日本という軍事対決図式が生まれる。

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(225)●(必見動画)『低線量長期内部被曝を防ぐため子供、被曝弱者を移住させよー『内部被曝研』が緊急提言』

速報(225)『日本のメルトダウン』 政府は『内部被曝』の危険性を直視せよ &n …

no image
世界/日本リーダーパワー史(892)金正恩委員長からの会談を要請に飛びついたトランプ大統領、「蚊帳の外」に置かれた安倍首相、大喜びする文在寅韓国大統領のキツネとタヌキの四つ巴のだまし合い外交が始まる②

世界/日本リーダーパワー史(892) 平昌五輪前後の韓国・北朝鮮・米国の三つ巴外 …

no image
<日中韓三国志・新聞資料編>『朝鮮王妃・閔妃暗殺事件の新聞報道』(『ノ―ス・チャイナ・ヘラルド紙』1896年1月31日付)

<日中韓三国志・新聞資料編>   『日清戦争の原因となった朝鮮王妃・閔 …

no image
日本リーダーパワー史(116) 中国革命のルーツは・・犬養木堂が仕掛けた宮崎滔天、孫文の出会い

辛亥革命百年(18)犬養毅の仕掛けた中国革命・滔天と孫文との出会い        …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(49)『米兵を異常犯罪に走らせたTBI(外傷性脳損傷)』★『格納容器,排気塔にフィルター無し』

 池田龍夫のマスコミ時評(49)   ●『米兵を異常犯罪に走らせたTB …

no image
 日本リーダーパワー史(145)国難リテラシー・『大日本帝国最期の日』(敗戦の日)昭和天皇・政治家・軍人はどう行動したか③

 日本リーダーパワー史(145)   国難リテラシー・『大日本帝国最期 …

no image
日本メルトダウン脱出法(697)『コラム:日本の平和主義後退の「暗い影」『コラム:なぜ米国は中国軍を「訓練」するのか』

    日本メルトダウン脱出法(697)   コラム:日本の平和主義後 …

no image
1949(昭和24)年とはどんな時代だったのか-<朝鮮戦争勃発と特需による経済復興へ>

1949(昭和24)年とはどんな時代だったのか  <朝鮮戦争勃発と特需による経済 …

no image
速報(457)『日本のメルトダウン』『ナチス失言に垣間見える自民党の憲法改正の野望』『安倍首相は解釈改憲の邪道を行くのか』

 速報(457)『日本のメルトダウン』   ●『ナチス失言に …

no image
速報(29)『日本のメルトダウン』41日目ー◎世界一原発大国へ突進の中国対敗戦日本の新たな戦いが始まる●

速報(29)『日本のメルトダウン』41日目 ◎世界一原発大国へ突進の中国対敗戦日 …