前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(174 )-『生死一如』★『百歳天女からの心に響くメッセージ』―60,70/洟垂れ娘への応援歌」②『105歳小倉遊亀(おぐらゆうき)女流日本画家)『老いて輝く。60代までは修業、70代でデビュー、100歳現役』』●『105歳、最後の長岡瞽女(ごぜ)の②)『すべて神様、仏様のお導き、すべてを受け入れ許すことで自分も救われる』

   

 百歳学入門(174 )-『生死一如』★

『百歳天女からの心に響くメッセージ』―

60,70/洟垂れ娘への応援歌」②

 

106

  • 島津久子(1898年08月08日~2005年5月15日)昭和天皇の5女貴子さんの義母。

山階鳥類研究所理事長島津久永〈ひさなが〉さんの母。保護司として長く活動し、日本更

生保護女性連盟名誉会長。エッセイストとしても知られ、著書に「梅のしるしと」「星に

花に愛」「深山に白く」などがある。

 -----------------------

 105

  • 小倉遊亀(おぐらゆうき)(18953月1日~2000723日)女流日本画家。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%80%89%E9%81%8A%E4%BA%80

日本美術院の画家安田靭彦の門を叩き、岡倉天心、横山大観らの先輩、後輩と深い絆を結ぶ。

70歳代で「径」「舞妓」「姉妹」などの代表作を発表、80代では「天武天皇」などの歴史

肖像画の傑作を描いた。上村松園に次いで女性画家としては2人目となる文化勲章を受章。

 

百歳名言①)『老いて輝く。60代までは修業、70代でデビュー、100歳現役』

女流画家の第一人者である。七十歳代で『径』『舞妓』『姉妹』などの代表作を発表、八十代で『天武天皇』などの歴史肖像画の代表作を制作した。

五十代はまさに画家としての基礎体力作り、精進に費やした日々であり、自身、人生で最も充実したのは七十歳代であり、八十代でも衰えることがなかった。

『情熱さえあれぼれば年齢の壁など乗り越えられる』ことを身をもって示した。

 九十代半ばで体調を崩してから、絵筆を執らなくなった。居間に座ってぼんやり庭を眺める日々、ある日、ハッと気づいた。

(百歳名言② 『梅は何ひとつ怠けないで、一生懸命生きている。私も怠けていてはけない』

 

101歳」で再び絵筆を握った。

それからは身近にある花木や果物を好んで描くようになる。「物みな仏」であり、自分は生かされているという謙虚な気持ちを片時も忘れなかった

普通に生きることの難しさを知ってから、普通に生きる美しきや素晴らしさがしみじみと描けるようになった。

 

(百歳名言③)「何も持たぬと嘆く人でも、天地の恵みは項戴しているではないか」

 

89歳の時に「生きているっていうことは、昨日の自分に一歩つけ加えて、今日は何か一つ新しいものがなくちやならないと思う」

(百歳名言④)「だから、勉強は怠れないですね。こっちの目、レンズが死んだら駄目です。

いつも磨いておかないと」

(『小倉遊亀画室のうちそと』読売新聞社/小川津娘子共著、1984年刊)

 

(百歳名言⑤)「絵は一生の大事業である。思いつきや、面白さだけで出来るものではない。

片時も心をはずすなである。時間を大切にしなくちゃプロにはなれない」

(一九七三年某月某日、日記)(『画室の中から 続』中央公論美術出版、1979年刊)。

 

(百歳名言⑥『生きるということは、人さまのために 己れを捨てることである。没我の精神とは愛にはかならない。生きるとは愛の実行にはかならない」(同書)

―――――――――――――――――――――――――

105

  • (小林ハル1900年1月24日~2005年4月25日、105歳)

最後の長岡瞽女(ごぜ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9E%BD%E5%A5%B3

Wiki小林ハル

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E3%83%8F%E3%83%AB

このWikiは素晴らしい。ハルさんの伝記そのものである。これを読んでいただければ春さんのすべてわかる。

ハルさん生後三ケ月で白内障を患い失明。5歳に菅女として入門。筆舌に尽くしがたい過酷な荒修行と旅放浪が、強靭な肉体と精神力を培うことになる。晩年は養護老人ホームで瞽女唄全曲録音の作業に携わる。無形文化財、黄綬褒章、第36回吉川英治文化賞を受賞。

 

(百歳名言 ➀)『一度聞いたら一度で覚えろ。私どもは、これを字に書かないでおいて

    文句から節まで一緒に覚えていったもんだ。寝ても起きてもそのことだけを考えて、

     余計なことを思わないようにしてきたものだった』。

 

(百歳名言 ②)『すべて神様、仏様のお導き、すべてを受け入れ許すことで自分も救われる』

(百歳名言 ③)つらいときはじっと我慢して、神さま仏さまのお力を待つのだ。』

(百歳名言 ④『どんな虫にも魂がある』

(百歳名言 ⑤)『どこに行ってもいくつになっても、いろいろな苦労はあるものだ、でも、

どんなにせつなくても、心のうちは神さまや仏さまが見透かしておられる。』

 

 - 人物研究, 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(732) 再録記事★★『世界が尊敬した日本人』 自動車修理工からー代で〝世界のHONDA〃を築いた本田宗一郎

日本リーダーパワー史(732) 再録記事-世界が尊敬した日本人 自動車修理工から …

no image
<まとめ>頭山満について-『玄洋社』(頭山満)を研究することなくして、明治・大正裏面史を解くことはできないよ

 <まとめ>頭山満について 『明治維新から昭和敗戦史』 までの日本の対 …

no image
日本リーダーパワー史(37) テレビ東京「世界をかえた日本人100人」(2月5日放送)のコスモポリタン・薩摩治郎八(下)

日本リーダーパワー史(37) パリで恋と芸術と賛沢三昧に生き、600億円を使った …

no image
『センテナリアン』百歳めざして、社会貢献した天才老人ベスト100<60、70洟たれ小僧、80,90人間盛り・平櫛田中(107歳)②

 <まとめ>センテナリアン(百歳元気人)② 世界は順番に老いていく。そ …

no image
日本メルトダウン( 989)–『トランプ次期米大統領の波紋』★『 TPPより怖い2国間交渉、トランプのしたたかさを侮るな』●『焦点:マイノリティに不人気のトランプ氏、米国の分断深めるか』★『コラム:TPP米離脱で中国が負うアジア自由貿易推進の使命』◎『中国共産党は自らの“正統性”強化にトランプ当選をこう使う』●『埋蔵金と日銀の国債購入で日本の借金は消えるのか?高橋洋一教授に反論!』★『中国の大気汚染、貧富の差で吸う空気が違う不平等』★『中国は頓挫寸前のTPPを笑っていられるか』

日本メルトダウン( 989)–『トランプ次期米大統領の波紋 』 TP …

no image
 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』②ー「戦争の原因となったシベリア鉄道建設の真相』★『ロマノフ家とシベリア鉄道』●『北満洲はロシアによってあらゆる形式において軍事的に占領された』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』 『ロマノフ家とシベリア鉄道 …

images
★(再録)日中関係がギグシャクしている今だからこそ、もう1度 振り返りたいー『中國革命/孫文を熱血支援した 日本人革命家たち①(1回→15回連載)犬養毅、宮崎滔天、平山周、頭山満、梅屋庄吉、秋山定輔ら

 (再録)日中関係ギグシャクしている今こそ、 振り返りたい『辛亥革命/孫文を熱血 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉙『開戦1ゕ月前の『米ニューヨーク・タイムズ』の報道』-『日露戦争の行方はロシアは敗北する可能性を予測』★『ロシアのアジアへの「氷河的進出」には敬意を表するとしても,氷河すら朝鮮を大陸から隔てる山脈には阻まれるのであり,対日戦の必然的な目的である朝鮮征服にロシアはあらゆる不利な条件下で臨むことになろう。』

   『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉙『開戦1ゕ月 …

no image
日本リーダーパワー史(362)『軍縮・行政改革・公務員給与減俸』など10大改革の途中で斃れたライオン宰相・浜口雄幸

日本リーダーパワー史(362) <昭和史の大宰相のリーダーシップ> &nb …

no image
知的巨人たちの百歳学(115)ブリヂストン創業者 ・石橋正二郎(87歳)の「楽しみを楽しむ」これがいちばんの健康法

  知的巨人たちの百歳学(115) 石橋正二郎(87歳)の ①子供の時の弱かった …