前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(818)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉝『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力⑤』★『児玉は日露外交交渉は不成立の見通しを誤る』★『ロシア外交の常套手段である恫喝、武力行使と同時に、プロパガンダ、メディアコントロールの2枚舌外交に、みごとにだまされた』

   

 日本リーダーパワー史(818)『明治裏面史』 ★

『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、

インテリジェンス㉝『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力⑤』★

 

日本リーダーパワー史(817)『明治裏面史』 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉜『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力『児玉参謀次長でさえ、元老会議や閣議から除外されることが多かったので、軍部は国策決定の成否を知り得なかった。』『児玉参謀次長に日露外交交渉の詳細が知らされなかった日本外交の拙劣ぶり』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/25027.html

 

外務当局は、明治36年12月10日、ロシア・ペテルブルグ発の粟野公使の「交渉は日本の主張をロシア側が受け入れる見込み」という電報を信じ、希望的な観測による平和を夢みつつあった。

児玉次長もこの電文にホット一安心したのか,参謀本部員に内容をしらせて、説明した。

『ロシアは財政窮乏のために(戦争開始に踏み切れず)、日露問題は多分平和的な解決をみるであろう。ただこれにより、戦機を3年ほど延期せざるを得なくなり、日本側の不利はかえって大となる。いかに対処すべきか』と聞いた。

 各部長は『万一、平和的な解決をみるにいたっても、禍を残す結果となることを、日本としては覚悟しなければならない。そのための戦略として

➀海軍を拡張して常にロシアに対抗する勢力を維持すること、

②同時に兵力をもってする韓国の占領を確実にし、京釜鉄道を完成させて、馬山の経営に着手する必要がある』

などと意見具申した。

ところが、児玉が平和的な解決がまとまるとみた日露外交交渉は不成立におわったのである。外務当局はもちろん、日本一のインテリジェンスの持ち主の児玉次長さえ見通しを誤り、判断を間違えたのである。

この2日後に事態は急変した。

12月12日夕、児玉次長は、寺内陸相の呼び出しによって急きょ大山総長邸に出向いた。深刻な顔をした寺内陸相は児玉に、外交交渉の結果を告げた。

 ロシアがローゼン公使を通じて日本政府に通知した最終回答は、意外にも1歩も譲歩したところはなく、従前の主張と変わらなかったのである。満州については1言もふれていない。満州は従来通りロシアのものとしていたのだ。

そのほか、韓国南岸に自由航行を妨害するような施設を建設してはいけない。韓国北緯三十九度以北の地を中立地とすることなどが、含まれていた。

政府、外務省、児玉らの参謀本部も希望的な甘い、平和の望む観測は見事に砕かれた。

 結局,交渉で折りあわなかった主要点は,韓国領土を軍略上の目的で使用しないこと及び中立地帯を設定することに関しては日本が拒絶し,満州の領土保全と「韓国及その沿岸はロシアの利益範囲外であること」を承認することをロシアは拒絶したのである。

この間の8月12日から12月12日までの5ゕ月間の日露外交交渉の経緯を振り返ると、日本政府は、最初から譲歩に譲歩を重ねて、やっと10月30日になってさきに最終案を提出したが返事がない。何度もロシアに早急な回答を求めた。

ところが、ロシア政府は、言を左右にして、何等の回答も示さず、回答する期日すら明示しなかった。

この裏で、ロシア当局は時間稼ぎをしながら、ひそかに満洲における兵力増強を続けた。を表画ではしきりにロシア側が大いに譲歩するという説を流して他国の同情を買い、また平和的な解決になるというフェイクニュース(ニセニュース)をリークし、プロパガンダ工作を行っていた。

いつものロシア外交の常套手段である恫喝、武力行使と同時に、それと並行してのプロパガンダ、メディア工作、懐柔工作の2枚舌、三枚舌外交に、みごとに一杯食わされたのである。

日本流の信頼外交、誠心誠意外交、おもてなし外交の敗北である。幕末以来の日露交渉をふりかえると、日本外交の全敗である。現在も安倍プーチン日露外交も「トップ同士の信頼醸成」外交「ロシア詣で数十回の朝貢外交」「何時間到着を待たされても怒りも抗議もせず待ち続ける忍耐外交」を繰り返している。

事ここに至って、児玉次長はこの談判を継続するも、妥協にいたるの望みは全くなくなったことを悟った。ロシアと断絶し、自衛のため、帝国の既得権利、正当利益を擁護するため必要と認める独立の行動をとるべきことを決意した。

翌14日、児玉次長は外交交渉決裂の情況を各部長に説明し「もはや軍事外交に移るべき時期に到来した。断固たる内閣の決心を促していく」と述べ、16日に元老会議が開催された。

日露戦争開戦ギリギリ1ゕ月前のことである。

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(98)『日本のメルトダウン』『事故4ヵ月、次々に未知なる混乱状況がうまれ、混迷の一途。50年単位で考えよ』

速報(98)『日本のメルトダウン』   『事故から4ヵ月、次々に未知な …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(117)「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『 …

no image
日本リーダーパワー史(808)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス㉓『「日清・日露戦争の勝利の方程式を解いた 川上操六(陸軍参謀総長、日本インテリジェンスの父)』★『 『川上が田村怡与造を抜擢、田村と森鴎外にクラウゼヴィッツ兵書の研究を命じたことが日露戦争勝利の秘訣』

 日本リーダーパワー史(808)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
日本リーダーパワー史(618) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑫『福島安正のインテリジェンスが日清,日露戦争の勝利の主因①わが国初の国防書「隣邦兵備略」を刊行、清国の新海軍建設情報 を入手、朝鮮を属国化し大院君を強引に連れ去った

日本リーダーパワー史(618)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑫ 『福島 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(66)竹島・尖閣問題、冷静な対処をーナショナリズムの暴発を警戒すること

池田龍夫のマスコミ時評(66)   竹島・尖閣問題、冷静な対処をーナシ …

no image
近現代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(87)-『憲政の神様/尾崎行雄の遺言/『敗戦で政治家は何をすべきなのか』<1946年(昭和21)8月24日の尾崎愕堂の新憲法、民主主義についてのすばらしいスピーチ>

2010年8月17日 /日本リーダーパワー史(87)  &n …

no image
日本リーダーパワー史(454)「明治の国父・伊藤博文の国難突破のグローバル リーダーシップに安倍首相は学べ②」⑥

     日本リーダーパワー史(454) …

no image
★5<まとめ記事再録>『歴史の復習問題』/『世界史の中の日露戦争』-『英タイムズ』,『米ニューヨーク・タイムズ』は「日露戦争をどう報道したのか(連載1回―20回まで)①』★『緊迫化する米/北朝鮮の軍事的衝突はあるのか、日露戦争勃発直前の英米紙の報道と比較しながら検証する①』

★5<まとめ記事再録>『歴史の復習問題』/ 『世界史の中の日露戦争』 再録・日本 …

no image
日本リーダーパワー史(128) 空前絶後の名将・川上操六⑲ 日清戦争前哨戦のインテリジェンスとは・・

日本リーダーパワー史(128) 空前絶後の名将・川上操六⑲日清戦争前哨戦のインテ …

no image
日本風狂人伝④ ノーベル賞作家・川端康成は借金の天才だよ

2009,6,18 日本風狂人伝④ ノーベル賞作家・川端康成は借金の天才だよ   …