前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(13)『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止める!原子力安全委員長の無責任発言と『今後は神のみぞ知る』

   

速報(13)『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止める!
原子力安全委員長の無責任発言、『今後は神のみぞ知る』!との(池田副大臣)
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)

              3月29日午後10時までの状況― 

●『ジャパンリスク』に海外のメディアの目は次第に厳しくなってきており、ロイターの報道によると『日本は原発事故の危機をコントロールできない状況になっており、南カリフォルニア大学の専門家は「これが世界的な核の脅威となっており、リビアの飛行禁止区域よりも重要で、国連安保理で議論すべきだ」との主張も出ている。
ところが、菅首相の首相官邸の動静をみても、取り巻きとの情報交換に終始しており、世界的脅威、地球規模の危機へと発展している認識が完全に欠落している。現在のような日本式のスローモー、小出しの作戦では絶対に解決不能で、それこそ世界を巻き添えにして核汚染した日本の責任が追及される事態になりかねない。



日本の原子力委員会のトップが、いまの状況はわからない、『東電に教えてほしい』との驚くべき無責任発言をしたかとおもうと、
今後の行方は「神のみぞ知る」と所管の池田副経産相」もお手上げの発言、政府は思考停止状態だ。
東電は原発の単なる運転者に過ぎず、原発の構造、設計、装置、機械、安全性の総責任は原子力委員会にあり、
原発事故で日本全体が潰れるかどうかの瀬戸際、世界にも大迷惑をかけているのにこのざまだ。時間との戦いだ。
いまからでも遅くない。即、世界の叡智と原子力専門家、部隊にSOSを発せよ。

●『日本大震災:福島第1原発事故 高放射線量の汚染水「知識持ち合わせず-班目(まだらめ)氏』http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110329k0000m040183000c.html
班目春樹・原子力安全委員長は28日夜の記者会見で、福島第1原発でみつかった高放射線量の汚染水への対応について、
「どのような形ですみやかに実施できるかについて、安全委ではそれだけの知識を持ち合わせていない。まずは事業者(東京電
力)が解決策を示すとともに、原子力安全・保安院にしっかりと指導をしていただきたい」と述べた。首相への勧告権限も持つ
専門家集団トップの発言だけに、その役割について議論を呼びそうだ。【大場あい】』
 
 ●毎日(3月29日朝刊)東日本大震災:福島第1原発事故 行方「神のみぞ知る」-
-所管の池田副経産相」
池田元久副経済産業相が28日の参院予算委員会で、東電福島第1原発事故について「神のみぞ知る」と発言し、
野党の反発を受け発言を撤回する場面があった。
自民党の磯崎仁彦氏が「現時点で起きている状況を踏まえた中で最悪の
状況をどう考えるか」と質問したのに対し、池田氏は「私としては予見しうる最悪の事態を考えるが、
それ以上は『神のみぞ知る』でございます」と答弁した。原発対処の所管官庁である経産省副大臣による無責任とも
受け取れる発言に、磯崎氏は「当事者としてふさわしくない」と反発。前田武志委員長が「答弁に不適切なところがあった」と
認め、池田氏も「発言は取り下げる」と陳謝した。【中山裕司】
 
●(新入荷必見)ビデオー広瀬隆の迫りくる直下型関東大地震では浜岡原発は耐えられない
(世界最高の危険な原発を考える。「
広瀬隆講演「危険度5つ☆浜岡原発の恐怖」
「09/9/23」=約2時間=
http://www.ustream.tv/recorded/2212425?lang=ja_JP

●共同(3月28日21,43)『原子炉圧力容器、破損の可能性 「大変憂慮」原子力安全委』http://www.47news.jp/47topics/e/202882.php
「タービン建屋外でもたまり水が見つかり、班目春樹(まだらめ・はるき)委員長は「大変な驚きで
あり憂慮している。事態がいつ収束するか予測できない」と懸念を表明した」

ビデオ『福島瑞穂。原子力安全委員会の班目春樹(まだらめはるき)委員長の責任を追求。
2011.03.22(火) 参議院 予算委員会』(18分くらいから始まる)
 

●ビデオ「ロイター・ビジネス・ウィークリー」(3月25日)、

[地震後の日本と世界と原子力発電(25日25日)(20分間)
70年代にGE技師が福島原子炉の安全性に警告」、「スリーマイル島原発事故から32年」

 
●東京新聞(2011年3月29日 06時58分)『「日当40万円だすから」
 原発作業員 確保に躍起』
 
『危機的な状況が続く福島第一原発。その復旧作業は放射能、時間との闘いで、作業員の確保が急務となっている。
東京電力の要請を受けた協力会社は、各地にいる作業員たちを呼び寄せようと躍起になっている。中には法外な
高給を提示された作業員もいる。』

『ウオール ストリート ジャーナル』(2011年 3月 28日  16:07 JST )
【コラム】先進国、次の新たな危機には対応できない可能性』
http://jp.wsj.com/Economy/Global-Economy/node_211294

●『ウオール ストリート ジャーナル』(2011年 3月 25日 17:54 JST)
『【
オピニオン】日本が直面する本当の試練とは』
 
●『毎日』(2011年3月29日 11時0分)『福島第1原発:前知事が批判「破局招いた無分別」 フランス紙に』

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(863)『昭和15 年の東京大会は幻のオリンピッ クに終わった』★『グローバリズムの中での『大相撲騒動』の行方ー 「田舎相撲」か「国際スポーツ・SUMOU」かーその瀬戸際にある』

グローバリズムの中での『大相撲騒動』の行方ー 「相撲」か「SUMOU」かーその瀬 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(84)記事再録/ ★『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊳/『開戦2週間前の『英ノース・チャイナ・ヘラルド』の報道『日本が決意しているのは,中国と朝鮮との 独立と保全の維持なのだ。この点で,日本は英米の支持を 受けている』★『外交面で,日本はロシアを完全に負かしてきた。合衆国の40年にわたるロシアへの友情は.全く消えうせてしまった』

   2017/01/21日本戦争外交史の研究』/ …

no image
速報(215)『日本のメルトダウン』ー『脱原発世界会議』『今後激増する「内部被曝」「低線量長期被曝」の「何でも質問会」』

速報(215)『日本のメルトダウン』 『「脱原発世界会議」』   ●『 …

no image
速報(308)『内部被曝検査・共用プール使用済燃料の「乾式貯蔵」・ブラジル人がれき撤去労働』)』◎『「大飯原発は限定的再稼動に」

速報(308)『日本のメルトダウン』   ●『6月7日ホールボディカウ …

no image
知的巨人たちの百歳学(110)ー『屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典『群書索引』『広文庫』の奇跡の「106歳物語」②『 物集高量に匹敵する言語学者といえば、諸橋轍次(99歳)だが、この大学者も奇行、変人的なエピソードが多いが、それは誤解である』

屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(931)-(重要記事再録)日中韓パーセプションギャップの歴史(1)『日中韓150年戦争史の原因を読み解く(連載70回中1ー20回まで)★『申報、英タイムズ、ルー・タン、ノース・チャイナ・ヘラルドなどの外国新聞の報道から読み解く』●『朝鮮半島をめぐる150年間続く紛争のルーツがここにある』

日中韓異文化理解の歴史学(1)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の原因を読 …

no image
『世界サッカー戦国史』➄『児玉源太郎と西野監督のリーダーシップの共通性』★『 児玉参謀次長の戦略思考と人心収攬術と西野の戦略眼、選手との対話力、コミュニケーション力が勝利の決め手になった』

  児玉源太郎と西野監督のリーダーシップの共通性            …

no image
記事再録/『2007年にちょうど100年目を迎えたブラジル日系移民の苦難の歴史』

新橋演舞場上演  2007,11月 「ナツひとり」パンフレットに掲載 &nbsp …

By: Tatsuo Yamashita
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(88)』日本マクドナルドの異物混入会見のお粗末

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(88)』 &n …

no image
高杉晋吾レポート(9)闇に隠された「ふげん配管ひび割れ隠蔽」のショッキングな証言—森田渓吾の原発建設段階で話②

高杉晋吾レポート(9) 闇に隠された「ふげん配管ひび割れ隠蔽」のショッキングな証 …