前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『世界を襲う地球温暖化による異常気象』-『“ヒートドーム”に閉じ込められた北半球、史上最高気温続出』★『世界人口は2055年には100億人を突破。燃え上がる地球で人類は絶滅種族に向かう』

      2018/07/24

『青い地球は誰のもの、

青い地球は子どものもの、

青い地球はみんなのもの、

人類のもの、地球の生物のもの、

トランプのアメリカ、習近平の中国、

安倍晋三の日本のものではない。

青い地球は燃えている、

青い地球は悲鳴を上げている。

青い地球は泣いている。

青い地球は助けを呼んでいる。

2055年には世界人口は100億人を突破、

このままでは燃える地球は死球となる。

そのまえに、地球を救おう、生き物を救おう、

人類を救おう。

 

日本では西日本大災害に襲われた。

 

世界各地で異常な猛暑=米で気温52度、北極圏でも30度超え-国連機関
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072400187&g=smm

 

6月末から台風7号の大雨の影響で梅雨前線が活発化、九州、四国、中国、関西、東海まで集中豪雨が拡大し岡山、広島など14府県で死者219人、避難者4800人に上った。(警察庁の16日までの集計)

通常は短時間で通り過ぎる積乱雲が1ヵ所で次々に発生し数珠つなぎになり線状降水帯を形成し、長時間に大雨をもたらす「バックビルディング現象」が発生した。日本で1年間に発生する回数とほぼ同じの68回もがわずか11日間におこった。

日本の年間平均降水量は東京、大阪を含めて1500から2000ミリだが、このわずかの間に1000ミリ以上の降雨量が高知、岐阜、徳島、長野などの数十カ所で記録された。

まさに地球温暖化による異常気象の直撃で安倍首相は15日、西日本豪雨の「激甚災害に指定する」と表明した。

 

記録的猛暑 東・西日本は今後2週間も高温続く 関東甲信は雨も少なく
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00010005-wmap-soci

 

“ヒートドーム”に閉じ込められた北半球、史上最高気温続出
http://japan.hani.co.kr/arti/international/31155.html

 

では、今回と同規模の豪雨が将来、東京を襲ったらどうなるのか。土屋信行著「首都水没」(文春新書、2014年)でシュミレーションしている。

浸水の深さ10mで計算すると、23区のうち17区が浸水。墨田区、葛飾区、江戸川区のほぼ全域、江東区、荒川区、足立区も5割以上が浸水する。この地域では395万人が被災し死者7400人、被害総額64兆円に達するという。

「政治、行政、経済が1極集中している東京での大災害にはインフラ復興に時間がかかる。資産被害と経済被害は合わせて100兆円を突破して、日本沈没の危機となるとみている。

 

『天災は忘れたころにやってくる』(寺田寅彦)とは関東大震災(1923年)の後の言葉らしいが、地球温暖化の危機は確実に近づいてきている。

 
アジア各地で異常気象、洪水に熱波も
https://www.cnn.co.jp/video/17603.html

 

-科学誌『ネイチャー・クライメート・チェンジ』によると、2014年の海面上昇は3.3ミリで、同じペースが続くと100年で33センチ上昇する。さらに1メートルは上昇するという専門家もいる。

海面上昇により、東京湾、大阪湾沿岸地域やマイアミやバングラデシュなど低地の海岸のほか、サンフランシスコや上海などの都市、ツバルなど太平洋の島国が脅威にさらされる。

こうした地球温暖化の原因である温室効果ガスCO2の削減はパリ協定によって各国に削減目標が決めたが、2017年6月、トランプ米大統領は離脱宣言をおこなった。

これに対し、米国との関税貿易戦争中の世界最大の温室効果ガス排出国中国は米国の脱退によって「パリ協定」のけん引役になりつつあるが、「世界一の汚染大国」「公害大国」には絶対無理である。

肝心の日本は火力発電の比重が高く2016年の再エネルーギーの割合はドイツ、イギリスの半分近かい15%で、再エネ後進国となっている。

現在70億人の世界人口は2055年には100億人に増える。日本も世界も別々には存在しえない全員が地球人なのだ。

その地球環境は1つの共有財産で、それを100億人で酸素、水、食物、自然を共有・共存・共生する世界なのだ。

まず、温室効果ガスをストップしなければ、「災害大国日本」も「絶滅種族に向かう人類』も救うことはできない。

暑いのは日本だけじゃなかった…「北半球で異常気象」
https://www.fnn.jp/posts/00397008CX
7月は世界各地で異常気象 WMO報告 「最低気温が42度」の地域もhttp://www.itmedia.co.jp/business/articles/1807/11/news099.html

 

地球規模の“異常気象” 氷山崩壊・中国で続く豪雨
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000131855.html

 

 - 健康長寿, 湘南海山ぶらぶら日記, 現代史研究 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルダウン脱出法(659)「AIIBに関するレポート4本」「政府の「女性活躍推進」が「少子化推進」となってしまう理由」

   日本メルダウン脱出法(659)   ◎「政府の「女性活躍推進」が …

no image
「目からウロコ<歴史張本人・坂西利八郎 (在中国25年)の日中歴史認識>講義」④100年前の中国動乱の内幕

     日中両国民の必読の歴史の張本人が語る 「 …

no image
 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(7)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●東学党の乱に対して『速(すみやか)に出兵すべし』★『計画の密ならんよりも、着手の迅速を願う』★『念に念を入れて緩急の時に狼狽せざるよう、 意を用いるは当然のことだが、あまり念入りに過ぎては,かえって時機を失い、 折角の用意も実用をなさずして徒労に帰して、失敗を招く』(教訓)『兵は拙速を貴ぶ』

★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(7) 「北朝 …

no image
『鎌倉サーフィンチャンネル(10/12)』稲村ヶ崎サーフィンビデオにはアクセス急増! 何度見てもエキサイティングだよー

   『鎌倉サーフィンチャンネル(10/12)』  &nbs …

By: taylorandayumi
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(87)』『2015年初頭までに日本を巨大地震が襲う!?(村井名誉教授)ほか6本

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(87)』   『2015 …

no image
日本メルトダウン脱出法(868)『世紀のリーク「パナマ文書」スキャンダル①世紀のリーク「パナマ文書」が暴く権力者の資産運用、そして犯罪」●「エドワード・スノーデン氏「史上最大のリークだ」。世界の大富豪たちの金融取引を記した「パナマ文書」が流出」●「パナマ文書流出の「背後に強大な力」、得するのは米国-中国が見解」●「エドワード・スノーデン氏「史上最大のリークだ」。世界の大富」

日本メルトダウン脱出法(868)    世紀のリーク「パナマ文書」スキャンダル① …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(130 )『百里を行くものは、九十里を半ばにす』 ●『心は常に楽しむべし、苦しむべからず、身はつねに労すべし、 やすめ過すべからず』貝原益軒) 』●『老いておこたれば、則ち名なし』●『功のなるは、成るの日に、成るにあらず』●『 咋日の非を悔ゆるものこれあり、今日の過を改むるものすくなし」(佐藤一斎 )

2016/07/03 百歳学入門(149) 『百里を行くものは 九十里 …

no image
日本メルトダウン脱出法(867)「お勉強会」で学んだ安倍首相は次にこう動く」●「凍土壁建設、被爆15ミリシーベルトとの闘い」●「日本と韓国が理解しあえない根本的な原因」●「 中国人仰天!「マージャン入社試験」実施企業の思惑」●「日本の家電はかつてのノキア、過去に固執せず変革を」

日本メルトダウン脱出法(867)   「お勉強会」で学んだ安倍首相は次 …

IMG_0166
『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(2)』「ベネチア、フィレンツェぶらぶら散歩(4/19-4/28)

『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(2)』 「ベネチア、フィレンツェぶらぶら散歩 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(513)◎「アベノミクスが失望に終わる理由(英FT紙)●「中国と世界、そして日本」

   速報「日本のメルトダウン」(513) ◎「アベノミクス …