前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(140 )再録/日米の歴史パーセプションギャップ・誤解の原因は②・・ダンスは野蛮・国会は魚市場のセリと同じ日米の歴史パーセプションギャップ・誤解の原因は②・・ダンスは野蛮・国会は魚市場のセリと同じ

   

 

   記事再録

日米の歴史パーセプションギャップ・誤解の原因は②<ー1860年の日米通商条約から150年―>

 
           前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
ダンスとは・・・
 
 使節団一行に対するアメリカ側の歓迎はたいへんなものであったが、レセプションのあとでは、必ずダンスがつきものであった。このダンスにはビックリ仰天して、コマネズミが回るがごとしと評している。一行の感想は、二つに分れた。老人たちはダンスなんていうものは騒々しいばかりで、少しも面白くない、逆に若いものは「まるで夢の中の天女の舞のような美しさ!」と絶賛し、その印象を記録している。       

 
 「やがてまたあなたへ案内にて行くば、一席、板敷をいときよらかにして、かたわらに『ミユンツキ』(音楽の意)とて胡楽に胡弓やうのものを添えてはやしけるが、男はイボレットを付け、太刀を働き、女は両肩をあらわし、多くは白き薄ものをまとい、腰には例の袴のひろがりたるものをまとひ、男女組合(くみあわせ)で、足をそばだて、調子につれてめぐること、こまネズミの回るが如く、何の風情、手品もなく、幾組もまわり、女のすそには風ふくみ、いよいよひろがりてめぐるさまいとおかし
。これをダンスとて踊の事なるよし。高官の人も老婦も、若きも皆、この事を好でするよし。数百人の男女彼の食盤(テーブルのこと)に行て酒肉を用いては、この席に来り、かわりかわり踊る事とて、終夜かく興ずるよしなれども、おのれは実に夢か、現(現実)か分らぬばかりあきれたるまでなり。」(尾佐竹猛『幕末遣外使節物語』講談社学術文庫1989年)       

 そして、「許しがたい野蛮、非礼な態度」と結論しているのがなんとも面白い。
 
「おおよそ礼なき国とはいヘど、外国の使節を宰相の招請せしには不礼ととがむれば限なし。礼もなく、義もなく、誰親の一字を表すると見て免し置ぬ(許しおかぬ)。」
 
 これに対して、『トミー』こと立石斧次郎を筆頭に数少ないが若い者の印象ははそうではなかった。
 
「その舞容(まいよう)我国と雲泥の異なり。何曲たるや、更に解する能はざ
れども、何れも美顔白玉(色白美人)の如く、加うるに美装を以てす。その容
色何物にかたとうべきや、誰あって驚かざるものなし。」(玉虫誼著『航米日録』)
 
「天然の麗色雪よりも白く、玉よりも麗(うるわしく)く、実に神仙境に入
天女(てんにょ)もかくやと訝(いぶか)る。」 (亜墨利加渡海日記)
 
「旋転百出、楓葉の風に翻(ひるがえ)へるが如く、胡蝶の花に狂するに
似たり。」 (亜墨利加渡海日記)
 
その後しばしば夜会に招かれてダンスをみせられているうちに、一行でのトミ―はその若さと、ハンサム、社交性によってアメリカ婦人たちの間で大もてで、ひっはりだこになったことは、これまでにも紹介した通りである。
 
 
②  次は国会を見た時の印象である。封建時代の政治感覚では全く何のことか理解できなくて、魚市場のセリと勘違いしていることが何とも面白い。いまの政治家のレベルとどこまで差があるのかを考えるとさらに面白い。
 
 国会を見学、大声での議論のやり取りを日本橋の魚市場のセリと勘違いする
 
アメリカ側では使節団がせっかく来てくれたのだからというので、いろいろなところを案内した。ところが国会を見学したときのかれらの感想が振っている。かれらはそれをみて、日本橋の魚市場の風景を連想しているからである。
 
 「例の人々が案内して車にのりて七八町東へ行ば、コンゲレス館(国会議事堂)に至る。長さ二町(218m)ばかり、中は一町(1町は109m)ばかりもある三階造の高堂、惣体白きマルメレン石もて造り、屋根め上に丸き大なる櫓の如きもの今普請中にて、半(なかば)組たてたり。正面の石の階段を登るに二丈(6m)もあるべし、入口正面に華盛頓(ワシントン)初の図、その他さまざま
 
の額を掲げ、所々、見巡るに口々に番兵(警察官)有、評議の席とて案内するに二十間(18m)間もあるべき板数にして四方折廻し、二階数にして合天井の如く、格子に組て金銀彩色の模様ある瑠璃の板を入、高き事二丈余も有べし、正面高き所に副統領(ワイスフレッシテントという)、前に少し高き台に書記官二人、
 
そのく椅子を並べ、各机書籍を彩く設け、およそ十人も並居てその一人立つて大音声に罵(ののしり)、まねなどして、狂人の如し、何か云い終りてまた1人立て前の如し、何事なるやととひければ国事を衆議し、各意中を残さず建白せし、副統領聞きて決するよし、二階桟敷(さじき)集して耳をそばだてて聞たり。
 
かかる評議の席のかたはらに聞てゐが、何なり問うべき由云ぬれど、もとより言語も通ぜず、又問うことはりもなければ、そのまま出ぬ。二階に登りて、また桟敷にてこ見せよとて椅子にかかりて見る。衆議最中なり、国政のやんごとなき評議なれど、例の股引、腰掛、筒袖にて大音に罵るさま、副統領の高き所に居体杯、わが日本橋の魚市のさまによく似たりとひそかに語合たり。」
 
 
③ 次は博物館の見学で驚きで、「切腹」「ハラキリ」が本文のサムライがミイラをみて野蛮と憤っているのもパーセプションギャップを感じる。
 
 
ミイラをみて、人骸の乾物を置くとは野蛮国も極まれり!
 
人使節たちが博物館に案内されて人体のミイラを置られたときめおどろきも、こんなものを陳列して人にみせるなんて言語同断であると、憤慨した。
 
 「隅に硝子を覆いたる中に人骸の乾物三つあり、千年を経しものといふ。野晒しの如きものにてはなし、肉皮とも乾きて全骸立たり、男女といえども
見わけがたし、天地間の万物を究理する故、かくの如きに至るといえども、鳥獣虫魚とひとしく、人骸を並べて置くは言語に絶たり、すなわち夷荻(野蛮)
の名はのがれぬべし。」
 
ァメリカはどう考えてみても、野蛮国だというわけ、文化・文明の認識の差、いわゆる、パーセプション・ギャップである。
 
 
④約300年の鎖国・日本の封建社会からいきなり、アメリカの文明・近代化社会のなかにとびこんでいった使節団一行は見るもの、聞くもの、珍しいことばかだったが、一行初めて見るものを真剣に観察して、かれらなりに必死で読み解こうとしていた。日本人の異文化認識能力・異文化コミュニケーション能力のレベルとすれ違いが次の用語に現れており、これまた大変おもしろい。       

 
<日米珍語一覧>

 
(日本語)          (米語)
筒袖………………………………洋服の上着
股引き……………………………ズボン
蒸汽車…………………………・・汽車
口吸……………………………・キッス
写真鏡……‥…・………………・写真機
釣燈籠(つりとうろう)………シャンデリア
大統領入札…・………………・…大統領選挙
ミユンツキ・……………………・音楽
奇術………………………・…科学実験
袴(はかま)のすそのひろがりたももの・・…・スカート
腹掛け……………………………チョッキ
食盤………………………………テーブル
 いかづちの串…・………………・・汽車
口吸………………………………キッス
釣台…・……・……………………・バルコニー
戸張・……・・……………………カーテン
百物館・・…………………・・……博物館
国事館……・………………・……・国務省
人骸の乾物・……………………・‥ミイラ
木造の十手・・………………・・…:警棒
 
 
(以上の参考文献は具島兼三郎「幕末外交史余話」評論社、昭和49年刊)

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『100年前の日本の人権状況』>●『「ニューヨーク・タイムズ」が報道した大逆事件』

  『100年前の日本の人権状況』> ●『「ニューヨーク・タイムズ」が …

no image
   日本メルトダウン( 979)『トランプ米大統領の波紋!?』ー『2017年に「トランプ大暴落」は起きるのかー 「トランプショック」の本番はこれからだ』●『米国自動車市場を襲うトランプリスクの暗雲 日系メーカーは「米国一本足」で大丈夫か』●『対トランプ外交。安倍政権が主導権を握るための交渉術を教えよう 実は、アベノミクスに興味津々!? 』●『日本経済、トランプの政策で「好循環が逆回転」のシナリオ』●『トランプ大統領誕生は、日本がアジアの主役になる絶好のチャンスだ 自分の手と足で、考えるべき時が来た』●『日銀の極秘レポート入手! 株価1万3000円割れも… 衝撃の試算結果 日本経済「12月ショック」に備えよ』

   日本メルトダウン( 979) —トランプ米大統領の波紋!? & …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(250)/『2020年元旦/保釈中の日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告の前代未聞のレバノンへの国外脱出劇 』★『現代版モンテクリスト伯の<ガラパゴスジャパン>への復讐計画が始まるのか①』

           前坂 俊之(ジャーナリスト) 2020年の元旦の …

no image
F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(236)-『 ムハンマド皇太子の今後の進退には全世界の注目が集まっている』★『皇太子の任命権者サルマン国王と同盟国米国のトランプ大統領は現時点ではMBS(皇太子)の罷免に消極的であり、事態がこのまま推移すれば、政変になる可能性は少ない、と思われる』

F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(236)   今 世 …

no image
日本のソフト・パワーは?―文化は国境を越えるー

1 国際コミュニケーション論 2005,11 前坂 俊之 ―<ビデオ『映画ビジネ …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉛ 「日本人のよくその職務に勤(いそ)しむを論ず」(明治20年12月)

   『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中 …

no image
日中朝鮮150年戦争史(49)-副島種臣外務卿(外相)の「明治初年外交実歴談」➀李鴻章との会談、台湾出兵、中国皇帝の謁見に成功、『談判をあまりに長く引き延ばすので、 脅してやろうとおもった』

 日中朝鮮150年戦争史(49) 副島種臣外務卿(外相)➀ 李鴻章との …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(814)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉙『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力』★『2階級降下して参謀次長になり、この機会(日露戦争開始4ゕ月前)に起って、日本は文字通り乾坤一擲の大血戦をやる以外に途がない。不肖ながらわしが参謀次長として蝦蟇坊(大山厳)の忠実なる女房役になろう』

   日本リーダーパワー史(814)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露 …

no image
日本リーダーパワー史(226) ●<『外国新聞』が報道した「明治7年の日本政治と日本人」<日本の教育を根本的に批判>

日本リーダーパワー史(226)   <140年前に驚くべき卓見― …

no image
<名リーダーの名言・金言・格言・苦言・千言集③>〇「能ある鷹はツメを誇示せよ」ホンダ創業者 本田宗一郎ほか10本

      <名リーダーの名言・金言・格言・苦言・ …