前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(20)『日本のメルトダウン』1カ月。はるか未来に!?ー◎サバイバルキーワードは「長期戦覚悟だ」●

      2015/01/02

 
速報(20)『日本のメルトダウン』1カ月。はるか未来に!?
サバイバルキーワード「長期戦覚悟だ」●
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
4日10日午後5時までの状況―



●『東日本大震災:福島第1原発の1カ月 複合事故、見えぬ収束 電源喪失、対策限られ』
(毎日、4月10日>
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110410ddm003040098000c.html


●<ビデオ・必見>
[福島原発】 京都大学 原子炉実験室 助教 小出裕章先生に聞く(3月30日)
fm797radiocafe 2011/03/30
http://www.ustream.tv/recorded/13657716

http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/644.html

 

●(注目記事)『終わり見えない福島原発事故、反原発の動きに勢い』
<ロイター2011 04 10 09:11 JST
 
●(ビデオ必見)「福島第一原発を襲った津波の動画公開 高さ14~15M」
<CNN2011.04.10 Sun posted at: 10:15 JST >
 
●『ツイッターで影響力を持つユーザー像、決め手は3つ』
<CNN 2011.04.08 Fri posted at: 12:17 JST>

 
●『原発危機に初動から後手の政府、いらだつ米』
2011年4月10日03時14分  読売新聞)
 
●『水素爆発は想定外の事態だった…保安院認める』
2011年4月8日22時27分  読売新聞)
(コメント・水蒸気爆発は、過去の二大事故の定番です。電源が止まったら、必ず起きるようですが、保安院の役人は素人同然で、炉内の状況想定が全く出来なかったという事でしょうか。米仏には信じられない日本側のスタートだった様です)
 
 
●「窒素注入は米NRCの助言、水素爆発再発を警告」
2011年4月7日21時58分  読売新聞)
(コメント、オペレーターの当事者ー東電の傘下に、公表されている実力派応援団は
米国原子力規制委員会の技術屋7-8名、米国GEの原子力エンジニア20?名位、 米軍の放射能対策チーム100?名
*仏国のAREVAアレバ社20?名、電力公社、原子力

公社、増員中。*IAEA(国際原子力機関)7-8名*東芝 (川崎、三重の原子力エンジニア)200?名
*日立原子力関連工場から200?名、この他、鹿島、大成、のゼネコン、など。今後、独、英、露も出し
て来ますので、1000名?、これらの実力者集団を使いこなせる実務の統合本部のトップはだれか、
アレバの精鋭メンバーを使える人材は、東電、政府にはいないのでは・・・?)。
 
 
●「官邸機能せず(上)「開かずの扉」のその奥は…」
(サンケイ、MSN2011.4.10 00:29
 
 
●「汚染、「飛び地」状も セシウムの健康被害は未確認 チェルノブイリ事故」(朝日2011年4月8日11時6分)
 
 
●[米国政界で原発問題が過熱―福島原発事故受け]
  • 「ウオール・ストリート・ジャーナル」2011/4/8 19:18
 
お勧め○○●●「最も危険」とされる浜岡原発で戦いが再燃」
2011.04.08(Fri)  Financial
(2011年4月7日付英フィナンシャル・タイムズ紙)
 
 
●「放射線量の単位は正確に、うっかりが大事故招く」
四則演算を駆使して、分かりやすい量に換算しよう2011.04.08(Fri)  伊東 乾
(2011年4月8日付英フィナンシャル・タイムズ紙)
 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(308)◎『日中政治・経済の対立とネジレのニュース』●『日本の入れ墨事情:大阪の将軍』(英エコノミスト誌)など9本

速報(308)『日本のメルトダウン』     ◎『日中政治・ …

no image
新刊発売『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』(前坂俊之著、新人物往来社、1600円)

  『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・ 明石元二郎大佐』(前 …

no image
★『地球史上最大級か? 台風19号の勢力に世界が注目(米航空宇宙局(NASA)と海洋大気庁調べ)』★『緊急スーパー台風19号の進路速報!★【動画解説】台風19号 東海・関東に上陸の見込み(10/12/am7/09)★『10/11/am730の稲村ヶ崎ビッグサーフィン動画公開』★『地球史上最大級か? 衛星写真に騒然』

2019年9月23日、国連で開催された「国連気候行動サミット」では若者世代の代表 …

no image
 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑮』『開戦4ヵ月前の「英ノース・チャイナ・ヘラルド」の報道』ー『 朝鮮の危機ー日本民衆の感情ーもし朝鮮政府がロシアに対して,竜岩浦の利権を与えるようなことがあれば,日本の民衆感情は激化し,日本政府は戦争以外に選択がない』●『ロシアに朝鮮を取らせるようなことがあれば,日本の隆盛にある歩みは不面目な結末を迎えるだろう。世界史上最も驚嘆すべき進歩を遂げ,絶対の自信を持って偉大な未来を夢見ている日本国民は.このように認議している』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑮ 1903(明治36)年9 …

no image
ワールドビジネス動画ビデオ<ジェトロ、Global Eye>ーインド、インドネシア、台湾のビジネスチャンス

<ワールドビジネス動画ビデオ><ジェトロ、Global Eye> ①●『インド農 …

no image
連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」①『A・ロドリゲス氏は「これは世界的な物語だ」と絶賛』

連載「大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」① 4月9日 …

no image
日本メルトダウンの脱出法(552)ー W杯サッカーの完敗はー「死に至る日本病」(ガラパゴス・ジャパンシステム)である

   日本メルトダウンの脱出法(552)     ●「W杯サッカーの完 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変③』- 『ドイツ、ロシア、フランス、イギリスらの清国侵略に民衆が立ち上がった義和団事件が勃発』★『清国侵略の西欧列強(英国、ドイツ、フランス、ロシアら)の北京公使館は孤立し、敗北の危機に陥り、日本に大部隊の出兵を再三、要請した。日本側は三国干渉の苦い教訓からなかなか出兵に応じず・』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変③』- 7月6日、日本政府は「 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(88)記事再録/★ 『拝金亡者が世界中にうじゃうじゃいて地球の有限な資源を食い尽し、地球環境は瀕死の重傷だ。今回のスーパー台風19号の重大被害もこの影響だ』★『9月23日、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンペリさん(16)が「人々は困窮し、生態系は壊れて、私たちは絶滅を前にしているのに、あなたがたはお金と永続的経済成長という『おとぎ話』をよくも語っているわね!若者は絶対に許さない』と国連に一堂に介した各国の首脳たちをチコちゃんにかわってをしかりつけた。会場に突然、現らわれたトランプ大統領を刺すような強烈な視線でにらみつけた。。彼女にこそノーベル地球賞を与えるべきだったね』★『 今回も百年先を見ていた 社会貢献の偉大な父・大原孫三郎の業績を振り返る②」                                       つづく

2012年7月16日 /日本リーダーパワー史(281)記事再録   < …

no image
速報(264)◎『(文部科学省は)何の責任も取らないまま、この程度の事故で収まったと言い続けている (小出裕章)』ほか3本

  速報(264)『日本のメルトダウン』   ◎『3月13日 …