前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『2014世界各国/サプライズ、面白ニュース⑦』「オランダ」「フランス」「ロシア」3国―なぞなぞミステリー⑦

   

 2014世界各国/サプライズ、面白ニュース⑦』

 

ヨーロッパ3国の―なぞなぞミステリーとは・・❼  

 

◎『オランダでは、なぜ水車より風車が活躍しているのか』

●「フランス革命が「「メートル法」を作り近代科学

を成立させた

◎「ロシアーとウオッカのおもしろ革命話」

 

                          前坂俊之(ジャーナリスト)

 

オランダでは、なぜ水車より風車が活躍しているの?

 

オランダの名物は水車と風車といわれる。オランダは昔はネーデルラント(Nederland:低地)といわれていたように、国土の4分の1が海抜ゼロm以下である。

 

「オランダの歴史は水との戦いの歴史である」といわれるように、この不利な立地条件を知恵と技術力で克服し、海に臨む低湿地帯には高い防波堤を築き、川にも堤防を作って、元々北海からの風の強い地域なので風車を徹底利用して水を汲みだして干拓、開墾して陸地や農業地を増やしていったのだ。

 

13世紀のオランダで風車による干拓事業が始まり「灌漑用」だけでなく、「製粉用」や「脱穀用」の風車などが次々に開発された。風車は低地で生活するオランダ人の必需品となり、北海による洪水を防ぐために、堤防、水路、干拓地などを築き、国土を拡大、整備し、広げてきたことから「風車はオランダ建国の父だ」ともいわれている。

 

自然をうまくコントロールしながら、国をつくりとライフスタイルを築いた。それでも、現在、オランダ人約60%は干拓したゼロm以下のところで暮らしている。

こうした基本条件から、オランダ人の思想の根本には、個人の自由を認めながら、「飾り窓の女」の売春合法化、マリファナなどドラッグの自由、安楽死を認めるなど個人、社会のコントロール(感情の制御、抑制の意)と自由がほどよく保たれて、地球環境保護とクリーンエネルギー意識は他国の何倍も強烈である。市街地では自動車の使用などはきびしく制限され、自転車王国でもある。

 

 

 

フランスーフランス革命が「「メートル法」を作り近代科学を成立させた

 

 

フランス革命(178999)は「自由」「平等」「博愛」などの近代社会の重要な概念キーワードを生み出したが、「メートル法」を作り出したことでも特筆される。これによって世界共通の単位ができて、近代科学を成立させた。 

近代科学以前は、科学者たちは計量に不便を感じていた。世界が船、鉄道の発展でグローバル化し、世界規模のビジネスが拡大して単位・基準が各国でバラバラ、不統一だったのが障害となった。そのため、十八世紀の科学者たちは、世界中で利用できる度量法はないかと考えた。

フランス革命ではアンシャン・レジーム(旧制度)のすべての規範に対して見直しが行われ、パリ科学アカデミーは度量衡の統一を検討した。まず長さから始め、標準単位として「メートル(meter)」(「測る」を意味するラテン語)を使うことにした。この度量システム全体を「メートル法」と呼んだ。

地球の円周のきっかり4000万分の1を1メートルにしようとして1798年、白金製のメートル原器が作製、3角測量法などで計測して完成した。メートルを基準にして質量も1立方デシメートルの水の質量を1キロ、面積はアール(100平方メートル)、体積はリットル(1立方デシメートル)などと定めた。

1875年(明治8)にメートル法の導入に各国が努力するメートル条約が締結された。

日本では1891年(明治24)に度量衡法(尺貫法と併用)で、導入されたが、ヨーロッパに比べて米国では政府が積極的でなく、メートル法はほとんど普及しなかった。

 

 

ロシアーとウオッカの革命おもしろ話 

 

 今のロシアの基になった国家は、9~12世紀のキエフ大公国(正式な国号はルーシ(古東スラブ語)で、これが「ロシア」の名前となったという。そのキエフ大公のウラジーミル1世(9781015)はどの宗教を国教にするか各宗教のデータを集めて検討した。

 当時は、国家をまとめていくために、宗教が欠かせなかった。イスラム教とギリシャ正教が候補となり、地理的に近いイスラム教を選ぼうとした。

 しかし、イスラム教は豚肉はダメ、メッカへの日々の礼拝、禁酒など厳重な戒律があることがわかった。

 ロシアは最も寒い国。厳冬期を乗り越えるためには度の強い酒は欠かせない。酒を禁じると、反乱が起こりかねない。そこで、大公は「禁酒だけはなんとかならないか」とイスラム教の指導者と交渉したが、キッパリと拒絶された。そのため、アルコールに寛容なキリスト教を選ぶことになったのである。

 もし、この時、キエフ大公がイスラム教を選んでいたら、その後の世界は大きく変わっていたことだろう。

こうして、ウオッカをガブ飲みする世界一の酒好きのロシアが誕生したわけだが、ウオツカはロシアの国民酒を超えて世界中で愛好され旧共産圏からの最大のヒット商品ともいわれる。当然、ウオツカの消費量は本場ロシアがトップと思いきや、実はアメリカなのである。

「酒を飲んで反乱を起こさないように」と ロシア皇帝・ニコライ二世(18681918は、アルコール度数を制限したり、ロシア革命後の共産党政府は、ウオツカを禁止した。人民に対する圧政と戦乱のなか、ロシア国民は世界中に亡命し、ウオツカは世界中に広まったというわけだ。

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(91)『日本のメルトダウン』ー脱原発に動き出した世界、何をしてよいかわからず『座して死を待つ』状態の日本

速報(91)『日本のメルトダウン』 脱原発に動き出した世界、何をしてよいかわから …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑳ 『日本帝国最後の日(1945年8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か⑤』8月13日の首相官邸地下壕

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑳     『日本の最も長い日―日本帝国最後の …

no image
73回目の終戦/敗戦の日に「新聞の戦争責任を考える④」ー『反骨のジャーナリスト』桐生悠々の遺言「言いたいことではなく、言わなければならぬことをいう」

  桐生悠々の遺言 「言わなければならぬことをいう」   「 …

no image
日本リーダーパワー史(571)『わずか1週間でGHQが作った憲法草案>『憲法9条(戦争・ 戦力放棄)の)の最初の発案者は一体誰なのか⑤』再録

日本リーダーパワー史(571) 一連の「安全保障法制案」の本格的な 国会論戦が始 …

no image
日本リーダーパワー史(623) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑰『川上操六参謀本部次長がドイツ・モルトケ参謀総長に弟子入り、何を学んだのか③『ドイツ・ビスマルクのスパイ長官』 シュティーベルとの接点。

 日本リーダーパワー史(623)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑰ 『川 …

ダウンロード (1)
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊺★『世界史を変えた男・明石元二郎』-『日露戦争勃発。児玉から「至急、ストックホルムに行き、ロシア反体制革命家を扇動して、ポーランド人と一体となって武力闘争を起こせ」との秘密命令を受けた』★『ロシアの植民地なった周辺各民族の革命家を一堂に集めて組織、資金提供、武器援助をしてロシア革命に火をつけた奇跡の男』★『「明石一人で20万人の兵に相当する」とドイツ皇帝は驚嘆した』

 『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク …

no image
『世界サッカー戦国史』④『西野サッカーはベスト16位に辛くも食い込み、さらにベルギー戦(7/3)での奮戦が期待される』★『西野監督の「名将」の証ーポーランド戦最後の15分間でコロンビアの勝利にかけた決断力(勝負勘)こそ、2次リーグへの突破を決めた名将の戦略』

『世界サッカー戦国史』④ 前坂 俊之(ジャーナリスト) 予選敗退確実とみられてい …

no image
『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか―日本興亡150年史』(1)前坂俊之 (静岡県立大学国際関係学部名誉教授)

  ★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー ―日本興亡150年史』(1 …

Shigeru_Yoshida_suit
日本リーダーパワー史(685)『吉田首相と新憲法』ーマッカーサーは 憲法は自由に変えてくださいといっている。 それを70年たった現在まで延々と「米国が新憲法を 押しっけた」「いや日本が押しっけられた」と非難、 論争するほど無意味なことはない。

日本リーダーパワー史(685) 『吉田首相と新憲法』ーマッカーサーは 憲法は自由 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑧』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より④』★『服部の目からウロコの中国論』●『科学的知識は皆無で迷信/虚説を盲信して夜郎自大となった清国。一方、西洋人は支那を未開の野蛮国として、暴虐をくわえて義和団の乱、北清事変に爆発した』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑧』  ここにおいて、また例の …