前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊳興亜説について(榎本武揚の興亜会の設立)明治23)年8月

      2015/01/01

  

 

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』

日中韓のパーセプションギャップの研究』

 

1890(明治23)811日光緒16年庚寅626日「申報」

 

興亜説について(榎本武揚の興亜会の設立)

 

榎本武揚

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%8E%
E6%9C%AC%E6%AD%A6%E6%8F%9A

 

 

興亜会

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%8
8%E4%BA%9C%E4%BC%9A

 

日本の文部大臣榎本武揚,以前特命全権公使として中国に赴任した。

 

その際,同じくアジアに属する中日両国が協力すれば西洋の侵略を防ぎ得,対立すれば自主独立を保ちがたいと知り,帰国後、東京において興亜会を設立し,杯酒の間に歓談して両国の友好と和平を図った。会には両国の高官や名士のほか,トルコ,ベルシア,朝鮮,シャムなどのアジア諸国の人士も加わり.協議の結果榎本君を会長に推し,渡辺洪基特命全権公使を副会長とした。

 

庚寅の年、渡辺君が駐オーストリア=スイス特命全権公使として赴任したため,宮中顧問官花房義質を後任とし,また中国の使日欽差大臣黎●(くさかんむりに純)斎【庶昌】を名誉会長とした。

 

4月下旬.わたくし夢●(田に宛)碗は旧友岸田吟香の招きにより日本を訪れた。この際榎本君は会員を集め.芝の紅葉館において宴を催した。華やかなさざめきの中,着かざった人々が次々と訪れ山海の珍味を並べ.風雅な音楽を奏し,時のたつままに夜の更けることも忘れるほどだった。そこで私は杯をとって前に進み,次のように述べた。

 

「まことになんという盛んな会でありましょうか。さて.考えますに,アジアは以前ヨーロッパと通商を行わず,人口,物産ともに豊富で,他国との交流を断って各々の国内に安住してまいりました。

 

西洋人がわが中国に乗航して5港の開港を迫り,通商に対する国禁が解かれてから.その風気は翻然として一変しました。「諸外国は中国国内の混乱に乗じて中国に圧迫を加えている。

やがては騒乱が広がり,戦禍が全国に及ぶかもしれな」jと説く者もおります。しかし,日本も西洋の圧力により通商を始めたのではないでしょうか。

 

光格天皇のとき,ロシア人が凛流民の送還を理由として日本に来航して通商を求め,イギリスの軍艦も長崎に入港して市街で略奪を行いました。次いで孝明天皇のときには.アメリカ人が通商を求めました。時あたかもイギリス人が下田に至ってほしいままに略奪を行い、アメリカ人は軍艦を率いて浦賀に入港し,ロシア人もまた来航し.情勢はきわめて危機的だったのです。

 

今上帝が即位されるや.やむを得ず初めて外国に対して港を開き,横浜・神戸・大阪・長崎など8港において外国人の居留を許しました。これによって通商が次第に発展し,全国に西洋人の足跡が及ぶに至ったのです。このように列強の圧迫により開港したのは.わが中国だけではないのです。

 

日本人にとっても殷鑑は遠からず,

http://kotowaza-allguide.com/i/inkantookarazu.html

 

 

きわめて熟慮深思すべきことと申せましょう。かつ中日両国は互いに離反していることができましょうか。中国は日本からの応援がなかったとしても.なお兵器は多く,物産は豊富であり.軍隊を配置して防御に当たるべき拠点もあります。

 

一方日本は海洋に懸隔した列島ですから.虎のいる平原で身を隠すべき場所もないような状況と言えます。もし中国が座視して援助しなければ,日本は四方から教を受け,退いて防御に当たるすべもないでしよう。榎本君は周到かつ慎重にこうした情勢を考慮し.本会を設立し両国の友好を回ったのです。もし両国民が心を1つにして密接に協力して事に当たれば,単に両国が唇滅びて歯寒し、といった事態を免れるばかりでなく,アジアの一大転機を招来することもできましょう。本会はその契機となり得るかもしれないのです。

 

顧みますに,「アジア諸国の君主は1年に1度天津に全集すべきだ」とか,「アジア諸国の陸軍大臣が年に数回全集すべきだJとか,「アジア詰回の識者や学者が一大大会を開催し,共に議論して富国強兵の方途を討求すべきだ」などと述べ.こうすればアジアの興隆は期すべきものがある,と論じる者もおります。

 

しかしそれには及びません。侵略の野心を抱いている国々は.必ずや1回を得るのみでは満足せず.その野望を果てしなく広げるでしょう。日本が西洋に侵略されれば,中国もまた危地に置かれ.中国の領土が西洋人に侵食されれば,日本の自守独立も困難なのです。

 

しかし,もし両国が協力して外国からの圧迫に屈しなければ,両国の国勢が興隆に向かうばかりではなく,ベルシアや朝鮮のような諸小国も.西洋諸国からの侵略を免れるのです。これをたとえれば,人家の垣根が堅固で,風紀が厳格であれば,些細なものでも他人があえて手を出さないようなものです。なぜ必ずしも軽挙妄動して波風を立てる必要がありましょうか。

 

あるいはまた,「興亜の説は単なる机上の空論に過ぎない。以前日本はわが中国の藩属国たる琉球を滅ぼし,またわが中国の飯土たる台湾に侵攻したではないか。こうした事件は忘れがたく.断じて危疑を水に流すわけにいかない」と述べる者もおります。

 

しかしこうした問題は小事に過ぎないのです。中国はこれに寛大に対処してきましたし,日本ももはや野望を抱いてはいないでしょう。これをたとえれば.兄弟が内輪でもめごとを起こし.ふだんいささか不和であっても,いったん他人に圧迫されれば.兄弟力を合わせて事に当たるようなものです。

 

日本にも見識ある人士は少なくないのですから,決して同じくアジアに属する諸国を脅かし,西洋諸国に乗ずる険を与えるようなことはしないでしょう。現在両国は共に西洋文明の採用に努め,万事にわたって旧観を改めています。

 

西洋人はこれに関して,常に「日本は西洋文明を導入するや,非常に速やかに成果をあげているが.中国は旧制に因循し,かなりの年月がたったのに10のうち23の成果しかあげていない」と述べています。

 

しかし,日本の軍隊は強いとはいえ,国土は狭く,人口は過密なのですから.財貨を山林に蓄えていた者が,それを早めに費やしてしまったようなもので,今後再び富を積むためには,なんらかの別の方法を考えなくてはなりません。一方中国は2万里にも及ぶ広大な領土を持ち,石炭や金属資源も豊富で,ただなおそれを広く活用するに至っていないに過ぎません。

 

もし埋蔵資源を十分に利用すれば.富国強兵も可能となり,兵力が西洋に及ばないことを憂える必要もなくなるでしょう。こうして考えてみますと,本会において,西洋人を服従させることはできないまでも,誠心誠意事に当たり.以前の危疑は水に流せば.中日両国が永久に安泰たるべき礎を築くことができるばかりではなく.アジア諸小国もその恩恵に浴することとなりましょう。榎本君の偉才たるや,まことにたたうべきです」。

 

語り終わるや,会員は皆これに拍手を送った。

 

榎本君もまた杯をあげて,次のように述べた。

 

「日中両国が相互に協力することは,情勢のしからしむるところであり,いわば天命であって,人力のなし得るところではありません。あなたが帰国後この旨を当局者に説かれ.両国が今後長く友好を保てば,私としては満足の至りです。なんらその功をむさぼろうなどというつもりはございません」。

 

そして宴席を片付け.美人の扇舞を見た後,人力車に乗って帰ったが,すでに午前3時だった。

 

 - 人物研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(449)「明治の国父・伊藤博文が明治維新を語る①」明治時代は<伊藤時代>といって過言ではない。

      日本リーダーパワー …

no image
★『地球の未来/明日の世界どうなる』< 東アジア・メルトダウン(1079)>『米朝開戦への行方』★『「北朝鮮を完全破壊するほか選択肢ない」 トランプ大統領、国連総会で演説』●『安倍首相:北朝鮮は不拡散体制の「最も確信的な破壊者」-国連演説』★『金正恩は「側近による暗殺」を恐れ核ミサイルから手を引けない』★『核施設のみならず一瞬で北朝鮮の全焦土化狙う米国 中露の支援断ち切るには不可欠、求められる日韓の覚悟』

★『地球の未来/明日の世界どうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1079 …

no image
<国難日本史ケーススタディー①>『三国干渉』(明治28年)でのリーダーたちのインテリジェンスー知恵と勇気の古典に学ぶ①

<国難日本史ケーススタディー①>   『三国干渉』(1895年(明治2 …

no image
『2018年、米朝戦争はあるのか』⑧ー伊勢崎賢治氏の『米朝開戦の瀬戸際で、32ヵ国の陸軍トップを前に僕が話したことー日本メディアの喧騒から遠く離れて』★『憲法9条を先進的だと思ってる日本人が、根本的に誤解していることー世界が驚く奇想天外な状況』★『知らなければよかった「緩衝国家」日本の悲劇。主権がないなんて…日米地位協定の異常性を明かそう』★『世界的にもこんなの異常だ! 在日米軍だけがもつ「特権」の真実ー沖縄女性遺体遺棄事件から考える』

『2018年、米朝戦争はあるのか』⑧ 2017年9月末、北朝鮮開戦が心配されてい …

no image
世界/日本リーダーパワー史(931)-(重要記事再録)日中韓パーセプションギャップの歴史(1)『日中韓150年戦争史の原因を読み解く(連載70回中1ー20回まで)★『申報、英タイムズ、ルー・タン、ノース・チャイナ・ヘラルドなどの外国新聞の報道から読み解く』●『朝鮮半島をめぐる150年間続く紛争のルーツがここにある』

日中韓異文化理解の歴史学(1)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の原因を読 …

109614488554a5e95b5e1079.36568560661997738.jpg2222
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(196)』-『超高齢社会日本』のシンボル・『クリエイティブ長寿思想家』の徳富蘇峰(94)に学ぶ②』★『蘇峰先生の日常―78歳・壮者を凌ぐ精励ぶり』★『午後3時、いつもきまって紅茶』★『英書購読、記憶魔、博覧強記!、古書マニア、英国流のガーデニアン』

『百歳学入門(196)』 『長寿思想家』の徳富蘇峰(94)に学ぶ② <以下は『日 …

no image
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(204)』★『日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」・カゴメの創業者蟹江一太郎(96歳)の長寿健康・経営訓10ヵ条』

人気リクエスト記事再録『百歳学入門(204)』   百歳学入門(70) …

no image
日本リーダーパワー史 (25) 中国建国60周年のルーツ・中国革命の生みの親・宮崎滔天に学べ②

日本リーダーパワー史 (25)   中国建国60年・中国革命の生みの親・宮崎滔天 …

no image
日本リーダーパワー史(801)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑰杉山茂丸の『伊藤博文を日露戦争開戦の死者第一号にする』

 日本リーダーパワー史(801)ー『明治裏面史』★ 『 「日清、日露戦争に勝利』 …

no image
日本リーダーパワー史(129) 『自滅国家日本の悲劇』ー太平洋戦争開戦でのリーダーシップと比較検証する①

日本リーダーパワー史(129) 迫り来る国家破産と太平洋戦争開戦でのリーダーシッ …