前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』など外紙からみた『日中韓150年戦争史』㊺ 「日清戦争の勃発はロシアの脅威から」(英『タイムズ』)

      2015/01/01

 

『中国紙『申報』など外紙からみた『日中韓150

戦争史』日中韓のパーセプションギャップの研究』㊺ 


 1894(明治27)年日 英タイムズ』

 

日清戦争勃発約1ヵ月前の英タイムズの分析―

「ロシアの不凍港獲得の南下政策で「朝鮮支配」

を着々と進めていることに、危機感を持った

日本が日清戦争に踏み切った」

 

 

咋日付の本紙に掲載された上海の通信員からの電報には.憂慮せざるを得ない情報が含まれている。もっとも.日本の意図について,目下,上海で広まっている驚くべきうわさがことごとく根拠のあるものと見る必要がないのは確かだ。

 

現に日本は.1885年に中国と締結した条約で許され.なおかつ朝鮮王国の秩序の維持と国家保全の観点から必要とみなされる以上の行動をとる考えは毛頭ないと強く否定している。こうした言説は一見罪がないばかりか.善意すら感じさせるものだが.朝鮮国王が中国皇帝の臣下であることをやめたということを中国が1度として認めたことがなく.またこの先も自発的に認めることなどないと思われるので,こんな言葉で中国の抱いた疑惑が払拭されるはずはない。

 

本社上海通信員は,日本が明らかに朝鮮における支配権の獲得を狙っていると断言し,その根拠として,日本が国王に対し,中国の属国たることをやめ,独立を宣言し,中国の駐在官を退けて日本の保護下に入ることを要求していると言っている。

 

日本は朝鮮国王の領土を保全し.その国民に改革を導入したいという気持のあることは認めている。彼らは中国がこの有為な事業に協力してくれることを切に願っているが,協力を断られたときには,ためらうことなく単独ででも実行する構えでいる。

 

結局、日本の狙いに関する中国と日本の認識はかなり似かよった

ものと言える。実を言えば,この隠者の王国,朝鮮における情勢は,全く変則的で,世界の他の地域の有名な事例からも類推されるように,直接的な利害関係を持つ国家同士の紛糾を招きやすいのだ。朝鮮は,朝鮮を守る特別の権利があると主張している2つの隣国を持っている。

中国は,ソウルの現王朝が少なくとも今から500年前に誕生したときからの歴史的宗主権を持っている。現在の国王は,歴代の国王同様,中国の皇帝から王位を授与され,北京には定期的に朝貢する一方.中国の駐在官が宮廷の政策を事実上取り仕切っている。

 

国王とその国民は.民族.宗教.伝統などの点で中国と類縁関係にあり,仮にも両国がこうした歴史的関係を断ち切る意志を持って

いると判断する理由はどこにもない。

 

中国は.これまで朝鮮の宗主国としての主張を直接的に取り下げたことは1度もない。しかし,朝鮮が数年前,列強との間で悶着を起こしたとき,中国は愚かにもこの領国を擁護することを拒み.自力で交渉に当たるよう気弱な励ましをするにとどまった。

日本は早速このライバルの失態をかぎっけると,独立国の君主としての朝鮮国王と速やかに協定を結び.以後,ことあるごとに,朝鮮国王を独立国の君主として扱うことを公言するようになった。

 こうして始まった「二重支配」は.世界の他の地域における類似の方策同様,うまくはいっていない。日本の使節は近年,大衆によって2度もソウルを追われるという目に遭い,そのたびに日本は朝鮮出兵を余儀なくされた。

 

中国は.最初の暴動の発生とともに駐屯部隊を派遣し,2度目の暴

動の後,朝鮮ではなく日本の要請で撤兵することになるまで駐留を続けた。天皇の政府と中国皇帝の政府との間で.いくつかの点について今後の朝鮮との関係を規制する協定が結ばれ,その後数年間は両者の間に大きな争いもなく事態が推移した。

 

むろん,さまざまな軋轢はあったが,これは複数国の代表が.奇特にも非力な隣国の繁栄を深く案じる場合には避けがたいことかもしれない。しかし,ここにきて突然,緊張が高まってきた。

 

日本の庇護下にあった朝鮮の亡命者(金玉均)が.さる3月,軽率にも危険を冒して上海へ渡り,現地で殺害されたのだ。この事件が朝鮮政府の教唆を受けたものであることはほぼ間違いなく,日本側がほのめかしているように,中国当局も承知の上だったと見られている。これとほぼ時を同じくして朝鮮本国で暴動が起きた。おそらく失政をきっかけにしたに違いなく.ソウルの宮廷のいずれかの派閥が,自分たちの目的のためにあおったものと見られるが,その暴動がこの朝鮮半島に住む日本人が形成する大きな商人社会の財産と生命を脅かすものだったことは確実だ。

なく速やかに兵を派遣して騒動を鎮圧し,秩序の回復を日本側に伝えた。しかし,日本は構疑心を募らせている。日本の見るところ,この平和は長続きしそうになく,憂慮すべき事態である上に,今度暴動が起きれば,中国はその機をとらえて朝鮮全土を占領し.日本がとりわけ重視している朝鮮の独立を奪うことも考えられ,そうなってはいっそう悪いと考えているのだ。

 

こうしたことから,日本は本気であることをしきりに強調している。日本は,できれば中国と共同で.しかし単独でも,そして必要な

らば中国を敵に回しても.朝鮮に対し教訓を垂れることが自分の使命だと感じている。そしてまた,少なくともその点を中国にくんでほしいと考えているのだが,幸いにして,日本が将来にわたる大きな利益を棒にふってまで極端な手段に訴えるようなことはまずないものと思われる。

 こうした中で.中国は実際にロシアに調停を求めている。これが極東では政策として通用するのだから驚かされる。もっとも,北京の外交官たちも,この調停にそれほど期待するつもりがないのは確からしい。彼らにすれば,それによって,自国の広大な領土に存在する莫大だが扱いにくい資源を引き出すための時間稼ぎになると思い込んでいるのではなかろうか。

 

たとえロシアに調停を頼んだとしても.時期が来れば丁重かつ速やかにお引き取り願えるものと考えているのだ。そうでなければ,あれほど恐るべき助っ人に協力を求めるはずはない。

わが国が巨文島から撤退する隆に中国がロシアから引き出した誓約が.どんな場合にも必ずスラブ人の野望を完璧に阻んでくれるとは彼らも考えてはいないだろう。

 

その誓約は確かに明確なものではあるが,世界中が知っているように,ロシアから出た他のさまざまな誓約も同様に明確なものだっ

たが,それを破るのに都合のよいときが来た場合,守られたことはなかったのだ。

 

 

その誓約は.ロシアが朝鮮の領土を占領することを否定したものだが,中国がその誓約を要求するだけの価値があると考えたという事実は,この地域におけるロシアの野心が何かを彼らが知っていることを物語っている。

その野心は,ロシアの置かれた地理的条件から必然的に出てこざるを得ないものだ。北太平洋に年間を通じて使用可能なすぐれた港があるということは,ウラジオストクのような凍結港を持つロシアにとって,計り知れない利益になるはずであり.朝鮮にはそうした良港が数多くある。ロシアがそれらの港のどれかを占領すれば,歴史的文明を誇る中国にとっても,また,興味深い社会発展をとげつつある日本にとっても,永久的な脅威となることは,アジアの政治の常識の1つになっている。

 

また.それによって中国海域に大きな商業的かかわりを持つすべの国々の利益が著しく侵害されるということも等しく確かであり,関

係者によって十分に認識されていることだ。

 

結局,この危険が現実的で大きなものであるため,中国が属国朝鮮において大いに必要とされている改革にあくまでも反対することはなく.日本も,結局のところは保守的とはいえ御しやすい国王の不興を買ってまで,朝鮮の保全を執拗に主張することはあり得ないものと,信じてもいいかもしれない。

 

 

 - 戦争報道 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メディア(出版、新聞、映画など)への検閲実態史➀『世界、日本の検閲史』★『徳川時代の検閲制度』★『「明治初期の言論恐怖時代″』★『大正の大阪朝日新聞「白虹事件」』★『出版警察の核心・検閲は発売頒布禁止で』 

日本メディア(出版、新聞、映画など)の検閲史 ➀    20 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑭「ペリー米黒船はなぜ日本に開国を求めて来たのか」<以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P)>『開国の恩人は、ペリーではなく金華山沖のクジラである』

  <以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P) …

no image
『オンライン/75年目の終戦記念日/講座➄』★『太平洋戦争下の新聞メディアの戦争責任論』★『新聞も兵器なり』との信念を堅持して、報道報国のために挺身したすべて新聞』★『戦う新聞人、新聞社は兵器工場へ』★『●大本営発表(ウソと誇大発表の代名詞)以外は書けなくなった新聞の死んだ日』

  2015/06/29 /終戦70年・日本敗戦史(101) …

no image
「タイムズ」などからみた「日中韓150年戦争史」(60)『(日清戦争開戦4週間後)-『日本の朝鮮侵略(上)』

     『「申報」「タイムズ」からみた「日中韓1 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(27)『南シナ海,東シナ海紛争で、国際法を無視、暴走する中国は120年前の日清戦争開戦の「高陞号」(こうしょう号)事件と同じパターン。 東郷平八郎の「国際法遵守」が完全無視 の中国に完勝した。

 日中北朝鮮150年戦争史(27)   ★(記事再録)2014/07/ …

no image
日露300年戦争(6)『露寇(ろこう)事件とは何か』★『「露寇事件」はロシアの大植民地主義者のレザノフの対米、対日植民地化の戦略の一環として生まれた』

  以上が「露寇事件」の概要だが、ロシアの植民地政策の先頭に立ったレザ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(331 )記事再録★『2016年7月の南シナ海裁定で完敗した中国の強硬姿勢の背景にある『China2049―秘密裏に遂行される世界覇権100年戦略』①『中国の夢』の恐るべき陰謀とはー 中国が世界の覇権を握った「帝国」は「自由より秩序、 法より倫理、民主主義と人権よりエリート による共産主義独裁帝国の実現」①

     2016/07/30 &nbs …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱日本帝国最後の日(1945年8月15日)をめぐる攻防―終戦和平か、徹底抗戦か➂』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱     『日本の最も長い日―日本帝国最後の日 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(26)-記事再録/トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかの連載⑶』ー(まとめ記事再録)日中韓異文化理解の歴史学(3)『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 (連載70回中、37-50回まで)

日中韓異文化理解の歴史学(3) 『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 (連載 …

no image
日本リーダーパワー史(614)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑨『日中韓の誤解、対立はなぜ戦争までエスカレートしたか」ー中国・李鴻章の対日強硬戦略が日清戦争の原因に。簡単に勝てると思っていた日清戦争で完敗し、負けると「侵略」されたと歴史を偽造

    日本リーダーパワー史(614) 日本国難史にみる『戦略思考の欠 …