前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★人気リクエスト記事再録『百歳学入門(201)』<知的巨人たちの往生術から学ぶ③>『一怒一老 一笑一若 少肉多菜 少塩多酢 少糖多果 少食多岨(たそ) 少衣多浴 少車多歩 少煩多眠 少念多笑 少言多行 少欲多施』<渋沢秀雄(90歳)>

      2018/02/12

『知的巨人たちの往生術から学ぶ』③

朝日の[天声人語]の名コラムニストの荒垣秀雄さんは長寿の秘けつは″「義理を欠くこと」といっているね。私もつくずくそう思うようになった。

トシを取るとどうしても葬式が多くなる。とくに、冬場の寒いときに葬式に義理で出かけていって、風邪をうつされて、亡くなる人がたくさんいる。死人にひきよせられるんだね。

参列しない代わり弔電で、かんべんしてもらう。葬式は義理を欠かないと、こちらもおだぶつですよ。葬式の時刻に心からごめい福を祈り、故人の思い出にふければよいのす。とね」

「それに、荒垣さんが「健康長寿10訓」なるすばらしい贈り物を残してくれているんで、紹介しますね。

『一怒一老、一笑一若』『少肉多菜 少塩多酢 少糖多果 少食多岨(たそ) 少衣多浴 少車多歩 少煩多眠 少念多笑 少言多行 少欲多施』

これは渋沢栄一の息子の民俗学者・渋沢秀雄さん(九十歳で死去)から聞いた言葉らしいが、老人の知恵そのものですね」

『人間の生死は単に時間の長短、100歳まで長生きしたいじゃの、60、70歳では早死にしたじゃの、そんなことは問題ではないのです。100年も1年も人類、宇宙の歴史の何億光年からみるとほんの一瞬、一瞬にもならない極わずかな時間です。人生で一体何をやったのか、何を残したのか、それこそ問わねば成りません。

「愚公移山」

中国の寓話に老人の知恵を示す「愚公移山」という話があります。「北山の愚公」と呼ばれた九十歳の老人の話で、家の前の山が邪魔なので他に移そうと、回りから大ばか者とあざけりを受けながら、1人で箕でせっせ土を運んで、ついにやり遂げたというのです。

山西省にあったという周囲七百里、高さ百里の大きな山で、北側に住んでいた愚公は、この山が邪魔で邪魔で仕方がない。愚公はついに家族に「みんな一緒に力をあわせて何とか山を平らにしょう。そうすれば便利になる」と相談を持ちかけ、賛成を得た。
ところが妻だけは「あなたの力では小さな丘だって無理」と反対。隣の県の賢い人たちも「老い先短いのに、全くの大馬鹿者よ」とあざけり笑った。

愚公は「お前たちはずいぶんわからず屋だな。子供たちよりもだめだ。わしが死んでも子供がいる。子供が孫を生む。孫がまた子供を生む。その子供にまた子供ができる。

こうして子々孫々うけついで行けば、山は今以上に高くはならないので、平らにできないはずはないではないか。」と。

天帝はこの愚公の行動に心を動かし、ついに山の位置を変更したという。これ以後、この付近には小さな丘さえなくなった」という話です。

これは江戸初期の儒者、窒鳩巣が『駿台雑話』の中で紹介し「およそ天下の事、愚公の心ならば遅くとも成就すべし。世のいはゆる愚は却って智なり、世の智は却って愚なり」と言っています。

平櫛田中の心意気と相通じるものがあるよね。老人は愚かにみえても、智者であることが多いのです。

「世界一の最長寿の122歳のフランス人

女性カルマンさんの健康長寿法」

ところで、ギネスブックが確認し記録がしっかり残っている世界最長寿は泉重千代(120歳)を抜いたフランス人女性のカルマンさんですね。彼女は1875年2月21日に南フランスのアルル生まれで、1997年8月4日に122歳の人類史上最長の生涯を閉じています。

ゴッホがちょうどアルルに滞在して絵を描いていた時、13歳だった彼女は伯父さんの画材ショップで働いていて、ゴッホにあっており、「服装がだらしなく、「汚くて、不快な人」と記憶しているんですね。

大変活発で賢い女性で、晩年までスポーツをやり体をしっかり動かしていたといいます。85歳でフェンシングを始め、100歳の時に、まだ自転車に乗っていた。

115歳で自転車で転倒したために、両足の大腿骨を骨折し、車椅子の生活となった。最晩年は、視力、聴力が衰えたものの、頭脳ははっきりしていて、121歳の誕生日には回顧談を収録したCDを出していますた。120歳の誕生日に将来のことを聞かれ、「私は最近、神に見捨てられてしまったのよ」

「私って、普通の御婦人でしょ」「勇気があるから、どんなことも恐れないわ」

「うまく行ったときはうれしかった。これまでに、しっかり正しいことのために行動したことに後悔はない。私は本当に幸運だった」など大変、ウイットに富んだコメントを残しています。〔以はは白澤卓二「老化時計」中公新書2002年7月〕

カルマンさんは110歳を過ぎて骨粗老症、白内障、聴力障害などの避けがたい老人病にはなっていたものの、肝心の脳はまったく衰えずしっかりしており、ボケの兆候はみられなかった。人間は120歳までは元気に活動できるように設計されているのです。

では最後に、<長寿の食卓十ヵ条とは>

①伝統の食事を大切にする。

②ご飯は糖尿病予防になる。

③魚は高血圧・ボケ防止に役立つ。

④大豆はガンや骨粗しょう症を防ぐ。

⑤野菜・果物は減塩効果がある。

⑥牛乳・ヨーグルトで骨や血管を丈夫に。

⑦海藻は脳卒中や心筋梗塞を防ぐ。

⑧内臓料理は血圧・コレステロール値を下げる。

⑨香辛料やだし汁を使って減塩食を。

⑩家族と一緒に楽しい食事を。

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(396)『日本のメルトダウン』『21世紀は「情報戦争」「サーバー戦争』の時代ー「サイバーセキュリティ」こそ最重要課題』

速報(396)『日本のメルトダウン』     ●『21世紀の …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑵(記事再録)-日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか②『「モンゴル帝国は計6回も日本に使者を送り、外交、貿易、 属国化を迫ってきた』『日本を攻めようにも風涛艱険で、 モンゴル軍が安全に進攻できるところではない』

「モンゴル帝国は計6回も日本に使者を送り、外交、貿易、 属国化を迫ってきた』『日 …

no image
日本リーダーパワー史(138) 83年前の関東大震災で示した日立創業者・小平浪平のリーダーシップ

 日本リーダーパワー史(138) 大震災とリーダーシップ・日立創業者・小平浪平の …

no image
日本リーダーパワー史(890)-『急転直下のビッグサプライズ!』●『正恩氏、トランプ氏を招待…トランプ氏「5月中に会う』●『「安倍首相「高度な圧力続けた成果」…4月に訪米』●『安倍首相が4月に訪米、米朝会談前にトランプ氏と政策すり合わせ』

日本リーダーパワー史(890) 平昌オリンピックは2月25日に閉幕したが、その後 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(224)/★『世界天才老人NO1・エジソン(84)<天才長寿脳>の作り方』ー発明発見・健康長寿・研究実験、仕事成功の11ヵ条」(下)『私たちは失敗から多くを学ぶ。特にその失敗が私たちの 全知全能力を傾けた努力の結果であるならば」』

』   2018/11/23  百歳学入 …

no image
産業経理協会月例講演会>2018年「日本の死」を避ける道は あるのか-日本興亡150年史を振り返る➃

 <産業経理協会月例講演会> 2013年6月12日  201 …

no image
日本リーダーパワー史(367) 日本占領から日本独立へ ,マッカーサーと戦った日本人・吉田茂と白洲次郎(1)

    日本リーダーパワー史(367) &nbsp …

no image
3・11東北関東大震災・福島原発事故ー『日本のメルトダウン』(8日目)を食い止められるか②

『日本のメルトダウン』(8日目)ーを食い止められるか②              …

no image
日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊲』/『開戦2週間前の『英タイムズ』の報道ー『昨日、天皇の枢密院は,開戦の際にしか公布されない勅令の草案をいくつか採択した』●『疑問の余地のない平和愛好者である ロシア皇帝がどうして世界を戦争の瀬戸際へ追いやったのか』

 日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊲』/『開戦2週 …

no image
★『リクエスト再録記事 (2013/02/14 )』宮崎滔天ー―尖閣問題で軍事衝突が危惧されている今こそー100年前の中国革命(辛亥革命)の生みの親・宮崎滔天に『日中両国民』は学ばなければならないー

    2013/02/14 に執筆 ―尖閣問題で軍事衝突が危惧されて …