前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 ㊾ 「日清戦争開戦10日前)『中国が朝鮮問題のため日本と一戦交えざるを得ないことを諭ず』

      2017/07/05

 

 


『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』

日中韓のパーセプションギャップの研究』

1894(明治27)年21日 光緒20年甲午619『申報』

(日清戦争開戦10日前)-『中国か朝鮮問題のため日本

と一戦交えざるを得ないことを諭ず』

<日本はちっぽけな島国で鉱山資源には限度があり,倉庫の貯蔵も

空っぽで,戦争になれば紙幣も流通しなくなり,商店は寂れて.

たちどころに困窮してしまう。中国は日本に必ず勝利するのだ>

 

 

昨日の新聞は戦争が勃発寸前で奉ることを載せ,「中日両国は一戦を交えざるを得ないようだ。中国はすでに一大隊を派遣し,別に大金を湘達して軍需に供給し.また招商局の汽船を派遣しかつ民間会社の汽船を用船し.軍隊を乗せて出発した云々」と書いている。

 

昨日天津の西洋の友人から手紙を受け取ったが,その中に述べられた中日の最近の状況は昨日の新聞の報道と大体同じだった。したがって中日両国は開戦せざるを得ないようだ。

 

そもそも日本は朝鮮に対して非望を抱き,1度ならずも試みてきた。ただ中国が度量を広くして,軽々しく戦端を開こうとしなかったので.日本人は思いがかなって得意になり意気揚々として,たちまち望蜀の望みを抱くようになってしまった。

 

今回東学覚が反乱を起こすと,たちまち大軍を集めて朝鮮のソウルに駐屯し.また仁川の要害の地を抑え,中国の朝鮮への援軍を阻んだ。

かっ中国政府に文書を送り朝鮮国王に上奏して,朝鮮を自主独立の国にしたい旨を公然と口に出している。その混乱に乗じて圧迫脅迫を行うさまには,少しでも血気がある者は皆怒り奮起している。

 

いわんや堂々たる中国が日本の脅迫を甘受するわけはない。西洋の各新聞はこのことについて,皆日本に曲があるとしている。公平な意見はおのずから人の心の中にあるのだ。聞くところによると.北京の大官たちは,日本が中国を甚だしく軽視すると思い,忠義の気韓が言葉の端に表れ,皆凶暴な敵を押し込め,大いに討伐を行い悪人の肝を冷やしてやろうと思っている。

 

ところが大局を握る者は,慎重を期して自重し過ぎ,「近隣との友好は軽々しく捨てるべきでない。戦端はみだりに開くべきではない」と言っている。そもそも戦争を友好に化し,全く軍隊を発せず軍需も費やさずに,属国を泰山のように安定させ.国境を桑の根のように固めることができればそれに越したことはない。

 

しかし朝鮮の事件ははたしてうまくいくのだろうか。日本は軍隊を派遣し軍艦を増強し.全力でぶつかろうと思っているようだ。また兵士が精鋭で兵器が整っていることを頼みとし,世界を睥睨して傲慢であり,断じて協議によって調停を結び事件を丸く収めることなどできないのだ。

 

したがって中国が朝鮮を保護しようと思えば.武力に訴えざるを得ない。そして武力に訴えようと思えば,兵力を集中し兵糧の補給体制を整備しなければならない。兵力について言えば,中国各地の防衛拠点の兵力は.100万以上だ。皆百戦錬磨の士で水火をも辞さない。

 

日本は臨時に徴兵し,全回の兵を尽くしても数十万人に過ぎない。またその兵も小人のような格好で鹿豚のように野卑だ。人を見れば意に任せて殴り是非を判断できず,先に紙上に報じたように駐朝鮮イギリス公使が出かけたところ,日本兵に殴られた事件を見ても,その散漫で規律がないことが知れよう。古典に「兵は火のようなもので,収めないと自分までも滅ぼす」【春秋左氏伝】と言っている。この種の烏合の衆は,強兵で衝けばきわめてたやすく倒せるのだ。ましてや日本兵は徴兵のとき郷里を離れ,国を離れることを承知せず,甚だしい場合は父が子に哭泣し妻が夫にすがりついて,恋々と離れないこともあった。

 

その下士官もまた闘志がない。日本は使いものにならないことに気づかずに徴兵してやまず,ややもすれば虚勢を張って恫喝しているが.識者は早くからその内情を知っているのだ。

 

兵糧について言えば,中国は土地が広く物産が豊富で,財力は満ちあふれている。沿海各税関の関税や内地の各関所の通過税と北京の倉庫の貯蔵は,無尽蔵で使いきれないほどだ。聞くところによると.皇太后は大局に心を配り,万寿慶典の費用を半分に節約することをお許しになったということで,ますますゆったりと余裕がある気持がする。

 

日本はちっぽけな島国で鉱山資源には限度があり,倉庫の貯蔵も空っぽで,ひとたび戦争になれば紙幣も流通しなくなり,商人は遠ざかり商店は寂れて.貯蔵ま欠乏してしまい.たちどころに困窮してしまうだろう。この2点において.中国は日本に必ず勝利するのだ。

 

そして絶対和議できず戦わざるを得ないこのときに

なっても,なお懐疑して決断がつかなければ,ますます日本人の蔑みの心を開くことになるだろう。また高みの見物をする者は.わが中国をどう思うだろうか。かつ中国が役所や工場を作って船を作り銃砲を製造したのは,いったいなんのためだろうか。

 

上海・南京などの製造局と福建の船政局の製造した装甲艦や,西洋の有名な工場から購入した艦船は,南洋・北洋に分布している。

その製造した銃砲は皆精巧で,さらに精巧な様式を考究し新しい工夫を取り入れることに努力している。火薬や弾丸も特に気を使って購入している。天津には水師・武備両学堂があり,人材を養成している。数十年の力を尽くし,数百兆の費用を費やしてきたのは,ただ中国を自ら強くしようとするためなのだ。

 

現在では軍艦は数多く,銃砲は精巧で,弾薬も十分だ。それでもなお1度も試そうとしないならば,それまで数十年の力を尽くし数百兆の費用を費やしてきたことをすべて地になげうつに等しい行為だ。

 

日本はちっぽけな島国なのに,あえて朝鮮に軍隊を駐留して脅迫を行い,ただ朝鮮を愚弄するだけでなく,中国をも蔑むのは,実に公法に背いており.道理が肯定しないことだ。中国がもし再び耐え忍んで一時の安楽をむさぼるならば.東洋の大局は聞くに堪えないものとなろう。北京の大官が皆憤って日本と決戦することで,属国を保護し大局を固めようと望むのはもっともなことだ。

 

そもそも日本が理由なく出兵し他人の土地を取ろうとすることを,中国は断じて我慢できないのだから.戦うべき道理がある。


日本は民衆を徴発して兵隊としており.外には倦怠感が漂い,内には堅忍不抜の心がない。急に強敵に対噂すれば,鎧を捨て兵器を引きずって敗走するだろう。加えて財力が不足し補給が欠乏していて,今回の朝鮮出兵ですらすでに財力が枯潟している。もし戦闘が開始され持久戦となったら.必ず支えきれなくなるはずであり,したがって戦うべき機会でもある。

 

 - 戦争報道 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150回連載の16回~30回まで』『日本の最も長い日(1945年 8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か①』 ★『終戦を死闘の末になんとか勝ち取った首相官邸と外務省』★『問題は「サブジェクト・ツー」の解釈』★『『大日本帝国最後の日 -かくして「聖断」は下った!』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑨』★『16、17世紀の明時代以降の中国と西欧列強のポルトガル、オランダ、イギリスとの貿易関係はどのようなものだったのか』★『現在中国の貿易ルールのルーツを知る上で大変参考になる』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑨』 支那の対外貿易の原則 矢 …

no image
 日本リーダーパワー史(795)ー「日清、日露戦争に勝利』 した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス』⑫『日露開戦7ゕ月前、ロシアは武断派が極東総督府を設置、新たに満州返還撤兵の五条件を要求した』★『日本が支援した清国はこの要求を拒否』

   日本リーダーパワー史(795)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリ …

no image
日本リーダーパワー史(802)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑱『10年以上続く北朝鮮核開発疑惑の無軌道行動に、国連安保理は手を焼いているが、100年前のロシアの極東への侵攻経緯,日露戦争の原因となった満州撤兵の約束無視と朝鮮への侵攻とダブって見える』★『『ロシアの恫喝外交』対『日本の交渉下手、我慢我慢外交』のすれ違いから、ついに堪忍袋を緒をきって、先制攻撃するパターンが日本の戦争のやり方』

 日本リーダーパワー史(802)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』し …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(137)再録/-『太平洋戦争と新聞報道』<日本はなぜ無謀な戦争を選んだのか、500年の世界戦争史の中で考える>➀『大英帝国への植民地主義への道』★『ロシアの大膨張主義が日露戦争の原因』

     2015/08/13『世田谷市 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(11)記事再録/副島種臣外務卿(初代外相)の証言④ 『甲申事変後の対清政策意見』1885年(明治18) ★『➀日本で公法(万国法、国際法)をはじめて読んだのは自分 ②世界は『争奪の世界(植民地主義』で、兵力なければ独立は維持できない。 ③書生の空論(戦争をするな)を排する。 ④政治家、経済人の任務は国益を追求すること。空理空論とは全く別なり。 ⑤水掛論となりて始めて戦となる、戦となりて始めて日本の国基(国益)立つ。』

 日中,朝鮮,ロシア150年戦争史(52)  副島種臣・外務 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(147)『大東亜戦争の戦死230万人のうち約6割、約140万人が「餓死」の絶滅戦争である(一橋大学名誉教授・藤原彰氏)

終戦70年・日本敗戦史(147) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(117)/記事再録☆「国難突破力NO1―勝海舟(75)の健康・長寿・修行・鍛錬10ヵ条」から学ぶ』★『⑩学問に凝り固まっている今の人は、声ばかりは無暗に大きくて、胆玉(きもったま)の小さい。まさかの場合に役に立つものは殆んど稀だ』

2015/01/01百歳学入門(92) 勝海舟(75)の健康・長寿・修行・鍛錬1 …

no image
「日韓衝突の背景、歴史が一番よくわかる教科書」④記事再録/日韓歴史認識ギャップー「伊藤博文」について、ドイツ人医師・ベルツの証言『伊藤公の個人的な思い出』伊藤博文④-日本、韓国にとってもかけがえのない最大の人物

2010/12/05 の 日本リーダーパワー史(107) 伊藤博文④-日本、韓国 …

no image
★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス(52)『宇都宮太郎は、思想的には大アジア主義を唱えていた。』★『孫文や黄興ら中国革命家たちを支援した犬養木堂、頭山満ら玄洋社の支援グループの一人だった』★『『辛亥革命百年の真実』『孫文を助けた大アジア主義者・犬養毅らの熱血支援』

                                 ★『明治裏面史 …