前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★5 日本リーダーパワー史(754)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」②(11-20回)★『 戦争とは外交の一手段。<恫喝、罵倒、脅迫、強圧のケンカ外交で相手は参ると思って、日本を侮ったロシアの油断大敵>対<日本の礼を尽くしてオモテナシ、臥薪嘗胆、無言・沈黙・治にいて乱を忘れず、天機至れば『一閃居合斬りも辞さぬ』とのサムライ外交との決戦が日露戦争で、両国の戦略論、パーセプションギャップ(認識ギャップ、思い違い)をよく示している。』

      2017/08/19

 

日本リーダーパワー史(754)

『世界史の中の『日露戦争』ー

(英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は

「日露戦争をどう報道したか」を読む

20回連載の11回~20)

 

世界史の中の『日露戦争』『ついに日露戦争開戦へ』

『遼東半島を独占するロシアと門戸開放の日本との貿易戦争』
<『ニューヨーク・タイムズ』1904(明治37)年29日<開戦2日目>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/1660.html

 
英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は「日露戦争をどう報道したか」
『日露戦争開戦日本の奇襲はロシアに打撃』
<世界は日本が相手の最強の要塞の砲台の真下で迅速果敢な攻撃を行ったことに感銘を受けた
<英国『タイムズ』1904(明治37)年210日<開戦3日目>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1658.html

 

世界史の中の『日露戦争』  英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は「日露戦争をどう報道したか」
『極東の戦争(日露戦争)の教訓』<インテリジェンスの教科書としての日露戦争><英国『タイムズ』1904(明治37)年218日<開戦10日目>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/1643.html

 

世界史の中の『日露戦争』英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」
は「日露戦争をどう報道したか」
『日露戦争の進展』<インテリジェンスの教科書としての日露戦争>英国系『ノース・チャイナ・ヘラルド』1904(明治37)年212日<開戦4日目>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/1642.html
この記事を読むと「戦争、外交記事はこのように書かねばならぬ」というお手本的な記事と思う。
  戦争とは外交の一手段である。<恫喝、罵倒、脅迫、強圧の激しい言葉のケンカ外交で相手は参ると思って、日本を侮っているロシア側の油断大敵>と<日本側の礼を尽くし、臥薪嘗胆、無言・沈黙・治にいて乱を忘れず、天機至れば『一閃、居合斬りも辞さぬ』とのサムライ外交との決戦が日露戦争であり、この両国の戦略論をよく示している。
  また,ランズダウン卿がロシアをピシリと叱ったコメント力に英国外交のインテリジェンスの高さを強く感じた。
  北朝鮮恫喝外交、絶望外交、周辺国との外交に関しても、いまこそ日本の政治家もトップも明治のトップの<知行合一>のリーダーシップとコメント力に学ばなければならない。
 
世界史の中の『日露戦争』英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は「日露戦争をどう報道したか」『日露戦争日本軍の侵攻』<開戦10日目><インテリジェンスの教科書としての日露戦争>『ニューヨーク・タイムズ』1904(明治37)年2月18日
http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1638.html

 

世界史の中の『日露戦争』
英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は「日露戦争をどう報道したか」
『日露戦争日本の先制攻撃、水雷攻撃の教訓』<開戦14日目>『タイムズ』1904(明治37)年2月22
<インテリジェンスの教科書としての日露戦争>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1634.html

 

<この記事を読んでの筆者のコメント>
    このタイムズ記者の軍事外交歴史についての知識の豊富さと他国の戦争の戦略、作戦を自国の教訓とするグローバルな思考力には感心する。
    ちょうどこの日(16日)にテレビではハワイで行われた「日米島嶼上陸共同軍事訓練」を批判的に論評していたが、日本のメディア、ジャーナリストとの軍事的、国際外交的な知識との圧倒的な差を感じる。
    この記事では「日本の先制攻撃を評価し、水雷艇の攻撃」も称賛している。緒戦の勝利、攻撃成功が勝敗を大きく左右することは歴史の常識だが、イギリスを興したネルソン提督、ドレイクを引き合いに出して日露戦争を論じている点に「タイムズ」のインテリジェンスの高さを強く感じた。
    一国平和主義、いまや一国衰退主義に陥っている日本、日本メディアにとって、これまたこの日、16日早朝に見た「コンフェデレーションカップ」のサッカー、日本ブラジル戦の完敗(3-0)を見たが、この記事の指摘が図星と感じた。
    日露戦争で示した日本のトップのリーダーシップと軍人の攻撃精神(得点能力)、先制攻撃、スピード攻撃、沈没撃沈がなぜできたのか、考える必要がある。日本人の欠点、日本のあらゆる点に表れている日本病といっていいサッカーの体質(日本サッカーの横パス・スローモーパスサッカー、攻撃精神の欠如、シュートをうっても力のないひょろひょろシュート、キーパーの正面しか打てないなど、10年前から指摘されている点が一向に改善できていない)
    プロ野球の公式球がいつの間にか飛ぶ球にすり替えられていた問題で、加藤コミッショナーの「知らなかった」「謝罪しない」「責任はない」「一転、申し訳なかった」などとのドタバタ劇にも日本病末期患者を診る思いだった。
    加藤氏は言うまでもなく元駐米大使で、外務省のトップ。日本を代表する外交官、トップリーダーの異文化コミュニケーションの専門家が、あの幼稚なコメント、記者の質問に論理的、合理的な納得のいく説明ができない低レベルである。これが外交交渉で、相手国に論理的な話ができていたのかーそうでないであろう。
    明治のトップリーダーのリーダーシップ、敢闘精神と外交説得能力の高さ(金子堅太郎らのケースほか)と比べると、日本を興した明治の先人と日本をつぶしつつある昭和のリーダー、国民の差を痛切に感じながら、この記事を読んだ。

 

 
世界史の中の『日露戦争』英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」
は「日露戦争をどう報道したか」
『日露戦争日本は戦う度胸などなく、脅かせば簡単に屈するとみたロシア』<開戦16日目> 英国「タイムズ」1904(明治37)年2月24
http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1633.html
<ポイント>
   ロシア外務省が極端な引延ばしを図って日本に堪忍袋の緒を切らせたのは,おそらく戦争準備のため時間を稼ぎたかったからだろうと認めている。
   ロシア皇帝や上流階級は,小国日本がロシア帝国と事を構える度胸があるわけはないという認識が行き渡っていた。
   日本は見え透いた「ブラフ」(脅かし)で,たかが東洋の1国に過ぎず,アレクセーエフ提督は東洋人の扱い方をわきまえていると考えられていた。
   大国同士の交際に伴う丁重で敬意を込めた行動は.日本に対しては故意に放棄された。
   ロシアは政策上,東洋の諸国との紛争処理に成功した高圧的な態度をとること,日本の目を覚まさせようとした。
   しかし、日本は遼東半島を,偽りの口実で日本を追い出したときから,ロシアと戦う決意を固めていたことで.またロシアの情報部も,日本の海軍建造計画が19034年にはその戦争準備が整うことを示していたことに気づいていなかった。
   ロシアは究極の勝利にはまだ自信を持っているが、敗北もあり得るというのは革命派だけだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

世界史の中の『日露戦争』英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」
は「日露戦争をどう報道したか」
『日露戦争-朝鮮の独立と領土保全のための戦争』【開戦3週間】<『タイムズ』1904(明治37)年2月29 — <インテリジェンスの教科書としての日露戦争>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/1631.htm
<記事のポイント>
  日本軍の戦略家たち(参謀本部、児玉源太郎ら)はスピーディーで大胆細心な作戦、戦術をとっている。
  近代日本の陸軍はこれから戦闘を始めるが、海軍同様の優秀さを発揮して勝利するであろうとみている。(この軍事的な予見能力の高さ)
  日本が朝鮮と締結した条約の全文は,英米両国は好意的にみている。
  日本は朝鮮の皇室の「安寧」と,「朝鮮帝国の独立と領土保全」を保障している。
 
世界史の中の『日露戦争』 英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は「日露戦争をどう報道したか」
『日露戦争-日本軍、日本人は祖国存続のために戦う』【開戦25日】<『ノース・チャイナ・ヘラルド』1904(明治37)年34 <インテリジェンスの教科書としての日露戦争>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/1625.html
 

 

世界史の中の『日露戦争』英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」
は「日露戦争をどう報道したか」『日露戦争-サハロフ・ロシア軍参謀総長の日本軍への認識の甘さ』【開戦33日】<『タイムズ』1904(明治37)年3月12日 <インテリジェンスの教科書としての日露戦争>
http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/1610.html
『この記事を読むと、いかにタイムズの軍事専門記者の専門的な知識による分析力が鋭いか、そのインテリジェンスに舌を巻く。
日本のジャーナリストで日露戦争、昭和戦前の太平洋戦争までの陸海軍担当、従軍記者、昭和戦後から現在までの防衛担当記者を含めてこれにかなうような記者は残念ながらいない、と思う。英国が世界の覇権を握ったのも、軍事・外交・通信のインテリジェンスと同時にこうした優秀なジャーナリストの活躍によってである』

 - IT・マスコミ論, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(787)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス④』★『日本史の決定的瞬間』★『撤退期限を無視して満州からさらに北韓に侵攻した傍若無人のロシアに対し東大7博士が早期開戦論を主張(七博士建白書事件)』

日本リーダーパワー史(787) 「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか② 「英タイムズ」(明治39年1月13日付)「日本と朝鮮』(下)

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「日韓併合への道』 …

no image
裁判員研修ノート⑦ 冤罪、誤判と死刑を考える①-明治、大正、昭和の死刑誤判事件の全調査

    裁判員研修ノート⑥ 冤罪、誤判と死刑を考え …

no image
巨人ベンチャー列伝ー石橋正二郎(ブリジストン創業者)の名言/至言/確言百選②●『知と行は同じ。学と労とも同じ。人は何を成すによって偉いのではない。いかに成したかによって価値あるものなのだ』●『新しき考えに対し、実行不能を唱えるのは卑怯者の慣用手段である』

  巨人ベンチャー列伝ー 石橋正二郎(ブリジストン)の名言、至言、確言 …

no image
東アジア研究トップのハーバード大・ヴォーゲル名誉教授が「日本は中国の近代化に貢献できる」と動画会見(9/3)

  速報(469)『日本のメルトダウン』   ●『 …

no image
日本リーダーパワー史(693)『中国/朝鮮行動学のルーツ⑧』中国紙「申報」の論説から日中韓150年戦争史の原因を読み解く(連載70回)ー第11回から20回までー「朝鮮」での反日暴動「壬午事変」(1882)「甲申事件」(1884)をめぐる『英タイムズ」「チャイナヘラルド」『申報」の報道、論評②

  日本リーダーパワー史(693) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑧』中国 …

no image
武井彩佳教授の「ドイツの戦後和解」②イスラエル・ユダヤ人社会との和解4/22

武井彩佳教授による「ドイツの戦後和解」②イスラエル・ユダヤ人社会 との和解(4/ …

no image
日本メルトダウン脱出法(585)●『諦めムードの香港民主化運動」●『サイバー空間時代にものを言う「国民の文化力」

   日本メルトダウン脱出法(585) &nbsp …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』❹ 壬午事変後の清国側の『大院君拉致の非を論ず』(明治15年9月8日)

   『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中 …

no image
日本メルトダウン脱出法(724)「焦点:難民危機が問うEUの真価、再び深まる「東西の亀裂」●「落第」習近平を待つアメリカの評価

 日本メルトダウン脱出法(724) 分岐点迎えた「安倍トレード」、海外勢の円売り …