前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界史の中の『日露戦争』⑳『サハロフ・ロシア軍参謀総長の日本軍への認識の甘さ』『タイムズ』1904//3/12

      2016/03/03

  世界史の中の『日露戦争』⑳


英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」

は「日露戦争をどう報道したか」⑳

 

『日露戦争-サハロフ・ロシア軍参謀総長の

日本軍への認識の甘さ

【開戦33日】<タイムズ1904(明治37)年312 >—

<インテリジェンスの教科書としての日露戦争

 

『この記事を読むと、いかにタイムズの軍事専門記者の専門的な知識による分析力が鋭いか、そのインテリジェンスには舌を巻く。

日本のジャーナリストで日露戦争、昭和戦前の太平洋戦争までの陸海軍担当、従軍記者、昭和戦後から現在までの防衛担当記者を含めてこれにかなうような記者は残念ながらいない、と思う。英国が世界の覇権を握ったのも、軍事・外交・通信のインテリジェンスと同時にこうした優秀なジャーナリストの活躍によってである。

 

 <タイムズ(本紙軍事通信員の記事)>

ロシア軍参謀総長で臨時陸相のサハロフ将軍に関するフィガロ紙の有能なる記者の報道が正しいなら,ロシア陸軍省は祖国に対し重大な幻想を提供しつつあると結論せざるを得ない。

同将軍によれば,日本の現役陸軍は156000,予備役は取るに足らず,日本が戦線に投入できる兵員はせいぜい20万という。それにもかかわらず同将軍は,ロシアは少なくとも40万の兵員を集めるよう努めなければならぬと言い,これは日本に敬意を表したものに達いないが.それだけの兵力の輸送に時間がかからないかと問われて,何か月もかかるだろうが,それは問題ではないと.涼しげに答えている。

フランス参謀本部の公式機関誌・ルヴユ・ミリテール・ド・レトランジェ誌2月号は,予備役を含めた日本陸軍の現役動員兵力を,将校7900人,その他331300人,馬7万匹とし,これらに留守部隊と在郷軍を加えると日本陸軍の動員可能兵力は,将兵52万人‥馬101000匹,大砲1368門になると記している。

 サハロフ将軍の態度も,まさに驚くにあたらないというのは,ロシア側には.同国が直面する大変な問題を必要な技能.ないしは科学や知性をもって研究した形跡がまだないからだ。

今やそれらすべて,またそれ以上が必要だというのは,今次の戦争ほど,すべての事実を整理して,時間、距離、数量の一切の複雑な要因を算出するため,陸軍ないしは国の最良の頭脳を着実に用いることを要求してやまない戦争はかってなかったからだ。

ロシア側から見れば,それはなんといってもビジネスの計算,幾重にも複雑な参謀の作業であって,極端に精密な計算と調整だけでなく,国家の半ダースはどの大省庁,つまり陸軍,海軍,大乱鉄道,内乱外務などの正確な仕事をも要求するものであり,これらいくつもの役所の組織がすべて順調に作動して,割り当てられた課題を実行しなければ,成功は難しいどころか,絶望的なのだ。

 ロシアの一般大衆の言分はさらにもっと単純だ。ロシアは世界一の大陸国家ではないか?われわれは13000万の国民ではないか?軍隊は400万人もいるではないか?それで負けるはずがあるか?「証明終わり」とロシア人は言う。

 だが、今日問題になっているのではない。問題は,太平洋から5000マイル離れたロシアが,海を閉ざされ,唯一の連絡手段が1本の粗末な鉄道という状態で,日本の,科学的原則により組織され装備も優秀で,愛国心旺盛な5000万近くの国民に支持されて祖国の近くで戦う50万の兵を破ることができる軍隊を,いかにして戦場に派遣し維持しようというのか,ということなのだ。

ロシアのラクダはいかにしてシベリア越えの針の穴をくぐろうというのか?ロシアの解決方法は,ラクダのこぶの大きさをあれこれ考えるだけで,こぶが大きいほどラクダにはチャンスがなく,針の穴にも負担がかかるという事実を無視している。

 シベリア横断鉄道の輸送能力は,ロシア軍40万を年末までに東アジアの前線に置けるかどうか疑問であり,アムール川の航行が秋の終りに閉ざされれば,この軍隊を食べさせることができるかは,疑問どころでなくなる。

日本ではもとより,だれも.ロシアがこれだけの兵力を満州に維持することが物質的に可能だと信じる者はなく,また日本の過去10年間の軍事方針はあげてロシアを必ず打ち破ることに向けられてきたし,東アジアのロシア部隊の兵力はいくらかだけでなく,宣戦後はどれほど増援軍を投入し食べさせることができるかも研究されてきた。

日本の計算が当たるか外れるかはこれからの問題とはいえ,こういうわけで.以上が日本の秀才らが考え出した意見なのだ。日本は10年間ただひたすら,他の大事をほぼ一切抜きにして,この国家目的に取り組んできた。そして時が来て,国家再編成の時期が完了したとき,不可避の戦争が始まったのだ。

 - 戦争報道 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑱「中国の対朝鮮政策、ロシアも朝鮮を狙う」(「ノース・チャイナ・ヘラルド」

     『中国紙『申報』からみた『日中韓150年 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(102)記事再録/『明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年にわたる対立、紛争、戦争のルーツは『朝鮮を属国化した中国」対「朝鮮を独立国と待遇した日本(当時の西欧各国)」とのパーセプション、コミュニケーションギャップの衝突である』★『 明治9年の森有礼と李鴻章の『朝鮮属国論』の外交交渉の見事なすれ違いにルーツがある』

 2017/03/16日本リーダーパワー史(780)記事転載 前坂俊之 …

no image
『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』―『治外法権の国辱的な条約改正案』●『ノルマントン事件の領事裁判権の弊害ー英国人船長、外国人船員26人は救難ボートで助かり、日本人乗客25人は溺死した』

 『 明治150年★忘れ去られた近現代史の復習問題』 ―『治外法権の国辱的な条約 …

no image
片野勧の衝撃レポート(28) 太平洋戦争とフクシマ① 悲劇はなぜ繰り返されるか「ヒロシマからフクシマへ」❶

  片野勧の衝撃レポート(28)   太平洋戦争と …

no image
『中国紙『申報』が報道した『明治日本』―『朝鮮対策(上)朝鮮の壬午事変で、日本をどうなだめるか』(明治15年8月)❸

  『中国紙『申報』が報道した『明治日本』― 日中韓150年パーセプシ …

no image
『各国新聞からみた日中韓150年対立史②』日韓第一次戦争(1882年の京城事変、壬午軍乱)の『朝日」などの報道

 『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史②』   ● …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(107)/ ☆『小村寿太郎のインテリジェンス②ー『なぜ、日清戦争は起きたのか』●『朝鮮は日本の生命線、今ならまだ北からのロシアの侵略が朝鮮半島に伸びておらず、イギリスの南の魔手もまだだ、問題は清国でその屋台骨は腐朽しており、将来のアジア人のアジア繁栄のためには、日清が堅く提携せねばならぬが、清国がこんなに脆弱では困る。速やかに目覚めさせる必要がある』

    2017/03/08 &nbsp …

no image
終戦70年・日本敗戦史(119)日清戦争は日中韓認識ギャップ(思い違い)の対立で東学党の乱から日清出兵⑥

 終戦70年・日本敗戦史(119)                   <世田谷 …

no image
「陸羯南の日清戦争論」➁韓国問題が日清、日露戦争の原因である『我東洋問題の起因』(『日本」明治27年11月12号)

          …

no image
日本リーダーパワー史(614)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑨『日中韓の誤解、対立はなぜ戦争までエスカレートしたか」ー中国・李鴻章の対日強硬戦略が日清戦争の原因に。簡単に勝てると思っていた日清戦争で完敗し、負けると「侵略」されたと歴史を偽造

    日本リーダーパワー史(614) 日本国難史にみる『戦略思考の欠 …