前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『2014年ー世界・政治/経済ウオッチ⑧』「欧州とロシア: ドイツの丸腰外交」「日本の右派:任務完了?」(英エコノミスト誌)

   

   2014年ー世界・政治/経済ウオッチ⑧』

 

「欧州とロシア: ドイツの丸腰外交」(英エコノミスト誌)

◎「今再び欧州を弱体化させる「国益」(FT紙)

◎「日本の右派:任務完了?(英エコノミスト誌)

 

 

●「欧州とロシア: ドイツの丸腰外交」

(英エコノミスト誌 201438日号)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40135

 

 

 

◎「今再び欧州を弱体化させる「国益」

2014310日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40141

 

●「対ロ関係、リセットをリセットせよ

ービザ発給禁止ではプーチン大統領を阻止できない

201437日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40134

 

◎「日本の右派:任務完了?

(英エコノミスト誌 201431日号)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40115

 

 

「無人機ビジネス拡大 日本の水田40%で利用」

http://jp.wsj.com/article/SB1000142405270
230356580

457943471078354100.html?mod=WSJJP
_hpp_LEFTTopStoriesSecond

 

  

●「IT企業は暗号化技術の向上を=スノーデン氏 

http://jp.wsj.com/article/SB1000142
4052702303565804579431914008745376.html?mod=WSJJP_business_4_2_Right_Technology

 

 

 

コラム:中国経済が向かう「長期衰退」の道=武者陵司氏

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2406720140305?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=twitterfeed&utm_medium=
twitter&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+(News+%2F+JP+%2F+Top+News)

 

◎「働くロボットの台頭、人間にとってなぜ朗報か」

http://jp.wsj.com/article/SB1000142405270230356580457
9432100989803482.html

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(333) 『東電テレビ会議「原子力安全委員会の人たちが現場に行くべきだった 』『ホローシャ 非常事態省立入禁止区域庁長官の会見』

  速報(333) 『日本のメルトダウン』   ◎『東京電力 …

no image
日本リーダーパワー史(722)『強中国夢』③(中華思想単独覇権主義)をめざす習近平共産党政権はー孫文の「覇道」「王道」 の認識は完全に間違っており、習近平も 同じ誤りの道を暴走している。<孫文「大アジア主義」の演説全文を再録>③

日本リーダーパワー史(722) 『強中国夢』(中華思想単独覇権主義)をめざす 習 …

no image
知的巨人の百歳学(151)ー 東西思想の「架け橋」となった鈴木大拙(95歳)―『禅は「不立文字」(文字では伝えることができない)心的現象』★『「切腹、自刃、自殺、特攻精神は、単なる感傷性の行動に過ぎない。もつと合理的に物事を考へなければならぬ」』

東西思想の「架け橋」となった鈴木大拙(95歳) 前坂 俊之(ジャーナリスト) J …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(80)記事再録/ ★『日本の〝怪物″実業家・金子直吉―鈴木商店を日本一の商社にした』★『当時、鈴木商店の倒産は世界三大倒産の一つといわれた』「もし、金子が米国で生まれていたならば、 カーネギー、ロックフェラーと並んで偉大な事業家として成功していたであろう。二人 には科学的な頭脳はなかったが、金子は持っており、無から有を作る事業家であっ た』

    2009/02/10 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(681) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(60) 『世界史の中の『日露戦争』 (英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は 「日露戦争をどう報道したか」を読む (20回連載の1~10回まで)

日本リーダーパワー史(681) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(60) 『ま …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変④』★『連合国を救援するために日本が最大の部隊を派遣、参謀本部の福島安正情報部長が「各国指揮官会議」を仕切って勝利した』

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変④』-   連合軍の足並みの乱 …

no image
『2018年、米朝戦争はあるのか➈』-『トランプ大統領の「認知症騒動の顛末」★『銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙(ひんしゅく)。この男に心はあるのか?』★『米副大統領、平昌五輪で北朝鮮と会談予定だった 北朝鮮がドタキャン』

トランプ大統領の「認知症騒動の顛末」 前坂 俊之(ジャーナリスト) CNNは1月 …

no image
『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか―日本興亡150年史』(1)前坂俊之 (静岡県立大学国際関係学部名誉教授)

  ★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのかー ―日本興亡150年史』(1 …

no image
日本メルトダウン脱出法(811) 「キリスト教が日本で広まらなかった理由ー人口のわずか一%以下。世界最大の「非一神教国」の謎」●「金正恩の横暴に激怒!習近平が画策する「北朝鮮生け贄計画」」●「Youtubeがなければジャスティン・ビーバーに 出会うことはなかった」

 日本メルトダウン脱出法(811) キリスト教が日本で広まらなかった理由ー人口の …

no image
日本メルトダウン脱出法(696)憲法第9条は「現代の禁酒法」なのかー国会で改正の議論を始めるべきだ(池田信夫)『中国人に「もう来るな」の国と「ようこそ」の日本』

  日本メルトダウン脱出法(696) 憲法第9条は「現代の禁酒法」なのかー国会で …