前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界史の中の『日露戦争』⑪『ついに開戦へ』『遼東半島を独占するロシアと門戸開放の日本』『ニューヨーク・タイムズ』

      2016/03/03

 世界史の中の『日露戦争』⑪

英国『タイムズ』、米国「ニューヨーク・タイ

ムズ」は「日露戦争をどう報道したか」⑪

 

『ついに日露戦争開戦へ』―

『遼東半島を独占するロシアと門戸開放の日本
との貿易戦争』
<『ニューヨーク・タイムズ

 1904(明治37)年29開戦2日目>

 

<アメリカの態度―これは露日間の問題にとどまらない。ロシアと全人類との問題だ。なぜなら日本
は半島を所有して全人類を入れようとしたのに,ロシアはそれを所有して全人類を締め出したからだ。

満州と中国全体を独占的に搾取することがロシアのもくろみだ。ロシアには自由貿易と門戸開放の観念がない。ロシアがめざすのは独占だ。
すでに同国はその証拠を十二分に示しており,アメリカは特別の理由によりそのことを承知している。
わが国の満州貿易は最初はきわめて有望だったが,ロシアの占領下でアメリカの工場が破産する状態
にまで落ち込んだ>

 

―なぜロシアは戦うべきなのか

 

ロシアになんらかの政治的分裂があると言えるなら,そうした分裂が対日交渉をめぐって生じたことはよく知られている。一方にはアレクセーエフ提督が率いるとされる党派があって,これは日本との戦争を賭けてもロシアの東アジア征服を固定し拡大することを支持している。

もう1つの党派は,国の能力に照らし,ないしは真の国益に合致するには.その政策が冒険的で危険過ぎると考えている。もとよりいずれの党派もアメリカ的な意味での「党派」ではな

い。いずれも廷臣の集りと言った方がよく,ときによって一方ないしは他方の意見がロシア皇帝に聞き入れられ,その決定に影響を与えているらしい。

 争点を冷静に見る者にとっては,保守平和派の方がはるかに筋の通った立場のように見える。中国帝国全体を含むアジアの大きな部分は将来明らかに欧米の商業開発の場となる運命にある。日本は9年前,武力によって中国に和平条件を突きつけて遼東半東を要求し獲得したが,その際、同地内ではすべての国が日本が自国のために要求した通商権を得てよいという明確な通告を行った。

ロシアはこれに反対したが,それは日本の同半島占領が「中国と朝鮮の独立への脅威となり,極東平和を恒常的な危険

にさらす」との訴えを根拠としていた。ロシアはその要求にフランスとドイツを引き入れた。

 

当時、門戸開放要求に最も深い関心を持ち,最も強く関与していた大英帝国が日本の援助に乗り出さなかったため,日本は譲歩する以外に選択の余地がなかった。

 今や日本も世界も,ロシアが日本の半島取得を阻んだのは自分が欲しかったからだったと悟った。ロシアは同半島の所有に赴き,その突端に大要塞を築いただけでなく,半島の背後の満州全土をも所有した。

 

 

したがって,それ以来「中国と朝鮮の独立への脅威となり,極東平和を恒常的な危険にさらし」てきたのはロシアということになる。

日本は中国との戦争でロシアの手先に使われたと知って怒っているが,これは理解できるし,当然のことだ。

 

 

だがこれは露日間の問題にとどまらない。ロシアと全人類との問題だ。なぜなら日本は半島を所有して全人類を入れようとしたのに,ロシアはそれを所有して全人類を締め出したからだ。

 

 

満州と中国全体を独占的に搾取することがロシアのもくろみだ。ロシアには自由貿易と門戸開放の観念がない。ロシアがめざすのは独占だ。すでに同国はその証拠を十二分に示しており,アメリカは特別の理由によりそのことを承知している。わが国の満州貿易は最初はきわめて有望だったが,ロシアの占領下でアメリカの工場が破産する状態にまで落ち込んだ。

 

そして,満州で新たに条約港を開くなど,わが国が通商手段拡大に尽くした努力はことごとくロシア外交の手管によって着実な抵抗を受けた。われわれがその抵抗を克服し通商手段にありつくと,ロシアの新聞はアメリカ人は敵であり,紛争をあおっていると非難した。

 

 これが典型的な例だ。日本が得たものは人類が得るのに反し,ロシアが得た、ものは人類が失うというわけだ。ロシアが今非合法的かつ背信的に所有している中国領を手放さずにいるならば.貿易に携わる世界は門戸開放でなく,門戸閉鎖に見舞われることになる。

つまり,ロシアが満州問題ないしは朝鮮問題で日本と戦争するなら,すべての貿易国の利益と共感に立ち向かうことになる。

 

その中には大英帝国と合衆国,またドイツ,フランスがある。もっともドイツの場合はその通商利益がドイツ帝国評議会に対し発言権を持っか否かにかかっており,フランスの場合は,同国が極東におけるその通商利益を無視し,それに背いて,

ひたすら大陸ヨーロッパの政治のためのみに結んだ不自然な同盟に献身するのでなければの話だが。

 

ロシアの方針に不満を持たされたこれら大国のいずれかが,その消極的な反露感情と対日共感を積極的な反露抵抗と積極的な対日援助に転換するには,どれほどのことが必要なのか?さらに加えて,ロシアには無数の弱点があり,日本と戦争になれば,それらの弱点をかばう能力も損なわれることも考慮されよう。

 イギリスのチベットとベルシアに対する圧力.フィンランドにおけるフィンランド人の蜂起,ポーランドにおけるポーランド人の蜂起,そのほかロシアが極東に没頭しているすきに乗じて,同国を無視してバルカン諸国で懸案を解決しようとする党派が動き出す可能性はどうか?満州や朝鮮の問題をめぐって日本と戦争をしようとするロシアの決定ほど,重荷を伴う国家的決定はほかには想像しがたい。

 

 - 戦争報道 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(332)空前絶後の参謀総長・川上操六(45)日清戦争の遠因となった清国水兵の長崎事件とは何か。

日本リーダーパワー史(332) 「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」 空 …

no image
有事法制とジャーナリズム 下

有事法制とジャーナリズム(下) 前坂 俊之(静岡県立大学国際関係学部教授) 北朝 …

no image
昭和外交史② 日本で最も長い日 1945 年8 月15日の攻防②

1 ―<大日本帝国の最期②>- 前坂 俊之(静岡県立大学国際関係学部教授) To …

no image
日本リーダーパワー史(833)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )⑤』★『ルーズベルト大統領は「旅順陥落」に大喜びー 黙っていると”Silence is Consent”(同意した) とみる。どしどし反論せよ』★『  日本は半面はサムライ、半面は文明の国民だから強い』●『黄禍論と戦う、旅順の戦闘、日本海海戦の大勝利』★『旅順陥落―ル大統領は大喜び 』

<日本最強の外交官・金子堅太郎⑤> ―「坂の上の雲の真実」ー 『ルーズベルト大統 …

no image

日本リーダーパワー史(68)   勝海舟の外交コミュニケーション術・至 …

no image
 日中北朝鮮150年戦争史(41)『日中歴史復習問題』★「日清戦争の内幕ー中国人民軍(清国軍)もらった「売命銭」分しか戦わない、汚職腐敗軍隊。 中国3千年の歴史は皇帝、支配者の巨額汚職、腐敗政治であり、「習近平政権」(1党共産党独裁)にも延々と続いている。①

 日中北朝鮮150年戦争史(41)   日清戦争敗北の原因「中国軍(清 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑷『日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか④』★『 文永の役はモンゴル軍の優勢のうち、『神風』によって日本は侵略から助かった』

 文永の役はモンゴル軍の優勢のうち、『神風』によって助かった。  1274年(文 …

no image
日本リーダーパワー史(854)ー『2018年には米朝開戦か、北朝鮮を核保有国と認めて 「核シェアリング」で核抑止するかーギリギリの選択を迫られる 』(下)『北朝鮮は「核保有国」を宣言。核開発と経済発展の『並進路線』を推進 』

  北朝鮮は「核保有国」を宣言。核開発と経済発展の『並進路線』を推進  …

no image
『5年前の記事を再録して、時代のスピード変化と分析ミスをチェックする』-『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか④』ー『日露戦争と違って出口戦略がなかった太平洋戦争の大敗北』★『今も同じ-出口戦略なし財政再建/日銀マイナス金利の失敗政策』

2013年6月12日 2018年「日本の死」を避ける道は あるか–日 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑪『英ノース・チャイナ・ヘラルド』/『日露開戦半年前ーさし迫る戦争 それを知る者より』●『日本の忍耐が限界に近づいていることは.1度ならず指摘している。満州撤兵の約束をロシアに守らせるというのは,イギリスやアメリカにとっては元のとれる仕事かどうかの問題に過ぎないが,日本にとっては死活問題なのだ。

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑪ 1903(明治36)年7 …