前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『棺を蓋うて』ー冤罪救済に晩年を捧げた正木ひろし弁護士を訪ねて』★『世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝12回連載一挙公開」』

   

 

『棺を蓋うて』ー冤罪救済に晩年を捧げた正木ひろし弁護士を訪ねて

前坂 俊之(ジャーナリスト)

ダウンロード 

歴史上の人物をその真実においてとらえるとはどういうことだろうか。それにつけて思うことがある。

正木ひろし弁護士が1975年(昭和50)十二月六日、肝臓ガンで死去された。七十九歳であった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E6%9C%A8%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97

 正木弁護士は戦前は個人雑誌『近きより』で軍国主義を痛烈に批判し、戦後は一貫して数多くの冤罪事件を手がけてきた。氏の生涯は権力悪との果敢な戦いに終始した。

ところが、法曹界では氏に対する毀誉褒貶ほど激しいものはなかったという。売名家、スタンドプレーヤーというのがそのレッテルであった。

 当時、毎日新聞呉支局記者をしていた私が正木弁護士宅をはじめて訪問したのは、1973年(昭和48)8月のことである。

東京の国鉄中央線・市ヶ谷駅からほんの目の前、困りに近代的なビルや商店が建ち並ぶなかに取り残されたような古ぼけた家がポッリとあり、それがお宅だった。

木造二階建てで板壁は一面にツタがおおい、日本一高名な弁護士宅とはとても思えない貧相な印象であった。玄関には座る部分が破れた粗末なソファーが置かれ、来客用の応接間といったものもない。その清貧を極めた生活ぶりには驚いてしまった。

 戦後、数多くの大事件に取組みながら、氏は弁護料らしきものは受け取らなかった。冤罪に陥れられた被告は一様に貧しく、これら弁護料を払えない被告のために自己の生活を犠牲にしながら救援に奔走してきたのである。

収入といえば事件について著述した原稿料か印税しかなく、これも被告のためにカンパすることが多かった。

 二階の書斎は本や裁判記録で埋まり、寝室へは体を斜めにしないと通れないほどだった。机の横には愛読され、背綴がボロボロになった聖書が数冊置かれ、すぐうしろの三畳寝室には万年床の布団が垣間見えた。

 氏はキリスト教を信仰していた。

「人間を大事にするのが文化の母胎だ。人間一人一人がみな神であるとの認識が僕の思想の土台なんだね。ある検事が僕に『有罪になったとしても君の名前は上がったし、いいではないか』と言ったことがある。

彼らは被告のことを自分の身に置きかえて考えたことが全くない。自分たちが本物の刀で切っていることに気がつかないんだね」と諦観したように話された。

 翌49年の年賀状では「八十歳の老青年、これからどれだけの仕事がやれるか自分も興味を持ってやっています」との元気な便りがあった。

その1月12日に同氏宅を再び訪れた際のこと。文化放送の朝の訪問に氏が出演したその番組を、二人でコタツのなかで聞いたことがある。

最後に女性アナウンサーがリクエスト曲をたずね、「真白き富士の嶺」を氏は注文された。ラジオから曲が流れると、氏は声を出して歌い、目をじっと閉じて聞き入っていたが、しばらくすると大粒の涙をポロポロとこぼされた。

そのまるで子供のような純粋なしぐさに、私は激しく胸を打たれた。

 

『地域史研究―尼崎市史研究紀要』第5巻第3号、昭和51年3月「史煙」に掲載

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎「世界が尊敬した日本人―「司法の正義と人権擁護に

生涯をかけた正木ひろし弁護士をしのんで①」

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1363.html

 

◎「世界が尊敬した日本人―「司法の正義と人権擁護に

涯をかけた正木ひろし弁護士をしのんで②」

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1361.html

 

◎「世界が尊敬した日本人―「司法の正義と人権擁護に

生涯をかけた正木ひろし弁護士をしのんで③」

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1358.html

◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝④」

全告白『八海事件の真相』(上)<死刑冤罪事件はこうして生まれた>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1357.html

 

◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦い

に生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝⑤」

全告白・八海事件の真相(中)ー死刑の恐怖から偽証を警察・検察から強要された<死刑冤罪事件はこうして生まれた>「サンデー毎日」(1977年9月11日号)から

http://www.maesaka-toshiyuki.com/wp-admin/post.php?post=1354&action=edit

 

◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝⑥」全告白・八海事件の真相ー死刑の恐怖から偽証を警察・検察から強要された<死刑冤罪事件はこうして生まれた>「サンデー毎日」(1977年9月11日号)から

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1350.html

 

◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝⑦」全告白・八海事件の真相―真犯人の異常に発達した自己防衛本能から偽証した① >「サンデー毎日」(1977年9月18日号)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1345.html

◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝⑧」

全告白・八海事件の真相<8年間300 通の少女との文通で良心のうずきから「偽証を告白」>「サンデー毎日」(1977年9月25日号に掲載)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1332.html

 

◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝⑨」「八海事件の真犯人はこうして冤罪を証明した(上)」

「月刊 ジャーナリスト」1977年12月号「懺悔する男」で掲載>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1319.html

 

◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝⑩」

「八海事件の真犯人は出所後に誤判を自ら証明した(中)」

「月刊 ジャーナリスト」1977年12月号「懺悔する男」で掲載>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1315.html

 

◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝⑪」「八海事件の真犯人は出所後に誤判を自ら証明した(下)」

「月刊 ジャーナリスト」1977年12月号「懺悔する男」で掲載>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1312.html

 

◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝⑫」

「昭和戦後の多数の冤罪事件で八海事件真犯人は出所後に誤判を自ら証明した稀有のケース(終)」

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/1310.html

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
最高に面白い人物史⑨人気記事再録『日本風狂人伝(28)』 大預言者(?)で巨人の大本教の開祖・出口王仁三郎のジョーク

日本風狂人伝(28) 大預言者(?)で巨人の大本教の開祖・出口王仁三郎のジョーク …

no image
『AI,人工知能の最前線がよくわかる授業③』-『第2回AI・人工知能EXPO(4/5、東京ビッグサイト)ー『ITOUCYU×SATの衛星ビッグデータ×AIによる革新的な情報活用』★『HITACHIの「IoTデータモテリングサービス~センサデータの活用を支援する人工知能~」』★『FKAIRのチャットボット エナ、エナジーエージェント 、発電予測パーソナルAI「藤崎エナ」のプレゼン』

日本の最先端技術『見える化』チャンネル ITOUCYU×SATの『衛星ビッグデー …

no image
歴史張本人の<日中歴史認識>講義」➉袁世凱顧問の坂西利八郎 が「(支那(中国)を救う道」を語る➉

日中両国民必読の歴史張本人が語る 「目からウロコの<日中歴史認識>講義」➉ &n …

no image
★『世界ランキング中の日本の順位は・』ー『日本の最下位が増加中!-『国の「悲惨さ」測る指標、日本が最下位の理由』★『なぜ?日本が最下位の調査・統計まとめ』●『AI時代に「何もしない」取り残される日本の危機 業務のデジタル化が進まぬ日本は34カ国中最下位に』★『世界でダントツ最下位!日本企業の社員のやる気はなぜこんなに低いのか?』

   『世界ランキング中の日本の順位』ー『日本最下位のレットカードが増加中!?』 …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑫ 『日露戦争開戦―日本の奇襲はロシアに打撃』<開戦3日目>—英国『タイムズ』

 世界史の中の『日露戦争』⑫ ⑫英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイ ムズ」 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(10)記事再録/「日露戦争・戦略情報の開祖」福島安正中佐④副島種臣外務卿が李鴻章を籠絡し前代未聞の清国皇帝の使臣謁見の儀を成功させたその秘策!

日本リーダーパワー史(554)   2015/03/13&n …

no image
 日中北朝鮮150年戦争史(41)『日中歴史復習問題』★「日清戦争の内幕ー中国人民軍(清国軍)もらった「売命銭」分しか戦わない、汚職腐敗軍隊。 中国3千年の歴史は皇帝、支配者の巨額汚職、腐敗政治であり、「習近平政権」(1党共産党独裁)にも延々と続いている。①

 日中北朝鮮150年戦争史(41)   日清戦争敗北の原因「中国軍(清 …

no image
★5 日本リーダーパワー史(754)–『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争を英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は どう報道したか」②(11-20回)★『 戦争とは外交の一手段。<恫喝、罵倒、脅迫、強圧のケンカ外交で相手は参ると思って、日本を侮ったロシアの油断大敵>対<日本の礼を尽くしてオモテナシ、臥薪嘗胆、無言・沈黙・治にいて乱を忘れず、天機至れば『一閃居合斬りも辞さぬ』とのサムライ外交との決戦が日露戦争で、両国の戦略論、パーセプションギャップ(認識ギャップ、思い違い)をよく示している。』

  日本リーダーパワー史(754) 『世界史の中の『日露戦争』ー (英国『タイム …

no image
速報(108)①『放射線、内部被ばくの恐るべき脅威―児玉龍彦東大教授』『②細野豪志・原発事故担当相のステップ1が実現』

速報(108)『日本のメルトダウン』 ☆☆★★(必見の動画対決)①『放射線、内部 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱日本帝国最後の日(1945年8月15日)をめぐる攻防―終戦和平か、徹底抗戦か➂』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱     『日本の最も長い日―日本帝国最後の日 …