前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

◎「司法殺人(権力悪)との戦いに生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝④」全告白『八海事件の真相』(上)

   

 

◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦い

に生涯をかけた正木ひろし弁護士の超闘伝④

 

全告白『八海事件の真相』(上)

<死刑冤罪事件はこうして生まれた>

前坂 俊之(ジャーナリスト) 


「サンデー毎日」(1977年9月4日号)から

 

八海事件とは・・・・・・・・1951年(昭和二十六年一月二十四日、山口県熊毛郡麻郷村の老夫婦が殺害され、現金一万六千円余が奪われた事件。犯人として村の青年、Y、主犯にされたAら計5人が逮捕された。Aら四人は犯行を否認したが、別表の通り、第一審判決では五人が有罪とされた。 

第二番(広島高裁)でも五人有罪、が、ここで無期懲役判決を受けたYだけは、服役した。Aら4人は上告。こうして、第一次上告審では、正木ひろし弁護士が『裁判官』『検察官』という本で無実を訴えたため「世間の雑音に耳を貸すな」といった田中耕太郎最高裁長官と論争になり、注目するようになった。
 

 また、これを映画化した「真昼の暗黒」が評判になり、差戻しの広島高裁ではAらは無罪になった。-ところが、検察側が再上告したため、再び差戻しになり、今度はAは死刑。三度月の最高裁でやっと全員無罪が確定した。十七年九月という年月の長さといい、七回という判決の回数といい、日本の裁判史上に例がなく、〝真昼の暗黒〟は冤罪の代名詞となった。(これ以降、甲山事件が7度裁判をおこなった)

 事件もナゾが解れば案外こんなものかもしれない。約十八年間、七度も裁判を繰り返した世紀の冤罪事件・八海事件もフタをあければ、拷問と死刑の恐怖から真犯人が多数犯を偽証していたのである。

 

 真犯人のYが残した三十五冊の告白ノート。この中でYは八海事件の驚くべき内幕を暴露している。

「知能の低い、ウソつき」と正木ひろし弁護士から、決めつけちれたYは警察官、検事をだまし、互いに慣れあい、果ては「裁判官なんて私以下のバカ」と最後っ屁を放っているのである。

 日本の裁判がこんなにも愚弄された例はあるまい。それにしてもこんなウソつきの言葉を真に受け、無実の者を死刑台に送ろうとした裁判官が計二十五人中十三人もいた事実はあまりに深刻ではないか。記者は約六年間、ときにはYと寝食をともにしながら、〝真昼の暗黒〟の真相に迫った。以下はその報告である。

                                            

●見取る家族もなかった49歳の死

 

 1977年(昭和52)七月十一日朝。ちょうど国民が参議院選挙の速報に一喜一憂していた時である。瀬戸内海の名所の一つ〝音戸の瀬戸が眼前の呉共済病院音戸分院の一室でYはひっそり死んだ。胆のう炎。四十九歳。仮出所中で、しかも昨年五月呉市内でおこした殺人未遂事件の被告でもあった。

 

 その夜。旧呉海軍工廠付属病院のボロボロの廃屋の中にYの遺体はポッンと安置されていた。まるで化け物屋敷。もちろん、通夜に訪れる人もいない。床は海岸が近いせいかカニがはい回っている。

全く孤独な死。Yにふさわしい長期といえるかもしれない。身元引受人の原田香留夫弁護士が山口県内に住む兄に電話した。「マスコミが騒ぐなら行きません」

 この兄は何度か念を押し、翌日あらわれ、その日のうちにあわただしく火葬し、帰ったという。

 こうして、希代のウソつきといわれたYのロは、永久に閉じられた。あとには三十五冊にのぼる膨大な大学ノートの手記が残されていたのである。

二、三日後。地元の呉警察署の幹部が記者連中に、こう言ったそうだ。

「特ダネを逃がしましたナ。Yは死ぬ瞬間にAらと一緒にやったんじゃと、言い残さんかったかネ。その遺言を聞けば特ダネになったのに……

 冗談とはいえ、その底にはYの単独犯行を否定する消しがたい偏見が見える。事件が決着しても、偏見は生きつづけるところに、冤罪がいつまでたってもなくならない理由があるのかもしれない。

 

●仮出所した後、謝罪の旅に

 

Yは四十六年九月二十二日に広島刑務所を仮出所した。事件以來、実に二十年八ヵ月ぶり。呉市内の更生施設に入り、造船所に就職、第二の人生にスタートした。
 

 二日後に呉市在住の八海事件弁護団の原田弁護士に会い、罪をわびた。そして、「何とかAさんたちにも謝罪したい」と申し出た。原田弁護士に異存があろうはずはない。十月二十五日にこれは実現する。A,Hの元被告が出席、原田、佐々木哲蔵弁護士が同席した。
 

 Yか、Aらか、どちらが、ウソをつき、真実を述べたのか。十八年間におよぶ八海事件もこの会見にまさる場面はなかった。

 ナゾの多い帝銀事件や、松川事件など戦後の数多い冤罪事件は真犯人が不明だとか、どこかに空自の部分があった。しかし、八海事件だけは、真犯人が公判廷でウソはウソなりに証言を続け、最後にはすべてを暴露したのである。

 会見はAのあえぐような、かすれた声とAの落ち着いた堂堂とした声で始まった。声のはっきりと対照的な相違を聞くだけでも、どちらがウソをついたかは明瞭だった。

 

◎ウソの証言で死刑に巻き込んだ仲間に謝罪する旅にでる

 

Y「ウソをついて、誠に申し訳ない。なんば、おわびしても許していただけないと思うけど」
 

A「許すも許さんも、吉岡君の出方一つだ。迷惑をかけたみなさんに同じようにわびる必要がある七思う」
 

Y「みなさんに迷惑をかけたことはどんなにおわびしても許していただけないと思う。Aさんの日記を読んで涙が出て仕方がなかった……
 

A「残念なのは、それをもっと早い時期に言ってほしかった、十年も続く前に。今日はここであなたが良心からそう言うなら、許してもよい:・」

Y「一生、社会に出られないと思っていた。刑務所、検察庁のいうなりになっておけと決心しそうした」
 

A「これは、本当に思うけれど、裁判も公正で最後には真実が勝った。もし」不正な裁判で、そのまま僕は無実の死刑が決まっていたら。今だかこうやって話し合えてメデタシになっている。Yも心では重荷になったかも知らんが、一つの安堵を持って、仮出所してきた。そこの点をよく考えてほしい」
 

 年が明けて、四十七年一月二十六日。Yは原田弁護士とともに他の被告へ謝罪の旅へ出た。名古屋でI、A

の実弟にも会い、わびた。

 十八年間にわたる無実の苦しみが、一片の謝罪やおわびですむものではないにしても、かつての被告の間では、こうして事件はひとまず落着した。

 

                                                  つづく

 - 人物研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
歴史張本人の<日中歴史認識>講義」②袁世凱顧問の坂西利八郎 が「日中戦争の歴史、中国の外交術>」を語る②

       日中両国民の必読の歴史の張 …

thH190M67T
百歳学入門(149)『百里を行くものは、九十里を半ばにす』 ●『心は常に楽しむべし、苦しむべからず、身はつねに労すべし、 やすめ過すべからず』貝原益軒) 』●『老いておこたれば、則ち名なし』●『功のなるは、成るの日に、成るにあらず』●『 咋日の非を悔ゆるものこれあり、今日の過を改むるものすくなし」(佐藤一斎 )

 百歳学入門(149) 『百里を行くものは 九十里を半ばにす』戦国策 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(814)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉙『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力』★『2階級降下して参謀次長になり、この機会(日露戦争開始4ゕ月前)に起って、日本は文字通り乾坤一擲の大血戦をやる以外に途がない。不肖ながらわしが参謀次長として蝦蟇坊(大山厳)の忠実なる女房役になろう』

   日本リーダーパワー史(814)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露 …

no image
日本リーダーパワー史(275)欧州連合(EU)の生みの親・クーデンホーフ・カレルギーの「お伽話の国、優雅の国、英雄の国」③

日本リーダーパワー史(275)   『ユーロ危機を考える日本の視点』③ …

no image
世界/日本リーダーパワー史(904)『日本企業の男性中心の風土は変わらず、セクハラ被害を訴える女性は全体で43%に上る』

世界/日本リーダーパワー史(904) 日米セクハラ騒動とメディアの戦い &nbs …

no image
『知的巨人の百歳学(158)記事再録/吉川英治創作の宮本武蔵の師・沢庵禅師(73)の『剣禅一致』 <打とうと思わず、打たじとも思わず、心海持平(しんかじへい) なる時、前に敵なく、後ろに物なし。ここが無の境地じゃ>

百歳学入門(73)   前坂 俊之 (ジャーナリスト)   …

no image
児玉源太郎伝(1)●死亡記事ー『知謀の参謀総長、脳溢血で急死』●『児玉大将の死を痛惜す』〔時事新報〕

 児玉源太郎伝(1)  日露戦争で自ら地位を2階級(大臣→参謀次長)に …

no image
知的巨人の百歳学(133)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』⓷『九十歳になっても一向に衰えない元気の秘訣は「強烈な指圧と週一回のゴルフ」で目が悪いのも前立腺、心臓肥大、歯槽膿漏も自分で治したというから驚く』

   出光 佐三(1885―1981、95歳)は九十歳になっ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(95)記事再録/『戦うジャーナリスト列伝・菊竹六鼓(淳)』★『日本ジャーナリズムの光、リベラリストであり、ヒューマニストであった稀有の記者』★『明治末期から一貫した公娼廃止論、試験全廃論など、今から見ても非常に進歩的、先駆的な言論の数々』

    2018/06/27 の記事再録 書評『記 …

no image
百歳学入門(158)★『昭和戦後日本経済成長の立役者』松下幸之助(94) 『病弱だったことが私の成功の最大の秘訣!ー『私1人でできんのでみんなに任せてやってもらった。」

百歳学入門<158> 『昭和戦後日本経済成長の立役者』松下幸之助(9 …