前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界/日本リーダーパワー史(897)『米朝会談は5月に迫る、トランプの仕掛ける貿易戦争では日本もターゲットにされた。 トランプ大統領と蜜月の安倍首相は、寝耳に水の窮地に立たされている。

      2018/03/31

 世界/日本リーダーパワー史(897)-

安倍首相が森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん問題でピンチに立たされている、世論調査の支持率は40%を割り込み、野党は辞任せよとの大合唱である。今後の行方は見通せない。

国家のトップリーダー、総理大臣に一番必要な要件とは何か,まず、①高い政治的理念、リーダーシップと決断力②長期の国家ビジョン戦略の作成と実行力③ マネージメント能力(組織改革、人事刷新、新技術の導入)④ 情報公開と卓越したスピーチ、説明能力⑤ グローバル・リテラシーとタフネゴシェーター(外交・交渉術のプロであり、海外のリーダーとも渡り合える見識と迫力)⑥以上の総合的・戦略的な判断力と同時に出口戦略力も欠かせない、

出口戦略とは政策の結果であり、成果を上げて、勝負に勝って点を取ったということだ。終わりよければすべてよしというではないか。プロセスよりも結果がすべてである。

そのためにはスピードが勝負を分ける。先手必勝、100パーセントでなくても勝っているうちに早期に決着を図る、スピード出口戦略、必勝法が、武田信玄の「風林火山」の軍略である。

「勝ちすぎはおごりを生じ、負けに通じる、6分の勝利、5分5分の痛み分けで、相手にも勝ちを分けるのが最上の戦法という「武田軍略」の教えは戦争でも外交交渉でも、政治の駆け引きでも肝に銘ずべき要諦であろう。

日本人の行動形式の基本である「和」を尊ぶ、集団合議制で、全員一致方式、多数決方式、小田原評定で延々と会議を繰り返し、スピードなし、スローモー以上のだらだら会議は踊る、されど決せずが、日本興亡史の敗北の最大の要因なのである。
これが「死に至る日本病」(習慣病)なのである。
(憲法改正問題「安保論議」「日中韓、北朝鮮、ロシアとの外交交渉」(消費税値上げ問題)「すでに死語と化したアベノミクスの結果失敗」「日銀の出口戦略なし」「ゼロ金利の先延ばしの先延ばし」はすべてこの日本病による。
さて、世の中のスピード変化、グローバリズムの急拡大、第4次産業革命、AI(人工頭脳)、IoT革命の大波に日本は転覆寸前である。
そこに、北朝鮮問題は急展開し米朝会談は5月に迫ってきた、トランプの仕掛ける日本もターゲットに含まれる貿易戦争の勃発した。
 トランプ大統領と最も相性の良いといわれてきた安倍首相にとっても、寝耳に水の事態で、窮地に立たされている。
「1発食らわして、脅して、そのあとにとり引きする強硬外交、恫喝外交のタフネゴシエーター・トランプ大統領に対して「ノーといえない日本」「ケンカできない、心優しき戦争を知らない軍国少年の安倍首相」の矛盾・愛憎関係がそこに透けて見える。
真のトップリーダーには「卓越したスピーチ、説明能力」とともに「断固ノーといえる柔軟腰」が欠かせない。次の日米会談では安倍首相の柔道技、柔軟技に期待したい。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(439)日米中韓150年戦争史②『征韓論の深淵』大院君は日本の外交関係などへとも思ってなかった②

 日本リーダーパワー史(439)   日米中韓150年戦争史をしっかり踏まえて …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< アメリカ・メルトダウン(1059 )>『トランプ政権半年目で公約実現はとん挫し『ロシアゲート事件』の嵐の中に突っ込んで、政権はキリモミ状態で墜落寸前の末期症状を呈している。』

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < アメリカ・メルトダウン(1059 …

no image
世界も、日本もメルトダウン(960)『シベリア鉄道の北海道延伸を要望、ロシアが大陸横断鉄道構想 経済協力を日本に求める』●『シリア停戦崩壊、米ロ関係かつてない緊張へ』●『ロシア「アメリカは事実上のテロ支援国家」』●『比ドゥテルテ大統領「オバマ地獄に落ちろ」、兵器は中ロから購入と断言』●『北朝鮮幹部2人、日本に亡命希望か 官房長官は否定』

  世界も、日本も本メルトダウン(960)   シベリア鉄道の北海道延 …

no image
『帝国の慰安婦』著者・朴裕河 世宗大学教授と大沼保昭 明治大学特任教授が慰安婦問題で2/23,日本記者クラブで会見動画

『帝国の慰安婦』(朝日新聞出版)の著者・朴裕河 世宗大学教授、 『「慰安婦」問題 …

By: www.Michie.ru
日本リーダーパワー史(537)三宅雪嶺の「日英の英雄比較論」―「東郷平八郎とネルソンと山本五十六」

       日本リーダーパワー史(537) 三宅雪嶺の「日英の英雄比較論」― …

no image
★『世界日本史/歴史メモ➀』-『西郷隆盛(南洲)のおもしろエピソード』★『お妾さんを囲うのではなく、猟犬2頭を飼っていた西郷どん』★『元勲となっても長屋に住む』

  藤田東湖と橋本左内を高くい評価した西郷隆盛   西郷隆盛 …

no image
日本リーダーパワー史(249)<道州制導入の橋下維新党は竜馬よりも西郷隆盛の超リーダーシップを見習え②

日本リーダーパワー史(249)   <道州制導入の橋下維新党は竜 …

no image
「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本の新聞が伝えた日英同盟」④桂首相、小村外相か貴衆両院で報告〔明治35年2月13日 時事〕●『『東洋の平和と清国、朝鮮領土保全のため』〔明治35年2月13日 時事新報社説〕』

  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本の新聞が伝えた日英同盟」④ …

no image
日本リーダーパワー史(562)「中国ディープニュース座談会ーAIIBには参加すべきか、否かで激論!」(60分)

 日本リーダーパワー史(562) 「中国ディープニュース座談会ーAIIBには参加 …

no image
日本リーダーパワー史(890)-『急転直下のビッグサプライズ!』●『正恩氏、トランプ氏を招待…トランプ氏「5月中に会う』●『「安倍首相「高度な圧力続けた成果」…4月に訪米』●『安倍首相が4月に訪米、米朝会談前にトランプ氏と政策すり合わせ』

日本リーダーパワー史(890) 平昌オリンピックは2月25日に閉幕したが、その後 …