前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本の「戦略思想不在の歴史」⑭「ペリー米黒船はなぜ日本に開国を求めて来たのか」<以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P)>『開国の恩人は、ペリーではなく金華山沖のクジラである』

      2017/12/10

 

<以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P)>

ヨーロッパの捕鯨船が東洋方面までに来るようになったのは16世紀後年からで、寛永13年(1636)にはオランダの捕鯨船が日本近海で鯨274頭を捕獲し、文政二年〔1819年)に米国船が金華山沖の鮭の大群を認め、報告したことより英米両国捕鯨船が殺到してきた。 

文政年間には松前地方を通過した捕鯨船だけでも86隻を数へ、米国のみでも天保14年(1843年)には100隻余、弘化3年(1843)には292隻、万延元年(1860年)には100隻を下らず、このころは米国捕鯨業の全盛時代であった。

1846年には出漁船数七百三十六隻,総トン数233千トン、これに投資した資本は七千万ドル、従業員は七万人に達する盛況で、その漁場が北太平洋で、特に日本列島付近であった。また毎年、長崎へくるオランダ船長から九州沿岸の鯨に付き報告があり、同国の捕鯨船が出動しているので、このような情報も誇大ではないとみられる。

 このように多くの捕鯨船が出漁するのであるから、そのうちには難破するものもある。薪水食糧の欠乏するものもあるのであるから、どうしても、日本の港を開いてほしいとの開国要求の理由であった。

わが国は永らくペリーを以て、開国の恩人と目していたが、ある学者は冗談に、開国の本当の恩人は、ペリーにあらずしてむしろ金華山沖のクジラであるといったのは、史実としても正確な話である。                                       

弘化元年(-八四四年)には、フランス船が、琉球にやってきて互市(通商)を求め、翌年、イギリス船がまたきたが、幕府は、薩摩藩にまかせて適宜、処理させたが、これが既に鎖国政策の崩れた端緒であった。

米国は、捕鯨業のためのみならず、その米スペイン戦争の勝利で太平洋地方のスペイン植民地の奪取し、カリフォルニヤにおける金鉱の発見が起きた。このため、これまで大西洋、喜望峰の経由で、インド洋を通過して大回りして支那に向かい行っていた中国貿易を、

直接太平洋を横断して最短距離で中国に達する航路を開拓してその中間の寄港地として日本に開国を要求する世論が1846年(弘化3年に、議会で決議された。

米国東インド艦隊司令長官ビットルは軍艦二塵を率いて浦賀にきて通信互市を求めた。幕府は浦賀奉行、大久保忠豊らに命じてその要求を拒絶した。米艦は引き上げた。

その後、米国の世論は強硬に日本に向つて開国を迫る事となり一八五一年(嘉永四年〕、陸軍中佐グリンは大統領に建議してカルフオル二アと支那との間に汽船定期航路を開始すかに当たり、日米間に通商条約締結の必要なる所以を述べ、もし、平和的手段にして成功しない場合には、武力に訴えても成就せよと力説。

東インド艦隊司令官オーリツクもまた日本開国の必要を進言し、ついにに嘉永五年(185211月、東インド艦隊司令長官ペリーに外交軍事の全権を授け十二隻の大艦隊む率いて、日本に臨むこととなった。    

 この時ペリーの用意の周到な調査をして準備し、先づ日本に関するすあらゆる書籍を買い集めてめて研究した。

このため一時、欧州における日本関係書の暴騰をきたしたといわれるほどだ。ペリー「日本遠征記」の巻末をみても如何に日本に対する予備智識の豊富であらたかを知ることが出来る。この用意周到の準備の上の談判で成功したのである。  

いよいよ出発となって種々の都合上、軍艦は前後9隻となり、日本へ達したのは、四隻であったが、嘉永6年4月、先づ琉球に寄って修交を交渉し、5月、小笠原島に至り先住米国人のサヴオリより貯炭用地を買収し、植民政府樹立の計画をたて一度琉球に帰航し、それより日本に向つた。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㊿(日清戦争開戦1週間前)-『戦いに及んでは持久戦とすべきを論ず』

  『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプションギャ …

no image
速報(248)『米NRC、原発事故直後の議事録公開「米国のほうがまともな国」小出裕章』『ガンダーセン原子力技術者の会見』

速報(248)『日本のメルトダウン』    ●『2月22日米 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか④」1902(明治35)年2月14日『仏ル・タン』- 『英日条約』(日英同盟の意義)

  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」④ …

no image
日本リーダーパワー史(622) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑯ 『川上操六参謀本部次長がドイツ・モルトケ参謀総長に弟子入り、 ドイツを統一し、フランスに勝利したモルトケ戦略を学ぶ②

 日本リーダーパワー史(622)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑯ 『川 …

no image
<日中韓三国志・新聞資料編>『朝鮮王妃・閔妃暗殺事件の新聞報道』(『ノ―ス・チャイナ・ヘラルド紙』1896年1月31日付)

<日中韓三国志・新聞資料編>   『日清戦争の原因となった朝鮮王妃・閔 …

no image
日本リーダーパワー史(189)『真珠湾攻撃(1941)から70年―この失敗から米CIAは生れた。<日米インテリジェンスの落差>(上)

日本リーダーパワー史(189)   国難リテラシー   『真 …

no image
速報(289) 『日本崩壊は不可避か?ー『日本政治と中国』『日中歴史ねじれ問題』を斬るー ディープ座談会』(80分)

速報(289)『日本のメルトダウン』 ◎『日本崩壊は不可避か?『日本政治と中国』 …

no image
日本リーダーパワー史(693)『中国/朝鮮行動学のルーツ⑧』中国紙「申報」の論説から日中韓150年戦争史の原因を読み解く(連載70回)ー第11回から20回までー「朝鮮」での反日暴動「壬午事変」(1882)「甲申事件」(1884)をめぐる『英タイムズ」「チャイナヘラルド」『申報」の報道、論評②

  日本リーダーパワー史(693) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑧』中国 …

no image
日本メルトダウン脱出法(773)「エルニーニョ現象、年末までに過去最大規模に=世界気象機関」●「パリ同時多発テロを戦争へと誘導する未確認情報の不気味」●「インタビュー:アベノミクスは失敗、必要なのは円高=サクソバンクCIO」

     日本メルトダウン脱出法(773) パリ同時多発テロを戦争へと誘導する未 …

no image
『忘れ去られた近現代史の復習問題』―『日清戦争の引き金の1つとなった『明治19年の長崎清国水兵事件とは何か』

  『忘れ去られた近現代史の復習問題』― 日清戦争の引き金の1つとなった『明治1 …