前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(346)民主、自民両党首選に見る『この国のイカれた惨状!』『借金倒産』『原発倒産』『人材倒産』の3重苦の<ウルトラKY政治家

   

速報(346)『日本のメルトダウン』

★民主、自民両党首選に見る『この国のイカれた惨状!』
『借金倒産』『原発倒産』『人材倒産』の3重苦の中で、問題
解決能力のない政党の代表選に手を上げる
<ウルトラKY政治家!>に国民は怒り心頭!

           
                                       前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
    国家破産が刻一刻と迫りつつあり、金もないのに大盤振るまいの異常さ。何と『概算要求 過去最大102兆円台』
② こんな異常な政治家、霞ヶ関以上にその生活実感から国民は既成の政党に絶望を超えて、怒り心頭に発しており、『この惨状をぶちこわしてくれる新党、リダーパワーのある政治家を待望している。
    それが正しく橋下大阪維新の会への期待となって爆発している。橋下氏がこれまで実践し改革してきた言行一致の政治突破力である。既成の政党ははすべて、言行不一致の「NATO」(ノット、アクション、トーキング,オンリー)そのものである。
④ そんな中で、 民主党代表選に若手から押された細野豪志環境相(41)が出馬を見送った。 「福島の復興に専念したい。
首相には『福島にもっと寄り添ってほしい』と言う細野氏の政治感覚はまともであり、トップリーダーの資格十分である。今後10年、一剣磨き、修羅場を経験すれば民主党の代表になる大器であろう。それに比べて「原発廃炉まで50年以上」の恐ろしく困難な道のりを考えている政治家が余りに少ないのがこの国の死んでる現状である。
原発担当大臣の任命に当たっては若い人に最後まで責任を以って完全廃炉まで見届けるという長期的な視野から細野氏を選んだのではないのか。それなのにたった1年半で、細野環境相を担ぎあげた輿石幹事長らの原発事故収束に見る不見識と無能は万死に値する。
⑤ 驚いたことに安倍元首相が手を挙げている。まず、その前に自らの失敗とリーダーシップのなさを国民に謝罪したのか。
『安倍晋三 政界キーマン? チヤホヤされる異常事態』http://gendai.net/articles/view/syakai/138432
また、仮に政権の側についた場合も、ますます困難となった中国、韓国、米国との外交がこんどは失敗せずにうまくやっていく戦略はあるのかどうかも説明すべきであろう。
⑥ 民主党に能力も国家戦略もないことはこの間、証明されたが、自民党の過去のつけが『借金倒産』『原発倒産』『人材倒産』の失敗政治であった。この反省も総括もないままの、首取り合戦(戦国時代から進歩せず)に終始している。
⑦ 橋下徹大阪市長が自民、民主両党の党首選について「国民向けの討論会が全然ない。身内(の国会議員)からの票を得るかだけで、一国のリーダーを選んでいいのか」と批判したのは当然であり、国民感情を代弁している。橋下氏に人気があつまる所以である。
 
●『国政進出で霞が関、永田町の“解体”と統治機構の刷新迫る』http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120908/lcl12090818490000-n1.htm
 
◎「国民向けの討論ない」 橋下市長、両党首選批判http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201209070126.htm

『大阪維新の会を率いる橋下徹大阪市長は7日、自民、民主両党の党首選について「国民向けの討論会が全然ない。身内(の国会議員)からの票を得るかだけで、一国のリーダーを選んでいいのか」と批判した。

 同時に維新の会の次期衆院選公約「維新八策」に盛り込んだ首相公選制の必要性を強調。「公開討論をして選んでもらうのが最大の意義だ。(国民から)直接選ばれれば、リーダーシップを発揮できる。少なくとも今よりましになる」と指摘した。』

●『谷垣、石原氏出馬へ=一本化が決裂、10日にも表明-
自民総裁選「石・石」対決軸に

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol

●『民主代表選:執行部と若手、板挟み 細野氏不出馬』
http://mainichi.jp/select/news/20120908k0000m010089000c.html

●『安倍晋三 政界キーマン? チヤホヤされる異常事態』
国民は5年前のことを決して忘れてはいない。おなかが痛くなって、政権をブン投げたどうしようもない男だ。「もうちょっと頑張ってもらいたかった」という谷垣への批判は、そのまま自分へブーメランのように返ってくることも分かっていない。さすが元祖KY首相である。

●『首相が出馬表明=「課題克服へ職責担う」―原口氏も意欲・民主代表選』
 
●『橋下新党「持ち上げ派」週刊現代、「冷ややか派」週刊ポスト読み比べさて、あなたはどっち?』

 - 現代史研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 『日本と世界のソフトパワー/コンテンツ対決』―『「君の名は。」アカデミー賞に近づいた?LA映画批評家協会のアニメ映画賞を受賞』●『5つ星!『君の名は』を英メディアが大絶賛』★『「君の名は。」中国で大人気も、日本はまったくもうからない!?ネットでは』●『中国、トランプに対決姿勢 「iPhoneが売れなくしてやる」と宣言』★『世界で最も稼ぐユーチューバー、2連覇の首位は年収17億円』◎『スナップチャットで年収5千万円 元ウェブデザイナーの27歳女性』●『8割が偽物? 中国・アリババと4万人の盗賊 』

 日本と世界のソフトパワー、コンテンツ対決 「君の名は。」アカデミー賞に近づいた …

no image
日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス⑳『ローゼンが旅順でアレキシェフ極東総督と協議』★『ロシアの対案出る―日本案を否定、日露交渉は、その第一歩から正面衝突した』

 日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

images
日本リーダーパワー史(668)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(50)●「明治4年の岩倉使節団の『政府首脳の大半が国外にでる壮挙』この知的探求心、国家改造力、ベンチャー精神こそが『明治の奇跡』を生んだ。

  日本リーダーパワー史(668) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(50)  …

no image
『AI,人工知能の最前線がよくわかる授業③』-『第2回AI・人工知能EXPO(4/5、東京ビッグサイト)ー『ITOUCYU×SATの衛星ビッグデータ×AIによる革新的な情報活用』★『HITACHIの「IoTデータモテリングサービス~センサデータの活用を支援する人工知能~」』★『FKAIRのチャットボット エナ、エナジーエージェント 、発電予測パーソナルAI「藤崎エナ」のプレゼン』

日本の最先端技術『見える化』チャンネル ITOUCYU×SATの『衛星ビッグデー …

no image
日本メルトダウン(1001)<チャイナリスク高まる>ー『宮古沖で日本を挑発する中国の狙いは「日中開戦」なのか?』★『トランプ「一つの中国政策、堅持する必要ない」』●『日本、中国に厳重抗議 「空自機が妨害」との中国国防省発表に』●『インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑』●『カメラの前で泣けと――中国の人権派弁護士ら拘束から1年 安否気遣う家族』●『中国・李克強氏の「内通者非難」発言がネット流出した背景』●『「文明」外交術でエジプトに接近する中国 “対等な立場”で近づきアラブ世界への影響力を拡大』

   日本メルトダウン(1001)-チャイナリスク高まる 宮古沖で日本を挑発する …

no image
日本リーダーパワー史(880)-『明治裏面史』★『幕末から明治の日露戦争勝利までの約50年間は「西郷隆盛・従道兄弟政権時代」であり、日本大発展の『坂の上の雲」を築いた。

  日本リーダーパワー史⑤ 明治以来、最高のリーダーは誰だ!?西郷従道 …

no image
速報(467)◎「シリア危機はどうなるのか」「東京、2020年五輪の招致に自信」「マルクス主義学習の中国の国営

   速報(467)『日本のメルトダウン』 &nb …

no image
日本リーダーパワー史(616)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』➉『日中韓はなぜ誤解、対立,衝突を重ねて戦争までエスカレートさせたか」ー日清戦争の遠因となった長崎事件(長崎清国水兵事件)②

   日本リーダーパワー史(616) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』➉ 『日 …

no image
日本メルトダウンの脱出法(548)●「韓国は4年後に日本追い抜く―1人当たり所得で」●「中国の富裕層、日本の2倍近くに」

   日本メルトダウンの脱出法(548)   &n …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(137)』「VWの新会長人事に関して、痛烈に罵倒。ドイツ人の内奧の闇を見る思い、日本人はここまで悪にはなれないのでは?」(エコノミスト誌)

   『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(137)』   Can …