前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(345) 使用済み燃料に中性子あて半減期へらす研究の2つの壁・輸入食品へのガンマ線での殺菌 小出裕章(MBS)』ほか2本

   

速報(345)『日本のメルトダウン』

●『9月6日 使用済み燃料に中性子あて半減期へらす研究の乗り越えられ
ない2つの壁・輸入食品へのガンマ線での殺菌 小出裕章(MBS)』
●『9月5日 2030年に(原発を)ゼロにするという声が多かった。せっかく
意見を聞いたなら、それに合うようにするのが政治の役割だと私は
思いました 小出裕章(MBS)』

小出裕章非公式ブログから
●『9月6日 使用済み燃料に中性子あて半減期へらす研究の乗り越えられない2つの壁・輸入食品へのガンマ線での殺菌 小出裕章(MBS)』
2012年9月7日
2012年9月6日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。
テーマは……。
 2号機が1番放射能をまき散らしたという政府シナリオ
 J-PARKセンター 使用済み燃料に中性子をあて、半減期を減らす研究
 輸入食品のガンマ線照射での殺菌
についてです。
内容
2012年9月 6日【木】
脱原発の政治を目指す!「緑の党」発足
きょうの特集ゲストは、
7月末に発足した「緑の党」共同代表のひとり、
京都市在住の長谷川羽衣子さんです。
緑の党は、ヨーロッパでの歴史が長く、
ドイツやフランスでは連立政権に参加した時期もありますが、
日本では政治にどんな影響を与えていくのでしょうか。
「近いうち」に行われる衆議院選挙では、どう闘うのでしょうか。
リスナーのみなさん、日本の「緑の党」について
ご意見・質問をお寄せください。
京大原子炉実験所の小出裕章さんには、
福島第一原発2号機が放出した大量の放射性物質の話や、
食品に放射線を照射して殺菌することの是非などについて聞きます。
録音
20120906 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

共有:
 
●『9月5日 2030年に(原発を)ゼロにするという声が多かった。せっかく意見を聞いたなら、それに合うようにするのが政治の役割だと私は思いました 小出裕章
(MBS)』

http://hiroakikoide.wordpress.com/

2012年9月6日
2012年9月5日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。
テーマは……。
 民主党 エネルギー環境調査会「原発ゼロ実現2050年代前半」案
 野田総理が示した原発ゼロ3つの課題
 六ケ所 再処理工場ガラス固化試験 第1段階終了
についてです。
内容
2012年9月 6日【木】
2012年9月 5日【水】
開幕!パラリンピック!~障害者スポーツの魅力に迫る~
連日、熱戦が繰り広げられているロンドンパラリンピック。各メディアではあまり大きく扱われてはいないようですが「たねまきジャーナル」は注目していきます!
今日、スポットを当てるのは水泳の山田拓朗選手。兵庫県出身、21歳の選手ですが、まさに今日!メダルを狙って50M自由形のレースに出場します。
これまで山田選手はどんな環境で練習を積んできたのか、そして日本の障害者スポーツの現状とは?
山田選手を一番近くから見てきた筑波大学水泳部の仙石泰雄ヘッドコーチにお話を伺います。
録画
20120905 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

共有:

●『概算要求 もんじゅに依然78億円』


 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(82)大東亜戦争の真実「ドイツ依存の戦争実態」<他力本願の軍首脳部の無能ぶり>②

  終戦70年・日本敗戦史(82) 敗戦直後の1946年に「敗因を衝くー軍閥専横 …

no image
日本メルトダウン(995)ー『1930年代化する世界にファシズムは再来するか(池田信夫)「アメリカの平和」が終わり、日本が自立するとき』●『ジョセフ・スティグリッツ氏が語る「ドナルド・トランプが非常に危険な理由」●『不動産帝国の実態:ドナルド・トランプの利益相反 (英エコノミスト誌 2016年11月26日号)』●『新国防長官候補、マティス氏は本当に「狂犬」なのか 次期政権の人事案に秘められたトランプ氏の深謀遠慮』●『ソ連崩壊と同じ道を再び歩み始めたロシア ロシアとの安易な提携は禁物、経済制裁の維持強化を』●『「韓国に謝れ」産経に圧力をかけていた日本の政治家(古森義久)ー内なる敵がいた産経ソウル支局長起訴事件』

 日本メルトダウン(995) 1930年代化する世界にファシズムは再来するか(池 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(139)再録/-日米の歴史、認識コミュニケーションギャップ・相互理解の難しさ①<ー1860年の日米通商条約から150年目―>『 初めて見るキッスに仰天!気味が悪い』『 アメリカ・こんな無礼な国はないぞ』『大統領選挙を理解できず、入札とおなじとみる』

   2010/06/09  の記事再録 …

no image
★『人口急減社会』『消滅自治体』について増田寛也・日本創成会議座長の日本記者クラブ会見動画(16/9、100分)

     ●◎『人口急減社会』『極点社会』について …

no image
日本メルトダウン( 987)-『トランプ次期米大統領の波紋 』◎『トランプが招く「ドルの取り付け」のリスク 円安・金利上昇で「財政インフレ」は来るか(池田信夫)』●『ドナルド・トランプの世界:新たなナショナリズム (英エコノミスト誌)』●『『怒れる有権者は工場で作られた』-英米もどこも似た構図、 それでも答えは壁の建設ではない (英FT紙 )』●『「米国に深刻な結果呼ぶ」、TPP脱退で共和党重鎮』★『トランプを大統領にし、そして引きずり下ろす男―頑固で曲がったことの大嫌いなコミーFBI長官の素顔』★『ロシアでKGBが復活する公算大 2018年大統領選に向け、着々と布石打つプーチン』

   日本メルトダウン( 987)—トランプ次期米大統領の波紋  ト …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(87)◎『汚染水の海洋流出の難題解決を急げ(7/26)』 ●「核兵器、軍事的には無用」とパウエル発言(7/22)

   池田龍夫のマスコミ時評(87)   …

no image
競技場問題その他、問題山積みの東京オリンピック担当大臣・ 遠藤利明氏の日本記者クラブでの記者会見動画(7/24)(90分)

  競技場問題その他、問題山積みの東京オリンピック・パラリンピック担当 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(180)記事再録/★「生保の父」第一生命創業者・矢野恒太(84歳)ー「年を忘れることは年をとらない一番の法である」★『「事業から退いたあとは「国民統計」の作成に熱中して老衰を忘れ去っている」』

 2015/09/14  知的巨人たちの百歳学(1 …

no image
 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑮』『開戦4ヵ月前の「英ノース・チャイナ・ヘラルド」の報道』ー『 朝鮮の危機ー日本民衆の感情ーもし朝鮮政府がロシアに対して,竜岩浦の利権を与えるようなことがあれば,日本の民衆感情は激化し,日本政府は戦争以外に選択がない』●『ロシアに朝鮮を取らせるようなことがあれば,日本の隆盛にある歩みは不面目な結末を迎えるだろう。世界史上最も驚嘆すべき進歩を遂げ,絶対の自信を持って偉大な未来を夢見ている日本国民は.このように認議している』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑮ 1903(明治36)年9 …

no image
速報(336) 8月15日「無条件降伏の日」原発事故は陸軍軍閥の満州事変暴走が大陸政策を誤り、日本敗戦となる歴史に学べ ②

速報(336) 『日本のメルトダウン』   8月15日「無条 …