前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス(51)★『陸軍参謀本部の俊英・明石元二郎と宇都宮太郎のコンビが日露戦争勝利の情報謀略戦に活躍②』★『宇都宮大佐はロンドンでポーランド社会党首領のヨードコーらと接触、帝政ロシアの支配下からポーランドを解放し、第1次世界大戦後、新興ポーランドの元首となったユゼフ・ピウスツキ、特にその兄と親交があった』

   

 ★『明治裏面史』/

『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,

リスク管理 ,インテリジェンス(51)

 以下は宇都宮徳馬『暴民損民」徳間書店(1984年)より

日露戦争のとき、情報将校の明石元二郎がストックホルムを根拠地として謀略活動を行い、ロシアの革命分子を助けて内乱を煽ったという話は名高い。

その明石大佐と常に連絡を取って、謀略活動の資金パイプになっていたのが、ほかならぬ内の父だった。父にとっては最も親交のあった1人であり、全く相反する性格ながら妙にウマが合い、終生よく水魚の交わりが続いた。

明石大佐を林公使に紹介したのも父であり、根拠地のストックホルムよりもむしろ、ロンドンを中心に画策していたのも、父が電報を打つなど連携プレーを行っていたためである。明石大佐の所在は常に不明だったが、父にだけは例外だった。

変幻出没の活動によって、革命分子との接触で大成功を収めた裏には、数々の父の助力があった。ちなみに、当時の明石大佐の任務について、父が長岡外史留守参謀次長

http://www.nagaoka-gaishi.jp/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B2%A1%E5%A4%96%E5%8F%B2

に宛てた書面(明治三十八年六月十五日付)が残されている。

文中にいわく、

 「…・明石大佐の事業は、是亦興って著大の効目有之可申同大佐も折角大骨折の様子に有之候へ共、何を申すも多種多様の人物や党派相手の事と申し、二面には警察等の厳重なる商品の輸入甚だ意の如くならざるやにて進捗、意に任せず、

併、し折角尽力中に御座候へば、其結果の現れ候事も1,2個月の内には何んとか目鼻相付き申さんかと察せられ申候、尤も大急ぎ居られ候へ共、各種の困難有之候哉に御座候云々」と、いきいきと二人の関係が描かれている。

日本リーダーパワー史(91)日露戦争でサハリン攻撃を主張した長岡外史・児玉源太郎<日露戦争の真実・「ないない参謀本部」のリーダーシップの実態>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3379.html

 

日本リーダーパワー史(45)国家戦略・リーダーシップ・インテリジェンスの日露戦争と現在の比較論―長岡外史について②

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3482.html

 

、宇都宮太郎自身も、ロンドンでポーランド社会党首領のヨードコーらと接触があった。とくに帝政ロシアの支配下からポーランドを解放し、第∵次世界大戦後、新興ポーランドの元首となったユゼフ・ピウスツキ、特にその兄と親交があった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%84%E3%82%AD

 

『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』④『ヨーロッパ各国革命党の共闘、連合のためのパリ連合会議に成功する』http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/5110.html

『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』-戦時特別任務➂ 対ロシア戦での『ヨーロッパ各国革命党の共闘、連合会』結成を画策➂。http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/5074.html

明治三十八年の革命を背景として日露戦争は終結し、ベゾプラゾフらの侵略計画は漠北へ掃蕩されたが、約40年後、同じ手口の侵略が当時の革命派スターリンの手によって、ヤルタ協定を口実に中国の東北、朝鮮、千島に対して行われたことを、私は父の霊とともに遺憾に思う。毛沢東の中国と金日成の朝鮮とは、これを再びシベリアに追い返しはしたが。

明石大佐は天才的な情報将校であったが、変なクセがあった。

父とともにロシアの革命派やポーランドの独立派と接触して謀略活動を行っていた明石大佐は、人と話をしているときに、平然と鼻くそを丸めて、飛ばして入った酒を無頓着に飲む豪傑で、父は「明石はきたない奴だ」と言っていた、という。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(292 )★『鈴木大拙は1945年『日本亡国の3つの『日本病』を上げた。そして、約70年後、大拙師のいう『日本病』を克服できなかったために、 3/11原発事故を引き起こし、日本は再び沈没中である。

  2012/06/19  日本リーダー …

no image
日本リーダーパワー史(369)世界が尊敬した日本人・白洲次郎―『グローバルリテラシー』を持った唯一の日本人

日本リーダーパワー史(369) 世界が尊敬した日本人・白洲次郎― ◎『グローバル …

F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊻』余りにスローモーで、真実にたいする不誠実な態度こそ「死に至る日本病」

    2014/03/21  記事再録 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(222)』-『TV局の電波利用料は、携帯の十分の一に驚愕、既得権、現行規制撤廃の最大の対象です』★『電波オークションの導入により、電波社会主義から脱し、電波の民主化・市場化を促進せよ!』

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・  ウオッチ(213)』 電波利用料の …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑷』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、52-62回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学ー (まとめ記事再録)『日中韓150年戦争 …

no image
『オンライン講座/近藤康男(106)の100歳突破実践法を学ぶ』★「七十歳は一生の節目」「活到老 学到老」(年をとっても活発に生きよ 老齢になるまで学べ)』★『簡単な健康法を続ける。大切な点は継続することだ』

   2018/07/21百歳学入門(237)ー『簡単で効果 …

●「H3ロケットの大失敗」(23年3月7日)ー『宇宙開発は一国の科学技術のバロメータ。H3初号機の度重なる失敗は、日本の科学技術力、イノベーション力、ものづくり力の「低落」を象徴するもので「日本経済復活」は危機的な状況にある。追い込まれているー

    「H3ロケットの大失敗」-日本沈没加速   …

「われわれは第3次世界大戦のさなかにある(NATO元最高司令官)」のに「75年たって憲法改正できない<極東のウクライナ日本>」★『よく分かる憲法改正論議』★『マッカーサーは 憲法は自由に変えてくださいといっている。 それを70年以上たった現在まで延々と 論争するほど無意味なことはない』

   2019/11/03 『リーダーシップの日本 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(46)●『普天間飛行場・固定化」を危惧―★急浮上の「グアム先行移転」計画―』

池田龍夫のマスコミ時評(46)   ●『普天間飛行場・固定化」を危惧― …

『ある国際ビジネスマンのイスラエル旅行記➂』★『イスラエルの嘆きの壁レポート』★『わがメモアールーイスラエルとの出会い、Wailing Wall , Western Wall 』(嘆きの壁)レポート(1)』

     2016/02/16『F国際ビ …