前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』④『ヨーロッパ各国革命党の共闘、連合のためのパリ連合会議に成功する』

      2015/02/28

 qqq

『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』④

『ヨーロッパ各国革命党の共闘、連合のためのパリ連合会議に成功する』

           前坂俊之(ジャーナリスト)

  ー 革命党各派連合の困難性 - 

 これらの各党各派の連合をはかる際に、最も困難なのは、メリコフやバリスキーも憂慮したように、どうやって諸党派間の対立、葛藤、あつれき、嫉妬をとりのぞくべきかであった。

革命党と社会民主党とは互いに勢力拡大で対立、ポーランドの国民党とその社会党とは、イデオロギーにより常に反目、嫉視をやめず、またロシア人とポーランド人との間には、数百年来の敵対意識の深い溝があり、憎悪と強烈な怨恨が骨の髄までしみていた。

この間で仲介、斡旋につとめ、よくその感情的対立をうまく収めたのはシリヤクスの腕にほかならない。かれは一方ではフィンランド人として、主義、人種、地域競争等の渦外にあり、他方、むかしの虚無党時代からの元老として領袖たちのあいだに知友が多く、当時の革命社会党にも、そのライバルの社会民主党にも、親密であるばかりでなぐ、フィンラン憲法党にもロシアの自由党にもそれぞれ友人が多く各党連合のまとめ役としては、最適の人物であった。

連合会義の目的は、ロシア政府にたいし、各党各派がそれぞれの要求を提出することとし、できれば一連の檄文を発表し、デモを行うことを決議することであった。

これらの準備が着々と整い、その前途を祝して共にハンブルグを出発し、明治三十七年八月末にストックホルムに帰還した。

ふたたびロンドンへー

ストックホルムに帰ったその日に、ロンドン公使館の宇都宮大佐からの「来られるならば、できるだけ速く来られたし」との電報が届いた。そのまま旅装も解かず、ふたたびロンドンに向った。

ロンドンでは、宇都宮大佐がポーランド社会党首領のヨードコーほか数人の同党ロンドン支部員を集め、協議中であった。協議の結果、十月に開催予定のパリ会議は、とうてい好結果をおさめることができないから、出席しないというのが多数派の意見だった。

しかし、一党員は「ブンド党(ユダヤ社会党)員の中には今回、開催予定のパリ会議は、シリヤクスが明石大佐の依頼をうけて奔走したる結果である。われらは、この会合の趣旨を疑い、あえて出席を躊躇している」と述べた。

シリヤクスと明石大佐のあまりにも親密なる関係、一体的行動が疑惑をもって見られていたのである。しかし、ポーランド社会党の態度は、さきにヨードコーが、ハンブルグの招きに応じて、シリヤクスとの列席の会合で約束したこととは違うため、明石大佐は、宇都宮大佐も列席した席上で、次のように1発かました。

「私はシリヤクスに連合会議の開催をお願いしたものではない、シリヤクス自身がその企画者で、私はただこの運動を支援しようとおもっただけのことです。もし諸君が賛成しないならば、どうぞ、それはそれでよいのです。私はこれを貴党に強制しょうとは思いません。それどころか、私はこれに積極的に関与したくはありません。それぞれ各党の利害関係によって離合集散はご随意になさるがよろしい」

ヨードコーは、しばらく考え込んでいたが、やがて「党員の議論はまちまちであるけれども、自分はどうしてもこれを一致させ会議に出席させるようにします」と態度を明確にした。

パリ会議より全面攻撃へ―パリ連合会議と各党の態度-

明治三十七年(一九〇四年)十月、開催予定の第一回不平党連合会議に対し、各党の首領中、アルメニア党のメリコフ、ポーランド国民党のバリスキーのように、その結果を疑問視する向きが少くなかった。しかし、シリヤクスの熱心な斡旋の労によって、九月中旬までに大体が出席の通知してきた。ただし、この会合がシリヤクスが明石大佐の依頼によって企図したるものとみなしたポーランド系のブンド党とロシアの社会民主党は、ついに参加しなかった。

社会民主党が不参加の理由は二つあり、同党首領プレハーノフが出席勧誘の回答において次のように回答してきた。

① 自分は追放令のために、会場たるパリには入ることができない身分である(彼はさきにスイス会場説を唱えていたのである)

➁、社会民主党は革命党などと異り、社会党の原則を守るがゆえに、革命的な手段をとることは、党の原理に違反するために出席することができない。

しかしこの社会民主党の不参加の真の理由は、革命党との対立からきていた。レーニンはこの社会民主党内の過激派であり、この連合運動にこそ加わらなかったが、政府攻撃に対しては革命的な協同一致を説き、プロレタリアートは武器をとるべきだと主張していた。

このようにして、ブンド党と社会民主党とは、ついにパリの連合会議に参加しなかったがその他の諸党、即ち自由党・革命党・フィンランド憲法党、ポーランド国民党・同社会党・ドロシャク党(アルメニア党)ゲォルギー党の各委員は、十月一日をもってパリに集合した。

会期五日間、シリヤクスは発起人であるとの理由で、議長に推挙された。この背後にあって、すべてを操縦する明石大佐のインテリジェンスは驚異に値する。

ー自由党参加問題に関して ー

この連合会議の開催にさいし、自由党を参加させるかどうかで、明石大佐とシリヤクスのあいだで意見が分かれた。

もともと自由党は一般に貴族、学者などの属する党派であり言論での戦いに重きを沖、ストライキや暴力などは用いるべきでないとしていた。しかし党内は、憲法派と進歩派の二つに分れ、前者は帝政ロシアを保持して、完全なる憲法を制定し、諸般の改革を行おうとしていた、一方、進歩派は民主主義を主張し、全国民の投票権を勝ち取ることを目的とし、急進派のうちには革命党のテロリズムにさえ加担する者もあった。

明石大佐は、一党内に激しい分派を有するものには、一様にその参加を求めるのは、危険きわまりないので、参加させないほうがよいと考えた。シリヤクスは、それは杞憂にすぎない。そんな危険があるとは思われないと主張して、結局、参加を求めることとなり、進歩派のみが、会議場をパリとする条件付きで、これに応じた。このパリ会場説は、社会民主党のスイス会場説と衝突することとなった。

参加した自由党は、強硬な意見を述べて、会場をあ然とさせた。かれらはまず、人民に対し総投票権をもたせねばならぬと主張、多種多様な反抗手段によってロシア政府を追い込み、各党の目的を達成すべきと訴えた。その代表者はロシア随一の名門でありモスクワ王朝の後裔たるドルゴルーキー公爵をはじめ、ミリューコフ博士、ストルーヴェのような錚々たる人々であった。

  ー フィンランド党の分裂-

連合会議の結果は、はじめ各党間に多少の異見があったが、首脳者の、斡旋によって大体の一致を見て成功裡に進行した。

その革命方法についても、各地方それぞれ一団となって、めいめい得意の手段をもってすることに一致した。たとえば自由党は、その主義とする言論によって州部会を煽動し、政府を攻撃することとし、革命党や同系の諸党は、得意の非常手段に訴うることとし、コーカサス両党のように暗殺に熟練せるもの、ポーランド社会党のごとくデモの経験を豊富に有するものなど、その地方の諸党派が一致協力し、目的達成に当ることを決議をおこなった。

しかし、不本意なことはフィンランド党の分裂であった。同党首領はシリヤクスであり、この連合会議讃長にありながら自党を統一することができず、議論せ二派に分れた。

党の一首領たる旧元老院議官メッケリン一派は、この共同的デモ運動を行うという決議に同意せず、その真意は、ツァー政府の威力はなおきわめて大であり、いまいたずらに暴挙を企てるのは、かえってフィンランドの運命を危うくするおそれがある。そのため、兵器の充実をはかり、起てばかならず目的を達成しできる実力をたくわえるまでは、隠忍自重すべきという結論に達した。兵器の充実とは、まず五万丁の小銃を得たのちの決起とした。

メッケリン一派は、日々にロシア化されつつあるフィンランドの現状に対し、決して独立を欲しないのではないが、暴力をもってすることは国を誤まる危険ありと見、まず完全な自治制の獲得をなそうとしていた。

しかしシリヤクスのような過激派は、これに満足しえず、ここにかれらと分離して別に一党を組織し、フィンランド反抗過激党の名で乗ることになった。この党の精神は、その国民的観念において前者と異るところはないが、その運動方針として、ロシアの革命党の別働隊として協同的にその目的を達成するものであった。パリ連合会議以後のフィンランド党は、フィンランド憲法党と同反抗過激党との両派に分立することになる。

                             つづく

 

 

 

 

 

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン( 968)『黒田日銀総裁の「敗北宣言」は新たな戦いの始まり 「真珠湾」の奇襲で日本経済は回復しなかった』●『中国の歴史:虚無主義と戦う習主席 (英エコノミスト誌 2016年10月29日号)』●『国際舞台で派手に転ぶ中国人投資家 驕りにかけては欧米並み、買収計画が相次ぎ頓挫 (英FT紙 2016年10月31日付)』●『大前研一の特別講義「大卒に特別な価値はない。世界教育動向と進む学歴インフレ」』●『  イタリアの避難所に簡易個室 建築家の坂茂さんが実演』

   日本メルトダウン( 968)   黒田日銀総裁の「敗北宣言」は新 …

no image
知的巨人の百歳学(106)ー農業経済学者・近藤康男(106歳)ー70才の人生の節目を越えて、以後40冊以上の超人的な研究力

睡眠健康法の農業経済学者・近藤康男(106歳)ー70才の人生の節目を越えて、以後 …

no image
●「 熊本地震から2ヵ月」(下) 『地震予知はできない』ー政府は約3千億円を つぎ込みながら熊本地震まで38年間の『 巨大地震』の予知にことごとく失敗した。(下)<なぜ地震学者は予知できないのか。ゲラー氏は 『地震予知は科学ではない』という>

  「 熊本地震を考える」 『地震予知はできない』ー政府は約3千億円を つぎ込み …

no image
『昭和史キーワード』終戦直後の東久邇宮稔彦首相による「1億総ざんげ」発言の「 戦争集結に至る経緯,並びに施政方針演説 』の全文(昭和20年9月5日)

『昭和史キーワード』 終戦直後の東久邇宮稔彦首相による「1億総ざんげ論」 (戦争 …

no image
★5<まとめ記事再録>『歴史の復習問題』/『世界史の中の日露戦争』-『英タイムズ』,『米ニューヨーク・タイムズ』は「日露戦争をどう報道したのか(連載1回―20回まで)①』★『緊迫化する米/北朝鮮の軍事的衝突はあるのか、日露戦争勃発直前の英米紙の報道と比較しながら検証する①』

★5<まとめ記事再録>『歴史の復習問題』/ 『世界史の中の日露戦争』 再録・日本 …

no image
 世界、日本メルトダウン(1020)―『金正男暗殺事件を追う』●『北朝鮮崩壊の「Xデー」迫る!金正恩は、中国にまもなく消される』★『金正男暗殺、北朝鮮の容疑者は国家保衛省4人と外務省2人か』●『金正男暗殺の謎 北朝鮮、従来の「工作作戦」と異なる手口』★『  北朝鮮レストラン「美貌ウェイトレス」が暴く金正恩体制の脆さ(1)』●『北朝鮮独裁者、「身内殺し」の系譜』●『金正男氏暗殺の裏で正恩氏の「拷問部隊」が暗躍か』

 世界、日本メルトダウン(1020)   北朝鮮崩壊の「Xデー」迫る! …

no image
  日本メルトダウン(998)―『 早くも暗雲、トランプ政権に尽くす人はいないのか 「エリート」たちにそっぽを向かれたトランプ次期大統領 』●『偽ニュース攻撃で自滅する米マスコミ』( 12/1, 田中 宇)★『  ネットに広がる「フェイク・ニュース」― 嘘と真実の見分け方とは』◎『中国、金の輸入と人民元の流出を制限 外貨準備高がピークから約25%減少、資本流出に警戒感強める当局 (英FT紙』●『「大きな黒い頭の鼠」が巣食っていた東京都―「大山鳴動して鼠一匹」は間違っている』●『日本はどうする?IoTの“根幹”を欧米2社が制圧–IoTビジネスの序盤戦はすでに決着済みの様相』

  日本メルトダウン(998) 早くも暗雲、トランプ政権に尽くす人はいないのか …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑭「ペリー米黒船はなぜ日本に開国を求めて来たのか」<以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P)>『開国の恩人は、ペリーではなく金華山沖のクジラである』

  <以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P) …

no image
日本メルトダウン( 980)『トランプ米大統領の波紋!?』★『トランプ氏、日本などの核兵器保有容認発言「言ったことない」』●『世界一の気前よさ米軍駐留経費負担――他の米同盟国26カ国分より多い』●『トランプとスティーブ・ジョブズの意外な共通点』★『「FBがトランプ勝利に貢献」、相次ぐ批判にCEOが反論』★『クリントン支援に奔走したセレブたちと、沈黙を貫いた世界一の歌姫』★『トランプ大統領の「安保タダ乗り論」にどう対処すべきか』★『たぶん誕生するトランプ大統領が日本経済を危機に陥れる』★『「トランプ現象」と「橋下徹ブーム」を比較する』★『トランプの勝因は「比喩力」、忘れられない言葉が人を動かす』

    日本メルトダウン( 980) —トランプ米大統領の波紋!? …

no image
日本リーダーパワー史(970)ー『政治家の信念とその責任のとり方』★『<男子の本懐>と叫んだ浜口雄幸首相は「財政再建、デフレ政策を推進して命が助かった者はいない。自分は死を覚悟してやるので、一緒に死んでくれないか」と井上準之助蔵相を説得した』

日本リーダーパワー史(970) 政治家の信念とその責任のとり方   統 …