前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(236)-『 ムハンマド皇太子の今後の進退には全世界の注目が集まっている』★『皇太子の任命権者サルマン国王と同盟国米国のトランプ大統領は現時点ではMBS(皇太子)の罷免に消極的であり、事態がこのまま推移すれば、政変になる可能性は少ない、と思われる』

   

F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(236)

 

今 世間の耳目を集めているカショギ氏事件とムハンマド皇太子の進退についてまとめてみました。
サウド家のアラビアですから、人民も土地もサウド家の持ち物という事でしょうか?究極的には首長には人民の生殺与奪の権利があるのでしょうね? 膝下の秘密警察を使って周囲に全く分からないように殺人、拷問などの悪事を好き勝手にやっているのがサウジアラビアという印象です。
巨大な石油利権に群がる王家一族は、corruption汚職まみれで既得権を貪る反改革の岩盤層です。ムハンマド皇太子は「MBS」とも呼ばれる。王族ではMBS以外は全て反対派という中で、政治改革、経済改革を実行するにはやはり狂気が必要でなのか?

独裁者に反抗する国民を国内で秘密裏に抹殺する政治習慣を、勢い余ってアメリカ、トルコの監視する国外で実行してしまった狂気の内弁慶の失敗が今回の事件です。
    

https://www.bbc.com/news/world-middle-east-46078961

https://www.bbc.com/news/world-middle-east-46222337

https://www.jpost.com/Opinion/President-Erdogan-and-the-Khashoggi-killing-571145

https://www.bbc.co.uk/news/world-europe-46183630

    https://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-46222337

    10/2 、 サウジのジャーナリスト、カショギ氏がトルコのサウジアラビア総領事館で殺害された事件は、

1)サウジ政府の国内体制、サルマン国王=ムハンマド皇太子(MBS)の改革路線、長年の石油依存からハイテク傾斜への新産業構造創出などに、中止と後退を促し兼ねない情勢の流動化をかもししつつある。

サルマン国王は、国内の反MBS勢力の伸張を抑えるため、実弟で元内相のアハメド王子を英国から呼び戻し治安の劣化、国民からの不信感の増殖を防いでいる。

11/15 、サウジ検察は、実行犯とみられる容疑者11人を起訴しこの内犯行を指示した5被告には死刑が求刑された。MBS等王室上層部の関与は否定され、殺害を命じたのは現場指揮官であると結論づけ、口封じと早期の幕引きを図っている。

自国のイスタンブールで不法かつ残忍な殺害事件をおこされたトルコのエルドアン大統領は、サウジサルマン国王以外の最高権力者の殺害指示があったと、現場音声の公開と合わせて、しつように繰り返しMBSの殺害指示を内外に喧伝しており、これは米国滞在中の政敵ギュレン師の送還、そしてサウジGCCによるカタール制裁の停止をも狙っていると指摘されている。

2)仮にムハンマド皇太子(MBS)の失脚があれば、それはサウジ国内の超保守勢力の再興をかもし彼等がムハンマドの政策を全て放擲する事に繋がるだけでなく、サウジをスンニ派とする湾岸協力機構 (GCC)の結束とイランとの対抗関係や、サウジのムハンマド皇太子とトランプ米国大統領の娘婿で上級顧問、ユダヤ人のクシュナー氏との個人的な関係も寄与して急速に改善しているイスラエルとGCCの関係などに極めて深刻かつ甚大な影響を及ぼす。

イスラエルのネタニャフ首相は、「ムハンマド皇太子の失脚は、サウジ+GCC +イスラエルによるイラン包囲網が空中分解する」とトランプ大統領に再三にわたり、サウジへの制裁圧力をゆるめるよう要請している。

MBSの退陣を望んでいるのは、スンニ派が主導しイスラムの盟主を標榜するサウジの弱体化を望む宿敵シーア派イラン、オスマントルコの再興を目指して中東における影響力の拡大を企図するエルドアンのトルコ、GCC各国から国交断絶(国境封鎖)を受けてもなお平静を保つ金満国家カタールであり、

MBSの失脚を何としても避けたいのは、同盟国サウジと協力し大規模で長期のイラン制裁を企図する米国。ムハンマド皇太子との友好関係を通じて宿敵イランの膨張を阻止したいイスラエルである。

ムハンマド皇太子の今後の進退には全世界の注目が集まっている。

上記の各紙の論調は、いずれも予断を許さないとしているが、MBSの任命権者サルマン国王、国王への影響力が最も大きいとされる同盟国米のトランプ大統領、この両者は現時点ではMBSの罷免に消極的であり、事態がこのまま推移すれば、政変になる可能性は少ないと思われる。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(213)『「脱原発世界会議」in 横浜1日目』『さよなら原発、バイバイ!原発のない世界の創り方』

速報(213)『日本のメルトダウン』   『「脱原発世界会議」in 横 …

no image
日中戦争史の再勉強①歴史資料<張作霖爆殺事件の陰謀と失敗①>森島守人『陰謀・暗殺・軍刀(岩波新書1950年)を読直す

日中戦争史の再勉強①   歴史資料<張作霖爆殺事件の陰謀と失敗①> 森 …

no image
<最強の外交官・金子堅太郎⑨>『外交交渉の極致―ポーツマス講和会議で日本を支持したルーズベルト大統領』(終)

<日本最強の外交官・金子堅太郎⑨>  ―「坂の上の雲の真実」ー 『外交 …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史が続く⒂」-『明治維新を点火した草莽崛起の革命家・吉田松陰⑶』★『言葉だけの武士、政治家、学者を最も軽蔑していた』★『辞世の句は「此程に思ひ定めし出立を けふきくこそ嬉しかりける」享年30歳』●『身はたとえ 武蔵の野辺に朽ちぬとも とどめおかまし大和魂』

松下村塾の塾生の松蔭の人格を語る 松陰の性格、人柄は謹厳実直、厳格ではと思われる …

no image
再録/百歳学入門(11)<日本超々高齢社会>の過去とは・<明治から1945年(昭和20)までは、人生90歳時代の現在とは真逆で、人生わずか50年だった日本>

    2010/01/26 &nbsp …

no image
『1949(昭和24)年とはどんな時代だったのか』

                2007,10,01     1949(昭和24 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(9)記事再録/ 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑫『福島安正のインテリジェンスが日清,日露戦争の勝利の主因①わが国初の国防書「隣邦兵備略」を刊行、清国の新海軍建設情報 を入手、朝鮮を属国化し大院君を強引に連れ去った

    2015/12/03 &nbsp …

no image
『各国新聞からみた日中韓150年対立史⑤』「1882年、中国は琉球問題で対日戦争準備を進めた」と英『ノース・チャイナ・ヘラルド』⑤

   『各国新聞からみた東アジア日中韓150年対立史⑤』 & …

no image
速報(246)『中国の富裕層こそ狙えー上海在住経済記者松山徳之氏のアドバイス③』『白川方明・日本銀行総裁の記者会見』

速報(246)『日本のメルトダウン』   『中国の富裕層こそ狙えー上海 …

no image
速報(97)『” グーグルの素早い行動が、日本で友人を勝ち取る事に成功している <ニューヨーク・タイムズ(7/10)』

   速報(97)『日本のメルトダウン』   『& …