前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(177)『日本のメルトダウン』★『国民投票での否決、ギリシャ破たんにつながる恐れ』☆『EUを救う中国マネーの真の狙い』

   

速報(177)『日本のメルトダウン』
★『国民投票での否決、ギリシャ破たんにつながる恐れ
☆『EUを救う中国マネーの真の狙い』
●『報道人は食っていけるか、生き残れるか?』
         前坂俊之(ジャーナリスト)
 
●『国民投票での否決、ギリシャ破たんにつながる恐れ=
ユーログループ議長』
2011 11 2 04:02 JST ロイター
●『EUを救う中国マネーの真の狙い』
2011年10月31日(月)16時26分「ニューズウイーク」キャスリーン・マクラフリン
「欧州経済の崩壊を防ぐため、中国が巨額の資金拠出に乗り出すとの憶測が高まっている。
本当だとすれば、中国が見返りに求めるものとは」
 
●【日本版コラム】これから経済成長の質が大きく変わる中国
尾崎教授のグリーンビジネスコラム 2011年 10月 24日  20:01 JST
 

中央政府の政策との整合性

1) 経済発展モデルの転換:やみくもに成長を目指すのではなく、環境保護や省エネなどを伴った質の高い成長を志向する。
2) 内需拡大:外資導入、輸出に頼るのではなく、国内の市場を成長させる。
 3) 民生優先:成長維持から、所得分配、雇用、医療、教育、社会保障重視への転換を行う。
●『中国の富裕層に国外脱出の動き』

2011年 11月 2日  10:46 JST

「移住先のトップは米国(全体の40%)で、以下、カナダ(37%)、シンガポール(14%)、欧州(11%)の順。
また、3分の1は海外に資産を持っており、28%は今後3年間に海外投資を計画している。海外に資産を持って
いる回答者の半分はその理由を子どもの教育だとし、32%は移住を理由に挙げた。投資先の人気トップは
米国(42%)で、投資形態で最も多かったのは不動産(51%)だった。」
 

情報の価値を受け手が決める時代

●『報道人は食っていけるか、生き残れるか?』
非営利ジャーナリズムの可能性を探る:西村吉雄×烏賀陽弘道対談(前篇)
●『サッカー=ロナウジーニョ、不摂生が招いた早過ぎる凋落』
2011 01 8 16:07 JSTロイタ―
 
 
●『レディー・ガガ、「セックスで創造力が吸い取られる」=米誌』
2010 08 3 11:35 JSTロイタ―
 

 - 現代史研究 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン( 972)『トランプ大統領ショックの行方!?』―『安倍首相とトランプ氏、17日初会談=日米関係強化で一致』●『米、TPP承認見送りへ「年内審議ない」』●『トランプ氏勝利で日本の通商戦略は崖っぷち TPP漂流視野 (1/2)』●『トランプ氏勝利 日本政府「誰がキーマン?」 パイプ細く関係構築急ぐ』●『  トランプ経済は、実は「大化け」の可能性を秘めている!』●『【トランプ勝利の7つの波紋】』

     日本メルトダウン( 972) トランプ大統領ショックの行方! …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(184)記事再録/「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』⑰「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』昭和2年刊)』★『 「朝鮮に美人が少い理由」は秀吉軍の美人狩りによるものか、 中国『元時代』の美人狩りのせいか、この歴史的論争の結果は?!』★『伊藤博文は具体的な数字と根拠を上げて秀吉の美人狩りを否定した。美人狩りをしたのは中国・元時代のこと』★『韓国・北朝鮮の現在まで続く反日/歴史歪曲偽造/日韓歴史認識ギャップは伊藤のように具体的な事実、数字を挙げて論争する必要がある』★『客観的な物的証拠(データ、資料、科学的、数字的な検証、論理的な推論によるもの)で行うこと』②

 2015/09/04  /「英タイムズ」「ニュー …

no image
グローバル・ITネット経済の中で「ビットコイン」 を考えるー野口悠紀雄氏(早大ファイナンス総合研究所顧問)会見動画(100分)

   グローバル・ITネット経済の中で「ビットコイン」 につ …

no image
日本メルトダウン(545)チャイナリスクの深淵>●「中国との終わりなき軍拡競争に突入する日本」● 「米国を戦略的に出し抜く中国

  日本メルトダウンの脱出法(545)   <チャ …

no image
世界の最先端テクノロジー・一覧①『リアルなVRの時代がついに到来』●『時価総額45億ドルのMagic Leapが拓くミックス・リアリティの世界 スマホは不要になるのか? 』●『次のキーテクノロジーは音声、次の覇者はAmazon』●『空飛ぶバイク、ついに発明される(動画)』●『YouTuberが小学生の「将来の夢」に登場 コース開設の専門学校も』

 世界の最先端テクノロジー・一覧①   リアルなVRの時代がついに到来 http …

no image
日本リーダーパワー史(435)なぜ安倍自民党政権は福島原発事故の未来,廃炉風景に目をつぶるのか。

 日本リーダーパワー史(435)   なぜ安倍自民党政権は福 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑵(記事再録)-日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか②『「モンゴル帝国は計6回も日本に使者を送り、外交、貿易、 属国化を迫ってきた』『日本を攻めようにも風涛艱険で、 モンゴル軍が安全に進攻できるところではない』

「モンゴル帝国は計6回も日本に使者を送り、外交、貿易、 属国化を迫ってきた』『日 …

no image
日本メルトダウン脱出法(718)「世界の株式ファンド、過去最大の資金流出 中国懸念で=バンカメ」「今こそ持続可能なグローバルビジネスを」

    日本メルトダウン脱出法(718) 世界の株式ファンド、過去最大の資金流出 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(28)「抑止力」一辺倒の危うさ-  新防衛大綱の「動的防衛力」

池田龍夫のマスコミ時評(28)   「抑止力」一辺倒の危うさ&#821 …

200px-Jacob_Clemens_Meckel
日本リーダーパワー史(626) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑳『ドイツ・参謀総長モルトケはメッケル少佐を派遣、日本陸軍大学校教官となり参謀教育を実践。メッケルの熱血指導が「日清・日露戦争』勝利の主因

   日本リーダーパワー史(626)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑳ …