前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日露300年戦争(2)-『徳川時代の日露関係 /日露交渉の発端の真相』★『こうしてロシアは千島列島と樺太を侵攻した⑵』

      2017/11/16

★『こうしてロシアは千島列島と樺太を侵攻した⑵』

 その侵攻ぶりを、当時の長崎奉行手附・近藤重蔵https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%

E8%97%A4%E9%87%8D%E8%94%B5

のその著書『辺要分界図考』の中で痛憤している。

「蛮書(紅毛1768年刻する所のもの、外国書のこと)によれば、之を『クリムセ』諸島と云ふ。その島大なるもの十六、小なるもの無数、古昔みな我、蝦夷(北海道)の属島たりしに、八十年前(正徳年中)露西亜(ロシア)人『カムサスカ(カムチャッカ)』を併合してより、漸々に諸島を蚕食して、三十年前より『シモシリ島(新知島)』迄を服従して其島々の名を改めて、露西亜の称となし、

二十年前より夷人の風俗を易へて、皆、露西亜の風俗となし、往古より日本に属せし蝦夷人(アイヌ人)をして髪を編み帽子を被り、股引を用ひ靴を穿ち、鉄砲玉薬を与え、露西盛の言を使ひ、露西亜の仏を首にかけ、彼の官吏、並に教法師、時々諸島に至り撫順せしめ、其、夷人は悉く露西亜に貢を入る。

十年前より露人『ウルツプ(得撫島)』に土着して傲然として去らざるに至る。『カムサスカ』は元『クリムセ』の地にして皆、我蝦夷の属なり。」

 ところでこの間、ハンガリー生まれのポーランド貴族モリッツ・ベニオフスキー伯なるものが、

http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I5224822-00

1769年、反露運動のため捕えられてカムチャッカに流されていたのが、1771年(明和八年)四月二十六日他の流刑者と相計って反乱を起こし、ロシアの官船を奪い、海上に出て厦門に向う途中、わが本州東南岸を航行し、八月四日三崎(一説には下田)、十日土佐湾、十五日琉球、二十八日台湾に寄港した。

わが国の文献では「はんぺんごろう」として伝えられる人物で、別になんら異図も抱いていなかったので、わが国の官民からは相当な待遇を与えられた。

この「はんぺんごろう」が途中、奄美大島から長崎のオランダ商館長宛に送った書翰のなかで、ロシアが日本に対し陰謀を企て、既に千島に砦を築き武器を備えており、おそらく来春にも蝦夷松前を攻略するだろうと警告して、わが朝野に北方警備の危急を痛感させた。

 その後、幕府も、いつまでもこれを放っておくわけにはいかなくなり、老中田沼意次が勘定奉行・松本秀持https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E7%A7%80%E6%8C%81

 

に命じて北辺の実情を調査させることにし、天明五年(1765年)2月、蝦夷地へ巡検使として普請役.山口高品らを派遣した。このとき先発の最上徳内https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E4%B8%8A%E5%BE%B3%E5%86%85

、大石逸平http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/aoi/2_history/2_1_01.htm

らの一行は、各地を巡視してその実情を具伸し、蝦夷地経営を図ったが、田沼の失脚によりその試みも中途にして止んだ。

そのため最上徳内は単身択捉、国後両島に渡り、難難辛苦、前後五年にわたって現地を踏破し、択撹島に居住するロシア人を捕えて国後島hhtps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%BE%8C%E5%B3%B6

 

に帰り、ロシア人に帰国を命じた。またその間、大石逸平は最上徳内と樺太に渡り、そこで行なわれていた山旦(古代満州の沿海地方)人との交易https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%B9%E4%BA%A4%E6%98%93

 につき見聞を広めた。

 

 

 その後、寛政末年、幕府はしばしば蝦夷地に巡検使https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A1%E8%A6%8B%E4%BD%BF

 

を送ったが、寛政十年(1798年)四月には目付渡辺胤

http://archives.c.fun.ac.jp/hakodateshishi/tsuusetsu_01/shishi_03-03/shishi_03-03-01-00-01~02.htm

、支配勘定・近藤重蔵らが派遣された。

 

このとき近藤は択捉島に渡り、先きに同島に渡ったロシア人イシュヨhttps://ameblo.jp/ayutaro-974ri/entry-11569073522.html

なるものが、ロシア領として明記して建てた標柱を倒して、代りに「大日本恵登呂府」なるわが国の国柱を打ち建てた。

http://www8.cao.go.jp/hoppo/mondai/02.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%B3%B6%E5%9B%BD

これ以後ロシア人は次第に択捉島を去り、もはや再び同島以西の主権の所属を争わなかった。

 しかしこうしてロシアの気勢はやや衰えたようにみえたが、実はロシアはそれより以前にさらに重要な望みを遂げようとしていたためでもあった。それはわが国との通商を開こうというのであって、そのためわが国を無用に刺激するのを避けたのであった。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
百歳学入門(158)★『昭和戦後日本経済成長の立役者』松下幸之助(94) 『病弱だったことが私の成功の最大の秘訣!ー『私1人でできんのでみんなに任せてやってもらった。」

百歳学入門<158> 『昭和戦後日本経済成長の立役者』松下幸之助(9 …

images
日本リーダーパワー史(668)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(50)●「明治4年の岩倉使節団の『政府首脳の大半が国外にでる壮挙』この知的探求心、国家改造力、ベンチャー精神こそが『明治の奇跡』を生んだ。

  日本リーダーパワー史(668) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(50)  …

ダウンロード-1-150x150
 日本リーダーパワー史(770)『金正男暗殺事件を追う』●『北朝鮮暗殺/粛清史のルーツとしての朝鮮独立党・金玉均惨殺事件』★『『金玉均暗殺事件が日清戦争の発火点の1つ』 朝鮮政府は日本亡命中の金玉均の暗殺指令を出していた』◎『『日清戦争の原因となった金玉均暗殺事件の新聞報道』(朝日,毎日、時事)』

  日本リーダーパワー史(770) 『金正男暗殺事件を追う』   金正 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉒ 『大日本帝国最後の日 (1945年8月15日) <かくして「聖断」は下った!>

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉒   『大日本帝国最後の日― (1945年8 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(130)/記事再録★『 陸軍軍人で最高の『良心の将軍』今村均の 『大東亜戦争敗戦の大原因』を反省する②』★「陸海軍の対立、分裂」「作戦可能の限度を超える」 「精神主義の偏重」「慈悲心の欠如」 「日清日露戦争と日中戦争の違い」「戦陣訓の反省」

「陸海軍の対立、分裂」「作戦可能の限度を超える」 「精神主義の偏重」「慈悲心の欠 …

no image
速報(257)<原発事故民間事故調報告書『世界を震撼させた3月の7日間」①<菅元首相のリーダーシップは?!

速報(257)『日本のメルトダウン』   <福島原発事故独立検証委員会 …

no image
速報(293)『日本のメルトダウン』◎『全原発停止」へカウントダウン(池田龍夫)』●「福島とチェルノブイリ ~虚構と真実~ 」

速報(293)『日本のメルトダウン』   ◎『全原発停止」へカウントダ …

no image
★『奥田正行/イタリア料理のスーパーシェフの世界を変えるパスタゆで方と鍋のふり方」の秘伝一挙全公開(40分間)「厨房設備機器展2019」のマルゼンブースでのスーパースチームでの実演デモはスゴイよ!

日本の最先端技術「見える化」チャンネル 厨房設備機器展2019(2/20、東京ビ …

no image
日本メルトダウン脱出法(819)『日本株が間もなく「落ち着き」を取り戻す理由―底打ちを示唆するシグナルが出揃いつつある』●『資源価格下落は日本への未曾有のボーナス(野口悠紀雄)』●『中国AIIBは、のっけから課題が山積しているー「格付けなし」で、どう資金を調達するのか』●『人民元安でも中国の輸出は拡大しない』

  日本メルトダウン脱出法(819)   今回の下落相場は、まだ下げき …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(657)まとめ『昭和の大宰相・吉田茂のリーダーシップ』1946年(昭和21)、米占領下で吉田内閣を作り、長期政権を維持、戦後の保守政治の基礎を固め、その吉田学校の生徒たち(池田勇人、佐藤栄作,田中角栄) らが高度経済成長を達成した。

  日本リーダーパワー史(657) ★(まとめ)「昭和の大宰相・吉田茂のリーダー …