前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉟『日本近代最大の知識人・徳富蘇峰の語る『なぜ日本は敗れたのか・その原因』①

      2017/08/15

『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉟



『来年は太平洋戦争敗戦から70年目―『日本近代

最大の知識人・徳富蘇峰「百敗院泡沫頑蘇居士」

の語る『なぜ日本は敗れたのか・その原因』①

――この反省、総括を克服できていないのが現在直面

している『第二の敗戦』の原因である』

 

 

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%AF%8C%E8%98%87%E5%B3%B0

以下はWikiによる『軍部との提携と大日本言論報国会』から、

 

徳富 蘇峰はいうまでもなく日本近代、最大のジャーナリストである。日清戦争に従軍し、日露戦争では開戦を支持、山県有朋、桂太郎ら明治のトップリーダーの伝記編纂、著者となり、太平洋戦争中は「大日本言論報国会会長」として、日本の新聞、出版のトップに君臨して、戦争の旗振り役に徹した。昭和16128日の海戦では東条英機の依頼で、開戦の詔書を添削した。昭和19年)2月には『必勝国民読本』を刊行した。終戦後の昭和209月、敗戦責任を取り、自らの戒名を「百敗院泡沫頑蘇居士」とする。GHQによって戦争責任を追及されて、A級戦犯に指定されたが、後に不起訴処分となった。徳富の死後半世紀たった2006、蘇峰が終戦直後から綴った日記「終戦日記」が初めて公開された。

以下の「敗戦の原因①」については、八月一五日の終戦のわずか二週間後に書いたものである点が注目される。

 

 

敗戦の原因①(昭和二十年九月一日午後、双宜荘にて)

 

 今さら、敗戦の理由なぞということを詮議しても、死児の齢を数うると同様のようだ。

 

しかし若し日本国民が往生寂滅せず、短かき時間であるか、長き時間であるか、後には敢て大東亜征戦頃といわざる迄も、せめて明治中期頃の日本に立ち還り、若くは立ち還らんとする希望が、全く消滅せざるに於ては、この詮議ほど大切なるものはない。

 

殊に不肖予の如きは、この戦争の楽屋に在ったとはいわぬが、同時にまた聾桟敷の看客でもなかった。されば予がいわゆる敗戦の原因につき見聞し、観察し、感想し、研究し、且つ推測したる所を、忌悍なく語り置くことは、満腔の鬱憤を、この際吐き散らすというばかりでなく、また後見に向って、大なる遺物を残す所以であろうと信ずる。

 

「大なる」というは、予自からの期待したる所であって、その実は、それ程役に立たぬかも知れない。しかしこれを役に立つるも、立たせないも、ものの、精神気塊の如何に因る。言い換うれば、彼等が日本精神さえ堅持しては、必ず大なる遺物として、彼等は受け取ってくれるであろうと信ずる。

 

 

我等の子孫たる失うなきに於て、近頃最も予の耳に響きたる戦敗の原因論としては、第一、東久邇首相宮

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%B9%85%E9%82%87%E5%AE%AE%E7%A8%94%E5%BD%A6%E7%8E%8B

 

 

 

が、戦敗の責は日本総国民が負うべきものである。よって今日は総国民一大反省し、一大懺悔し、生れ変らねばならぬという御意見である。次には、陸軍中将石原莞爾氏

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E8%8E%9E%E7%88%BE

 

 

 

が、敗戦は「日本総体の道徳が低下したる結果である。よって今日は楔ぎし、一切の旧染を洗い浄めて、新規、蒔き直しをやらねばならぬ」と、言うた事である。

 

首相の宮としては、今日の御立場として、かく申さるる外はなく、また政策的にも、かく申さるることが、極めて賢明であるかも知れぬ。また石原将軍は、聞く所によれば、満洲事変の唯一の張本人ではないけれども、当時最もその事変の作者の一人というべく、唯一とはいわぬが、主なる張本人の一たることは、間違いあるまい。

 

それが、自然といわんか、必然といわんか、その勢の推移するところ、今日に至ったことは、皆な人の認むるところ。但だ石原将軍は、支那事変の頃から、軍そのものと意見を異にし、当初は冷淡な協力者であり、中頃は傍観者となり、やがては痛烈なる批判者となった人であると聞く。その人がかかる意見を吐くのも、不思議ではあるまいが、予としてはいささかかそのまま受け取りにくきものがあると思う。

 

 要するに両説共に、負けたのが悪いでなくして、悪いから負けたという点は、一致している。しかもその悪いのは、軍官民総てが悪いので、殆ど誰れ彼れの差別はないという点が、一致している。かくいえばいわれないこともあるまい。

 

しかしそれは、いわば一種の観念説であって、机上の空論たるに過ぎず。後世子孫にとっては、何等稗益((ひえき)する所はあるまいと思う。あるいは全く無いとはいわれまいが、それに幾(ちか)いと思う。

 

語を換えていえば、失策をした時に、馬鹿とか鈍間(のろま)とか叱られたとて、何処が馬鹿であるか、何が鈍間であるかという事を、丁寧探切に語り聞かせねば、何の役にも立たず、かえって反抗することになり、逆効果を来たす恐れがないとも限らぬ。

 

今少しく病源に立入、打診をし、何故にこの病気は発生したか、如何にすればこの病気を全快することが出来るか、というような方面について、考察もし、研究もし、また説明もする必要があろうと思う。

 

予は決して自分の責任は棚に上げて、他を攻撃する横りではない。白から原告となって訴えんとするものでもなければ、被告となって弁ぜんとする者でもない。あたうべくんば公正なる審判官の任地に立って、何故に敗戦したるかについて、一通。意見を陳述して見たいと思う。

 

しかしそれには、科学的に秩序整然と語らんとするものではない。むしろ断片的に、思い出し引き出し語る積りであるから、これを物にするも、物にしないのも、聴く人の気持ち如何にあるということを、ここに断わって置く。

 

                                 つづく

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
● 『まとめ日本世界史』(世界史の中の『日露戦争』)➡英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は 「日露戦争をどう報道したか」を読む(22回連載)

  世界史の中の『日露戦争』(22回シリーズ) <英国『タイムズ …

no image
日本リーダーパワー史(681) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(60) 『世界史の中の『日露戦争』 (英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」は 「日露戦争をどう報道したか」を読む (20回連載の1~10回まで)

日本リーダーパワー史(681) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(60) 『ま …

no image
速報(418)『長期沈滞からテイクオフしかけたばかりの<アベノミクス>は外交オウンゴールで失速してはならない!」

 速報(418)『日本のメルトダウン』 ●『対外的には未来志向・戦略的 …

no image
日本リーダーパワー史(765)ー『今回の金正男暗殺事件を見ると、130年前の「朝鮮独立党の金玉均らをバックアップして裏切られた結果、「脱亜論」へと一転した 福沢諭吉の理由がよくわかる②』★『金玉均や朝鮮独立党のメンバーを族誅(罪三族に及ぶ)して、 家族、親族、一族の幼児まで惨殺、処刑した。福沢は社説『朝鮮独立党の処刑』と題して、過酷、苛烈な処刑を野蛮国と激しく批判した』

    日本リーダーパワー史(765) 今回の金正男暗殺事件を見ると、 …

no image
★『明治裏面史』/『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊾★青木大佐の『特別任務班(鉄道破壊工作)』★『横川省三班は横川、沖ら2人がロシア側にみつかり銃殺刑、4人も惨殺された』

★『明治裏面史』/『日清、日露戦争に勝利した 明治人のリーダーパワー,リスク管理 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(138)』VW不正事件、「事実・背景・今後」を「時間軸」で整理‏」◎「経営者の資質は、業績貢献よりも、人格識見と倫理感の秀でた人材が相応しい、という鉄則を想起」

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(138)』  経営者の資 …

222
日本リーダーパワー史(547)<日本スーパーマン>明治の奇跡「坂の上の雲」忘れられた主人公・川上操六伝(陸軍参謀総長、インテリジェンスの父)①

日本リーダーパワー史(547) ◎<日本のスーパーマン> 『明治維新から1 …

By: Dick Thomas Johnson
日本リーダーパワー史(542)サッカーアジア杯敗北とイスラム国人質事件で『死に至る日本病』を考える➁

  日本リーダーパワー史(542) ①サッカーアジアカップの準々決勝U …

no image
「司法殺人と戦かった正木ひろし弁護士超闘伝⑩」「八海事件の真犯人は出所後に誤判を自ら証明した(中)」

   ◎「世界が尊敬した日本人―「司法殺人(権力悪)との戦い …

no image
(まとめ)—近代日中関係の創始者・孫文と『支援した熱血の日本人たち』—辛亥革命百年秘話

(まとめ)—近代日中関係の創始者・孫文と 『支援した熱血の日本人たち』—辛亥革命 …