前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

◎現代史の復習問題『日韓150年紛争の歴史はなぜ繰り返され続けるのか、そのルーツを検証するー「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の連載②(11回→20回まで)』

   

記事再録/日本リーダーパワー史(872)

 

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など  外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑪ 「英タイムズ」

(1907(明治40)年7月29日付>『日本と朝鮮』

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10048.html

 

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑫「仏ル・タン」(1907(明治40)年7月29日付>

 『いとしく,やさしい朝鮮』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10081.html

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑬「ニューヨーク・タイムズ」(1907年8月2日付)

「朝鮮王子,死の宣告について当地で語る」

李相スルと●(王へんに奇)鐘,母国への虐待を正すために

わが国の協力を要請生命は没収されたと語る

日本は彼らの暗殺を狙うと皇帝の親族が語る-ルーズヴェルト

との会見を試みる予定

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10111.html

 

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑭ 「英タイムズ」(1907(明治40)年9月27日)

「朝鮮における日本」(上)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/10131.htm

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑮「英タイムズ」(1907(明治40)年9月27日)

「朝鮮における日本」(下)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10147.html

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑯「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史實外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)①

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10177.html

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合へ

の道』の真実⑰「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)②

 <「朝鮮に美人が少い理由」は秀吉軍が美人狩りをしたためか、中国『元時代』の美人狩りによるものか、の歴史的論争は・・・>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10209.htm

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑱ 「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)③

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10260.html

 

『英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑲

「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)④

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10289.html

 

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑳「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)⑤

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10316.html

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日中ロシア北朝鮮150年戦争史(44)『日本・ロシア歴史復習問題』★ 「日清戦争後のロシアの満州進出」が日露戦争の原因になった。

日中ロシア北朝鮮150年戦争史(44)『日中歴史復習問題』★ 「日清戦争後のロシ …

no image
日本リーダーパワー史(332)空前絶後の参謀総長・川上操六(45)日清戦争の遠因となった清国水兵の長崎事件とは何か。

日本リーダーパワー史(332) 「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」 空 …

no image
速報(17)『日本のメルトダウン』を食い止める!福島原発、洗浄が次の難題-「作業は数カ月ではなく数年間」

速報(17)『日本のメルトダウン』を食い止める! 福島原発、洗浄が次の難題-「作 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(102)昭和天皇による「敗戦の原因分析」①憲法改正もでき、勝利の結果、極端なる軍国主義となるよりも 却って幸福ではないだろうか」

終戦70年・日本敗戦史(102)  ー昭和天皇による「敗戦の原因分析」①ー    …

no image
日本リーダーパワー史(189)『真珠湾攻撃(1941)から70年―この失敗から米CIAは生れた。<日米インテリジェンスの落差>(上)

日本リーダーパワー史(189)   国難リテラシー   『真 …

no image
<日本最強の参謀ー「杉山茂丸」の経済雄弁術⑦ 細かい数字を百年の国策に取り交ぜ、談論風発、相手を煙幕に巻く。

 日本リーダーパワー史(481) <日本最強の参謀は誰か– …

no image
長寿学入門(217)-『三浦雄一郎氏(85)のエベレスト登頂法②』★『老人への固定観念を自ら打ち破る』★『両足に10キロの重りを付け、これに25キロのリュックを常に背負うトレーニング開始』★『「可能性の遺伝子」のスイッチを決して切らない』●『運動をはじめるのに「遅すぎる年齢」はない』

長寿学入門(217)   老人への固定観念を自ら打ち破れ ➀ 60歳を …

no image
日本リーダーパワー史(411 )『安倍首相のリーダーシップに期待する 『今後の国家戦略プログラムを提言』

 日本リーダーパワー史(411 ) 『安倍首相が消費税値上げ決断。東京 …

no image
速報(141)『日本のメルトダウン』●(必見動画)『文明国のやることとは思えない」福島で今なにが起こっているのか ドイツの報道』

速報(141)『日本のメルトダウン』     ●『文明国のや …

no image
日本リーダーパワー史(306)ベルツの「日中韓500年史②」『朝鮮が日本に併合されるまでの最後の五十年間の経緯』

日本リーダーパワー史(306)   『日韓外交衝突の歴史を検証する③』 …