前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

◎現代史の復習問題『日韓150年紛争の歴史はなぜ繰り返され続けるのか、そのルーツを検証するー「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の連載②(11回→20回まで)』

   

記事再録/日本リーダーパワー史(872)

 

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など  外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑪ 「英タイムズ」

(1907(明治40)年7月29日付>『日本と朝鮮』

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10048.html

 

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑫「仏ル・タン」(1907(明治40)年7月29日付>

 『いとしく,やさしい朝鮮』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10081.html

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑬「ニューヨーク・タイムズ」(1907年8月2日付)

「朝鮮王子,死の宣告について当地で語る」

李相スルと●(王へんに奇)鐘,母国への虐待を正すために

わが国の協力を要請生命は没収されたと語る

日本は彼らの暗殺を狙うと皇帝の親族が語る-ルーズヴェルト

との会見を試みる予定

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10111.html

 

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑭ 「英タイムズ」(1907(明治40)年9月27日)

「朝鮮における日本」(上)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/10131.htm

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑮「英タイムズ」(1907(明治40)年9月27日)

「朝鮮における日本」(下)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10147.html

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑯「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史實外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)①

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10177.html

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合へ

の道』の真実⑰「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)②

 <「朝鮮に美人が少い理由」は秀吉軍が美人狩りをしたためか、中国『元時代』の美人狩りによるものか、の歴史的論争は・・・>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10209.htm

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑱ 「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)③

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10260.html

 

『英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑲

「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)④

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10289.html

 

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑳「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)⑤

 http://www.maesaka-toshiyuki.com/history/10316.html

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(33)『日本とインドの架け橋』―大アジア主義者・頭山満とインド人革命家・ボース

『日本とインドの架け橋』―大アジア主義者・頭山満とインド人革命家・ボース 前坂  …

no image
★「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦までのいきさつ」② 『ロシアの謀略・清国操縦の裏面史」★『ロシアは李鴻章との間で『満州を独占する」露清密約を締結する。 日本側は湖広総督・張之洞、両江総督・劉坤一の2人と組んで 李鴻章に圧迫を加えたが、ロシアの武力・恫喝外交に李鴻章は屈した。』

★「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦までのいきさつ」② …

no image
日本リーダーパワー史(236)<日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』①

日本リーダーパワー史(236)   <日本議会政治の父・尾崎咢堂 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(44)『来年(2017)はアジア大乱、日米中の衝突はあるか」●『120年前の日清戦争の真相ー張り子トラの中国軍の虚像を暴露』(上)

日中北朝鮮150年戦争史(44)   宮古沖で日本を挑発する中国の狙いは「日中開 …

no image
日本メルトダウン脱出法(856)「トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由党内の結束力に大きな差、経済の安定も強い追い風に』●『中国の「欺瞞」外交にオバマもいよいよ我慢の限界ー口では協調を求め、裏では米国に大胆に挑戦(古森義久)』●『人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来』

日本メルトダウン脱出法(856) トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由 …

no image
日本メルトダウン脱出法(582)●「香港のデモ長期化、一国二制度」の正念場」 ●「イスラム国に打ち勝つ3つの条件」

    日本メルトダウン脱出法(582)     &nbsp …

222222
『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』-戦時特別任務➁

 『日露インテリジェンス戦争を制した天才参謀・明石元二郎大佐』-戦時特別任務➁ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑱』『米NYタイムズ、162年目の大改革』 ◎『スマホは人間をばかにする?』 

  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ⑱』   &nb …

no image
日本メルトダウン(921) <世界は再び混迷の時代、動乱の時代へとなるのか>『中国の外交政策:造った者が支配する(英エコノミスト誌)』●『戦争の足音」が欧州の東から迫りつつある ロシアが核の一撃考えているとの観測も』●『コラム:英EU離脱、新自由主義時代の終焉か=河野龍太郎氏』●『EUの盟主ドイツで「イギリス離脱」はどう報じられたか〜これって「イジメ」じゃない? 結論が出て、ますます混迷深まる』

日本メルトダウン(921) 世界は再び混迷の時代、動乱の時代となるのか 中国の外 …

no image
日本メルトダウン脱出法(798)「もはや経営危機」東芝5500億円赤字の衝撃度』●「親族の資産隠し疑惑で習主席の反腐敗運動に陰り?」●「シェアリングエコノミーの旗手が語る 工業資本主義の終焉と気候変動問題」

  日本メルトダウン脱出法(798)  「もはや経営危機」東芝5500億円赤字の …