前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 日本リーダーパワー必読史(745)★『 対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問題)  欧米が心配する『安倍ロシア朝貢外交の行方は!?』②日清戦争後のロシアの三国干渉と遼東半島の武力、 占領支配が日露戦争の原因なのである。

   

 

 日本リーダーパワー必読史(745)

対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問題)②

 欧米が心配する『安倍ロシア朝貢外交の行方は!?』

日清戦争後のロシアの三国干渉と遼東半島の武力、

占領支配が日露戦争の原因なのである。

 

 ロシア、ドイツ、フランスの三国は三国干渉後に、どのような行動をとったのか。

日本が泣く泣く返還した遼東半島について、清国の日本への戦争賠償金をロシアはフランスから借款して、清国へ貸して、その見かえりを要求して、遼東半島の植民地化を企てた。

 

明治二十九年(1896)五月、サンクトペテルブルグで開かれたニコライ二世戴冠式に出席した李鴻章は、ロシア蔵相ウイツテとの間で秘密裏に「露清条約」(カシー二条約)を調印し、その見かえりにロシアは李鴻章に300万ルーブルの巨額のワイロを送った。

 

「露清密約」とは日本を第1敵国とした軍事同盟で、①日本がロシア、朝鮮、清国を攻撃した場合、露清両国は相互に援助する②戦争となった場合、旅順など全港湾はロシア海軍に開放するーなどが骨子。さらにロシアは資金提供し国策会社の露清銀行、東清鉄道会社(満州内にシベリア鉄道を建設する)を設立するなどの内容、ロシアは満州支配の第一歩を踏み出した。

この密約は5年後の李鴻章が死んだ明治34年10月、次の清国の実力者、慶親王側からの知らせで日本政府は初めて知った。

小国日本がやっと手に入れた中国の領土を武力恫喝外交の『三国干渉』で、1兵も、1発の弾丸を撃つをことなく、火事場泥棒よろしく遼東半島を奪い去った『ロシア』の強盗行為に対して川上は一層の復讐心を燃やした。

一方、ドイツも同じハイエナであった。清国での利権獲得をめざし軍艦を派遣して膠州湾沿岸を測量していた明治三十年(一八九七)十一月、山東省でドイツ人宣教師二人が暴徒に殺害される事件が起きた。

 

清国側は即座に賠償金支払を申し出たが、ドイツ皇帝は拒否「われらの権利を阻害する者は、武装した拳で撃つべし」と皇太子を派遣し、暴徒鎮圧の砲艦外交を命じた。

この「武装の拳」は、第一次世界大戦の「条約は一片の反古なり」の言葉とともに外交史上に残る有名なカイゼル主義(強権主義)である。

皇太子の乗ったドイツ東洋艦隊は十一月十日に膠州に向い、あっという間に十四日には膠州湾を占領した。

 

ドイツは、①被害者の遺族、破壊された教会堂などの建設費など約七万両の償金②青島占領の軍費償還③山東省内鉄道敷設権、鉱山採掘の専有権をドイツに付与④膠洲湾をドイツの海軍根拠地とする九十九年間の租借権を要求した。

 

あまりの不当な要求に清国は朝野をあげて憤激し、「夷をもって夷を制する」の中国の常套手段で、ロシア、フランス、イギリス、アメリカに応援を頼んだが拒否され、泣く泣く要求をのみ、明治三十一年三月、独活条約を結んだ。

 

このドイツのやり方のさらに上をいったのがロシアで、明治三十年十二月、突然東洋艦

隊九隻が旅順港に入港し、膠州湾問題がかたづくまでの臨時の処置であると通告、居座った。ロシア流の強引な交渉で清国側に脅迫して翌明治三十二年三月、①旅順、大連、関東州の二十五年間の租借権獲得③付帯する鉄道権益の獲得と、シベリア鉄道の支線を関東州に延ばすなどーなどの『旅順大連租借条約』を結んだ。

さらに明治三十三年には、ロシアは韓国の馬山浦付近を租借し、明治三十四年にはシベリア鉄道をウラジオストックまで開通させた。

フランスも追随して、明治三十一年四月、広州湾の租借権(九十九年間)を得ていた。これに対して、イギリスはロシアの旅順租借は極東における均勢を破壊するとして日本軍の撤退後、旅順と同一条件をもって威海衛を租借する、と清国に申し出て、これまた同年七月、威海衛租借権(二十五年間)を得た。租借地というのは各国とも行政長官などを自国から派遣して植民地とまったく変わらないものである。

つまり、力の強い軍事国家が弱い国にささいなことに因縁をつけて、金や土地を奪っていくやく、暴力団と同じ行動パターンであり「植民地主義・帝国主義的な国家』がイギリス、ロシア、フランス、ドイツであり、万国法、国際法を旗印にして、ビスマルクの忠告も聞いていた日本は見事にだまされた。

 

この明治三十一年(一八九八) は、アジアだけではなく世界中で列強の

侵略主義の嵐が吹きあれた年でもあった。

 

四月にアメリカはスペインと開戦した(米西戦争)。七月には米国はハワイを併合した(日本・ハワイ関係史では明治十四年に、ハワイのカラカウア王が外国元首として初めて来日し、西欧列強の支配に対抗してハワイと日本の合併まで提案していたが、これは日本がそこまでの力はないと拒否していた)。

 

九月にはイギリス・エジプト軍がスーダンを占領し、十二月には米西戦争の講和が成立し、米国はスペインからプエルトリコ、グアム、フィリピン、キューバを順次獲得した。

 

日本は大国のパワーゲームに揉潤される弱小国の悲哀を胸に、軍事力の増強以外にこの苦境を脱する道はないと「臥薪嘗胆」して復讐戦に備えていった。

 

川上のこの時期(明治28-31年)の戦略はモルトケの「熟慮断行」の応用段階である。

モルトケは86歳まで参謀総長を続けたが、晩年は特に視察、巡視、旅行についやす時間が増えた。インテリジェンスで収集した情報を分析し、トップの敵前視察で情報の制度と現実を確認チェックして整合したうえで、決断命令する。そのための『チェック旅行』であったが、川上もこれに倣い、部下を連れて、参謀旅行を繰り返した。

 

明治二十九年9月、明石元二郎少佐をつれて台湾より対岸の広東省、ベトナムなどを巡視した。明治31年春にはロシア・ウラジオストック港に航行し、東部シベリアをまわった。田中義一をロシアに派遣し、花田仲之介をひそかにシベリアに送り込み、参謀本部の精鋭たちをヨーロッパにも派遣して情報収集に全力を挙げた。

ロシアの満州侵攻、満州経営のスピードぶりに危機感を持った。

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
クイズ<超高齢社会>・創造力は老人となると衰えるのか<創造力は年齢に関係なし>

  クイズ<超高齢社会>・創造力は老人となると衰えるのか <創造力は年 …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル/『文字から音声認識の時代へ』★『AI・人工知能EXPO2019(4/5)』-TISの「業務用スマートスピーカーによる音声文字起こし、スマホで会議録、報告書がサクサクできる』

日本の最先端技術「見える化」チャンネル AI・人工知能EXPO2019(4/5) …

no image
 ジョーク日本史・禅語の笑いはお腹のジョギング③『一笑一若・一怒一老』-一休さんは頓知の名人で不老長寿

 ジョーク日本史・禅語の笑いはお腹のジョギング③ 『一笑一若・一怒一老』-一休さ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(191)』『4億円を寄付した男の“危機感”(湯浅誠) ー中流層の崩壊を何としても食い止めなければなりません』●『渦中の都議会内田茂自民党幹事長、老舗電気工事業者、東光電気工事の監査役を兼務していたー都民も司直も舐められたものです。』●『(編集長コラム)五輪を迎える東京湾は死にかけている』●『ダイバーシティの現状、未来を見据えてこそ意味がある』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(191)』 『4億円を寄 …

『オンライン100歳学講座』★ 『日本一の大百科事典『群書索引』『広文庫』を出版した物集高量(朝日新聞記者、106歳)の回想録」★『大隈重信の思い出話』★『大隈さんはいつも「わが輩は125歳まで生きるんであ~る。人間は、死ぬるまで活動しなければならないんであ~る、と話していたよ』

  国語学者・物集高量(106歳)の思い出話は超リアルだよ。 大隈さん …

no image
★『世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記(2015 /10/10-18>「インカ帝国神秘の魔宮『マチュピチュ』の全記録、一挙公開!」水野国男(カメラマン)④

    2015/11/01 &nbsp …

no image
 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争カウントダウン』㉚『開戦37日前の『米ニューヨーク・タイムズ』の報道』-『「賢明で慎重な恐怖」が「安全の母」であり,それこそが実は日本の指導者を支配している動機なのだ。彼らは自分の国が独立国として地図から抹殺されるのを見ようなどとは夢にも思っておらず,中国が外部から助力を得られるにもかかわらず,抹殺の道を進んでいるかに見えるのとは異なっている。』★『日本はロシアに対する「緩衝地帯」として朝鮮を必要としている。半島全体が日露のいずれかの支配に帰さなければならない。分割は問題外だ』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉚『開戦1ゕ月前の 『米ニ …

no image
世界/日本リーダーパワー史(967)-『トランプ大統領弾劾問題と米中テクノナショナリズムの対立(下)』★『米中通商協議の期限は3月1日』★『中国経済失速へ!「中所得国の罠」にはまったのか』★『中国の「テクノナショナリズム」「<中国製造2025>のスパイ大作戦』

世界/日本リーダーパワー史(967) 『トランプ大統領弾劾問題と米中テクノナショ …

『オンライン100歳学講座』★『 全財産をはたいて井戸塀となり日本一の大百科事典『群書索引』『広文庫』を出版した明治の大学者(東大教授)物集高見(80歳) と物集高量(朝日新聞記者、106歳)父子の「学者貧乏・ハチャメチャ・破天荒な奇跡の物語」★『生活保護、極貧生活でも飄々とした超俗的な生き方に多くの人々は百歳老人の理想像を見て、その知恵と勇気に感動した』

  前坂 俊之(ジャーナリスト) 物集高見が出版した大百科事典『群書索 …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』★『 新型コロナ、大災害多発、世界大恐慌の襲われる地球世界(下)』★『米中の覇権争いの勝者は?』★『米国先住民の警告―「最後に人はお金は食べられないことを知るだろ」』 

                前坂 俊之(ジャーナリスト) 米中の覇権争いの勝 …