前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(248)/『1894年(明治26)単騎シベリア横断をした福島安正大佐のインテリジェンス』「シベリアには英仏独のスパイが50年前から活動、日露戦争では英、仏、独のいずれかを味方とし援助を受けるべし』

   

 2016/02/26日本リーダーパワー史(674)/『戦略思考の欠落』(56)  記事転載

                                                              前坂 俊之(ジャーナリスト)

福島のインテリジェンスについて、さらに書く。

福島安正の情報活動で最も世界的に有名になったのは、1894年(明治26)の単騎シベリヤ横断である。

この計画はもちろん偵察旅行という事はカムフラージュして新聞で報道された。西欧各国のメディア、軍関係者は『ヨーロッパ人もまだ達成していない極寒の単騎シベリア横断を未知の極東の日本人、しかも体力的にひ弱と伝えられる日本人が成功するわけはない』と半分嘲笑しながら、報道した。

旅行に出発して、各地で歓迎された模様は逐一報じられ、福島中佐はヨーロッパのメディアで大々的に伝えられた最初の日本人なった。

ただし、参謀本部に提出した単騎シベリア横断の極秘報告書の冒頭に次のように書かれている。

『そもそも、世界の情勢、西欧列強の実力(軍事力、経済力)を細心精密に観察塾考し、あらかじめこれに備える雄路(長期戦略)を立案しなければ、どうして強国から侵略、併呑される今日の危機のなかで、屹然として東アジアで独立を保っていくことができようか。

いわんや、交通不便のために、まだ隠されてよく見えないロシアのシベリア鉄道建設計画は、今後10年をでずして完成し、ロシア軍の暴発するのは目に見えている・・(後略)」

と目的はロシアの膨張政策のインフラ整備、シベリア鉄道の建設状況などの偵察であることが明示されている。この報告書の最後の結論では『ロシアのシベリヤ鉄道建設の完成を今後10年以内と予測し、これにより日露戦争の可能性に備え、戦略計画を樹てること』の急務を訴えていた。

日本は建国以来、外国から大きな侵略を受けた体験がなく、元軍の日本遠征に際しても台風により偶然救われたものを『神国日本』『皇国日本』とうぬぼれ、その天皇崇拝の国体のおかげと軍隊の精強により世界に例のない徳川幕藩体制下の鎖国230年間の一国平和主義を維持できたと錯覚し惰眠を貪ってきた。

ところが、それは世界的視野から見れば全くの錯覚であり、日本の位置が一番遠くヨーロッパから離れ、とくに交通不便のために西欧列強が大兵力が輸送ができなかったにすぎない。

徳川幕府が倒れたのも「太平の眠りを覚ます上喜撰 たった4杯で夜も眠れず」といわれたように、4隻の黒船に右往左往して、情報敗戦してしまう。結局、現実を直視せず、世界に目を開かず、無理やり眠リ、眠らされていた「三猿主義」鎖国の罪である。

この誤った認識、錯覚が日本の基本的な国防上最大の欠点であり、危機はここから発し、しかも今後10年以内にその危機がやって来るというのが、福島レポートのポイントである。

しかも、注目点はロシアが日本と戦う意思の有無をチェックするのが目的ではなく、ロシアの軍事、経済、建設能力やその可能性を予測する長期戦略情報収集とその分析が主旨であり、古い文体、言い回し、旧漢字で書かれているものの現代の科学的予測レポートに近いことだ。

もちろん、当時の日本には「情報」とか「戦略」とかの軍事用語すらなく、遅れた『情報鎖国』『情報低国』の時代に、福島中佐のみが世界的な戦略情報家と同等のインテリジェンスをもっていたことには刮目する。

シべリヤ横断の最高機密情報とは何かー

福島の単騎遠征報告書は軍事秘密として軍中央部の特定の者に配布されていたが、実はこの報告書に書いていない、さらに最高の機密情報があり、これは山県有朋(陸軍CEO,当時は枢密院議長)と、川上操六(参謀本部次長、戦略計画立案の最高責任者)の二人だけに口頭で報告されていた。その概要は次のとおり。

「私が馬車や大陸の河船の交通機関を一切使用せず、しかも従者も連れず単身乗馬で旅行した真の目的は、シベリアで列強のスパイをスパイするのが主眼だったからです。

シベリアのような奥地では列強もあまり大した情報活動はしていないものと当初予測して出発したのですが、現地を検(しら)べてみたら、驚いたことに英、仏、独の列強は新しいもので10余年、古いものは親子二代で50年も前からすでに派遣され、さらに彼らはオランダ、ベルギー、スイス、スペイン等の外国人をその配下に使用してカムフラージュしており、

現地に永住して現地人を多数使いながら一般住民の中に.完全にとけ込み、語学は方言まで使いこなし、とくに現地住民の福利、衛生、キリスト教の布教、学校、電信、交通等、最新式技術指導に至るまで世話をして多大の感謝と信頼を受けていたという現況を確認して来て、私もこの認識をつかむのに相当苦心して、やっと判った次第でした。

スパイをスパイするには乗馬で行動するのが何よりも便利であり、16ゕ月の長期間を毎日馬上で見えない敵と戦いながら先進国のスパイに鍛え上げられたようなもので、そのおかげでこの成果をつかみとった次第です」

と、その情況を具体的に報告し、結論を次のように述べた。

「今後十年にしてシペリヤ鉄道が完成して、欧州からロシアは大軍を派遣可能と推定されるのに、その10年間にこのベテランの列強のスパイたちを向うに廻しながら、わが日本人が割り込んでみても太刀打ちできないことは明瞭であり、残念ながら10年を目標とするかぎり現在の、日本にはその力がありません。

したがって、遅ればせながらもただちに日本からも情報員を派遣して、次の将来に備えることはいうまでもありませんが、これと併行してただちに英、仏、独のいずれかの強国を味方として、その援助を受ける方策をとる以外に方法はなく、しかもこれは絶対の急務と確信します」

(島貫重節『長期戦略のなかの諜報活動』「月刊歴史と人物」1983年7月号掲載)

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
野口恒のインターネット江戸学講義(13)第6章 境界・周縁・無縁の世界に生きた「漂白の民」―身分制度から外れた世界(上)

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義(13)>   第6章 …

no image
日本リーダーパワー史(737)『大丈夫か安倍外交の行方は!?』-プーチン大統領と12/15に山口県で首脳会談開催。長州閥は外交には弱く、伊藤、山県とも『恐露病患者』で日露戦争で外交失敗、『日ソ中立条約」の松岡洋右外相も大失敗の連続①

 日本リーダーパワー史(737)  ★『大丈夫か安倍外交の行方は!?』- プーチ …

no image
知的巨人たちの百歳学(110)ー『屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典『群書索引』『広文庫』の奇跡の「106歳物語」②『 物集高量に匹敵する言語学者といえば、諸橋轍次(99歳)だが、この大学者も奇行、変人的なエピソードが多いが、それは誤解である』

屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典 …

no image
日本風狂人伝(22)日本『バガボンド』チャンピオンー永井荷風と楽しく 野垂れ死に ②

  『バガボンド』ー永井荷風と一緒に野垂れ死に②       …

no image
◎『中国ディープ座談会ー『尖閣問題紛争の歴史経過、日中戦略外交の巧拙、中国の心理、法律、宣伝の対外情報戦を打ち破る』

速報(358)『日本のメルトダウン』     ◎『中国ディー …

no image
世界/日本リーダーパワー史(963)ー『欲望資本主義を超克し、21世紀の公益経済学を先取りしたメッセの巨人』~大原孫三郎の生涯②ー

  社会貢献の偉大な父・大原孫三郎の生涯―100年前に企業の社会的責任 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑰『日本の最も長い日(1945 8月15日)をめぐる攻防・死闘ー終戦和平か、徹底抗戦か②』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑰     『日本の最も長い日―日本帝国最後の日 …

no image
高杉晋吾レポート②東北関東大震災で、ギネスブック世界一認証の釜石湾口防波堤、津波に役立たず無残な被害①

 2011年3月22日 ギネスブック世界一認証の釜石湾口防波堤、津波に役立たず無 …

no image
日本リーダーパワー史(230) ●『伊藤博文の対外情報戦略―『ジャパン・デイリー・メール紙のブリンクリーを操縦して情報発信』

 日本リーダーパワー史(230)    <坂の上の雲の真実・イン …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(52)●『京都・滋賀県知事が原発再稼動を危惧する提言』『石原都知事が「尖閣諸島を買う」と公言』

池田龍夫のマスコミ時評(52)   ●『京都・滋賀県知事が原発再稼動を …