前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』⑱「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』昭和2年刊)③『陰謀の裏に女性あり』韓国王宮隣のソソタク・ホテルが陰謀の策源地」

      2015/09/10

 

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑱ 

  「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)③

       『陰謀の裏に女性あり』ー韓国王宮の隣に

ソソタク・ホテルという外人専門旅館

があり、ここが陰謀の策源地となっていた。

東洋通の米外交評論家として有名なジョージ・ケナン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%8A%E3%83%B3

は、朝鮮事情を視察に来た時は、光武帝(朝鮮王・高宗のこと)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%AE%97_(%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7%8E%8B)

に対して随分無遠慮な批評を下して、

『韓国王は、朝鮮人独特の陰謀性を持っている上に、赤児の如く無神経で、ボーア人の如く執拗で支那人の如く蒙昧で、そうしてホッテントット人の如く虚栄心に満ちている男だ。』といい、更に伊藤統監の人格を推称した上に、

『伊藤公のような公正を貴ぶ文明流の政治家は、きっとこの無節操な利巧者に籠絡されるに違いない』と予言したが、この予言は不幸にして事実に的中し、保護制度実施後間もなく、光武帝(高宗)は陰謀の中心となって忠実な伊藤統監を翻弄し始めたのである。

著者は、前後十年にわたって幾度も光武帝に謁見し、またその言動を注視する機会を得たのであるが、帝は慈眼豊頬、挙止典雅、如何にも寛仁大度の君主のように見えたが、何分にも伊藤が統監として京城(ソウル)に往った時には既に四十三年という長い星霜を波瀾多き政海に過ごし、別けても実父大院君一派

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E5%AE%A3%E5%A4%A7%E9%99%A2%E5%90%9B

と閔妃一族

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%94%E5%A6%83

との中間に介在して、奸計詐略(かんけいさくりゃく)=悪だくみ他人をおとしいれる計略=の渦中に浮沈して来られたために、良心は荒み分別は乱れ、ただ汲々として一時の婾安為楽(とうあんいらく)=悪がしこさを楽しむこと=にのみ屈託して居られたのである。

かくて加えて、帝の周囲には、自己の利害にばかり没頭して、国家の体戚(対面のこと)などをてんで念頭に置かな宦官雑輩(かんがんぎつばい=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A6%E5%AE%98

が多く居たし、また韓人策士の背後には不義の利得を漁ろうとする外国人の有象無象が控えていたので、韓延があたかも伏魔殿のように思われたのも無理はなかった。

王宮の隣にソソタク・ホテルという外人専門の旅館があった。

その主人はソソタク嬢というドイツ人でき緻(きりょ)は余り好くなかったが、なかなかの才物で、始終宮中に出入し、王妃はいうまでもなく、国王にまでも案内なしで近寄ることのできるほど重宝がられていた。

随って王室と外人との連絡はもちろん、運動費の取次に至るまで大抵彼女の手を経ないものはなかったので.その勢力はすばらしいものであった。彼女の経営に係るソソタク・ホテルが自然に陰謀の策源地となっていた。

あらゆる陰謀の裏には女性ありというが、取り別け牡鶏(ひんけい)=おんどり=晨(しん)『雄鶏が時を告げて泣くこと』する朝鮮の事とて、王妃・厳氏はこのソソタク嬢と相呼応して女の浅智恵から事態を.バットよりウオーストに導いて行ったのである。

伊藤公が光武帝に謁見する時には、生母・厳妃が必ず後の幕内に潜んでいて、丁度芝居の黒補(黒子のこと)が台詞(セリフ)を教えるように、国王の応対の遣ロを小声で指図するのを例としていた。

もし国王が余り不利益な返答でもしようものなら、夢中になって大声で叱りつけることさえたびたびあった。これは、厳妃ばかりでなく、前后閔妃などはそれよりも一層酷く、自身出しゃばって閔族の大臣等を操縦して、摂政気取りの大院君を排斥したため、とうとう大院君が怒り出し、君側の奸を除くとて、日本壮士を侵攻して荒療治をした事があった。(それが世にいう閔妃暗殺事件である。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%99%E6%9C%AA%E4%BA%8B%E5%A4%89

厳妃は閔妃ほど露骨に政治に干渉しなかったが、ソソタクという外国人の相棒があったので、その陰謀は国際的重大味を帯びるようになったから、その害毒はかえって深酷であった

つづく

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(23)記事再録/日本リーダーパワー史(76)辛亥革命百年(14)中国革命の生みの親・孫文を純粋に助けたのは宮崎滔天

    2010/07/20 /日本リーダーパワー …

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150回連載の16回~30回まで』『日本の最も長い日(1945年 8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か①』 ★『終戦を死闘の末になんとか勝ち取った首相官邸と外務省』★『問題は「サブジェクト・ツー」の解釈』★『『大日本帝国最後の日 -かくして「聖断」は下った!』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史②』150 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑥ 「英タイムズ」<明治40年7月19日付>「朝鮮・ハーグ密使事件』

 「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併合への道 …

ダウンロード-1-150x150
人気リクエスト記事再録-『日中韓の3国関係が北朝鮮の「ならず者国家」に翻弄され変則的に揺れ動いている』★『130年前の日清戦争勃発前の三国関係と同じ。福沢諭吉の『脱亜論」の理由、中華思想、小中華と日本主義の対立が現在まで延々と続く』

人気リクエスト記事再録 日中韓の3国関係が北朝鮮の「ならず者国家」に翻弄され変則 …

no image
日本リーダーパワー史(718)★『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行』「鍛錬を続けよ<鍛とは千日(3年)、錬とは一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書)『一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書) 。「常に人に笑われてきた悔しい歴史が、僕の中にはある。 これからもそれをクリアしていきたい」。

  日本リーダーパワー史(718)  『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行 …

no image
日本の最先端技術「見える化」チャンネル(2019 /2/27)-『日立造船の環境・漁業と共存できる「バージ型基礎構造物による次世代浮体式洋上風力発電システム」のプレゼン』

 日本の最先端技術「見える化」チャンネル(2019 /2/27) &n …

no image
『帝国の慰安婦』著者・朴裕河 世宗大学教授と大沼保昭 明治大学特任教授が慰安婦問題で2/23,日本記者クラブで会見動画

『帝国の慰安婦』(朝日新聞出版)の著者・朴裕河 世宗大学教授、 『「慰安婦」問題 …

no image
 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」⑤ 1902(明治35)年2月16日『露ジュルナル・ド・サン・ベテルスプール』- 『英日条約』に対抗『清国、朝鮮の独立と保全. その他のロシアの利益は大シベリア横断鉄道の 完成によって十分保証されている』●『2月19日『ノース・チヤイナ・ヘラルド』   日英同盟の成立ー『日本は地理的位置の問題を除けば,完全に西洋の国家である。』

 ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」⑤   …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(227)』『日本復活のためには先進各国から多様な人材を受け入れて彼らとの多国籍討論の場に日本人を引きづりだすこと』☆『日本人同士では通用している事がダイバシティ環境では時代遅れで全く通用しない事を思い知らせること』

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(227)』 日本を舞台に選 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(32)★現代史復習、記事再録『袁世凱の政治軍事顧問の坂西利八郎(在中国25年)が 「日中親善・衝突・戦争の歴史変転への原因」を語る10回連載』●『万事おおようで、おおざっぱな中国、ロシア人に対して、 日本人は重箱の隅を小さいようじでほじくるような 細かい国民性が嫌われて、対立が戦争に発展したのだ> 現在の日本企業が海外進出する場合の大教訓、警鐘である。

 日中北朝鮮150年戦争史(32)★現代史復習、記事再録再録  ――袁世凱の政治 …