前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』⑱「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』昭和2年刊)③『陰謀の裏に女性あり』韓国王宮隣のソソタク・ホテルが陰謀の策源地」

      2015/09/10

 

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実⑱ 

  「伊藤博文統監はどう行動したか」(小松緑『明治史実外交

秘話』中外商業新報社, 昭和2年刊)より)③

       『陰謀の裏に女性あり』ー韓国王宮の隣に

ソソタク・ホテルという外人専門旅館

があり、ここが陰謀の策源地となっていた。

東洋通の米外交評論家として有名なジョージ・ケナン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%8A%E3%83%B3

は、朝鮮事情を視察に来た時は、光武帝(朝鮮王・高宗のこと)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%AE%97_(%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7%8E%8B)

に対して随分無遠慮な批評を下して、

『韓国王は、朝鮮人独特の陰謀性を持っている上に、赤児の如く無神経で、ボーア人の如く執拗で支那人の如く蒙昧で、そうしてホッテントット人の如く虚栄心に満ちている男だ。』といい、更に伊藤統監の人格を推称した上に、

『伊藤公のような公正を貴ぶ文明流の政治家は、きっとこの無節操な利巧者に籠絡されるに違いない』と予言したが、この予言は不幸にして事実に的中し、保護制度実施後間もなく、光武帝(高宗)は陰謀の中心となって忠実な伊藤統監を翻弄し始めたのである。

著者は、前後十年にわたって幾度も光武帝に謁見し、またその言動を注視する機会を得たのであるが、帝は慈眼豊頬、挙止典雅、如何にも寛仁大度の君主のように見えたが、何分にも伊藤が統監として京城(ソウル)に往った時には既に四十三年という長い星霜を波瀾多き政海に過ごし、別けても実父大院君一派

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E5%AE%A3%E5%A4%A7%E9%99%A2%E5%90%9B

と閔妃一族

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%94%E5%A6%83

との中間に介在して、奸計詐略(かんけいさくりゃく)=悪だくみ他人をおとしいれる計略=の渦中に浮沈して来られたために、良心は荒み分別は乱れ、ただ汲々として一時の婾安為楽(とうあんいらく)=悪がしこさを楽しむこと=にのみ屈託して居られたのである。

かくて加えて、帝の周囲には、自己の利害にばかり没頭して、国家の体戚(対面のこと)などをてんで念頭に置かな宦官雑輩(かんがんぎつばい=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A6%E5%AE%98

が多く居たし、また韓人策士の背後には不義の利得を漁ろうとする外国人の有象無象が控えていたので、韓延があたかも伏魔殿のように思われたのも無理はなかった。

王宮の隣にソソタク・ホテルという外人専門の旅館があった。

その主人はソソタク嬢というドイツ人でき緻(きりょ)は余り好くなかったが、なかなかの才物で、始終宮中に出入し、王妃はいうまでもなく、国王にまでも案内なしで近寄ることのできるほど重宝がられていた。

随って王室と外人との連絡はもちろん、運動費の取次に至るまで大抵彼女の手を経ないものはなかったので.その勢力はすばらしいものであった。彼女の経営に係るソソタク・ホテルが自然に陰謀の策源地となっていた。

あらゆる陰謀の裏には女性ありというが、取り別け牡鶏(ひんけい)=おんどり=晨(しん)『雄鶏が時を告げて泣くこと』する朝鮮の事とて、王妃・厳氏はこのソソタク嬢と相呼応して女の浅智恵から事態を.バットよりウオーストに導いて行ったのである。

伊藤公が光武帝に謁見する時には、生母・厳妃が必ず後の幕内に潜んでいて、丁度芝居の黒補(黒子のこと)が台詞(セリフ)を教えるように、国王の応対の遣ロを小声で指図するのを例としていた。

もし国王が余り不利益な返答でもしようものなら、夢中になって大声で叱りつけることさえたびたびあった。これは、厳妃ばかりでなく、前后閔妃などはそれよりも一層酷く、自身出しゃばって閔族の大臣等を操縦して、摂政気取りの大院君を排斥したため、とうとう大院君が怒り出し、君側の奸を除くとて、日本壮士を侵攻して荒療治をした事があった。(それが世にいう閔妃暗殺事件である。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%99%E6%9C%AA%E4%BA%8B%E5%A4%89

厳妃は閔妃ほど露骨に政治に干渉しなかったが、ソソタクという外国人の相棒があったので、その陰謀は国際的重大味を帯びるようになったから、その害毒はかえって深酷であった

つづく

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本のメルトダウン(533)◎「戦争モード」に突入したウクライナ情勢』◎「90年の人生で、今の日本がいちばんひどい」(瀬戸内寂聴)

    日本のメルトダウン(533) & …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(39)<歴史復習問題>『120年前の日清戦争の真実]』④中国側から見た清国軍の実態ー腐敗していたので北洋水師は 全滅したと結論。解放軍も全く同じ体質。

 日中北朝鮮150年戦争史(39) <歴史復習問題> 『120年前の日清戦 …

no image
日本リーダーパワー史(189)『真珠湾攻撃(1941)から70年―この失敗から米CIAは生れた。<日米インテリジェンスの落差>(上)

日本リーダーパワー史(189)   国難リテラシー   『真 …

no image
日本リーダーパワー史(147)国難リテラシー・『大日本帝国最期の日』(敗戦の日) 海軍省・軍令部はどう行動したのか⑤

 日本リーダーパワー史(147)   国難リテラシー・『大日本帝国最期 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(144)』エマニュエル•トッド著「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書) 新書 を読んで

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(144)』 エマニュエル•ト …

no image
片野勧の衝撃レポート(55)太平洋戦争とフクシマ(30) 『なぜ悲劇は繰り返されるのかー内部被ばくと原発- -6000人以上の臨床体験(下)

  片野勧の衝撃レポート(55) 太平洋戦争とフクシマ(30) 『なぜ …

no image
日本リーダーパワー史(690)『中国/朝鮮行動学のルーツ⑤』130年前の「壬午事変、天津条約」での異文化コミュニケーションギャップ、対立から日清戦争へ暴発する

日本リーダーパワー史(690) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑤』130年前の 「壬 …

無題
日本リーダーパワー史(724)ー『歴代宰相の器比べ』元老・山県有朋はC級宰相①「日本陸軍のCEO」と同時に派閥を作って老害ボスで君臨、政治指導をそっちのけで、趣味の庭づくりに狂熱を傾け,『椿山荘」,「無隣庵」「古希庵」など生涯、9カ所の大別荘、大庭園を造った。①

日本リーダーパワー史(724) 山県有朋天保9年~大正11年 (1838~192 …

no image
日本メルトダウン脱出法(610) ○『剛腕政治家が世界を闊歩した1年』(英F・T紙)●『今年の世界検索ランキング発表、グーグル』

    日本メルトダウン脱出法(6⒑) &nbsp …

no image
片野勧の衝撃レポート『太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災⑤ーなぜ、日本人は同じ過ちを繰り返すのか』郡山空襲と原発<上>

片野勧の衝撃レポート 太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災⑤ 『なぜ、日本人は同 …