前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(193)―『発明王・エジソン(84歳)ーアメリカ史上最多の1913の特許をチームワークで達成したオルガナイザーの人生訓10か条』

   

百歳学入門(193)

発明王・エジソンーアメリカ史上最多の1913の特許をチームワークで達成したオルガナイザー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%82%BD%E3%83%B3

発明王の天才・エジソンが小学校を中退し、母親が以後教師となって教えたことはよく知られている。エジソンは日記にこう書いている。

小学校の先生から無能呼ばわりされて中退した。その時、自分を最も強く弁護して、私の教育をしてくれたのが母親であった。

「母親の大切さを自分は幼い時に発見した。小学校の先生から無能呼ばわりされた時、自分を最も強く弁護してくれたのは母親であった。

その期待に応えるために努力を重ねたといってもよい。人生の節目節目で体験した危機的状況に際し、母ほど自分を認め、信じてくれた存在はない。それなくしては、決して発明家としてやっていけなかった気がする。」

(浜田和幸著「快人エジソンー奇才は21世紀に甦る」日本経済新聞社 (1996)

②12歳で耳が不自由となったが、悲観しなかった。それはハンディキャップではなかった。

12歳となったエジソンは、列車の中で新聞売りをしていた。ある時、列車に乗り遅れそうになった時、貨物列車の機関員がホームを駈けていたエジソン少年の耳をつかんで列車に引っぱり上げてくれた。

その瞬間、エジソンの耳の奥に激痛が走った。鼓膜が破れたのか、その後、耳が聞こえなくなった。専門医の治療を受けたが、好転せず、その後、二、三の言葉しか聞こえない聴覚障害者となった。

③自分は耳が不自由であるからこそ、蓄音機の完成に精魂を傾けた。

エジソンは、耳の聞こえないことに悲観しなかった。ハンディキャップとは思わなかった。周囲の雑音が耳に入らないことを、逆に幸運だと思った。そのためにエジソンは読書に集中して、デトロイト公共図書館の本を全部読破した。

そこで得た膨大な知識を片っ端から実験して確かめて、数多くの発見、発明に成功した。

「自分は耳が不自由であるからこそ、蓄音機の完成に精魂を傾けた。また、電話機を本当に使えるように改良できたのも、耳が聞こえないからできたことだと自負している。」と日記に書いている。

④幸せになる方法の第一は頭の回転を良くすること。自分の脳で考えること。

それまでより、二回余計に頭を働かせれば、ほとんどの問題は解決できる

⑤幸せになる法の二つ目は教育。正しい早期教育に勝る方法はない。

大人になってからでは手遅れである。四歳の子供なら、どんなことでも頭に入り、一度入ると永久に残る。幼い頃に、善悪を正しく教えることが大切である。

常に先を考え、備えることが自信を呼ぶことにつながる。この自信があれば、幸福感が強まる。

⑥「困難な苦しい時、自分は気分を変えることに努めた。

困ったことから気分を外すためにか、人一倍働いた。悩みの解決には、仕事が一番の薬であった。決して、お酒では問題は解決できない。

⑦お金は人を幸せにしない。

大金持ちたちは近づいてくる人間は自分のお金目当てに違いないと、いつも気が休まらない。立派な屋敷に住み、高級車に乗っているが、一日に食べる食事はだいたい三回だ。人生を本当に楽しんでいる金持ちなんて見たことがない。

⑧この地球上で年をとらない薬や不死の命を手に入れても決して幸せにはなれない。

人間は分をわきまえることが肝要である。自分の人生を力いっぱい充実させた人間は延命など望まない。人間の知性を司るリトル・ピープルは変化を求める性質を備えている。なぜなら、変化こそ進歩の原動力となるからである。

➈35歳から本格的な生産活動に入る知性は、80歳あたりで急激な下降線をたどる。

今の生命の終わりのシグナルである。このような現象が見えた時には、リトル・ピープルは新しい生命へのサイクルに乗り移る準備段階に入ったのだと心得ることである

⑩「82歳の今、自分の人生を振り返ってみるに、おおむね幸せな一生を過ごせたと思う。

人生で一番幸せだった時12歳の頃であった。世の中の素晴らしさが実感できた年であった。

<以上は浜田和幸著「快人エジソンー奇才は21世紀に甦る」日本経新聞社日本経済新聞社 (1996)より>

 

百歳学入門(93)「世界天才老人NO1・<エジソン(84)の秘密>とはー発明発見・健康長寿・研究実験、仕事成功10ヵ条」①

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/370.html

百歳学入門(94)天才老人NO1<エジソン(84)の秘密>落第生 アインシュタイン、エジソン、福沢諭吉からの警告

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/368.html

百歳学入門(95)「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>10ヵ条③ー「天才は1%の霊感と99%が汗である」

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/364.html

 - 人物研究, 健康長寿, 現代史研究, IT・マスコミ論

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日中北朝鮮150年戦争史(19 )世界史『西欧列強の植民地争奪合戦』 の中での日清戦争勃発〈1894年)②【福沢諭吉の開戦論】李鴻章・袁世凱の属国朝鮮の支配、教唆の証拠が明白なる以上、我が国は躊躇すべきでなく直ちに開戦せよ』

  日中北朝鮮150年戦争史(19 ) 世界史『西欧列強の植民地争奪合戦』 の中 …

『オンライン昭和史講座/白洲次郎の研究②』★『日本占領から日本独立へマッカーサーと戦った2人の日本人』★『吉田茂とその参謀・白洲次郎(2)』★『戦争に負けても奴隷になったのではない。相手がだれであろうと、理不尽な要求に対しては断固、戦い主張する」(白洲次郎)★『憲法問題の核心解説動画【永久保存】 2013.02.12 衆議院予算委員会 石原慎太郎 日本維新の会』(100分動画)

2013/03/14  /日本リーダーパワー史(368) 『吉田さんに …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑶日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか③『現在の北朝鮮問題と同じケース、一国平和主義に閉じこもっていた鎌倉日本に対して世界大帝国『元』から朝貢(属国化)に来なければ武力攻撃して、日本を滅ぼすと恫喝してきた!、国難迫る!』

日本の「戦略思想不在の歴史」⑶ 日本で最初の対外戦争「元寇の役」の内幕 第4回目 …

no image
現代史の復習問題/記事再録/百歳学入門(84)大宰相・吉田茂(89歳)の政治健康法②「こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられるか」★『総理大臣当時、いやな問題が起こると、血圧が20や30すぐにとび上がった。あるとき、気分が悪いので測ったら、最高230で最低が120もあった』

  2013/11/05  百歳学入門( …

no image
ユビキタスネットワーク時代を迎えて―自由自在な双方向通信

1 ユビキタスネットワーク時代を迎えて―自由自在な双方向通信 前坂俊之(静岡県立 …

no image
日本リーダーパワー史(918)記事再録『憲政の神様/日本議会政治の父・尾崎咢堂が<安倍自民党世襲政治と全国会議員>を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』①『総理大臣8割、各大臣は4割が世襲、自民党は3,4代目議員だらけの日本封建政治が国をつぶす』

  2012/02/23 日本リーダーパワー史(236)転載 < …

no image
日本リーダーパワー史(707) 安倍首相の<多動性外交症候群>『日露領土交渉』で再び失敗を繰り返し てはならない②『日露首脳会談】プーチン氏、北方領土で日本マネー取り込み「愛国機運」背景に軟化の余地なし』●『北方領土「新たな発想」、局面打開の具体策は見えず「この3年、何も動かず」露ペースに懸念』●『なぜ今、日露首脳会談? 実現に意欲の安倍首相、大局的な狙いを海外メディアが考察 』

日本リーダーパワー史(707) 安倍首相は『日露領土交渉』で再び失敗を繰り返し …

『オンライン講座・国難突破力の研究』★『(1945年敗戦)「この敗戦必ずしも悪からず」と勇気と今後の戦略を提示したその国難突破力』★『 (外交の鉄則)列国間の関係に百年の友なく 又、百年の敵なし、 今日の敵を転じて明日の友となすこと必ずしも 難かしからず』

近現代史の重要復習問題/記事再録/   2019/05/18 …

no image
速報(44)『日本のメルトダウンを止める』◎海外の視点、意見に目も心も開けー(米国、フランス、ベトナムなど)

速報(44)『日本のメルトダウンを止める』◎海外の視点、意見に目も心も開けー(米 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(492)「国借金が1000兆円でも国債が暴落しなかった 訳」「独占公開、サムスンが呑み込んだ日本技術」

     速報「日本のメルトダウン」(4 …