前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

百歳学入門(193)―『発明王・エジソン(84歳)ーアメリカ史上最多の1913の特許をチームワークで達成したオルガナイザーの人生訓10か条』

   

百歳学入門(193)

発明王・エジソンーアメリカ史上最多の1913の特許をチームワークで達成したオルガナイザー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%82%BD%E3%83%B3

発明王の天才・エジソンが小学校を中退し、母親が以後教師となって教えたことはよく知られている。エジソンは日記にこう書いている。

小学校の先生から無能呼ばわりされて中退した。その時、自分を最も強く弁護して、私の教育をしてくれたのが母親であった。

「母親の大切さを自分は幼い時に発見した。小学校の先生から無能呼ばわりされた時、自分を最も強く弁護してくれたのは母親であった。

その期待に応えるために努力を重ねたといってもよい。人生の節目節目で体験した危機的状況に際し、母ほど自分を認め、信じてくれた存在はない。それなくしては、決して発明家としてやっていけなかった気がする。」

(浜田和幸著「快人エジソンー奇才は21世紀に甦る」日本経済新聞社 (1996)

②12歳で耳が不自由となったが、悲観しなかった。それはハンディキャップではなかった。

12歳となったエジソンは、列車の中で新聞売りをしていた。ある時、列車に乗り遅れそうになった時、貨物列車の機関員がホームを駈けていたエジソン少年の耳をつかんで列車に引っぱり上げてくれた。

その瞬間、エジソンの耳の奥に激痛が走った。鼓膜が破れたのか、その後、耳が聞こえなくなった。専門医の治療を受けたが、好転せず、その後、二、三の言葉しか聞こえない聴覚障害者となった。

③自分は耳が不自由であるからこそ、蓄音機の完成に精魂を傾けた。

エジソンは、耳の聞こえないことに悲観しなかった。ハンディキャップとは思わなかった。周囲の雑音が耳に入らないことを、逆に幸運だと思った。そのためにエジソンは読書に集中して、デトロイト公共図書館の本を全部読破した。

そこで得た膨大な知識を片っ端から実験して確かめて、数多くの発見、発明に成功した。

「自分は耳が不自由であるからこそ、蓄音機の完成に精魂を傾けた。また、電話機を本当に使えるように改良できたのも、耳が聞こえないからできたことだと自負している。」と日記に書いている。

④幸せになる方法の第一は頭の回転を良くすること。自分の脳で考えること。

それまでより、二回余計に頭を働かせれば、ほとんどの問題は解決できる

⑤幸せになる法の二つ目は教育。正しい早期教育に勝る方法はない。

大人になってからでは手遅れである。四歳の子供なら、どんなことでも頭に入り、一度入ると永久に残る。幼い頃に、善悪を正しく教えることが大切である。

常に先を考え、備えることが自信を呼ぶことにつながる。この自信があれば、幸福感が強まる。

⑥「困難な苦しい時、自分は気分を変えることに努めた。

困ったことから気分を外すためにか、人一倍働いた。悩みの解決には、仕事が一番の薬であった。決して、お酒では問題は解決できない。

⑦お金は人を幸せにしない。

大金持ちたちは近づいてくる人間は自分のお金目当てに違いないと、いつも気が休まらない。立派な屋敷に住み、高級車に乗っているが、一日に食べる食事はだいたい三回だ。人生を本当に楽しんでいる金持ちなんて見たことがない。

⑧この地球上で年をとらない薬や不死の命を手に入れても決して幸せにはなれない。

人間は分をわきまえることが肝要である。自分の人生を力いっぱい充実させた人間は延命など望まない。人間の知性を司るリトル・ピープルは変化を求める性質を備えている。なぜなら、変化こそ進歩の原動力となるからである。

➈35歳から本格的な生産活動に入る知性は、80歳あたりで急激な下降線をたどる。

今の生命の終わりのシグナルである。このような現象が見えた時には、リトル・ピープルは新しい生命へのサイクルに乗り移る準備段階に入ったのだと心得ることである

⑩「82歳の今、自分の人生を振り返ってみるに、おおむね幸せな一生を過ごせたと思う。

人生で一番幸せだった時12歳の頃であった。世の中の素晴らしさが実感できた年であった。

<以上は浜田和幸著「快人エジソンー奇才は21世紀に甦る」日本経新聞社日本経済新聞社 (1996)より>

 

百歳学入門(93)「世界天才老人NO1・<エジソン(84)の秘密>とはー発明発見・健康長寿・研究実験、仕事成功10ヵ条」①

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/370.html

百歳学入門(94)天才老人NO1<エジソン(84)の秘密>落第生 アインシュタイン、エジソン、福沢諭吉からの警告

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/368.html

百歳学入門(95)「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘密>10ヵ条③ー「天才は1%の霊感と99%が汗である」

http://www.maesaka-toshiyuki.com/longlife/364.html

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 健康長寿, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑮』ー『最悪のシナリオから考えるー東京もチェルノブイリ第三区分入りか』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑮』   『最悪のシナリオから考えるー東京 …

no image
リクエスト再録『百歳学入門(207)』-<昭和の傑僧・山本玄峰老師(95歳)の一喝!>★『一日不働 一日不食。(1日働かなければ、1日食わず、食わんでも死なん』★『 力をもって立つものは、力によって亡ぶ。金で立つものは、金に窮して滅び、ただ、徳あるものは永遠に生きる。』★『 法に深切、人に親切、自身には辛節であれ』

百歳学入門(40)―『百歳長寿名言』 <昭和の傑僧、老師・山本玄峰(95歳)の一 …

no image
日本リーダーパワー史(55) 海軍トップリーダー・山本五十六は国難にどう立ち向かったかーハワイ攻撃を立案した悲劇①

日本リーダーパワー史(55) 海軍トップリーダー・山本五十六は国難にどう立ち向か …

saigou
日本リーダーパワー史(719) 来年は大政奉還150年 ー明治最大の奇人、超人とは『西郷隆盛の弟・西郷従道です』日本海軍の父・山本権兵衛を縦横無尽に 活躍させた大度量、抱腹絶倒の大巨人で超面白い!①

  日本リーダーパワー史(719) 来年(2017)は大政奉還から150年 わが …

no image
日本メルダウン脱出法(650)「メンツを立てに目の前の<アジア巨大インフラ市場>を西欧勢にさらわれる経済外交(損得勘定)は成功か、失敗か。

   日本メルダウン脱出法(650) 「アジア開銀(AIIB)参加問題で、日本の …

no image
日本メルトダウン脱出法(819)『日本株が間もなく「落ち着き」を取り戻す理由―底打ちを示唆するシグナルが出揃いつつある』●『資源価格下落は日本への未曾有のボーナス(野口悠紀雄)』●『中国AIIBは、のっけから課題が山積しているー「格付けなし」で、どう資金を調達するのか』●『人民元安でも中国の輸出は拡大しない』

  日本メルトダウン脱出法(819)   今回の下落相場は、まだ下げき …

no image
速報(204)『日本のメルトダウン』『今、猛烈な汚染を福島県を中心として東北地方、関東地方に広げている』

速報(204)『日本のメルトダウン』 『今、猛烈な汚染を福島県を中心として東北地 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(122)『メルケル訪日、安倍首相の度量の無さ・独新聞が論評』(3/20)『中国首相「歴史の責任負うべきだ」安倍首相を牽制』(3/16)

池田龍夫のマスコミ時評(122) 『メルケル訪日、安倍首相の度量の無さ・独新聞が …

no image
世界/日本リーダーパワー史(903)-『米朝会談はどうなるか、米国はイラン問題を優先し、 東アジア情勢は先延ばしで日本ピンチか!』(下)『トランプへの片思いに過ぎなかったのか安倍首相!』★『欧米流のポーカーゲーム対日本流の「丁か半か」の外交戦!』★『習近平主席の「終身皇帝独裁者」の今後!』

世界/日本リーダーパワー史(903) トランプへの片思いに過ぎなかった安倍首相 …

no image
日本メルトダウン脱出法(573)アベノミクスはいよいよ土壇場局面―クルーグマン 「日本経済は消費税10%で完全に終わる」

  日本メルトダウン脱出法(573) アベノミクスはいよいよ土壇場局面 …