前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』ー『2018年、米朝戦争はあるのか』⑦『「北朝鮮を容赦しない」と一般教書演説で見せたトランプ大統領の「本気度」』★『ヘーゲル元米国防長官「北朝鮮への先制攻撃は無謀。日本も大惨事を免れない」』★『米海兵隊トップ、北朝鮮との地上戦に言及「厳しい」戦闘に備え』★『中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え』

      2018/02/03

 『2018年、米朝戦争はあるのか』⑦

トランプ米大統領は1月30日、就任後初となる一般教書演説で、「北朝鮮の無謀な核ミサイル開発はかなり近いうちに(very soon)に米国脅かす。我々はそのようなことが発生しないように最大の圧迫作戦を展開している」と述べた。

「北朝鮮を容赦しない」一般教書演説で見せたトランプ大統領の「本気度」https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20180201-00081129/

 

米、核戦略を大転換=軍縮放棄、新型兵器開発へ-「核態勢の見直し」公表
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018020300190&g=use

 

トランプはやっぱり北朝鮮に「先制攻撃」を仕掛けるつもりじゃないかhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/54347?page=2

●ヘーゲル元米国防長官はそのトランプの勇み足、先制攻撃論には絶対反対している。

トランプ政権が検討している先制攻撃の「ブラッディ・ノーズ(血だらけの鼻)」作戦によって、北朝鮮を攻撃すれば、韓国では何百万人もの死者が出る。何万人もの在韓アメリカ人も死ぬ、日本も大惨事を免れないだろう」との理由をあげている。日本にとっても他人事ではないのだ。

ヘーゲル元米国防長官「北朝鮮への先制攻撃は無謀。日本も大惨事を免れない」

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9445.php

●ロシア、中国はトランプの暴走に反対しており、米朝戦争勃発でとばっちりを食うのを恐れている。

国連の制裁決議で「原油と石油精製品の輸出を止めることは北朝鮮にとって全面禁輸を意味する。そうなれば宣戦布告とみなして反発。世界規模の紛争を引き起こす恐れがある」と、マツェゴラ駐北朝鮮ロシア大使が警告した。

北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシアhttps://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9449_2.php

中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備えhttps://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9121.php

●米海兵隊のロバート・ネラー総司令官は1月25日、北朝鮮との衝突が起きれば激しい地上戦になり、地上では「動的、物理的、暴力的」な戦闘が展開され、「人生で経験したことがないような試練となる」と述べ、「全員が精神的に準備する必要が出てくる」との見通しを示した。

米海兵隊トップ、北朝鮮との地上戦に言及 「厳しい」戦闘に備えhttps://www.cnn.co.jp/special/kr_peninsula/35113767.html

 

●米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は、1月23日に米諜報機関と米軍は、非核化という目標の達成に向けて外交的な取り組みが失敗した場合に備えて、トランプ米大統領のために選択肢を準備し続ける必要があるとも述べた。

金正恩氏、核保有の先に「朝鮮半島統一」 CIA長官が分析https://www.cnn.co.jp/special/kr_peninsula/35113624.html

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出は可能か(597)「経済の珍病には大胆な治療法必要」(英FT紙)◎「日本の総選挙:同レース、同馬」(英エコノミスト誌)

       日本メルトダウン …

ダウンロード (1)
日本リーダーパワー史(648) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(41)国難『三国干渉』(1895年(明治28)に碩学はどう対応したか、三宅雪嶺、福沢諭吉、林ただすの論説、インテリジェンスから学ぶ』(2)『ただ堪忍すべし』福沢諭吉(明治28年6月1日 時事新報〕

  日本リーダーパワー史(648) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(41)  …

no image
日本メルトダウン(997)ー「日本にとっての脅威は人口減少と人口の老化。経済や科学技術ではなく、人口問題をもっと論じなければならない。意識の革命が必要だ」(仏・トッド氏)●『ソ連崩壊を予言した学者が語る「トランプが大統領に選ばれた訳」』●『もはや歴史的伝統。韓国政治はなぜリーダーシップ不在なのか』●『トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」』●『内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由』

   日本メルトダウン(997)   仏・トッド氏 「介護・ …

no image
速報(215)『日本のメルトダウン』ー『脱原発世界会議』『今後激増する「内部被曝」「低線量長期被曝」の「何でも質問会」』

速報(215)『日本のメルトダウン』 『「脱原発世界会議」』   ●『 …

no image
『F国際ビジネスマンワールド・ウオッチ㊹』「“安倍氏の危険な修正主義”(NYT(3/2)ー事態は極めて悪化している」

    『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊹ …

no image
日本リーダーパワー史(191)真珠湾攻撃(1941)から70年ー情報統合本部の有無<日米インテリジェンスの決定的落差>(中)

日本リーダーパワー史(191)   国難リテラシー   『真 …

94070974054a5f1c6636dc8.44492353133891856
長寿学入門(216)<松原泰道老師!百歳>『 生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到! その長寿脳の秘密を尋ねると、佐藤一斎の『言志晩録』に「見える限り、聞こえる限り、学問を排してはならない、とある。私も、いまや、目も見えない、耳も聞こえませんが、読み、書く、話すことは生涯続けたいと思います」と語る。合掌!

松原泰道老師百歳 生涯150冊、百歳こえてもマスコミ殺到! その長寿脳の秘密は・ …

no image
速報(18)『日本のメルトダウン』を食い止める!「GE,東電、原発推進政策が利益優先で引き起こした最悪の人類犯罪」

速報(18)『日本のメルトダウン』を食い止める! 「GE,東電、原発推進政策が引 …

no image
<国難日本史ケーススタディー④>『日英同盟論を提言するー欧州戦争外交史を教訓に林董の外交論』②

<国難日本史ケーススタディー④> 林董(ただす)の外交論を読む② 『日英同盟論を …

no image
動画★『坂の上の雲』の原点・「海ゆかば」の「呉海軍墓地」の全景(8/31)―戦争・平和・歴史をトータルに教えよう★

動画★『坂の上の雲』の原点・「海ゆかば」の「呉海軍墓地」の全景(8/31)―戦争 …