前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』ー『2018年、米朝戦争はあるのか』⑦『「北朝鮮を容赦しない」と一般教書演説で見せたトランプ大統領の「本気度」』★『ヘーゲル元米国防長官「北朝鮮への先制攻撃は無謀。日本も大惨事を免れない」』★『米海兵隊トップ、北朝鮮との地上戦に言及「厳しい」戦闘に備え』★『中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え』

      2018/02/03

 『2018年、米朝戦争はあるのか』⑦

トランプ米大統領は1月30日、就任後初となる一般教書演説で、「北朝鮮の無謀な核ミサイル開発はかなり近いうちに(very soon)に米国脅かす。我々はそのようなことが発生しないように最大の圧迫作戦を展開している」と述べた。

「北朝鮮を容赦しない」一般教書演説で見せたトランプ大統領の「本気度」https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20180201-00081129/

 

米、核戦略を大転換=軍縮放棄、新型兵器開発へ-「核態勢の見直し」公表
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018020300190&g=use

 

トランプはやっぱり北朝鮮に「先制攻撃」を仕掛けるつもりじゃないかhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/54347?page=2

●ヘーゲル元米国防長官はそのトランプの勇み足、先制攻撃論には絶対反対している。

トランプ政権が検討している先制攻撃の「ブラッディ・ノーズ(血だらけの鼻)」作戦によって、北朝鮮を攻撃すれば、韓国では何百万人もの死者が出る。何万人もの在韓アメリカ人も死ぬ、日本も大惨事を免れないだろう」との理由をあげている。日本にとっても他人事ではないのだ。

ヘーゲル元米国防長官「北朝鮮への先制攻撃は無謀。日本も大惨事を免れない」

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9445.php

●ロシア、中国はトランプの暴走に反対しており、米朝戦争勃発でとばっちりを食うのを恐れている。

国連の制裁決議で「原油と石油精製品の輸出を止めることは北朝鮮にとって全面禁輸を意味する。そうなれば宣戦布告とみなして反発。世界規模の紛争を引き起こす恐れがある」と、マツェゴラ駐北朝鮮ロシア大使が警告した。

北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシアhttps://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9449_2.php

中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備えhttps://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9121.php

●米海兵隊のロバート・ネラー総司令官は1月25日、北朝鮮との衝突が起きれば激しい地上戦になり、地上では「動的、物理的、暴力的」な戦闘が展開され、「人生で経験したことがないような試練となる」と述べ、「全員が精神的に準備する必要が出てくる」との見通しを示した。

米海兵隊トップ、北朝鮮との地上戦に言及 「厳しい」戦闘に備えhttps://www.cnn.co.jp/special/kr_peninsula/35113767.html

 

●米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は、1月23日に米諜報機関と米軍は、非核化という目標の達成に向けて外交的な取り組みが失敗した場合に備えて、トランプ米大統領のために選択肢を準備し続ける必要があるとも述べた。

金正恩氏、核保有の先に「朝鮮半島統一」 CIA長官が分析https://www.cnn.co.jp/special/kr_peninsula/35113624.html

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(144)『日本のメルトダウン』☆『欧州債務危機が大恐慌引き起こす恐れ=ソロス氏』

速報(144)『日本のメルトダウン』   ☆『欧州債務危機が大恐慌引き …

no image
日本リーダーパワー史(316)「全政治家、リーダーの必読の(国家戦略論)を読む」ー百年先を見通した石橋湛山の警世の大評論

·     &n …

no image
日本リーダーパワー史 (24) 「 鎖につながれた知の巨人」熊楠の全貌がやっと明らかに(下)。

日本リーダーパワー史 (24) 「鎖につながれた知の巨人」熊楠の全貌がやっと明ら …

no image
日本作家奇人列伝(38)作家は変人ばかり。三島由紀夫、志賀直哉、壇一雄、野村胡堂、久生十蘭、土井晩翠、草野心平・・

日本作家奇人列伝(38) 作家はなくて7クセ、変人ばかり。三島由紀夫、 志賀直哉 …

no image
日本リーダーパワー史(810)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス㉕ 『日英同盟の核心は軍事協定で、そのポイントは諜報の交換』★『日露開戦半年前に英陸軍の提言ー「シベリヤ鉄道の未完に乗じてロシアの極東進出を阻止するために日本は一刻も早く先制攻撃を決意すべき。それが日本防衛の唯一の方法である。』

 日本リーダーパワー史(810)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む] (5)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『他を頼みにして自らから安心す可らず  』 (「時事新報」明治27年5月3日付)★『支那帝国の中心は既に腐敗した朽木に異ならず、地方も各省もバラバラの施政で、日本の封建時代の末路と同様に亡国の状態だ』

 ★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4) ー「 …

no image
速報(327)『日本のメルトダウン』◎『六ケ所の再処理工場が1日33京ベクレル』『子供と第一次産業を守れ』(小出裕章(MBS)ほか4本

速報(327)『日本のメルトダウン』   ◎『六ケ所の再処理工場が1日 …

no image
日本メルトダウン脱出法(683)「橋下徹が「引退」できない3つの理由 」 「社説:日本経済に自信を取り戻させる方法 」(英FT紙)

  日本メルトダウン脱出法(683) 橋下徹が「引退」できない3つの理由 都構想 …

10000
★10・世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記(2015 /10/10-18>「インカ帝国神秘の魔宮『マチュピチュ』の全記録、一挙公開!」陸野国男(カメラマン)⑤

  ◎< 世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記 (2015 /10/1 …

no image
日本メルダウン脱出法(670)「米議会演説から「アベノミクス」が消えたわけ」●「トヨタ、「意志ある踊り場」の先に何を見る?」など7本

  日本メルダウン脱出法(670) 「米議会演説から「アベノミクス」が消えたわけ …