前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(143)』「山手線新型車両トラブル続発、JR東は、顧客に犠牲を払わせて、自社と自工場の育成を図ったのか、との批判の声!⁇

      2015/12/07

 

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(143)』

 

JR東日本、最新技術に誤算:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ02HY9_S5A201C1TI1000/

<F国際ビジネスマンのコメント>

標題の件、山手線の新型車両のトラブルです。

車両の制作が総合車両製作所(旧東急車輌で今はJR東の直系子会社)、車載LANシステムとソフト開発が三菱電機、と聞いています。イーサネットを初めて採用するなど、初物が多いと聞いています。

初日の結果は、新製品であるにしても、予想外のトラブルが多過ぎる。満員の実車で被害者の数が多く、甚大な混乱を招いた。

小生、旧国鉄時代から技術陣の優秀さに魂消ており、旧電電公社の技術陣の優秀さと厳しさと共に、双璧で「日本の宝」と畏敬しておりました。

国内の関係業界と関係業者を束ね、JR王国、NTT王国が出来ていました。

あの鉄壁のJR東日本はこの20年で「高い技術完成度で世界一の輸送会社を目指すという矜持」をいつの間にか失っています?小生の周囲でも、JRブランドの毀損を嘆く声が急増しています。

昔は、お互いに一つのミスも許さない という強い申し合わせ、合言葉が施主と業者間にありました。

現在の様に、コンピュータ制御のウエイトが高まると、工房内だけでのチェックとダメ出しだけでは100%は難しいということでしょうが、安全、安心を最優先させる輸送手段としてはこのデタラメなトラブル事例は矢張り酷すぎます。

小生、第一報を耳にした時、PCの新製品出荷時の市場テスト、いわゆる β版のテストを思い出しました。顧客に売りつけてバグ出しをする、PC業界の悪習です。PCのバグと違い、走行車両のバグは安全に直結し致命傷になります。

航空業界ほどには、車両ごとのCPU制御が進展していない弱点がここにも出ている様に思います。

今回の車両とシステムの製作は、総合車両製作所の新津製造所と聞いています。そして情報システムは三菱電機です。

これを自社ではなく、川崎重工か日立製作所にやらせたらどうだったか?この両社は、体制、ハードとソフトの一体化開発、安全マインドの高さなど1日の長があり、仮にトラブってもこれ程の、始めからやり直す様な事態にはならなかったのではと思われます。施主目線、顧客目線で問題を予見する実力は相当なものです。

今回、JR東日本は、顧客に大きな犠牲を払わせて、自社と自工場の育成を図ったと云われても致し方ないのでは⁇

山手線新型車両E235系で相次いだトラブル、次世代システムのバグが原因http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/120100390/?rt=nocnt

2日以降も運行休止 “頭脳”司る新ソフトに不具合

http://www.sankei.com/affairs/news/151202/afr1512020004-n1.html

外国人が驚く!ニッポンの「鉄道作法」10選

日本の「常識」は海外からみると「ガラパゴス」

http://toyokeizai.net/articles/-/91367

 

首都圏の国際競争力と国内鉄道の役割 – 東京工業大学

http://www.enveng.titech.ac.jp/yai/syu.pdf

日本の「新幹線輸出」が決して楽観視できない3つの事情

http://hbol.jp/60821

技術展で垣間見えた「国内鉄道業界」の実態

鉄道輸出「オール日本」はかけ声だけか?

http://toyokeizai.net/articles/-/94676

日本と中国の高速鉄道輸出競争 世界各国で激戦

http://thutmose.blog.jp/archives/42968046.html

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(841)★☆(人気記事再録)『明治維新150年』★『日本人だけが忘れ去った世界的英雄/革命家としての西郷隆盛を再評価する』★『世界革命史に例のない<江戸城無血開城>を実現した西郷 隆盛、勝海舟の超リーダーシップを見よ』●『一個の野人・西郷吉之助を中心とし、一万五千の子弟が身命を賭して 蹶起し、うち9千人までも枕を並べて討死するとは、じつに 天下の壮観であります。』

 日本リーダーパワー史(841) ★☆(人気記事再録)『明治維新150年』 &n …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(141)-民俗学者・渋沢秀雄(90 歳)の「健康長寿10訓」『一怒一老、一笑一若』『少肉多菜 少塩多酢 少糖多果 少食多齟 少衣多浴 少車多歩 少煩多眠 少念多笑 少言多行 少欲多施』です。

知的巨人たちの往生術から学ぶ③ 前坂 俊之     朝日の[ …

no image
★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス(52)『宇都宮太郎は、思想的には大アジア主義を唱えていた。』★『孫文や黄興ら中国革命家たちを支援した犬養木堂、頭山満ら玄洋社の支援グループの一人だった』★『『辛亥革命百年の真実』『孫文を助けた大アジア主義者・犬養毅らの熱血支援』

                                 ★『明治裏面史 …

no image
日本リーダーパワー史(87)尾崎行雄の遺言/『敗戦で政治家は何をすべきなのか』 <尾崎愕堂の新憲法スピーチ>

日本リーダーパワー史(87) 尾崎行雄の遺言・『敗戦で政治家は何をすべきなのか』 …

no image
  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1054)>『ロシアゲート事件の議会調査で解任されたコミーFBI前長官が証言』★『落合信彦氏「トランプはFBIに追われ大統領職を放り出す」』●『  目の前に迫ったトランプ退任、ペンス大統領就任 予算教書で明らかになった”まさか”の無知無能ぶり』

  ★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国メルトダウン(1054)> …

no image
百歳学入門(94)天才老人NO1<エジソン(84)の秘密>➁落第生 アインシュタイン、エジソン、福沢諭吉からの警告

   百歳学入門(94)  「20世紀最大の天才老人NO1<エジソン( …

no image
野口恒のインターネット江戸学講義(13)第6章 境界・周縁・無縁の世界に生きた「漂白の民」―身分制度から外れた世界(上)

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義(13)>   第6章 …

220px-Kakugoro_Inoue
日本リーダーパワー史(696)日中韓150年史の真実(2)「アジア開国の父」ー福沢諭吉の「西欧の侵略阻止の日中韓提携」はなぜ「悪友とは交際を謝絶する脱亜論」に逆転したのか『<井上角五郎は勇躍、韓国にむかったが、清国が韓国宮廷を 完全に牛耳っており、開国派は手も足も出ず、 孤立無援の中でハングル新聞発行にまい進した』②

 日本リーダーパワー史(696) 日中韓150年史の真実(2)「アジア・日本開国 …

no image
日本史の復習問題/『日本で最高のリーダ―シップを発揮した英雄は・・西郷隆盛です』―『山県有朋から廃藩置県の相談を受けた西郷隆盛は「結構」と一言の基に了承、断固実行した➀』

    記事再録2012/03/23 /日本リーダーパワー史 …

no image
日本メルトダウン脱出法(751)「TPPの最重要点は関税ではなく「ルール統一」にある」●「中国はTPPの大筋合意をどれくらい警戒しているのか?」

日本メルトダウン脱出法(751) TPPの最重要点は関税ではなく「ルール統一」に …