前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(143)』「山手線新型車両トラブル続発、JR東は、顧客に犠牲を払わせて、自社と自工場の育成を図ったのか、との批判の声!⁇

      2015/12/07

 

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(143)』

 

JR東日本、最新技術に誤算:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ02HY9_S5A201C1TI1000/

<F国際ビジネスマンのコメント>

標題の件、山手線の新型車両のトラブルです。

車両の制作が総合車両製作所(旧東急車輌で今はJR東の直系子会社)、車載LANシステムとソフト開発が三菱電機、と聞いています。イーサネットを初めて採用するなど、初物が多いと聞いています。

初日の結果は、新製品であるにしても、予想外のトラブルが多過ぎる。満員の実車で被害者の数が多く、甚大な混乱を招いた。

小生、旧国鉄時代から技術陣の優秀さに魂消ており、旧電電公社の技術陣の優秀さと厳しさと共に、双璧で「日本の宝」と畏敬しておりました。

国内の関係業界と関係業者を束ね、JR王国、NTT王国が出来ていました。

あの鉄壁のJR東日本はこの20年で「高い技術完成度で世界一の輸送会社を目指すという矜持」をいつの間にか失っています?小生の周囲でも、JRブランドの毀損を嘆く声が急増しています。

昔は、お互いに一つのミスも許さない という強い申し合わせ、合言葉が施主と業者間にありました。

現在の様に、コンピュータ制御のウエイトが高まると、工房内だけでのチェックとダメ出しだけでは100%は難しいということでしょうが、安全、安心を最優先させる輸送手段としてはこのデタラメなトラブル事例は矢張り酷すぎます。

小生、第一報を耳にした時、PCの新製品出荷時の市場テスト、いわゆる β版のテストを思い出しました。顧客に売りつけてバグ出しをする、PC業界の悪習です。PCのバグと違い、走行車両のバグは安全に直結し致命傷になります。

航空業界ほどには、車両ごとのCPU制御が進展していない弱点がここにも出ている様に思います。

今回の車両とシステムの製作は、総合車両製作所の新津製造所と聞いています。そして情報システムは三菱電機です。

これを自社ではなく、川崎重工か日立製作所にやらせたらどうだったか?この両社は、体制、ハードとソフトの一体化開発、安全マインドの高さなど1日の長があり、仮にトラブってもこれ程の、始めからやり直す様な事態にはならなかったのではと思われます。施主目線、顧客目線で問題を予見する実力は相当なものです。

今回、JR東日本は、顧客に大きな犠牲を払わせて、自社と自工場の育成を図ったと云われても致し方ないのでは⁇

山手線新型車両E235系で相次いだトラブル、次世代システムのバグが原因http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/120100390/?rt=nocnt

2日以降も運行休止 “頭脳”司る新ソフトに不具合

http://www.sankei.com/affairs/news/151202/afr1512020004-n1.html

外国人が驚く!ニッポンの「鉄道作法」10選

日本の「常識」は海外からみると「ガラパゴス」

http://toyokeizai.net/articles/-/91367

 

首都圏の国際競争力と国内鉄道の役割 – 東京工業大学

http://www.enveng.titech.ac.jp/yai/syu.pdf

日本の「新幹線輸出」が決して楽観視できない3つの事情

http://hbol.jp/60821

技術展で垣間見えた「国内鉄道業界」の実態

鉄道輸出「オール日本」はかけ声だけか?

http://toyokeizai.net/articles/-/94676

日本と中国の高速鉄道輸出競争 世界各国で激戦

http://thutmose.blog.jp/archives/42968046.html

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
130兆円は誰のものか-年金運用改革を問う」 西沢和彦日本総研上席主任研究員の記者クラブ会見動画(9.26)90分

       「130兆円は誰のものか- …

no image
日本リーダーパワー史(948)-『日中関係150年史』★『 アジアが世界の中心となる今こそ,100年前に <アジア諸民族の師父と尊敬された大アジア主義者・犬養毅(木堂)』★『アジアの共存共栄を目ざした犬養毅を パールバックはガンジーらとともに高く評価した』

日本リーダーパワー史(948) 人気記事再録<21世紀の新アジア・グローバル主義 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(489) 「福島4号機の燃料棒(1,533体) 取り出し11月8日にも開始,世紀の難事業は東電任せで大丈夫か

 速報「日本のメルトダウン」(489)   ◎「福島第1原発 …

no image
日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊲』/『開戦2週間前の『英タイムズ』の報道ー『昨日、天皇の枢密院は,開戦の際にしか公布されない勅令の草案をいくつか採択した』●『疑問の余地のない平和愛好者である ロシア皇帝がどうして世界を戦争の瀬戸際へ追いやったのか』

 日本戦争外交史の研究』/ 『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊲』/『開戦2週 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑫『いとしく,やさしい朝鮮』(「仏ル・タン」)

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報 …

no image
日本リーダーパワー史(690)『中国/朝鮮行動学のルーツ⑤』130年前の「壬午事変、天津条約」での異文化コミュニケーションギャップ、対立から日清戦争へ暴発する

日本リーダーパワー史(690) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑤』130年前の 「壬 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑳『開戦3ゕ月前の「英ノース・チャイナ・ヘラルド」の報道』★『パーセプションギャップ(思い違い)、エスノセントイズム(自民族優先主義)による憎悪・敵意がメディア(プロパガンダ)で増幅されて戦争を起こす記事の1つ』●『日本と朝鮮、日本の恐怖、ロシアの方針、日本について付け加えるべきこと、日本人の外国人憎悪の程度、日本の孤立』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑳ 『開戦3ゕ月前の「英ノー …

no image
終戦70年・日本敗戦史(56)A級戦犯指定・徳富蘇峰 『なぜ日本は敗れたのか』⑧大東亜戦争では陸軍、海軍、外交、廟謨(びょうぼ、政府戦略)はそれぞれバラバラ、無統制であった。

  終戦70年・日本敗戦史(56) マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰 …

no image
『ニューヨーク・タイムズ』「英タイムズ」などは『ペリー米艦隊来航から日本開国をどう報道したか」★『『日本と米合衆国ー通商交渉は武力を 誇示することなく平和的に達成すべし(NYT)』

   1852 年(嘉永4)2月24日付 『ニューヨーク・タイムズ』 『日本と米 …

no image
 日本リーダーパワー史(247)何よりダメな民主党のリーダーパワー(指導力)☆『総理大臣は攻撃命令{問題解決力}を発する人

 日本リーダーパワー史(247)   <何よりダメな民主党のリー …