前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑥』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より②」★『著しく現世的で物質的/拝金主義の支那(中国)人民にとっては、来世的、禁欲的なキリスト教精神は全く理解できずパーセプションギャップ(認識ギャップ)が発生し、疑惑が増幅し戦争になった』

      2017/08/27

 明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑥』

 西教(キリスト教)に対する異議は、その根底を支那の教学、社全組織のなかにある。

これは実に有力な反対の理由である。西教と支那の祖先教(仏教、道教、儒教のミックスされた伝統的な思想、宗教)との衝突である。もとより儒教は南朝梁の儒学者皇侃(おうかん)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%87%E4%BE%83

 のいうがごとく現世をもつてその立脚地となし、過去・未来の二世詳しく説明していない点もあるが、鬼神(死者の霊)と生人との関係については、旧来の信仰を保持し、これに反対していない。

その説くところでは、鬼神は人によりて安んずるものにして、生人はその祖先の祭祀を怠らないかぎり、祖先の霊はつねに子孫により、子孫の福利(幸福と利益)を保持増進するものである。

しかれば、祖先崇拝は祖先の霊を安慰するためとはいえ、実は生人自身の福利のためになされるものだ。

今いっさいの偶像を拝するなかれという西教(キリスト教)の戒に従いて、祖先の祭祀を廃止すれば、生人の福利はなににより得ることができるのか。

西教(キリスト教)は神に事(つかえ)ることによって福を得ると説くけども、祖先を祀ることで得る福利は、生人が現世において収めることができるものなのに、西教が説く神の与える福は、むしろ未来の幸福である。

また祖先を祀ることで得る福利は、富貴功名など、いわば物質的のものに属し、西教の説くところの福は精神上の幸福に属す。

著しく現世的にして、かつ物質的なる支那人民にとっては、現世において収むべき物質的福利をすてて、未来において得ることができる精神上の幸福を取ることは難しい。そんなことは決してできることではない。

また、祖先崇拝は古来、支那社会組織の根幹をなすものであり、もろもろの風俗習慣の源泉となっている。

そうであれば、西教がいっさいの偶像を拝するなかれとの神戒に従い、祖先教を排斥することは、一方よりみれば、支那における徳育(道徳の基本)をくつがえし、社会組織を破壊することにもなる。

他方よりみれば、支那人をしてそのもっとも貴ぶところの福利を捨てさせることとなる。

 このため、政府は主として、第一の側の観察より西教(キリスト教)に反対し、人民はもっぱら第二の側の観察よりこれを排斥す。

最初、布教のためにきたジェスイット派の教士中には、この難関はふつうの手段では克服できないと見てとり、荻滑なる方便を案出し、一方理論上では、支那における祖先崇拝は、宗教的儀式にあらずして礼俗的儀式なり、ゆえに祖先の祭祀は、拝偶像戒を犯すものにあらずと付会し、一方、拝礼上にては、祖先祭の時に、香または花のなかに細小の十字架を蔵しておき、心裏にわれは十字架に向かって拝をなすなり、けっして偶像類似のものを拝するにあらず、と念じて拝すという逃げ道をつくった。

これもとより一時の計略にすぎず、そのうえ、祖先崇拝を礼俗的儀式とみる説は、ローマ法王の裁決により斥けられたが、祖先教が西教の布教に対し有力の妨害となった証拠である。

今日なお西教(キリスト教)に反対する者は、ロを開けば必ず、まず、西教は祖先を祀らない鬼となるものなので、決して信仰してはいけないという。これが西教反対の有力なる理由で、今回の事件の遠因となっている。

西教反対の理由は、この他にもいろいろある。

今この大略をあげる。第一は布教ということについて起こる疑惑である。儒教は、支那人のため支那の地に生まれ、支那の地に成ったもので著しく支那的にして、その教義には、広く万国に普及して世界の人を救わんとする精神は含まれていない。したがって布教を重要視していない。

ゆえに支那人は、いまだかって自ら進みて儒教を他国民に伝播・弘布したことはない。仏教は早く支那に入ったことはと疑いないといえども、正史の記すところによりて、一般には後漢の明帝の請来したるものと信じられている。

古(いにしえ)に遡(さかのぼる)るときは、われ求めざるに彼よりきて教を伝えしと思われる例なきにあらざれども、史乗(事実の記録。歴史)記載明らかならず。

かつ、これらの教は、あるいは早く支那人の思想と混和、融会して久しく、すでに外国伝来のものたる痕跡をとどめていないため、一般に支邦人の考るところでは、われ求めないのに彼(外国)よりきて西教(キリスト教)を弘めたることは、その例ははなはだ稀れである。したがって、布教については疑惑の念を生ずることを免れない。

これは支那(中国)民族が自ら布教の経験がないこと、従来、支那に行なわるる外教は、みなわが請来したるものに係わると思う誤謬による疑惑である。

 かつ、支那人はその特性として、利益の念を外にして(もたずに)もっぱら道のために道を弘める、という精神を理解することができない。

西洋人は中国に求むるところはないのにかかわらず、自ら進んでキリスト教を中国に弘布するのは、その神面(神の顔を語って)に必ず測りがたき野心を隠しているのではないか、と疑惑をますます高めた。

いわんや事実上、布教と通商(貿易)とは密接に関係しており、通商上の出来事よりたまたま闘争がエスカレートして、ついに支那の土地割譲の事態に発展したことがある。

 また、ジェスイット派教士は、土田を買い教会堂を建てる方針をとり、その教会に係わるものようやく多くなり、今日では、イタリア、フランス二国の教会所有にかかる土田はすこぶる多い。

康熙帝(こうきてい)は、はじめは宣教師に対して寛仁の態度をとったが、宣教師が教徒をまったく自己の支配の下に置いて、朝廷の支配を免れさせる意志と挙動があるものと見て以来、宣教師に対する態度を一変した。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(981)ーグラント将軍((米大統領)の忠告ー「日中友好」②『琉球帰属問題では日清(中国)両国の間に事をかまえることは断じて得策でない』と強調した。『なぜなら両国が争うことは、介入の機会をねらっている欧州列国に漁夫の利を与え、百害あって一利なし」

グラント将軍((米大統領)の忠告ー「日中友好」②その対中国問題について、グラント …

no image
書評 「静岡連隊物語―柳田芙美緒が書き残した戦争」静岡新聞社編 静岡新聞社刊(2009年7月刊)

書評「静岡連隊物語―柳田芙美緒が書き残した戦争」 静岡新聞社編 静岡新聞社刊(2 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(28)「抑止力」一辺倒の危うさ-  新防衛大綱の「動的防衛力」

池田龍夫のマスコミ時評(28)   「抑止力」一辺倒の危うさ&#821 …

no image
日本リーダーパワー史(108)伊藤博文⑤『観光立国論』―美しい日本の風景・文化遺産こそ宝<百年前の驚くべき先駆性>

日本リーダーパワー史(108) 伊藤博文⑤『観光立国論』―美しい日本の風景・文化 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(227)/『日米戦争の敗北を予言した反軍大佐/水野広徳(下)』-『その後半生は軍事評論家、ジャーナリストとして「日米戦わば、日本は必ず敗れる」と日米非戦論を主張、軍縮を、軍部大臣開放論を唱えるた』★『太平洋戦争中は執筆禁止、疎開、1945年10月に71歳で死亡』★『世にこびず人におもねらず、我は、わが正しと思ふ道を歩まん』

 2018/08/20 /日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリ …

no image
速報(479)「原子力発電所の安全対策」泉田裕彦◎「林芳正農相の「TPPと農業問題」●「少子化対策」(鈴木英敬)の動画会見

   速報「日本のメルトダウン」(479) <日本の最 …

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(71)★『原発と国家』―封印された核の真実⑧(1960-1969) アカシアの雨がやむとき(下)

片野勧の衝撃レポート(71) ★『原発と国家』―封印された核の真実⑨(1960~ …

By: See-ming Lee
「中国人の日本語作文コンクール」最優秀賞の姚儷瑾さん(20歳)が日本記者クラブ(2/6)で会見動画【100分】

昨年の「中国人の日本語作文コンクール」(日本僑報社、 日本交流研究所所長主催) …

no image
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む] (5)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『他を頼みにして自らから安心す可らず  』 (「時事新報」明治27年5月3日付)★『支那帝国の中心は既に腐敗した朽木に異ならず、地方も各省もバラバラの施政で、日本の封建時代の末路と同様に亡国の状態だ』

 ★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4) ー「 …

no image
●「日本の新聞ジャーナリズム発展史(下)-『 昭和戦前期 ・軍ファシズムと新聞の屈伏』★『新聞と戦争「新聞の死んだ日」』★『 昭和戦後期・占領時代の検閲』★『「60 年安保からベトナム戦争まで」』★『「安保で死んだ新聞はトベトナム戦争でよみがえった」』

「日本の新聞ジャーナリズム発展史」(下)   2009/02 …