前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉛』◎「BBCのネルソンマンデラの弔文記事“武闘派から一転、聖人君子の道へ”を読む①」

   

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㉛』

 

◎「BBCのネルソンマンデラの弔文記事“武闘派から一転、

聖人君子の道へ”(12/5)―「南アフリカに内戦を齎さず、
アパ
ルトヘイトを廃止させ、多人種民主主義政治を導入した」①

  http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-22892784

<F国際ビジネスマンのコメント>

 

2013/12/15 マンデラ元大統領の国葬が執

  り行われ、12/10の追悼式には世界の首脳級100

  人が参列したと言う。南アに内戦を齎さず、アパルトヘ

  イトを廃止させ、多人種民主主義政治を導入した傑物へ

  の感謝、賛辞そして哀悼の表現は当然のことと思われる。

 

  歴史的外交と利害関係の深かった欧米からも、ともす

  れば敬して祭り上げる風潮が感じられ、遠い日本人には

  更にその風潮があるように思われるのは、思い過ごしで

  あろうか?

 彼の真価は、遠大な理想実現の為に、気の

  遠くなる様な苦しい獄中生活で持続した思索と悟りに

  ある。

  

  後継者不足で南アの将来を悲観する向きが増えている

  が、ネルソンマンデラ元大統領の本格的な蓋棺録が期待

  される。

 

 些か旧聞で申し訳ありませんが、BBCのネルソンマン
  デラの弔文記事、F氏コメントと全訳、原文をお送り
  します。周辺情報も集め、大変勉強になりました。

  NYTに匹敵する世界取材網です。昨年11月にBBC
  トンプソン会長がNYTの社長に就任していますが、文
  化がかなり似ているのでしょうね。

  訳していて、アフリカの土地勘が無く、往生しました。

 南アをよく知る友人が、後継がボンクラ、汚職まみれで、内戦
  の可能性ありと言っていました。マンデラ自身が「掃き
  溜めに鶴」を自覚していたでしょうから、どの組織も
  人材補給線の枯渇で苦しんでいます。GEの後継者育成
  体制の完璧さに学ぶべきです。全世界から候補者を選ん
  でいます。政界人材補給路の劣化が一番酷いのでは?


  http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-22892784

 

 

 

“武闘派から一転、聖人君子の道へ”

 Obituary: Nelson Mandela

5 December 2013 Last updated at 21:56 GMT

http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-22892784

<F国際ビジネスマンのコメント>

 

1.      筆者のFergal Keane氏は、1990年〜1994年迄

BBCの南ア駐在通信員として、マンデラ氏の27年間

の獄中生活からの釈放を手始めに、アフリカ民族会議

ANC)の議長就任、アパルトヘイト根幹法(人口登録法、

原住民土地法、集団地域法)の廃止、ノーベル平和賞受賞、

南ア初の全人種参加選挙と大統領就任など、

マンデラ氏の政治生活絶頂期に密着取材をしている。

BBC切っての南ア通と言われている。

 

. 指導者の誕生と大成に不可欠な、天賦の才能、父親か

  ら受け継いだ誇り高い反抗心、正義感そして一族王家か

  らの恵まれた指導者教育の後、アフリカ民族会議の共産

  主義運動、アパルトヘイト廃止運動、アフリカナショナ

  リズム等の洗礼を受け、急進的反政府運動、地下活動、

  長期投獄があり、釈放後一転した非暴力主義、多人種融

  和戦略に転換して民主主義体制の確立に至る迄、マンデ

  ラ氏の人格と政治的な偉業について、関係者の発言を元

  に簡潔に纏められている。個人、家庭生活の不遇は、こ

  の偉人に全人格を民主主義国家、新生南アの建設に提供

  させている証かもしれない。

 

. マンデラ氏は、アフリカ民族会議(ANC)の副議長在任

  中、1961年に「民族の槍」と称する軍事組織を作り

  最初の司令官となり、翌62年にエチオピアで自らイス

  ラエルの諜報組織モサドから軍事訓練を受けたと言わ

  れている。この年の8月に逮捕され、64年に国家反逆

  罪終身刑、27年間の獄中生活に入っている。

 

. 投獄される前の「急進的武力闘争主義」から、釈放後 の

  「非暴力全国民融和と多人種参加民主主義」へと大転換

  した彼の軌跡をその発言から整理してみよう。

 一言でいえば、マンデラ氏の過酷な獄中27年間は、彼を

 武闘派の強靭な俗人政治家から聖人政治家へと変身させた。

 

『現実認識と対立主義』から

 

a. 「人権を否定することは、その人間そのものを否定する  

  ことだ。飢えと搾取の悲惨な人生を強いることは、人間

  性を奪うことだ。だが我が国ではアパルトヘイトの制度

  の下、そのような恐ろしい状況がすべての黒人の運命だ

  った」

 

b. 「監獄で27年も過ごせば人生は無駄になったと人はい

  うかもしれない。だが政治家にとって最も重要なのは、

  自分の人生をかけた理念がまだ生きているかどうか、そ

  の理念が最後には勝利しそうかどうかだ。そして、これ

  まで起きてきた全てのことが、我々の犠牲が無駄ではな

  かったことを示している」

 

c. 「刑務所に入らずして、その国家を真に理解することは

  できない。国家は、どのように上流階級の市民を扱う

  かではなく、どのように下流階級を扱うかで判断される

  べきだ」

 

『非暴力融和主義』へ

d. 「生まれたときから、肌の色や育ち、宗教で他人を憎む

  人などいない。人は憎むことを学ぶのだ。もし憎しみを

  学べるのなら、愛を教えることもできる。愛は、憎しみ

  に比べ、より自然に人間の心にとどく」

 

e. 「遺恨の念は、毒を飲んでおきながら、それが敵を殺し

  てくれると期待するようなものだ」

 

f.  「自由に通じる容易な道が存在しないことは分かってい

  る。単独で行動したのでは成功できないことはよく分か

  っている。だから国家の和解のため、国家建設のため、

  新しい世界の誕生のために、一丸となって共に行動しな

  ければならない」

 

  http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-22892784

 

 

                             つづく

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟はなぜ結ばれたのか」➂ 1902(明治35)年2月14日『英タイムズ』-『日英同盟の意義』●『日英同盟がイギリス植民地、米国で受け入れられたことは,極東,太平洋と南洋全域,進歩を阻んできた嫉妬と誤解を解消していく。』★『中国に味方する者の多くは,日本は革命国家で,わけのわからぬ,他人に言えぬ意図を秘めた国家と見てきた。だが、日英同盟にそうした警戒感は消えていくだろう』

               ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同 …

no image
「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本の新聞が伝えた日英同盟」④桂首相、小村外相か貴衆両院で報告〔明治35年2月13日 時事〕●『『東洋の平和と清国、朝鮮領土保全のため』〔明治35年2月13日 時事新報社説〕』

  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本の新聞が伝えた日英同盟」④ …

no image
日本リーダーパワー史(235)<米中2大強国、日本後進弱国転落時代に向けて>日本外交はどう対応するのか

日本リーダーパワー史(235)   <米中2大強国、日本後進弱国 …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(115)●「安倍妄言」に、米韓両国も戸惑う(7/30)」○「沖縄知事選の動向を気にする安倍政権(7/28)」

   池田龍夫のマスコミ時評(115)   &nb …

no image
 日本リーダーパワー欠落史(747)対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習問題)  欧米が心配する『安倍ロシア朝貢外交の行方は!?』★『歯舞、色丹返還は「笑止千万だ」…民進・野田氏』◎『ロシア上院議長、北方四島「主権渡さず」』◎『北方領土「主権渡せぬ」 プーチン露大統領側近が強調、安倍晋三首相とも会談』●『  対ロ協力、30事業で合意』●『コラム:プーチン大統領「パイプライン政治」は時代遅れ』◎『英情報機関トップが語る「ロシアの脅威」、多様な工作に警戒』◎『  安倍政権に激震 日ロ首脳会談は北方領土“ゼロ回答”確実に』

   日本リーダーパワー欠落史(747) 対ロシア外交は完敗の歴史、その歴史復習 …

no image
速報⑨『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ!15日目ーー世界はどう報道しているか

速報⑨『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ!15日目 世界はどう報道 …

no image
巨人ベンチャー列伝ー石橋正二郎(ブリジストン創業者)の名言/至言/確言百選②●『知と行は同じ。学と労とも同じ。人は何を成すによって偉いのではない。いかに成したかによって価値あるものなのだ』●『新しき考えに対し、実行不能を唱えるのは卑怯者の慣用手段である』

  巨人ベンチャー列伝ー 石橋正二郎(ブリジストン)の名言、至言、確言 …

no image
『F国際ビジネスマンワールド・ウオッチ㊹』「“安倍氏の危険な修正主義”(NYT(3/2)ー事態は極めて悪化している」

    『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊹ …

no image
日本メルトダウン脱出は可能か(596)●『世界経済を苦しめる需要低迷の呪い- 英FT紙)◎「1937年」の真の教訓とは何か」

    日本メルトダウン脱出は可能か(596) & …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』㉑ 「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑥『伊藤はハーグ密使事件は韓帝の背信行為と追及』

「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「日韓併合への道 …