前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(390) 日中韓150年対立・戦争史をしっかり 踏まえて日本外交はどう対処すべきか①

   

  日本リーダーパワー史(390 

 

日中韓150年対立・戦争史をしっかり

踏まえて日本外交はどう対処すべきか①ー

<尖閣、竹島問題で150年前の歴史事実を外国メディアの報道に

よってチェックする。歴史健忘症の日本、歴史誇大症の中国、歴史恨み
被害妄想症の韓国の
3重ネジレを読み解く>

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

    日中韓対立の歴史は明治維新とともに激しくなった。尖閣問題のルーツはここにある。

「(中華思想=中国が世界の中心であるという考え方=)によって、中国人は他のいかなる国に対しても対等の関係を認めたがらない傾向がある。そのため,これまで日本と中国との国交は単なる公式上.通商上の名目的挨拶の取り交わし程度に制約されてきた。現在でも中国はまだ日本を下劣の,したがって属国でしかるべき国とみなしている。中国が,対等の力を持つと認める必要のない政府と.条約を結ぶという考えは,全く非常識に思える」。『アジア的政策』ニューヨーク・タイムズ1870(明治3年)1017http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/1545

    尖閣諸島の帰属問題に関して「疑問の余地なく,日本の宗主権のほうが中国のそれよりも現実的だ。日本は実際に250年ほど前に琉球諸島を征服し,それ以来.直接的に支配してきた。それに対し,中国との関係はただ美辞麗句のたぐいのものにすぎなかったようだ」アーネスト・サトウの論文『琉球諸島の帰属問題』アーネスト・サトウの論文「ノース・チャイナ・ヘラルド」(1873410

    http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/1545

 

    伊藤博文は1920世紀初頭に近代日本の建設、有色民族で唯一、西欧列強の侵略を防いで、日本を今から100年前の大正期に世界の先進国(5大強国、国際連合常任理事国)に発展させた、最大の貢献者である。その伊藤は朝鮮統監になって、ハルピンで安重根に暗殺され、韓国は日本に併合された。日本では伊藤博文の評価は不当に評価され、その歴史健忘症と無知は度し難いが、韓国ではこの暗殺を独立の国父としている。この「韓国併合」に関して、世界は一致して支持したこと外国紙は伝えている。

1910年(明治4392日「 ノース・チャイナ・ヘラルド」の「朝鮮の消滅」では、現在の北朝鮮を思わせる記事を書いている。

「この不幸な国には世界中に友達がろくにいないことは明らかだ。朝鮮人の境遇が併合後悪化すると想定する理由はない。おそらくは好転すると思いたい。というのは,ほとんど常に,朝鮮人の最悪の敵は朝鮮人だったし,日本帝国の総督政府の朝鮮は,日本が結果的にわずかな利益のために統治してきたこれまでの朝鮮より,よい環境下に置かれる可能性があるからだ。」

「朝鮮人は外部の干渉がなかったときも統治能力がなかったことは明白で,それと同様に,どんな制度のもとでも一緒に仕事をするのが厄介な相手だと分かっても驚くにはあたるまい。朝鮮人に自治能力がなかっただけに,彼らに国民のための文明政治の意味を示すべき日本の責任は一層大きい。日本が今や,リスクと費用をかけて,大陸本土領有の政策に乗り出したことの不利も,記録に留める必要がある。すでに帝国拡張の重荷が日本国民に過酷な重圧を加えていると思われる」

 

 

●『中国、首脳会談に条件=尖閣で譲歩要求安倍首相』

http://jp.wsj.com/article/JJ11016786249011263651019062024322811918756.html

 

●『朴大統領「歴史・安保で対立と不信」
日本念頭に演説

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130629/kor13062912560004-n1.htm

 

●『朴大統領、伊藤博文を暗殺した安重根の石碑設置
を習主席に協力要請

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0629&f=national_0629_003.shtml

 

●『韓国大統領:中国に安重根の記念碑を要請…伊藤博文暗殺犯

http://mainichi.jp/select/news/m20130629k0000m030123000c.html

 

日中関係(1)尖閣「棚上げ合意」 中国「放っておく」が変質

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130629/chn13062913500002-n1.htm

 

まとめ尖閣問題 海外メディアの報道とは?!

http://matome.naver.jp/odai/2134780428344930101

 

●「尖閣諸島をめぐる問題と日中関係 日本の
領土編入から今日までの経緯と今後の課題

―外交防衛委員会調査室 中内康夫」

http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2012pdf/20121101069.pdf

 

○≪鳩山元首相、尖閣諸島について、
中国政府の主張に理解を示す発言

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248812.html

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
記事再録/巨人ベンチャー列伝ー石橋正二郎(ブリジストン創業者)の名言、至言、確言百選②-『新しき考えに対し、実行不能を唱えるのは卑怯者の慣用手段である』★『知と行は同じ。学と労とも同じ。人は何を成すによって偉いのではない。いかに成したかによって価値あるものなのだ』

 2016年7月13日 /巨人ベンチャー列伝ー石橋正二郎(ブリジストン …

no image
野口恒の<インターネット江戸学講義⑩>第4章 網の目に広がった情報通信のネットワ-ク(下)―“町飛脚のネットワ-ク”

日本再生への独創的視点<インターネット江戸学講義⑩>   第4章 網の …

no image
『2016 Japan IT Week 春』通販ソリューション展(ビックサイト、5/11)ー★タナックスの『BOX ・ON ・DEMAND』は通販業界の配送ボックスの革命的システム,物流ビジネスを変える(動画10分)

<世界の最先端技術・日本の最先端技術『見える化』チャンネル>   …

no image
日本リーダーパワー史(424)『日中韓150年対立史⑩」英「タイムズ」,外紙は中国が侵略という「台湾出兵」をどう報道したか③

 日本リーダーパワー史(424)   ―『各国新聞からみた東 …

no image
『池田知隆の原発事故ウオッチ⑪』ー『最悪のシナリオから考えるー被曝予測と海外からの目』

『池田知隆の原発事故ウオッチ⑪』   『最悪のシナリオから考えるー被曝 …

no image
ウクライナ問題はどうなるのかー日本記者クラブで石郷岡建氏、下斗米伸夫・法政大学教授、ハルチェンコ・ウクライナ駐日大使

 <ウクライナ問題はどうなるのかー日本記者クラブ「研究会」> &nbs …

no image
日本メルトダウン脱出法(674)「コリアリスクをコントロールし、「ロボット大国」 「IoT、5G」に特化せよ」など計6本

日本メルトダウン脱出法(674) 「コリアリスクをコントロールし、「ロボット大国 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(110)/記事再録☆『伊藤博文がロンドンに密航して、下関戦争(英国対長州藩との戦争)が始まることを聞いて、急きょ帰国して藩主に切腹覚悟で止めに入った決断と勇気が明治維新を起した』(上)

  人気リクエスト記事再録 2010/12/22執筆・日本リーダーパワ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(1)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(元寇の役、ペリー黒船来航で徳川幕府崩壊へ)ー日清、日露戦争勝利の方程式を解いた空前絶後の名将「川上操六」の誕生へ①

    2015/11/18 /2015/11/2 …

no image
『2014年ー世界・IT・ネット経済ウオッチ⑨』◎「ウェブ誕生から25年–』◎【ウェアラブル/IoT元年】第3のネットワーク端末

  『2014年ー世界・IT・ネット経済ウオッチ⑨』 &nb …